収めとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 収めの意味・解説 

おさめ〔をさめ〕【収め/納め】

納めること。納入

物事をそれで終えること。しまい。最後。「—の会」「舞い—」


おさめ をさめ 【治・修・納・収】

〔名〕 (動詞「おさめる(治)」の連用形名詞化

[一] (治・修) ものごと安定した状態にすること。

① 国などを統治すること。

史記抄(1477)一二「国をば治めせいで死士を養ば仇にならうぞ」

自分行ない、心などを整え正すこと。

仮名草子・身の鏡(1659)上「生れつきに科(とが)はあらじ、身の修(ヲサ)めなき故なるべし

[二] (納・収) 物をきちんと中にしまい入れること。また、ある行為や状態を終わらせること。

① ある場所にしまい入れること。収納多く名詞に付けて、「蔵納め」のように用いられる。〔コリャード西日辞書(1632)〕

取り入れること。収穫多く名詞に付けて秋収め」のように用いられる。

受け取り手さし出すこと。納入多く名詞に付けて「月納め」のように用いられる。

自分領地から取り立てる高(日葡辞書(1603‐04))

(5) 物事終わらせること。最後仕上げ名詞動詞連用形に付けて仕事納め」「し納め」「見納め」のように用いられる場合もある。

宇治拾遺(1221頃)一「此のたび、俄(にはか)にて、おさめの手も、わすれ候ひにたり」

(6) 「おさめ(納)の杯」の略。

二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「一盃の酒に親子三人の涙を酌交して、納(ヲサメ)を父親に献(さ)し」


収め


収め

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「収め」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる固定比率とは

    株式の投資基準とされる固定比率とは、企業の固定資産の株主資本に対する割合をパーセンテージで表したものです。固定比率は、固定資産は返済不要の株主資本以下に収めるべきという考えに基づいて算出し、投資の判断...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「収め」の関連用語

収めのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



収めのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS