スポーツ報知とは? わかりやすく解説

スポーツ報知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/08 08:44 UTC 版)

スポーツ報知(スポーツほうち)は、報知新聞社および読売新聞中部支社スポーツ報知西部本社が発行する日本スポーツ新聞


注釈

  1. ^ 大阪・西部版では、中継予定を関西・九州地区のものに差し替えている。ただし大阪管轄の中四国地方の放送については掲載されていない。
  2. ^ この号数は1872年7月15日に発行された前身「郵便報知新聞」の第1号からの起算であり、1942年8月5日に読売新聞と統合「讀賣報知」となった際は23584号だった。当時の主筆者であった武藤貞一は「栄誉ある本紙は23584号で終焉を告げた」とあたかも廃刊をしたような記述をし、「讀賣報知」の統合後は一旦、現在の読売新聞東京本社につながる発行紙齢を掲載していたが、夕刊新報知として復刊後は、統合・休刊前の号数を引き継ぎ、23585号から再開している。(大隈重信、原敬、犬養毅3総理輩出も、1942年に一度報知は「終焉」を告げた…創刊150周年 報知あの時(2)(2022年12月7日・スポーツ報知))
  3. ^ a b 直営の東京本社・北海道総局は東京・大阪・北海道の順。大阪本社だけ大阪・東京の順。フランチャイズの中部・西部についてはそれぞれの地域の分だけ。名古屋版創刊当初は中部読売と同じものが使われた。

出典

  1. ^ 報知新聞社社長・依田裕彦あいさつ 「 両国からも夢と感動をお届けします」
  2. ^ a b c d “創刊150年迎えた報知新聞社、創業の地「両国」に東京本社を移転”. 読売新聞 (読売新聞社). (2022年6月10日). オリジナルの2022年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220610115345/https://www.yomiuri.co.jp/culture/20220610-OYT1T50212/ 2022年6月10日閲覧。 
  3. ^ a b 1949年末、生き残りの秘策はスポーツ紙転身 GHQの目をすり抜けろ…創刊150周年 報知あの時(1)(2022年12月5日 スポーツ報知)・その記事の拡大
  4. ^ a b c 読者、記者も混乱の中、スポーツ紙として船出…創刊150周年 報知あの時(5)(2022年12月10日・スポーツ報知)・その紙面
  5. ^ スポーツ紙転換直前「常識破らなければ」衝撃の連載小説打ち切り…創刊150周年 報知あの時(4)(2022年12月9日・スポーツ報知)
  6. ^ a b 白石潔、編集局長時代に結婚 子煩悩な父親に…創刊150周年 報知あの時(8)(2022年12月15日・スポーツ報知)
  7. ^ 報知から読み解く巨人軍の不思議。プチ鹿島6月のスポーツ新聞時評。 NumberWeb 2017/06/30 17:00 (2021年11月24日閲覧)
  8. ^ 廃刊・休刊の新聞たち・中部読売新聞
  9. ^ a b スポーツ紙の題字 1
  10. ^ 報知新聞社が「相撲協会」所有のビルに移転へ 業界から“無気力報道”を心配する声”. デイリー新潮 (2021年8月27日). 2021年8月29日閲覧。
  11. ^ a b 報知新聞社、東京本社を6月に両国国技館近くへ移転…創刊150年”. 読売新聞 (2022年2月8日). 2022年2月9日閲覧。
  12. ^ 大阪でも報知(150周年記念特設サイト)
  13. ^ きょう150周年「スポーツ報知」紙面が変わる! 大相撲の大型企画など両国移転で内容パワーUP! 11日付「サタデーストーリー」に明石家さんま登場
  14. ^ “【競輪】村上義弘さんがスポーツ報知評論家に就任「選手の情熱や思考を皆さんに届けたい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2023年4月1日). https://hochi.news/articles/20230401-OHT1T51054.html?page=1 2023年4月3日閲覧。 


「スポーツ報知」の続きの解説一覧

スポーツ報知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 09:47 UTC 版)

野球評論家」の記事における「スポーツ報知」の解説

長嶋茂雄(1982 - '92、'02 -) ※客員評論家で「勝つ、勝つ、勝~つ!!」を随時執筆安藤統男(1985 - '86、'90 - ) 福本豊(1992 - '972000 - ) 堀内恒夫(1986 - '92、'99 - '03、'06 - ) 掛布雅之(1989 - '15、'18 - ) ※2015年まで専属2018年からは大阪版中心にミスター・タイガース 掛布論」を随時執筆2020年から正式に復帰工藤一彦(2005 - 。サンケイスポーツ1991 - 2004) 高木豊(2014 - ) 村田真一(2004 - '05、'19-) 金村義明(2001 - ) 清水隆行(20102017 - ) 高橋尚成(2016 - ) 高橋由伸(2019 - ) ※「由伸フルスイング」というタイトルコラム執筆している。 山村宏樹(2017 - ) ※主に東北版を中心に一発解投」のコラム随時担当している。 藤川球児(2021 - ) 宮本和知2022 - )

※この「スポーツ報知」の解説は、「野球評論家」の解説の一部です。
「スポーツ報知」を含む「野球評論家」の記事については、「野球評論家」の概要を参照ください。


スポーツ報知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 01:28 UTC 版)

温泉むすめ」の記事における「スポーツ報知」の解説

2018年平成30年10月2日、「温泉むすめ新聞」の定期発行始まり温泉むすめ新聞部」が創られ、部長秋保菜子役の高橋花林就任した

※この「スポーツ報知」の解説は、「温泉むすめ」の解説の一部です。
「スポーツ報知」を含む「温泉むすめ」の記事については、「温泉むすめ」の概要を参照ください。


スポーツ報知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 14:59 UTC 版)

群青のファンファーレ」の記事における「スポーツ報知」の解説

2022年3月26日29日東京ビックサイト開催されていた『Anime Japan 2022』にて、スポーツ報知が号外発行した記事音無優の芸能界引退記者会見模様と、JO1大平木全インタビュー澤野弘之紹介記事構成されている。

※この「スポーツ報知」の解説は、「群青のファンファーレ」の解説の一部です。
「スポーツ報知」を含む「群青のファンファーレ」の記事については、「群青のファンファーレ」の概要を参照ください。


スポーツ報知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 20:54 UTC 版)

読売新聞北陸支社」の記事における「スポーツ報知」の解説

報知新聞社発行「スポーツ報知」も現地印刷1996年11月より実施している。それまで大阪本社発行のものを、空輸もしくは鉄道便で輸送していたが、当支社協力により、同社印刷工場利用して東京本社製作され最終版公営競技面のみ従来どおり大阪本社製作)の紙面電送同時印刷できるようになった。 なお欄外版数を示すクレジットには「北陸」と、北陸支社工場印刷されたことを示すものが掲載されている。

※この「スポーツ報知」の解説は、「読売新聞北陸支社」の解説の一部です。
「スポーツ報知」を含む「読売新聞北陸支社」の記事については、「読売新聞北陸支社」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スポーツ報知」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スポーツ報知」の関連用語

スポーツ報知のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スポーツ報知のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスポーツ報知 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの野球評論家 (改訂履歴)、温泉むすめ (改訂履歴)、群青のファンファーレ (改訂履歴)、読売新聞北陸支社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS