ハイパーインフレーションとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 金融 > インフレーション > ハイパーインフレーションの意味・解説 

ハイパーインフレーション [8] 【hyperinflation】


ハイパー・インフレーション(Hyper inflation)

 インフレ率が月率数十%以上、物価1年間に数倍に上昇するインフレ

ハイパーインフレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/06 03:28 UTC 版)

ハイパーインフレーション英語: Hyperinflation)とは、急激に進行するインフレーションを指す。略称として「ハイパーインフレ」とも呼ばれる。




  1. ^ 【柴山桂太】ハイパーインフレの発生条件”. 表現者クライテリオン (2018年8月7日). 2019年1月17日閲覧。
  2. ^ 木立順一 『黄金の国 悠久の心の文化の歴史から目指す未来像』 メディアポート、2015年、154頁。
  3. ^ a b c d 矢野浩一ハイパーインフレとデフレ 〜合理的期待と政策レジーム」講義資料
  4. ^ 浜田宏一若田部昌澄・勝間和代 『伝説の教授に学べ! 本当の経済学がわかる本』 東洋経済新報社、2010年[要ページ番号]
  5. ^ 若田部昌澄 『もうダマされないための経済学講義』 光文社〈光文社新書〉、2012年、169頁。
  6. ^ a b 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる 最新経済のしくみ-マクロ経済からミクロ経済まで素朴な疑問を一発解消(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2008年、90頁。
  7. ^ a b 岩田規久男編 『昭和恐慌の研究』 東洋経済新報社、2004年、31頁。
  8. ^ a b 岩田規久男編 『昭和恐慌の研究』 東洋経済新報社、2004年、171頁。
  9. ^ 田中秀臣編著 『日本経済は復活するか』 藤原書店、2013年、3頁。
  10. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、194頁。
  11. ^ a b 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、189頁。
  12. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、189-190頁。
  13. ^ a b 日本経済新聞社編 『マネーの経済学』 日本経済新聞社〈日経文庫〉、2004年、82頁。
  14. ^ "The Death of Paper Money"—London Telegraph 25 July 2010—City of London Bankers are buying up book on the Weimar Inflation:
  15. ^ 若田部昌澄 『改革の経済学』 ダイヤモンド社、2005年、233頁。
  16. ^ スティーヴン・ランズバーグ 『ランチタイムの経済学-日常生活の謎をやさしく解き明かす』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2004年、114-115頁。
  17. ^ a b c d 居城弘「第一次大戦後のドイツ資本主義における外資導入と中央銀行政策(一) (PDF) 」 、『靜岡大学法経研究』23(1)、靜岡大学、1974年、 pp.1-22、 NAID 110007665720、14-21p
  18. ^ 岩田規久男 『インフレとデフレ』 講談社〈講談社学術文庫〉、2012年、32-33頁。
  19. ^ 原田泰・神田慶司 『物価迷走 ――インフレーションとは何か』 角川書店〈角川oneテーマ21〉、2008年、204頁。
  20. ^ 日本経済新聞社編 『マネーの経済学』 日本経済新聞社〈日経文庫〉、2004年、84頁。
  21. ^ 井代彬雄「ナチス体制初期の労働政策 (PDF) 」 、『大阪教育大学紀要. II, 社会科学・生活科学』第21号、大阪教育大学、1972年、 pp.139-156、 NAID 110004084682、143p
  22. ^ 大泉英次「ドイツ信用恐慌とブリュ-ニング政策」、『経済学研究』第26巻第3号、北海道大学經濟學部 = HOKKAIDO UNIVERSITY SAPPORO,JAPAN、1976年8月、 p537-587、 NAID 120000950722
  23. ^ 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、73頁。
  24. ^ 村上和光「ナチス経済の展開と景気変動過程(下)現代資本主義論の体系化(10) (PDF) 」 、『金沢大学経済学部論集』27(1)、金沢大学経済学部、2007年、 pp.67-102、 NAID 12000134229888-90p
  25. ^ 村上和光「ナチス経済の展開と景気変動過程(下)現代資本主義論の体系化(10) (PDF) 」 、『金沢大学経済学部論集』27(1)、金沢大学経済学部、2007年、 pp.67-102、 NAID 120001342298、73-78p
  26. ^ 歴史に学ぶインフレより怖いデフレの危険性WEDGE Infinity(ウェッジ) 2014年5月15日
  27. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社現代新書〉、2004年、178頁。
  28. ^ 高安秀樹ら(2002)
  29. ^ 1京は1兆の1万倍(10の16乗)、1垓は1京の1万倍(10の20乗)。
  30. ^ 1京は1兆の1万倍(10の16乗)、1垓は1京の1万倍(10の20乗)。
  31. ^ スティーヴン・ランズバーグ 『ランチタイムの経済学-日常生活の謎をやさしく解き明かす』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2004年、114頁。
  32. ^ a b 上念司 『日本は破産しない! 〜騙されるな!「国債暴落で国家破産!」はトンデモ話だ!』 宝島社、2010年、22頁。
  33. ^ 上念司 『「日銀貴族」が国を滅ぼす』 光文社〈光文社新書〉、2010年、142頁。
  34. ^ 上念司 『日本は破産しない! 〜騙されるな!「国債暴落で国家破産!」はトンデモ話だ!』 宝島社、2010年、24頁。
  35. ^ 上念司 『日本は破産しない! 〜騙されるな!「国債暴落で国家破産!」はトンデモ話だ!』 宝島社、2010年、26頁。
  36. ^ 上念司 『日本は破産しない! 〜騙されるな!「国債暴落で国家破産!」はトンデモ話だ!』 宝島社、2010年、27頁。
  37. ^ 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる世界経済-日本を取り巻く世界経済の現状とその問題点(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2010年、148頁。
  38. ^ 北村行伸「ソブリンリスクの歴史と教訓」(証券アナリストジャーナル, 2011-01)[1][2]PDF-P.7
  39. ^ a b c 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる世界経済-日本を取り巻く世界経済の現状とその問題点(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2010年、178頁。
  40. ^ 栗原昇・ダイヤモンド社 『図解 わかる!経済のしくみ[新版]』 ダイヤモンド社、2010年、198頁。
  41. ^ 栗原昇・ダイヤモンド社 『図解 わかる!経済のしくみ[新版]』 ダイヤモンド社、2010年、199頁。
  42. ^ 上念司 『デフレと円高の何が「悪」か』 光文社〈光文社新書〉、2010年、125頁。
  43. ^ 三橋貴明 『高校生でもわかる日本経済のすごさ』 彩図社、2009年、65頁。
  44. ^ a b 田中秀臣・上念司 『震災恐慌!〜経済無策で恐慌がくる!』 宝島社、2011年、204頁。
  45. ^ 原田泰・大和総研 『新社会人に効く日本経済入門』 毎日新聞社〈毎日ビジネスブックス〉、2009年、136頁。
  46. ^ 高橋洋一 『高橋教授の経済超入門』 アスペクト、2011年、41頁。
  47. ^ a b イラン、制裁でインフレ30%超 輸出滞り外貨得られず日本経済新聞 2013年4月7日
  48. ^ “ハイパーインフレに喘ぐベネズエラ、飢饉状態で略奪横行/注目トピックス 経済総合” (日本語). ロイター. (2016年5月13日). http://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20160513_00320160512 2016年6月9日閲覧。 
  49. ^ 今年だけでもインフレ率700%のベネズエラ、新札発行も届かず大混乱 HARBOR BUSINESS Online(2016年12月19日)2018年1月1日閲覧
  50. ^ Alejandro Werner (2018年7月23日). “Outlook for the Americas: A Tougher Recovery”. IMF Blog. 2018年7月25日閲覧。
  51. ^ 子どもはごみあさり、兵士の不満増大 政治の影に隠れたベネズエラ国民の窮状”. CNN (2019年1月29日). 2019年1月28日閲覧。
  52. ^ a b 森永卓郎 『「騙されない!」ための経済学 モリタク流・経済ニュースのウラ読み術』 PHP研究所〈PHPビジネス新書〉、2008年、85頁。
  53. ^ 「○○だからデフレ」論を喝破する【三橋貴明×飯田泰之】Vol.2 日刊SPA! 2012年9月14日
  54. ^ 若田部昌澄 『もうダマされないための経済学講義』 光文社〈光文社新書〉、2012年、173頁。
  55. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、190頁。
  56. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、194頁。


「ハイパーインフレーション」の続きの解説一覧



ハイパーインフレーションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハイパーインフレーション」の関連用語

ハイパーインフレーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハイパーインフレーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2019MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハイパーインフレーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS