国立競技場とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 国立競技場の意味・解説 

こくりつ‐きょうぎじょう〔‐キヤウギヂヤウ〕【国立競技場】


国立競技場

読み方:コクリツキョウギジョウ(kokuritsukyougijou)

所在 東京都(東京都交通局大江戸線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

国立競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/14 14:04 UTC 版)

国立競技場(こくりつきょうぎじょう、: Japan National Stadium[4])は、 東京都新宿区霞ヶ丘町10番1号に所在する陸上競技場球技場独立行政法人日本スポーツ振興センターが管理・運営を行っている。


注釈

  1. ^ JSCは建築主(施主)でもある。
  2. ^ 国立競技場の、建設中の仮称
  3. ^ 2018年10月23日に東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会第28回理事会 にて、大会時名称としてIOCの承認を受け正式決定した名称[7]
  4. ^ 2024年佐賀大会以後「国民スポーツ大会」へ改称予定
  5. ^ このため、旧競技場時代は、近接地の代々木公園陸上競技場東京体育館付属陸上競技場を補助トラックと見なすことで第1種公認の資格を維持することができた。ただ、2度の東京五輪、1991年の世界陸上を誘致した際も、当競技場と代々木公園陸上競技場のそれは距離が若干離れているのと、東京体育館付属のそれは第3種取得に必要なスペックを満たしていないという理由で、明治神宮外苑軟式グラウンドを期間限定で閉鎖し、補助トラックを設置していた。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 新国立競技場整備事業」『新建築 2019年9月号』第95巻第7号、新建築社、2019年8月30日、50 - 57、196頁、ISSN 1342-5447 
  2. ^ a b “新国立、来月11日着工へ…予定より1年超遅れ”. 読売新聞オンライン. (2016年11月26日). オリジナルの2016年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161220122310/http://sp.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20161125-OYT1T50165.html?from=ytop_ylist 2016年12月5日閲覧。 
  3. ^ a b c 新しい国立競技場の竣工について』(PDF)(プレスリリース)独立行政法人日本スポーツ振興センター、2019年11月29日。 オリジナルの2020年8月11日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20200811011000/https://www.jpnsport.go.jp/corp/LinkClick.aspx?fileticket=xoQKL9ydN7A%3D&tabid=837&mid=20912020年10月21日閲覧 
  4. ^ a b 国立競技場オープニングイベント特別サイト”. 独立行政法人 日本スポーツ振興センター. 2019年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月14日閲覧。
  5. ^ 業務要求水準書 PDF
  6. ^ a b c d 独立行政法人日本スポーツ振興センター 広報室 (2019年11月29日). “新しい国立競技場の竣工について” (PDF). 2019年11月30日閲覧。
  7. ^ “新国立競技場、オリンピックスタジアムに名称変更”. スポーツ報知. (2018年10月26日). https://hochi.news/articles/20181026-OHT1T50136.html 2019年3月1日閲覧。 
  8. ^ 会場:オリンピックスタジアム”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月1日閲覧。
  9. ^ オリンピックスタジアム”. 東京都オリンピック・パラリンピック準備局. 2019年3月1日閲覧。
  10. ^ 事業手法に関する検討 PDF
  11. ^ a b 国立競技場 一般の皆さまへ初めてのお披露目イベント開催のお知らせ 「国立競技場オープニングイベント ~HELLO, OUR STADIUM~」 日本を代表するアスリートやアーティストなどと一緒に競技場完成を祝う 1日限りのスペシャルイベント!』(PDF)(プレスリリース)日本スポーツ振興センター、2019年7月3日https://www.jpnsport.go.jp/corp/LinkClick.aspx?fileticket=WkDz0Ebf0lo%3d&tabid=837&mid=20912019年7月3日閲覧 
  12. ^ 神戸が“新国立こけら落とし”で悲願の初タイトル! 天皇杯制して来季アジア挑戦へ ゲキサカ 2020年1月1日
  13. ^ 新国立競技場基本構想国際デザイン競技募集要項” (PDF). 独立行政法人 日本スポーツ振興センター. 2015年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月14日閲覧。
  14. ^ “新国立競技場の全工事完了 後利用は計画策定先送り”. 日刊スポーツ. (2019年11月19日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201911190000286.html 2020年2月6日閲覧。 
  15. ^ “民営化の計画策定を先送り 新国立競技場、トラックの判断も”. 産経新聞. (2019年11月19日). https://www.sankei.com/article/20191119-LWEIENX2INKX3P22UJUESU2T6U/?outputType=theme_tokyo2020 2020年2月6日閲覧。 
  16. ^ 「新国立」人工地盤を大幅縮小”. 日経クロステック. 2021年3月18日閲覧。
  17. ^ 基本設計説明書(概要版)-1 2 設計の前提条件 PDF
  18. ^ 時論公論 「どうする五輪メインスタジアム計画」”. NHK解説委員室 (2013年11月9日). 2014年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月14日閲覧。
  19. ^ 募集要項等 153頁 PDF
  20. ^ 隈研吾の手掛ける新国立競技場「杜のスタジアム」2019年11月完成予定、2020年東京五輪会場に”. FASHION PRESS (2018年8月3日). 2020年2月6日閲覧。
  21. ^ “木の香り漂う「杜のスタジアム」 新国立競技場を歩く”. 産経新聞. (2019年12月15日). https://www.sankei.com/article/20191215-UTGIGCPIWFNG3BDTAUMBQKYIUA/ 2020年2月6日閲覧。 
  22. ^ 「東京2020大会」―見て 聞いて 歩いて 触れて 新国立競技場設置本部 高橋武男総括役 東京建設業協会
  23. ^ 国立競技場に海外メディア驚愕 五輪開会式「アンビリーバボー! 満員じゃないか!」”. 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2021年7月23日閲覧。
  24. ^ 木本新也 (2019年12月16日). “新国立競技場“トラックある割には”球技見やすい客席に”. スポーツニッポン. https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/12/16/kiji/20191216s00048000110000c.html 2020年2月6日閲覧。 
  25. ^ a b 元川悦子 (2020年1月9日). “新国立競技場はサッカーの「真の聖地」になるのかピッチの遠さやゴール裏の設計などにも課題”. 東洋経済オンライン. 2020年2月9日閲覧。
  26. ^ モンド社とのソールサプライヤー契約について』(プレスリリース)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、2019年4月22日。 オリジナルの2019年4月22日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190422101116/https://tokyo2020.org/jp/news/notice/20190422-01.html2020年2月9日閲覧 
  27. ^ 新国立競技場整備事業に係るアドバイザリー会議(第2回)” (PDF) (2017年8月9日). 2023年10月14日閲覧。
  28. ^ “県産芝 五輪舞台飾る 琴浦の「チュウブ」が施工”. 日本海新聞. (2019年12月1日). オリジナルの2019年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191202072000/https://www.nnn.co.jp/news/191201/20191201039.html 2020年2月9日閲覧。 
  29. ^ 国立競技場に大型映像・音響設備など各種スタジアム設備を納入』(プレスリリース)パナソニック、2020年1月7日https://news.panasonic.com/jp/press/data/2020/01/jn200107-1/jn200107-1.html2020年2月9日閲覧 
  30. ^ NEC、国立競技場向けに全長640メートル、360度全周型リボンボードを提供』(プレスリリース)日本電気、2019年12月18日https://jpn.nec.com/press/201912/20191218_01.html2020年2月9日閲覧 
  31. ^ 第63回受賞作品 国立競技場”. 日本建設業連合会. 2022年8月18日閲覧。
  32. ^ 第99回天皇杯決勝 2020年1月1日に国立競技場での開催が決定』(プレスリリース)日本サッカー協会、2018年10月11日http://www.jfa.jp/news/00019091/2018年12月9日閲覧 
  33. ^ サッカー - サッカー「元日決戦」は大学日本一決定戦に、23年1月1日に国立でインカレ決勝 | 4years. #学生スポーツ”. 4years (2022年2月22日). 2023年5月26日閲覧。
  34. ^ 【4/11追記】国立競技場でのJ1リーグ初開催に向けた「This is TOKYO」の取り組み開始のお知らせ”. FC東京 (2022年4月11日). 2023年10月14日閲覧。
  35. ^ “清水が創設30周年記念事業、目玉は新国立での「オリジナル10」横浜戦”. 日刊スポーツ. (2022年1月21日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/202201210000626.html 2022年5月20日閲覧。 
  36. ^ Criacao Shinjuku 10/9のJFL第24節 国立競技場での開催決定のお知らせ”. Criacao Shinjuku (2022年5月16日). 2022年5月19日閲覧。
  37. ^ 「10.9国立」が見せたフットボールコミュニティの賑わい”. TOKYO FOOTBALLニュース. 2022年10月14日閲覧。
  38. ^ 【クリアソン新宿】J3クラブライセンス ホームスタジアムは国立競技場と西が丘併用で対応へ 2023年9月26日18時19分(日刊スポーツ)
  39. ^ ゲーム記録 2022 パリ・サンジェルマン・ジャパンツアー2022 vs.パリ・サン=ジェルマン”. 川崎フロンターレ. 2022年7月21日閲覧。
  40. ^ FUJIFILM SUPER CUP 2023”. Jリーグ公式. 2023年2月23日閲覧。
  41. ^ “J2ヴァンフォーレ甲府 ACLに向け国立競技場をホームに”. NHK. (2023年5月31日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20230330/1040019731.html 2023年5月31日閲覧。 
  42. ^ “天皇杯優勝J2甲府 ACL出場へ国立競技場をホーム申請”. NHK. (2023年3月30日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20230531/1040020287.html 2023年3月30日閲覧。 
  43. ^ “早大が11季ぶりに大学日本一! 満員の国立競技場で前王者・明大との激闘制す”. ラグビーリパブリック. (2020年1月11日). https://rugby-rp.com/2020/01/11/domestic/45656 2022年5月20日閲覧。 
  44. ^ “新国立競技場は2019ラグビーW杯で使えない 日本協会会長「非常に残念」”. ラグビーリパブリック (ベースボール・マガジン社). (2015年7月17日). https://rugby-rp.com/2015/07/17/worldcup/japan2019/13036 2023年10月18日閲覧。 
  45. ^ “WRが日本の19年W杯開催計画を承認”. Rugby World Cup (ワールドラグビー). (2015年9月28日). https://www.rugbyworldcup.com/news/101763 2023年10月18日閲覧。 
  46. ^ 村上晃一. “【ハイライト動画あり】最多観客57,011人が熱狂も ラグビー日本代表、フランス代表に悔しい敗戦”. J SPORTS コラム&ニュース. 2022年7月11日閲覧。
  47. ^ “ラグビー日本代表-NZ戦 観客6万5188人 国内代表戦最多&新国立最多動員を記録”. デイリースポーツ. (2022年10月29日). https://www.daily.co.jp/general/2022/10/29/0015763294.shtml 2022年10月29日閲覧。 
  48. ^ “嵐、無観客のアラフェス配信 新国立競技場初の単独公演”. 朝日新聞デジタル. (2020年11月4日). https://www.asahi.com/articles/ASNC4004WNC3UCFI00B.html 2022年4月13日閲覧。 
  49. ^ “矢沢永吉、新国立競技場で初の有観客公演 8月から50周年ツアー”. スポーツ報知. (2022年4月4日). https://hochi.news/articles/20220403-OHT1T51236.html?page=1 2022年4月13日閲覧。 
  50. ^ 『近代史跡・戦跡紀行~慰霊巡拝 - 戦跡紀行ネット -日本の近代と慰霊の地を巡る』「出陣学徒壮行の地(国立競技場)」2021年12月26日、2023年10月22日閲覧
  51. ^ 大会後の運営管理に関する検討ワーキングチーム”. スポーツ庁. 2022年5月20日閲覧。
  52. ^ 大会後の運営管理に関する論点整理” (PDF). スポーツ庁 大会後の運営管理に関する検討ワーキングチーム (2016年9月27日). 2022年5月20日閲覧。
  53. ^ 大会後の運営管理に関する基本的な考え方” (PDF). スポーツ庁 大会後の運営管理に関する検討ワーキングチーム (2017年11月13日). 2022年5月20日閲覧。
  54. ^ “国立競技場、球技専用を見送りへ”. 日経XTECH. (2021年12月9日). https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/na/18/00156/120100003/ 2022年5月20日閲覧。 
  55. ^ “新国立、東京五輪後にJ本拠地に…F東京と鹿島が候補”. スポーツ報知. (2016年12月30日). オリジナルの2017年1月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101005557/http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20161230-OHT1T50055.html 2022年5月20日閲覧。 
  56. ^ “新国立、五輪後も陸上トラック存続へ 「球技専用」一転”. 朝日新聞. (2019年7月4日). https://www.asahi.com/articles/ASM7355LHM73UTQP016.html 2022年5月20日閲覧。 
  57. ^ “新国立 トラック存続検討 収益重視、球技専用を変更”. 東京新聞. (2019年7月4日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/20178 2022年5月20日閲覧。 
  58. ^ “室伏長官、世界陸上の国立開催「意義あること」 期待示す”. 日本経済新聞. (2020年10月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK50764_W0A011C2000000/ 2022年5月20日閲覧。 
  59. ^ a b “国立競技場、定まらぬ後利用 トラック存続か、採算厳しく〔五輪〕”. 時事通信. (2021年7月17日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816131341/https://www.jiji.com/jc/article?k=2021071700348&g=spo 2022年5月20日閲覧。 
  60. ^ 陸連時報 2022年3月号” (PDF). 日本陸上競技連盟. p. 3. 2022年5月20日閲覧。
  61. ^ “国立競技場で世界陸上開催可能に 日本陸連がルール改正”. 共同通信. (2022年3月23日). オリジナルの2022年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220520083706/https://nordot.app/879331777466089472?c=39546741839462401 2022年5月20日閲覧。 
  62. ^ 2025年世界陸上競技選手権大会の招致に関する東京都への応援要請について”. 日本陸上競技連盟 (2022年5月13日). 2022年5月20日閲覧。
  63. ^ “25年世界陸上を国立で 日本陸連、小池都知事に協力要請”. 時事通信. (2022年5月13日). オリジナルの2022年5月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220515093330/https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051301305&g=spo 2022年5月20日閲覧。 
  64. ^ “世界陸上、国立競技場で招致 25年大会で日本陸連要望”. 共同通信. (2022年5月19日). オリジナルの2022年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220519141358/https://nordot.app/899955384404213760?c=39546741839462401 2022年5月20日閲覧。 
  65. ^ 【2025年世界陸上競技選手権大会】東京開催決定について:国立競技場で34年ぶり、日本では18年ぶりに開催!”. 日本陸上競技連盟 (2022年7月15日). 2022年7月20日閲覧。



国立競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/14 23:40 UTC 版)

インディペンデンス・パーク (ジャマイカ)」の記事における「国立競技場」の解説

国立競技場は主にサッカー試合利用されており、サッカージャマイカ代表ホームスタジアムとして利用している。また、陸上競技にも利用されオリンピック選考会コモンウェルスゲームズの際ジャマイカ代表が使用している。 国立競技場は1962年開催され中央アメリカ・カリブ海競技大会において開会式閉会式陸上競技自転車競技を行うメインスタジアムとして建設された。また、1966年開催されコモンウェルスゲームズでも使用されている。収容人数35,000人。 施設概要: ワールドアスレティックス規格400mトラック (メインスタジアム東側にあるウォームアップトラック は現在規格満たすための改修工事が行われている) 陸上トラック周りにある500mコンクリート製自転車競技場 FIFA規格サッカーフィールド メディアセンター 貴賓席 (VIPルーム) オリンピック金メダリストであるドン・クォーリー銅像スタジアム入口付近に建設されている。 その他、アーサー・ウィントハーブ・マッキンリーマリーン・オッティ銅像施設内に存在する

※この「国立競技場」の解説は、「インディペンデンス・パーク (ジャマイカ)」の解説の一部です。
「国立競技場」を含む「インディペンデンス・パーク (ジャマイカ)」の記事については、「インディペンデンス・パーク (ジャマイカ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国立競技場」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「国立競技場」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国立競技場」の関連用語

国立競技場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国立競技場のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国立競技場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインディペンデンス・パーク (ジャマイカ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS