読売新聞オンラインとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 読売新聞オンラインの意味・解説 

読売新聞オンライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/31 01:43 UTC 版)

読売新聞オンライン(よみうりしんぶんオンライン)は、読売新聞東京本社が運営する日本ニュースサイトである。


  1. ^ DoubleClick Ad Planner、Unique visitors (users)、日本
  2. ^ YOL広告ガイド”. 読売新聞. 2012年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月17日閲覧。
  3. ^ 読売新聞オンライン 発進”. 読売新聞会社案内サイト (2019年2月1日). 2019年2月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年2月11日閲覧。
  4. ^ 「読売新聞オンライン」は生き残れるか 主要各紙「電子版」の戦況と勝算”. J-CASTニュース (2018年12月15日). 2019年2月11日閲覧。
  5. ^ メディア戦略局”. 読売新聞. 2015年10月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月26日閲覧。
  6. ^ 検索機能の使い方”. YOMIURI ONLINE. 2012年12月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月26日閲覧。
  7. ^ YOMIURI PREMIUM ご利用ガイド”. YOMIURI ONLINE. 2013年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月26日閲覧。
  8. ^ ニュース提供社”. Yahoo!ニュース. 2019年2月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月26日閲覧。
  9. ^ YOLメール”. YOMIURI ONLINE. 2012年9月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月26日閲覧。
  10. ^ RSS配信”. YOMIURI ONLINE. 2014年2月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月26日閲覧。
  11. ^ a b ヨミウリ・オンライン(YOL)は、リニューアルしました”. YOMIURI ONLINE. 2014年3月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月23日閲覧。
  12. ^ 読売新聞のTwitterアカウント”. YOMIURI ONLINE. 2014年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月23日閲覧。
  13. ^ 読売・渡辺会長「紙の新聞が中軸、電子メディアは紙の補完」”. 2012年6月26日閲覧。
  14. ^ ITmediaが利用規約から無断リンク禁止条項を撤廃”. 2012年6月26日閲覧。
  15. ^ 記事見出し配信訴訟、読売新聞側の訴えを一部認めた控訴審判決が確定”. INTERNET Watch. 2012年6月26日閲覧。
  16. ^ “Web 2.0”の導入、従来メディアは「恐る恐る」”. INTERNET Watch. 2012年6月26日閲覧。
  17. ^ a b “「読売新聞オンライン」スマホ用アプリを公開、重要ニュースや好みの情報も表示”. 読売新聞. (2020年7月29日). https://www.yomiuri.co.jp/economy/20200729-OYT1T50241/ 
  18. ^ a b c d スマホ時代の「新聞」を使い倒す(2) 読売新聞オンラインは追加費用ゼロ”. Impress Watch (2019年3月27日). 2019年5月6日閲覧。
  19. ^ “メディアの枠を超えてタッグ! 原監督もDAZNアンバサダーに就任 DAZNと読売グループが包括提携を締結” (プレスリリース), DAZN, (2019年3月17日), オリジナルの2019年5月6日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190506082056/https://media.dazn.com/ja/press-releases-ja/2019/03/17-4/ 2019年5月6日閲覧。 
  20. ^ “今季の巨人主催試合、「DAZN」がライブ配信”. 読売新聞オンライン. (2019年3月17日). https://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/20190317-OYT1T50110/ 2019年5月6日閲覧。 
  21. ^ “DAZNと読売グループが提携--全国の読売新聞販売店でもDAZNの加入を促進”. CNET Japan. (2019年3月18日). https://japan.cnet.com/article/35134339/ 2019年5月6日閲覧。 
  22. ^ 読売新聞小史”. YOMIURI ONLINE. 2010年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月1日閲覧。
  23. ^ YOMIURI ONLINEとITmedia、IT関連記事分野で業務提携”. アイティメディア株式会社 (2005年5月30日). 2010年1月1日閲覧。
  24. ^ 大手小町10年の歩み”. YOMIURI ONLINE. 2011年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月22日閲覧。
  25. ^ 大日本印刷とボイジャー、WWWブラウザー用「たて書きプラグイン」を開発”. INTERNET Watch (1999年12月22日). 2010年1月1日閲覧。
  26. ^ 読売新聞社、無料のインターネット接続サービスを開始”. INTERNET Watch (2000年7月11日). 2010年1月1日閲覧。
  27. ^ ヨミウリ・オンラインが10周年記念リニューアル”. YOMIURI ONLINE (2005年). 2012年7月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年1月1日閲覧。
  28. ^ 甲斐祐樹 (2005年10月24日). “読売新聞、ニュースや社説、コラムなどをPodcastingで配信”. INTERNET Watch. 2010年1月1日閲覧。
  29. ^ a b お知らせ”. YOMIURI ONLINE. 2010年1月1日閲覧。
  30. ^ 参院選で「ボートマッチ」人気、複数設問で近い政党分かる”. YOMIURI ONLINE. 2016年9月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月27日閲覧。
  31. ^ ヨミウリ・オンライン 一層便利にリニューアル”. YOMIURI ONLINE (2007年8月31日). 2012年7月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年1月1日閲覧。
  32. ^ みんなで特ダネ! 読売・日テレ投稿サイト”. YOMIURI ONLINE (2007年9月20日). 2012年7月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年1月1日閲覧。
  33. ^ マイメニュー機能”. YOMIURI ONLINE (2008年1月7日). 2012年7月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年1月1日閲覧。
  34. ^ ニュースクリップ”. YOMIURI ONLINE (2008年5月12日). 2012年12月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年1月1日閲覧。
  35. ^ 大久保有規彦 (2008年6月12日). “読売新聞、YOMIURI ONLINEでRSSとブログパーツを配信”. INTERNET Watch. 2010年1月1日閲覧。
  36. ^ 三柳英樹 (2009年4月1日). “「YOMIURI ONLINE」は3列、「毎日jp」は4列に、トップページ刷新”. INTERNET Watch. 2010年1月1日閲覧。
  37. ^ twilog - くらげっとのつぶやき”. 2012年6月26日閲覧。
  38. ^ ヨミウリ・オンラインにソーシャルボタン導入”. YOMIURI ONLINE. 2014年3月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月27日閲覧。
  39. ^ facebook - YOMIURI ONLINE”. 2012年6月27日閲覧。
  40. ^ 読売新聞社、購読者向け有料会員サービス「読売プレミアム」”. PC online. 2012年6月26日閲覧。
  41. ^ ヨリモ サービス終了のお知らせ”. PC online. 2014年2月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月19日閲覧。
  42. ^ 読売新聞オンライン”. 読売新聞社. 2019年1月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年1月10日閲覧。
  43. ^ a b c “アートの魅力を女子目線で再発見! 読売新聞オンラインで新プロジェクト「美術館女子」スタート” (プレスリリース), 読売新聞オンライン・美術館連絡協議会, (2020年6月12日), https://www.atpress.ne.jp/news/215340 2020年7月11日閲覧。 
  44. ^ a b c d 「美術館女子」は何が問題だったのか。「美術界のジェンダー格差を強化」「無知な観客の役割を女性に」”. 美術手帖 (2020年6月15日). 2020年7月11日閲覧。
  45. ^ a b c d “「美術館女子」企画、透けた意識 若い女性は無知なのか”. 朝日新聞デジタル. (2020年6月20日). https://www.asahi.com/articles/ASN6N324QN6LPTFC013.html 2020年7月11日閲覧。 
  46. ^ a b c “キャンペーン企画「美術館女子」、批判受け公開終了”. 産経ニュース. (2020年6月29日). https://www.sankei.com/article/20200629-D2QICSV6SNLDHEKAFXXSYBHQC4/ 2020年7月11日閲覧。 
  47. ^ “「美術館女子」公開終了 「指摘を重く受け止め」”. 朝日新聞デジタル. (2020年6月28日). https://www.asahi.com/articles/ASN6X4J6XN6XPTFC008.html 2020年7月11日閲覧。 


「読売新聞オンライン」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「読売新聞オンライン」の関連用語

読売新聞オンラインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



読売新聞オンラインのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの読売新聞オンライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS