収容とは? わかりやすく解説

しゅう‐よう〔シウ‐〕【収容】

読み方:しゅうよう

[名](スル)人や物を一定の場所や施設入れること。「被災者を—する」「—人員」「—能力


収容

作者星新一

収載図書なりそこない王子
出版社新潮社
刊行年月1986.2
シリーズ名新潮文庫


収容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 15:17 UTC 版)

内郷丸遭難事件」の記事における「収容」の解説

9日は、早朝から警察消防自衛隊加わり大勢関係者見ている中で捜索開始湖底から22遺体次々と引き上げた対面した遺族泣き崩れ悲しみの淵に沈んだ

※この「収容」の解説は、「内郷丸遭難事件」の解説の一部です。
「収容」を含む「内郷丸遭難事件」の記事については、「内郷丸遭難事件」の概要を参照ください。


収容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 18:58 UTC 版)

保護室」の記事における「収容」の解説

刑務官は、被収容者次の各号いずれかに該当する場合には、刑事施設長の命令により、その者保護室収容することができる(刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律第79条)。 一 自身傷つけおそれがあるとき。 二 次イからハまでのいずれかに該当する場合において、刑事施設規律及び秩序維持するために特に必要があるとき。イ 刑務官静止従わず大声又は騒音発するとき。 ロ 他人に危害を加えるおそれがあるとき。 ハ 刑事施設設備器具その他の物を損壊し、又は汚損するおそれがあるとき。 などと法律により要件規定されている。

※この「収容」の解説は、「保護室」の解説の一部です。
「収容」を含む「保護室」の記事については、「保護室」の概要を参照ください。


収容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:58 UTC 版)

日本の刑務所」の記事における「収容」の解説

受刑者刑事施設収容されると、単独室(いわゆる独居房)と共同室(いわゆる雑居房)のどちらかに収容される定員は、原則単独室は1名、共同室は6名である。かつては過剰収容状態にあり、多くの施設単独室に2名を収容、共同室に8名を収容するといった状態が続いていたが、過剰収容から高率収容となり、定員オーバー徐々に解消されつつある。 なお、収容中反則行為起こした場合その事実について調査の上、「懲罰」を受けることもある。「報奨金計算額の3分の1削減」、「書籍等閲覧停止」などいくつかの種類があるが、大半は一定の期間、単独の中で正座あるいは安座過ごす、いわゆる閉居罰」を科されることになる。懲罰刑罰ではなく行政処分」なので、単に懲罰受けただけでは刑期自体延びことはないが、仮釈放時期大きな影響を及ぼすまた、収容中暴行器物損壊などの刑罰法令に触れる疑いのある行為があった場合所内特別司法警察職員指定を受けている職員捜査し検察庁事件送致する場合があるその場合、刑事事件として審理されるわけであるが、有罪判決出れば新たな刑を受ける(つまり刑期延びる)ことになるが、1刑目の仮釈放甘くなるので、必ずしも刑期延びとは限らない。むしろ早く出所できる場合がある死刑判決受けた者は、刑務所には収容されることはなく、拘置所収容され絞首刑執行を待つこととなる。

※この「収容」の解説は、「日本の刑務所」の解説の一部です。
「収容」を含む「日本の刑務所」の記事については、「日本の刑務所」の概要を参照ください。


収容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/27 01:42 UTC 版)

退去強制」の記事における「収容」の解説

入国警備官が、容疑者退去強制事由該当すると疑うに足り相当な理由があり、またその外国人出国命令対象者該当しない場合には、主任審査官に収容令書発付請求する主任審査官がこれを認めて収容令書発付した場合入国警備官は、容疑者に収容令書示して容疑者を収容場等に収容することができる。収容の期間は30日以内であるが、やむを得ない事由があるときには30日限り延長することができる。 実務上は退去強制事由該当する場合であっても帰国意思をもって自ら地方入国管理局等へ出頭し自力で帰国できる見込みがあるに対しては、入管法違反以外に犯罪嫌疑なければ身柄の拘束行わず在宅での取調べとなることも多い。

※この「収容」の解説は、「退去強制」の解説の一部です。
「収容」を含む「退去強制」の記事については、「退去強制」の概要を参照ください。


収容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 01:12 UTC 版)

日独戦ドイツ兵捕虜」の記事における「収容」の解説

日本側にとって、ドイツ側降伏予想以上に早いものであったそのため想定以上の人数収容する必要が生じ当初は捕虜受け入れ態勢不十分で捕虜たちは寺院公会堂校舎病院跡地など設置され仮設収容所収められた。それらは劣悪な環境多く食料供給乏しく略奪逃亡者発生将校クラスの者たちも特別待遇を受けることはなかった。 日独戦は早期に終結したが、ヨーロッパにおける戦争長期化したため長期収容備えた施設建設されることとなる。1915年千葉県習志野俘虜収容所兵庫県青野俘虜収容所が、1917年広島県似島俘虜収容所徳島県板東俘虜収容所開設され当初から存在した久留米名古屋あわせた6箇所統合される新し俘虜収容所準備整い次第捕虜段階的に仮設収容所から移送されていった

※この「収容」の解説は、「日独戦ドイツ兵捕虜」の解説の一部です。
「収容」を含む「日独戦ドイツ兵捕虜」の記事については、「日独戦ドイツ兵捕虜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「収容」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

収容

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 00:42 UTC 版)

名詞

しゅうよう

  1. 人や物をある場所施設入れること。

発音(?)

しゅ↗ーよー

動詞

活用

サ行変格活用
収容-する

「収容」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

収容のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



収容のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの内郷丸遭難事件 (改訂履歴)、保護室 (改訂履歴)、日本の刑務所 (改訂履歴)、退去強制 (改訂履歴)、日独戦ドイツ兵捕虜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの収容 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS