1982とは? わかりやすく解説

1982

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 03:55 UTC 版)

1982千九百八十二一九八二、せんきゅうひゃくはちじゅうに)は、自然数また整数において、1981の次で1983の前の数である。




「1982」の続きの解説一覧

1982

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 02:56 UTC 版)

スラッシャー映画」の記事における「1982」の解説

低予算大きな利益得られるオリジナルビデオ制作相次いだVarietyによれば、インディペンデントホラー映画『マッドマン・マーズ』はニューヨーク市興行収入トップ10ランクインする好調な滑り出しであったが、ホームビデオでのより健康的な生活のためにすぐに劇場から消えた。『血の学寮』と『Honeymoon Horror』は、それぞれ5〜9ドル制作されVHS黎明期成功収めた。この変化により、独立プロダクション劇場配給見つけることが困難になり始めた。『Girls Nite Out』は1982年に非常に限られた規模公開されたが、1984年にさらに多くの劇場で再公開され、最終的にVHS発売され家庭で見られるようになったポール・リンチの『猟獣人ヒューモンガス』はAVCO Embassy Picturesを通じて公開されたが、経営変更により映画劇場公開大幅に制限された。『X線/悪魔棲むホスピタル連続殺人』や『Night Warning』などの映画は、レンタルビデオ店でのレンタル好調であった一方で、『Dark Sanity』、『The Forest』、『Unhinged』、『ハロウィーン・夜の罠Trick or Treats)』、『Island of Blood』は、劇場公開がほとんどなくビデオレンタル量も平均以下世に知られることはなかった。 『魔島』、『死霊悪夢』、『ブラッド・ソング』及び『迷信呪われた沼~』(超自然的現象テーマにした『ハロウィンIII』はハロウィンフランチャイズの一部ではあるが、スラッシャー映画の方式に固執してはいない)といった超自然的なスラッシャー映画人気高まりつつあった。ニュー・ライン・シネマ初め公開した長編映画ジャンク・イン・ザ・ダーク』の収益わずかであり、当初は批評家取り合わなかったが、後に批評家再評価得ている。監督エイミー・ホールデン・ジョーンズ作家リタ・メイ・ブラウンは『The Slumber Party Massacre』において男性に対する搾取的暴力披露するために性別変更した一方で、『面会時間』はリベラルフェミニズム男らしい右翼的偏見争わ搾取的結果もたらした最初のスラッシャー三部作13日の金曜日 PART3』は大成功収め1200万枚チケット販売し興行収入トップの『E.T.』をその座から引きずり下ろした映画象徴的なホッケーマスクは、大衆文化図像成長したユニバーサル・ピクチャーズは『Death Valley』がほんのわずかしか公開されなかった一方でコロンビア ピクチャーズは『バイオニック・マーダラー』でささやかな成功収めた独立配給社のエンバシー・ピクチャーズは、『セダクション 盗撮された女』を公開し興行収入1100ドル突破した同作ブロックバスターの『危険な情事』(1987年)および『氷の微笑』1992年)より数年前公開されたエロティックなスラッシャースリラーである。 アメリカ国外においてはオーストラリアで『悪夢系譜/日記閉ざされた連続殺人の謎』が上映され一方でプエルトリコの『ブラッド・ピーセス/悪魔のチェーンソー』はボストンマドリードスペイン人監督イタリア系アメリカ人プロデューサーによって撮影された。イタリアジャッロセルジオ・マルティーノの『死霊暗殺/エトルスカン』、ルチオ・フルチの『ザ・リッパー』およびダリオ・アルジェント『シャドー』公開作品スラッシャー映画影響を受けていた。

※この「1982」の解説は、「スラッシャー映画」の解説の一部です。
「1982」を含む「スラッシャー映画」の記事については、「スラッシャー映画」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1982」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1982」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1982」の関連用語

1982のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1982のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1982 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスラッシャー映画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS