23歳とは? わかりやすく解説

23歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 06:16 UTC 版)

23歳』(にじゅうさんさい)は、2020年11月25日にアップフロントワークス(zetimaレーベル)から発売されたKAN17作目のオリジナル・アルバム[2]


  1. ^ 23歳 | KAN”. ORICON NEWS. 2021年6月20日閲覧。
  2. ^ a b KAN「23歳」インタビュー”. 音楽ナタリー (2020年12月17日). 2021年11月25日閲覧。
  3. ^ KAN新作アルバム「23歳」配信スタート!”. J.P ROOM (2020年11月25日). 2021年11月25日閲覧。


「23歳」の続きの解説一覧

2 - 3歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 06:56 UTC 版)

ローゼンクロイツ (競走馬)」の記事における「2 - 3歳」の解説

2004年10月17日京都競馬場新馬戦デビューデビュー戦2着敗れる。その後未勝利戦勝利し京都2歳ステークスでは後にドバイワールドカップ挑戦するヴァーミリアン皐月賞2着シックスセンスなどに勝利する。しかし、その後ラジオたんぱ杯2歳ステークスではヴァーミリアン2着敗れる。 年が明け2005年毎日杯制し重賞初制覇、クラシック候補として名乗りを上げるも、ディープインパクトからは離れた2番候補という扱いであったレースの方も皐月賞は9着、東京優駿は8着と惨敗であったこの頃から輸送が苦手と指摘されていたが、休養経た秋に阪神競馬場行われた初戦神戸新聞杯を3着と好走し復調兆し見せると京都競馬場での本番菊花賞でも3着に食い込み関西レースでは力のあるところを見せつけた

※この「2 - 3歳」の解説は、「ローゼンクロイツ (競走馬)」の解説の一部です。
「2 - 3歳」を含む「ローゼンクロイツ (競走馬)」の記事については、「ローゼンクロイツ (競走馬)」の概要を参照ください。


2 - 3歳(1995 - 1996年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 06:12 UTC 版)

スキップアウェイ」の記事における「2 - 3歳(1995 - 1996年)」の解説

1995年6月16日モンマスパーク競馬場のメイドン競走デビューし、4着。2戦目のブラックタイプ競走グリテッドタイムスステークス2着経て、3戦目のメイドン競走初勝利挙げるその後しばらくはカウディンステークス(英語版)、レムゼンステークス(英語版)でともに2着など勝ちきれない競馬続いたが、3歳迎えて初戦アローワンス競走2勝目挙げたG1競走初出走のフロリダダービーアンブライドルズソングの3着ののち、ブルーグラスステークスでルイカトルズ(英語版)を6馬身下して重賞初勝利アメリカクラシック三冠路線進みケンタッキーダービーでは19頭立て12着。結果的にこれが生涯最低着順となった。続くプリークネスステークスベルモントステークスでは続けて2着入り、オハイオダービー(英語版)1着ののち出走ハスケルインビテーショナルステークスG1競走初勝利挙げるトラヴァーズステークス3着を挟みウッドバイン競馬場遠征して出走ウッドバインミリオンG1競走2勝目10月ベルモントパーク競馬場でのジョッキークラブゴールドカップステークスシガー挑み最後の直線競り合った末にシガーを頭差下して勝利3歳時以降は出走しなかったものの12戦して6勝、そのうちG1競走を3勝してエクリプス賞最優秀3歳牡馬選出された。

※この「2 - 3歳(1995 - 1996年)」の解説は、「スキップアウェイ」の解説の一部です。
「2 - 3歳(1995 - 1996年)」を含む「スキップアウェイ」の記事については、「スキップアウェイ」の概要を参照ください。


2 - 3歳(2001 - 02年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 18:24 UTC 版)

ファインモーション」の記事における「2 - 3歳(2001 - 02年)」の解説

2001年12月1日阪神競馬場新馬戦2000メートル)に武豊騎乗しデビュースタートから先頭に立ち、後続に4馬身の差をつけて逃げ切り勝利した逃げたにも関わらず上がり3ハロンタイム出走メンバー最速記録した例年関西有力馬出走する阪神2000メートル新馬戦牡馬相手楽勝したことから大きな注目集め、武は「海外競馬させたい」と発言陣営フランス1000ギニーフランスオークスへの出走登録までしていた。外国産馬のためにクラシック出走はなく、またデインヒル産駒の特徴である立派な上体と、脚元の未熟さ兼ね備えていたため、伊藤馬体充実するのは4歳であると判断フランス遠征もなく、放牧出された。 2002年8月函館競馬場500万円以下(2000メートル)で復帰騎手松永幹夫乗り替わりとなる。伊藤65パーセント出来としていたが、好位から見せムチのみで5馬身差で2連勝続いて伊藤いわく75 %の出来で、8月25日古馬混合1000万競走阿寒湖特別2600メートル)に出走し好位から追われることなく5馬身差で3連勝とした。 9月15日秋華賞トライアル競走であるローズステークス阪神2000GII)に単勝オッズ1.2倍の1番人気推され出走伊藤80 %の出来であるとしていた。スタートから好位に取付き桜花賞優勝馬アローキャリー重賞優勝馬相手に、強く追われることなく3馬身差で優勝した松永は「まだ能力半分出していない」と証言している。 続いて10月13日秋華賞京都2000GI)に参戦騎手には武が復帰伊藤出来85 %としていたが、単勝オッズ1.1倍 (支持率72%) の1番人気支持される。この支持率は、グレード制導入以降のGI競走では最高の記録であったスタートから先行する馬群外側に位置取り直線馬なりのまま抜け出した。武が追うのを途中でやめるほど差が広がり後方に3馬身半差をつけて先頭決勝線通過した走破タイム1分58秒1は、レースレコードタイであった。5連勝GI初勝利無敗のまま牝馬三冠競走最終戦制したのは初めであった伊藤は、マックスビューティシャダイカグラエアグルーヴ制した桜花賞優駿牝馬オークスと併せて、牝馬三冠トレーナーとなった。また武は、5月東京優駿日本ダービー)をタニノギムレット制して以降騎乗したGI5戦連続優勝果たした11月10日エリザベス女王杯京都2200GI)に出走。古牝馬一線級および、同世代優駿牝馬優勝馬スマイルトゥモロー初めての顔合わせとなったが、単勝1.2倍の1番人気推された。スタート折り合い欠いたが、先行馬の背後に収ま好位位置した直線でも伸びダイヤモンドビコーに2馬身半差で優勝した上がり3ハロン33.2秒はメンバー最速であったデビューから6戦目で古馬GI制したのは史上最短の記録であり、無敗での古馬GI制覇史上初であった年末有馬記念ファン投票では3位支持され、同レース出走シンボリクリスエスなど古牡馬一線級と初め顔を合わせたものの、単勝オッズ2.6倍の1番人気支持された。スタートから先行したかかってしまい、なおかつタップダンスシチー構われたことでペース崩されて5着に敗れた。武は「直線でも『グッ』とくるものがなかった」と回顧している。年末JRA賞では、JRA賞最優秀3歳牝馬受賞した

※この「2 - 3歳(2001 - 02年)」の解説は、「ファインモーション」の解説の一部です。
「2 - 3歳(2001 - 02年)」を含む「ファインモーション」の記事については、「ファインモーション」の概要を参照ください。


2-3歳(2011年-2012年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 05:27 UTC 版)

スピルバーグ (競走馬)」の記事における「2-3歳(2011年-2012年)」の解説

2011年10月15日東京競馬場2歳新馬戦デビューし、1着。年内出走がなく、年明け2012年初戦となった500万条件ではフェノーメノ2着共同通信杯ではゴールドシップの3着、500万条件4着を挟んで出走毎日杯でも3着に終わるが、続く東京優駿日本ダービー)のトライアル・プリンシパルステークスを制する東京優駿では14着に終わり、秋競馬にも出走予定されていたが、結果的に1年超の長期休養に入る。

※この「2-3歳(2011年-2012年)」の解説は、「スピルバーグ (競走馬)」の解説の一部です。
「2-3歳(2011年-2012年)」を含む「スピルバーグ (競走馬)」の記事については、「スピルバーグ (競走馬)」の概要を参照ください。


2-3歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/26 14:29 UTC 版)

ヴァオリミクス」の記事における「2-3歳」の解説

2000年8月16日ドーヴィル競馬場デビューして6着、次走で初勝利挙げた3歳時マイル中心に出走していった年内初戦準重賞マッチェム賞を快勝した後、5月13日プール・デッセ・デ・プーランフランス2000ギニー)に出走ノヴェル2着敗れたイギリスへ遠征して出走したセントジェームズパレスステークスでも4着に入っているが、惜敗ばかりで未だ重賞勝ちを収められずにいた。 ところが、7月25日フランスギャロノヴェルから禁止薬物のメチルプレドニソロンが検出されたと発表ノヴェルプール・デッセ・デ・プーラン優勝取り消し失格処分となったこれによって2着であったヴァオリミクス急遽繰り上がり優勝馬となり、競走から2ヶ月過ぎてから突如G1馬の称号手にした。 8月19日G1馬の称号手にして初戦となるジャック・ル・マロワ賞出走、ここはプラウドウィングスに及ばず2着敗れた。しかし、審議によってプラウドウィングスが競走中の斜行によって失格2位入線ヴァオリミクス繰上げ優勝馬となったヴァオリミクスG1繰り上がりによって2度優勝したことになった稀有な馬として、一時的に各国競馬マスコミなど話題にされた。 このあとムーラン・ド・ロンシャン賞クイーンエリザベス2世ステークスにも出走したが、6着・5着とこれといった結果残せなかった。これをもってこの年引退、ノルマンディスタッドで種牡馬入りすることになったが、生殖能力問題があり、種付けすることができない体であった。そのため種牡馬入り撤回、再び競走馬として復帰することになったこの際去勢されせん馬になっている2003年にコンペーニュ競馬場再デビュー初戦一般戦では1着、続くロンシャン競馬場一般戦でも勝って好調アピールした。しかし重賞ではG3でも力及ばず8月17日ジャック・ル・マロワ賞この年日本からテレグノシスローエングリン出走していた)で9着に敗れたのを最後に再度引退した

※この「2-3歳」の解説は、「ヴァオリミクス」の解説の一部です。
「2-3歳」を含む「ヴァオリミクス」の記事については、「ヴァオリミクス」の概要を参照ください。


2-3歳(2003-2004年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 06:34 UTC 版)

ダイワメジャー」の記事における「2-3歳(2003-2004年)」の解説

秋になり、姉のダイワルージュ手がけた上原博之厩舎入厩厩舎でも力の強さ神経質さスタッフ振り回したが、非常な大器であるという点で関係者見解一致していた。 2003年12月28日中山開催新馬戦菊沢隆徳鞍上デビュー当日装鞍所では上原が「あんなに暴れる馬を見たのははじめて」といい、競馬会から出走取消打診されたほど激しく暴れさらにはじめて衆目前に出た競走前のパドックでは、地面腹這いになってしまうという珍しい姿をみせた。本馬場入場後にも腰を下ろそうとする仕草繰り返したことからウォーミングアップもできず、そのまま発走となる。スタートでは出遅れ後方からのレース運びとなったが、向正面から進出開始し勝ったモンスターロードからクビ差の2着入った。なお、上原パドックの様子について「パニック一種だと思う。脚を蹴り上げて騒ぐのもパニックなら寝てしまおうというのもパニック。どうしていいか、自分でも分からなくなってしまったのだろう。それにここまで暴れすぎて疲れてしまった。そして、ヘナヘナと腰を下ろしたくなった。そんなところだろう」と語っている。馬主大城敬三ダイワメジャー性格的部分一切知らされておらずパドック寝た姿を見て非常に驚いたという。 翌2004年1月17日中山ダート1800メートル未勝利戦で2戦目を迎える。落ち着かせるために調教助手飯田直毅が装鞍所からパドックまで跨が続け鞍上菊沢隆徳交代してからは前走とは異なり返し馬待機所への移動兼ねたウォーミングアップ)もこなすことができた。レース最後の直線だけで後続に9馬身の差を付け初勝利挙げた走破タイム1分56秒4は、前週同条件で行われた古馬4歳上馬1000万下条件戦のタイムを0秒2上回る優秀なのだった次戦には自己条件戦カトレア賞に登録した除外となり、やむなく初勝利時と同じダート1800メートル条件戦出走したが、当日は単勝オッズ1.4倍の人気を裏切り4着と敗れる。クラシック三冠初戦皐月賞への出走確保のため、3月21日にはスプリングステークス皐月賞トライアル)で重賞初出走。当日は16頭立て11番人気の評価で、レースではコーナリング不安定な様子見せたが、先行策から3着に粘り皐月賞への優先出走権得たこれ以前厩舎では、知らない所に行くと興奮するダイワメジャー性格矯正しようと様々な試行錯誤重ね、さらに「怪我をさせてはいけない」と従来控えめに行っていた調教厳しいものに変えていたが、ダイワメジャー厳し調教で却ってストレス発散させ、精神状態よくなる様子がみられたという。 4月18日牡馬クラシック初戦皐月賞では、社台ファーム表の吉田照哉進言で、騎手それまで騎乗した菊沢隆徳からイタリア人騎手ミルコ・デムーロ替わった当日は五十嵐冬樹鞍上据えホッカイドウ競馬コスモバルクスプリングステークス勝利ブラックタイド人気を分けあうなか、ダート1勝という実績ダイワメジャー10番人気であったスタート切られるダイワメジャーメイショウボーラーに続く2番手につける。前半1000メートル通過過去10年3番目に早い59秒7というタイムで進むなか、ダイワメジャー最終コーナーメイショウボーラー代わり先頭に立つ最後の直線ではそのまま逃げ粘り追いすがるコスモバルク1馬4分の1差を付けて優勝。母スカーレットブーケ、姉ダイワルージュ果たせなかったクラシック制覇遂げた調教師の上原、馬主大城にとっても、これが初めてのGI制覇であった走破タイム1分58秒6はコースレコードに0秒1差という好内容であり、また1勝馬の皐月賞制覇1950年クモノハナ以来、実に54年ぶり6頭目記録であった上原は「今日落ち着いていたし、この馬にとって良いペースだったので、安心して見ていられた」「子供っぽい面はまだあるが、覚えてしまえば上手な競馬をしてくれる。ダービー楽しみになった」と、クラシック二冠目・東京優駿日本ダービー)への期待を口にした。鞍上デムーロにとっては前年ネオユニヴァースに続く皐月賞連覇であったが、競走後には「ネオユニヴァース同じくらい力があると思う」と語り同馬達成したクラシック二冠について「頑張ってもらいたい」と述べた馬主生活30数年というキャリア末にGIタイトル手にした大城は、「ゴール入った瞬間は、ちょっと恥ずかしくて言えない」という状態だったという一方で2着コスモバルク騎手ダイワメジャー矯正した五十嵐冬樹だったことに、「五十嵐騎手複雑な気持ちだったと思う」とも述べた5月30日クラシック二冠懸かる日本ダービー出走ダイワメジャーには皐月賞から400メートル延び2400メートルという距離についての不安が囁かれ、当日人気では皐月賞出走せずNHKマイルカップGI)を5馬身差・レースレコードで圧勝したキングカメハメハコスモバルク青葉賞GII)の勝利ハイアーゲームに次ぐ4番人気となったスタート切られると、1000メートル通過57秒6というハイペース5番手で追走最後の直線では3番手を追走していたコスモバルクともども伸び欠きレコードタイム優勝したキングカメハメハの6着に終わったダービーのあとは故郷社台ファームで夏を過ごし、秋は三冠最終戦菊花賞ではなく古馬相手となる天皇賞(秋)目標とすることが決まる。9月26日柴田善臣鞍上オールカマーGII)で復帰し同じくここから始動したダービー3着のハイアーゲームに次ぐ2番人気の支持を受ける。しかしレースでは2番追走から最後の直線失速し最下位9着と敗れる。10月31日迎えた天皇賞(秋)では12番人気評価落とし結果勝ったゼンノロブロイから4秒離された2戦連続最下位17着に敗れたダイワメジャーには皐月賞の頃から呼吸器筋肉麻痺し気道狭まり走行中呼吸支障を来す喘鳴症兆候出ており、この頃にはそれがすっかり悪化していたのであった喉から独特の呼吸音することから、俗にノド鳴り」とも呼ばれるこの疾病は、かつて兄・スリリングサンデー発症し古くタニノムーティエ、近い年代ではゴールドアリュールといった一流馬が引退追い込まれていた。獣医師所見では、その病状は「5段階で4から5」「正常時60パーセントから70パーセントしか空気入っていかない」という重いものであり、上原引退視野入れていた。しかし大城吉田とも協議の上治療試みられることになり、11月19日社台ホースクリニック手術が行われた。手術自体はさして難しくないものの、競走能力が戻る例は1~2割とされ、その見通しは「治る可能性は低いが、やれるだけのことはやってみよう」という程度のものであった

※この「2-3歳(2003-2004年)」の解説は、「ダイワメジャー」の解説の一部です。
「2-3歳(2003-2004年)」を含む「ダイワメジャー」の記事については、「ダイワメジャー」の概要を参照ください。


2-3歳(2009-10年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 18:57 UTC 版)

ヒルノダムール」の記事における「2-3歳(2009-10年)」の解説

2009年2歳10月に昆厩舎入厩11月14日東京競馬場新馬戦2000メートル)に藤田伸二騎乗しデビュー坂路良い動き見せていたこともあり1番人気推されたが、アリゼオクビ及ばず2着敗退11月29日京都競馬場未勝利戦1800メートル)では1番人気推され、中団待機から抜け出し後方に3馬身離して初勝利果たした続いて年末ラジオNIKKEI杯2歳ステークスJpnIII)で重賞初挑戦となったが、ハミを取ることなく走り、4着に敗れた2010年迎えて3歳となり、1月26日若駒ステークスOP)に出走ルーラーシップ1番人気推され、次ぐ2番人気という評価であった。中団内側から直線抜け出し外に持ち出すルーラーシップかわして1馬身半差をつけて勝利を果たした藤田は「ゲートさえ出れば負ける気はしなかった」と回顧している。続いて皐月賞トライアル競走中からメンバー手薄という昆の判断から若葉ステークスOP)に出走単勝1.3倍の1番人気支持された。後方待機から2番人気のペルーサに常にマークされる展開となり、抜け出しを図る直線では外からペルーサかわされ2着敗れた皐月賞GI)では、後方待機から第3コーナー最終コーナーで外から位置上げた。しかし、内を選んだ1番人気のヴィクトワールピサには届かずヴィクトワールピサ1馬身半遅れて2着となった上がり3ハロンは、メンバー最速の35.0秒を記録した続いて東京優駿日本ダービー)(GI)に3番人気の支持出走したが、9着に敗れた。(競走に関する詳細は、第77回東京優駿を参照。) 夏休み経て札幌記念GII)から菊花賞GI)に直行ローテーション設定計画通りに札幌記念菊花賞上位人気出走したが、どちらも敗退続いて12月4日鳴尾記念GIII)では1番人気支持されるも、直線内に斜行するなどもあり、ルーラーシップ敗れた2着となった

※この「2-3歳(2009-10年)」の解説は、「ヒルノダムール」の解説の一部です。
「2-3歳(2009-10年)」を含む「ヒルノダムール」の記事については、「ヒルノダムール」の概要を参照ください。


2-3歳(2009年-2010年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 04:47 UTC 版)

コスモメドウ」の記事における「2-3歳(2009年-2010年)」の解説

2009年12月20日新馬戦デビュー16頭立て14番人気とまった注目されていなかったが、5着と好走する。好走はするもののなかなか勝てず、初勝利は6戦目となる2010年4月4日未勝利戦だった。その後9月11月条件戦勝利している。

※この「2-3歳(2009年-2010年)」の解説は、「コスモメドウ」の解説の一部です。
「2-3歳(2009年-2010年)」を含む「コスモメドウ」の記事については、「コスモメドウ」の概要を参照ください。


2-3歳(2012-13年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:47 UTC 版)

コパノリチャード」の記事における「2-3歳(2012-13年)」の解説

2012年11月4日京都競馬場新馬戦1400メートル)に岩田康誠騎乗し2番人気デビュースタートからハナ奪い後方に2馬身差をつけて逃げ切り初勝利。それから12月2日千両賞(500万円以下)は2番手で先行最終コーナー抜け出したが、直線でカオスモスにかわされ2着。年をまたいで3歳2013年1月12日白梅賞(500万円以下)では、短期騎手免許で来日したイギリス騎手ウィリアム・ビュイック騎乗逃げて直線では独走後方に5馬身差をつけて入線し、2勝目となった続いて2月23日アーリントンカップGIII)で重賞初出走。ビュイック続投し、単勝オッズ2.2倍の1番人気の支持千両賞で先着許したカオスモスが3.3倍、重賞2着経験があるラブリーデイが5.7倍という上位人気であったスタートから先行逃げ馬に次ぐ2番手に位置した直線抜け出し背後から追うカオスモスに1馬身半差をつけて先頭入線重賞初勝利となったその後は、皐月賞GI)、NHKマイルカップGI)に出走中でも皐月賞は、馬主10年小林にとって初のクラシック出走であったそれぞれ5番人気4番人気の支持であったが、13着、8着に敗退獲得賞金から東京優駿日本ダービー)への出走可能だった見送り放牧出された。秋は、9月29日ポートアイランドステークスOP)で復帰浜中俊コンビ結成した古馬との初対決となり、17頭立てブービー賞となった。 それから10月26日スワンステークスGII)に出走重賞3勝のマジンプロスパーが2.8倍、GI2勝のグランプリボス4.6倍で1、2番人気を占める中、コパノリチャードは8番人気20.5倍であったスタートからハナ奪って逃げ最終コーナーでは2番手のマジンプロスパー並ばれながら通過直線では、マジンプロスパー伸びあぐねる中、差を広げて独走となった追い込む後続は、失速するマジンプロスパー差し切ったのみ、それらに1馬身4分の3差をつけて先頭入線した。重賞2勝目3歳馬によるスワンステークス制覇は、2004年タマモホットプレイ以来9年ぶりであった続いてマイルチャンピオンシップGI)は4着、阪神カップGII)は10着に敗れた

※この「2-3歳(2012-13年)」の解説は、「コパノリチャード」の解説の一部です。
「2-3歳(2012-13年)」を含む「コパノリチャード」の記事については、「コパノリチャード」の概要を参照ください。


2、3歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 02:08 UTC 版)

アジュディミツオー」の記事における「2、3歳」の解説

2003年デビュー9月15日JRA認定競走2歳新馬戦石崎隆之騎乗しデビュー勝ちをしたあと、翌年まで休養する2004年騎手佐藤隆乗り替わって4月13日3歳戦5月12日東京湾カップ勝利しデビューから土つかず3連勝で東京ダービー出走する東京ダービーではそれまで5戦無敗、それもすべて4馬身以上の着差をつけて勝利していたベルモントストームがいたため単勝2番人気となったが、スタートから先頭に立つ逃げの策で、2着のキョウエイプライドに2馬身2分の1差を付けて勝ち、4連勝東京ダービー制したその後ジャパンダートダービー4着、黒潮盃3着と敗れ日本テレビ盃2着)からは内田博幸乗り替わる。続くJBCクラシックアドマイヤドン2着善戦すると、年末東京大賞典では、ジャパンカップダート勝ったタイムパラドックスダービーグランプリ勝利したパーソナルラッシュらを破って逃げ切り勝ちをおさめ、地方競馬所属馬では2001年トーホウエンペラー以来3年ぶり、南関東所属馬では1998年アブクマポーロ以来6年ぶりに同競走勝利となった

※この「2、3歳」の解説は、「アジュディミツオー」の解説の一部です。
「2、3歳」を含む「アジュディミツオー」の記事については、「アジュディミツオー」の概要を参照ください。


2・3歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 05:24 UTC 版)

タンデブルペ」の記事における「2・3歳」の解説

2歳9月デビュー。5着に敗れるも2戦目から4連勝韓国3歳三冠競走有力馬名乗り出るが、4月KRAカップマイルは8着、5月コリアンダービーは3着だった。秋に入り慶尚南道知事杯で重賞初制覇すると、三冠競走ラスト農林水産食品部長官杯、大統領杯立て続け制覇年末グランプリでは11着に大敗するも、この年釜山慶南競馬場最優秀内国産馬受賞した

※この「2・3歳」の解説は、「タンデブルペ」の解説の一部です。
「2・3歳」を含む「タンデブルペ」の記事については、「タンデブルペ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「23歳」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「23歳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「23歳」の関連用語

23歳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



23歳のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの23歳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのローゼンクロイツ (競走馬) (改訂履歴)、スキップアウェイ (改訂履歴)、ファインモーション (改訂履歴)、スピルバーグ (競走馬) (改訂履歴)、ヴァオリミクス (改訂履歴)、ダイワメジャー (改訂履歴)、ヒルノダムール (改訂履歴)、コスモメドウ (改訂履歴)、コパノリチャード (改訂履歴)、アジュディミツオー (改訂履歴)、タンデブルペ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS