黎明期とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > 時期 > 黎明期の意味・解説 

れいめい‐き【×黎明期】


黎明

(黎明期 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/19 00:25 UTC 版)

黎明(れいめい)




「黎明」の続きの解説一覧

黎明期(1969年 - 1973年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 03:09 UTC 版)

キャメル (バンド)」の記事における「黎明期(1969年 - 1973年)」の解説

1969年イングランドサリー州ギルフォードで、アンドリュー・ラティマーギター)、ダグ・ファーガソン(ベース)、アンディ・ウォードドラム)のメンバーで「ブルー (Brew) 」という、ブルース基調としたローカル・バンドを結成1971年シンガーソングライター 、フィリップ・グッドハンド=テイトオーディションを受け、アルバム『アイル・ライト・ア・ソング (真実の心)(I Think I'll Write a Song)』にバック・バンドとして参加同年、すでにゼムソロ活動などでキャリア重ね知名度もあったピーター・バーデンスは、アメリカ進出考えており、メンバー募集広告を「Melody Maker」誌に出す。それを見たアンディ・ウォードからのコンタクトがあり、ブルーメンバーセッション行って意気投合。新バンド発足する1972年春、契約残っていたバーデンスコンサートを、前年結成したバンドキャメル」として行う。コンサート成功した結果以後継続確定したその後母国ライブ活動実績積み、翌1973年MCAレコードよりデビュー・アルバム『キャメル・ファースト・アルバム (Camel) 』を発表バンド初期は、ラティマー哀愁漂うエモーショナルギター(主にギブソン・レスポール使用)とバーデンス軽快なキーボードウォード多彩なドラムを軸に、美しメロディテクニカル緊張感のある演奏聴かせていた。

※この「黎明期(1969年 - 1973年)」の解説は、「キャメル (バンド)」の解説の一部です。
「黎明期(1969年 - 1973年)」を含む「キャメル (バンド)」の記事については、「キャメル (バンド)」の概要を参照ください。


黎明期(1951年 - 1975年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 07:48 UTC 版)

カーラ・ボノフ」の記事における「黎明期(1951年 - 1975年)」の解説

1951年南カリフォルニア州において、ユダヤ系両親間に生まれる。幼少の頃よりピアノ習い音楽関わるうになるギターにも興味持ち1950年代代表的フォークグループ「ウィーバーズ」のメンバーだったフランク・ハミルトンに師事して腕を磨く

※この「黎明期(1951年 - 1975年)」の解説は、「カーラ・ボノフ」の解説の一部です。
「黎明期(1951年 - 1975年)」を含む「カーラ・ボノフ」の記事については、「カーラ・ボノフ」の概要を参照ください。


黎明期(1965年 - 1966年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 22:30 UTC 版)

ピンク・フロイド」の記事における「黎明期(1965年 - 1966年)」の解説

1965年リージェント・ストリート建築工芸学校(英:london polytechnic regent street、現・ウェストミンスター・ロー・スクール;Westminster Law School)の同級生であった[17]ロジャー・ウォーターズリチャード・ライトニック・メイスン3名は、現代音楽に関して論争交わしたことがきっかけで「シグマ6(Sigma 6)」というバンド結成した当初はロジャーギター担当し前述の3人のほかにクライヴ・メットカーフ(ベース)、キース・ノーブルとジュリエット・ゲイル(共にボーカル)がメンバー加わっていた。その後バンド名を「メガデス (The Meggadeaths , The Megadeaths ) 」「アブダブス(The Abdabs)」「スクリーミング・アブダブス(The Screaming Abdabs)」「アーキテクチュラル・アブダブス(The Architectural Abdabs)」「レナーズ・ロジャース(Leonard's Lodgers)」「スペクトラム・ファイブ(The Spectrum Five)」などと次々に変えながら活動続け、一旦「ティー・セット(The Tea Set)」もしくは「Tセット(The T-Set)」に落ち着くが、行き詰まりから活動休止した同年後半ウォーターズライトメイスン3人旧友シド・バレットギタリストのボブ・クロース(Bob Klose)を誘いバンド名を「ピンク・フロイド・サウンド(Pink Floyd Sound)」に改め再出発を図る。これは、バレット好んだ2人のピードモント・ブルース(英語版)・ミュージシャンの名前にちなんだものであったその2人というのは共にアメリカ人のピンク・アンダーソン(ピンクニー・“ピンク”・アンダーソン)とフロイド・カウンシルで、Pinkney "Pink" Anderson からは"Pinkney"をもじったミドルネーム"Pink"を、Floyd Council からはギブンネームen)の"Floyd"を拝借したわけである。 当初はブルースのほかにローリング・ストーンズザ・フーの曲をコピーして演奏していたが、やがて即興演奏リキッドライト導入し独自の道を歩み出す。純粋なブルース志向していたボブ・クロースは方向性違いから同1965年中にバンド脱退し代わってバレットリード・ギター担当することになる。この頃からバレット精力的に曲作りを始めオリジナル曲演奏次第増えていった。こうしてバンドバレット感性グループの軸に据えるようになる。 なお、ボブ脱退した際にバンド名を「ピンク・フロイド・サウンド」から「ピンク・フロイドPink Floyd)」へと改名したバンド名短くしたのは当時マネージャー進言よるものであった

※この「黎明期(1965年 - 1966年)」の解説は、「ピンク・フロイド」の解説の一部です。
「黎明期(1965年 - 1966年)」を含む「ピンク・フロイド」の記事については、「ピンク・フロイド」の概要を参照ください。


黎明期(2014年 - 2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 22:06 UTC 版)

非代替性トークン」の記事における「黎明期(2014年 - 2017年)」の解説

最初のNFTである『Quantum』は、2014年5月ニューヨークのニュー・ミュージアムで開催されカンファレンスSeven on Seven」のライブ・プレゼンテーションにおいて、ケビン・マッコイが作成し、アニル・ダッシュ(英語版)が購入した。彼らは当時、この技術を「マネタイズされた画像」(monetized graphics)と呼んでいた。代替不可能で取引可能なブロックチェーン・マーカーは、Namecoin(英語版)によって可能となったオンチェーンのメタデータを介してユニークな芸術作品明示的に紐づけられていた。これは、他のブロックチェーンカウンターパーティーなど、マルチユニット代替可能かつ、メタデータのない「カラードコイン」とは対照的である[要出典]。 2015年10月には、最初のNFTプロジェクト「Etheria」が立ち上げられロンドン開催されイーサリアム初のデベロッパー・カンファレンス「DEVCON 1」でデモンストレーションが行われた。Etheriaの457個の購入取引可能な正方形タイルほとんどは2021年3月13日NFTへの関心が最熱するまで、5年以上も売れ残っていた。24時間以内に、現行バージョンと1 ETH当時レートでは43セント)にハードコードされた過去バージョンすべてのタイルが、合計140ドル販売された。 「NFT」という言葉は、2017年さまざまなNFTプロジェクト立ち上がった後、同年のイーサリアムGitHubを通じて提案されたERC-721規格初め使われるようになったそれらのプロジェクトには、Curio Cards、CtyptoPunks(英語版)(米国スタジオLarva Labs」がイーサリアムブロックチェーン上で公開したユニークな漫画キャラクター取引するプロジェクト)、Decentraland英語版)などが含まれる。この3つのプロジェクトは、レアペペ英語版)のトレーディングカードとともに当初の提案書で参照されていた。

※この「黎明期(2014年 - 2017年)」の解説は、「非代替性トークン」の解説の一部です。
「黎明期(2014年 - 2017年)」を含む「非代替性トークン」の記事については、「非代替性トークン」の概要を参照ください。


黎明期 ( - 2013年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 10:27 UTC 版)

佐藤麗奈」の記事における「黎明期 ( - 2013年)」の解説

小学校4年から芸能活動を始め、小6の時にスカウトされてステラプロモーションに所属ジュニアアイドルとして、アイドルユニットラブリーX(テン)』のメンバーとして活動していた。その後原宿ボックスコーポレーション社長にスカウトされたのを契機に移籍2012年 AI女優養成プロジェクト1期生メンバーとなり、数本短編ドラマ出演2013年 3月アルバムファンキーモンキーベイビーズLAST BEST』で、TVCM初出演4月TVドラマ放課後グルーヴ』に初レギュラー出演

※この「黎明期 ( - 2013年)」の解説は、「佐藤麗奈」の解説の一部です。
「黎明期 ( - 2013年)」を含む「佐藤麗奈」の記事については、「佐藤麗奈」の概要を参照ください。


黎明期(1972年 - 1975年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 06:55 UTC 版)

スティクス (バンド)」の記事における「黎明期(1972年 - 1975年)」の解説

1972年1stアルバムスティクス』でデビュー13分以上ある曲を収め大衆受けはしなかったが、プログレッシブ・ロックファン受け入れられる1973年2ndアルバムスティクスIIをリリース1stではカヴァー曲混ぜていたが、完全オリジナルのアルバムとして方向性決定付けた1974年3rdアルバム『サーペント・イズ・ライジング』、4thアルバムミラクルズ』を発表この時期からポップ性を意識し始め大作志向から短い曲へと変化していく。 1975年2年前に発売され2ndアルバム収録されていたシングル憧れレイディ (Lady)」が、2月から徐々にチャート上昇8月には全米6位まで上昇しこれに伴いアルバムセールス延びてゴールドディスク獲得する。このヒットにより同年秋、大手レーベルA&Mレコード」に移籍した移籍第一弾5thアルバム分岐点』の制作後全米ツアー前に音楽性の違いからクルリュスキが脱退代わってMS FUNKトミー・ショウ(ギターボーカル)が加入した

※この「黎明期(1972年 - 1975年)」の解説は、「スティクス (バンド)」の解説の一部です。
「黎明期(1972年 - 1975年)」を含む「スティクス (バンド)」の記事については、「スティクス (バンド)」の概要を参照ください。


黎明期 (1992年 - 1997年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 19:00 UTC 版)

ディエズ・イラエ」の記事における「黎明期 (1992年 - 1997年)」の解説

1992年マウザー (G、Vo)、チャイナ (G)、チャルヌィ (B)ギラン (Ds)の4名で結成1994年1stデモFear of Godをリリース。同デモ2年後1996年に「Serenades Records」からMCDとして再リリースされた。当時の音は、「ヴェイダー」や「モービッド・エンジェル」からの影響の強い典型的なデスメタル・サウンドだった。 1997年2ndデモPromo '97をリリース。しかし、同年チャイナ入れ替わりマウザーが「ヴェイダー」に加入し5年余りでバンド解散した

※この「黎明期 (1992年 - 1997年)」の解説は、「ディエズ・イラエ」の解説の一部です。
「黎明期 (1992年 - 1997年)」を含む「ディエズ・イラエ」の記事については、「ディエズ・イラエ」の概要を参照ください。


黎明期(JOMT時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/22 15:34 UTC 版)

astah*」の記事における「黎明期(JOMT時代)」の解説

株式会社チェンジビジョンの代表取締役である平鍋健児は、1996年ごろに本格的なオブジェクト指向モデリングツールを着想した。平鍋らは1997年末に業務とは別にそのツール開発着手したその頃、そのツールは「Javaによるオブジェクトモデル化技法 (OMT:Object Modeling Technique) の為のツールという意味で、「JOMT」と呼ばれていた。 平鍋らは株式会社永和システムマネジメントの中からボランティア募り自分たちの趣味として少しずつJOMTを形にしていった

※この「黎明期(JOMT時代)」の解説は、「astah*」の解説の一部です。
「黎明期(JOMT時代)」を含む「astah*」の記事については、「astah*」の概要を参照ください。


黎明期(1979年 - 1989年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/24 23:01 UTC 版)

トラブル (バンド)」の記事における「黎明期(1979年 - 1989年)」の解説

1979年、リック・ワーテル(G)らを中心にイリノイ州にて発足。そこにエリック・ワグナーとブルース・フランクリンが合流して陣容固まり同州シカゴなどを拠点活動を始める。 多くのデモ制作して実績積みHR/HMバンドブラック・サバス」等に影響された、俗に言うドゥームメタル・サウンドのスタイル固めていく。 1984年新鋭レーベルメタル・ブレイド」から、『Trouble』(別名: Psalm 9)でアルバムデビュー。そして2ndアルバムThe Skull』(1985年) 3rdアルバムRun to the Light』(1987年) と、コンスタントリリース重ねる。

※この「黎明期(1979年 - 1989年)」の解説は、「トラブル (バンド)」の解説の一部です。
「黎明期(1979年 - 1989年)」を含む「トラブル (バンド)」の記事については、「トラブル (バンド)」の概要を参照ください。


黎明期 (1976年 - 1982年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 07:37 UTC 版)

トゥイステッド・シスター」の記事における「黎明期 (1976年 - 1982年)」の解説

バンド1976年に、ボーカル作曲担当としてディー・スナイダー迎えたまた、ドラマー変更し1978年にはマーク・メンドーサ(ベース)が加入したこれを機にバンドの指向は、アリス・クーパーブラック・サバスモーターヘッドなどから影響を受けたヘヴィなハードロックスタイルへと変わっていった。 バンドディー優れた能力大きく開花し、まずはニューヨーク近辺での認知度急進的に上げたファン次第増え1979年には「I'll Never Grow Up Now」、1980年には「Bad Boys (Of Rock & Roll)」を、自主制作リリースした1982年ドラマーA.J.ペロ交代

※この「黎明期 (1976年 - 1982年)」の解説は、「トゥイステッド・シスター」の解説の一部です。
「黎明期 (1976年 - 1982年)」を含む「トゥイステッド・シスター」の記事については、「トゥイステッド・シスター」の概要を参照ください。


黎明期(1964年 - 1969年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 21:52 UTC 版)

ストローブス」の記事における「黎明期(1964年 - 1969年)」の解説

1964年、デイヴ・カズンズ (G/Vo)、トニー・フーパー (G/Vo)らを中心にトリオ編成のブルーグラス・バンド「Strawberry Hill Boys」を結成1967年バンド名を「ストローブス(The Strawbs)」と改名する同年フォークシンガー サンディ・デニー短期間参加しデモ録音後のアルバム『オール・アワ・オウン・ワーク』1973年発表)。これはデビュー・アルバムとなる筈だったが、レーベルとの契約流れ お蔵入りとなる。 1968年本国進出してきた北米レーベルA&Mレコード」と、英国出身グループとして契約締結。翌1969年セルフタイトル1stアルバム『ストローブス・ファースト』でデビュージョン・ポール・ジョーンズニッキー・ホプキンスロックミュージシャン協力しフォークロック路線シフトしていった。

※この「黎明期(1964年 - 1969年)」の解説は、「ストローブス」の解説の一部です。
「黎明期(1964年 - 1969年)」を含む「ストローブス」の記事については、「ストローブス」の概要を参照ください。


黎明期(1979年 - 1986年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/07 02:48 UTC 版)

キングスX」の記事における「黎明期(1979年 - 1986年)」の解説

1979年アメリカ合衆国ミズーリ州スプリングフィールドにおいて、ダグ・ピニック(B)とジェリー・ガスキル(Ds)らで音楽活動開始後にタイ・テイバー(G)、ダン・マッコラム(G)合流し1980年ロックバンド「ザ・エッジ(The Edge)」を結成。しかし早々にマッコラムからカーク・ヘンダーソン(G)メンバー交代した1983年ヘンダーソン脱退を機にスニーク・プレビューSneak Preview)」と改名しトリオ編成移行同年自主制作アルバム発表しライブ活動も本化した1985年活動本拠地ヒューストン移転

※この「黎明期(1979年 - 1986年)」の解説は、「キングスX」の解説の一部です。
「黎明期(1979年 - 1986年)」を含む「キングスX」の記事については、「キングスX」の概要を参照ください。


黎明期(ムービートゥーンズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 22:29 UTC 版)

ディズニートゥーン・スタジオ」の記事における「黎明期(ムービートゥーンズ)」の解説

ディズニー・ムービートゥーンズの最初の作品は、ディズニーからシンジケーション放送されたテレビ番組わんぱくダック夢冒険』の映画版ダックテイル・ザ・ムービー/失われた魔法のランプ』(1990年)である。同時期スタジオは、ウォルト・ディズニー・フィチャー・アニメーションの作品続編となるビデオ映画の製作を始めた最初の作品『アラジン』1992年)の続編の『アラジン ジャファーの逆襲』(1994年)である。ストーリーテレビシリーズアラジンの大冒険』の劇場版となる内容であった。『ジャファーの逆襲』は商業的に成功収め2つ目の続編アラジン完結編 盗賊王の伝説』(1996年)も発売された。 その他に美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』(1997年)、『ポカホンタスII/イングランドへの旅立ち』(1998年)、『ライオン・キング2 シンバズ・プライド』1998年)、『シンデレラII』(2002)といった続編ビデオ映画発売された。

※この「黎明期(ムービートゥーンズ)」の解説は、「ディズニートゥーン・スタジオ」の解説の一部です。
「黎明期(ムービートゥーンズ)」を含む「ディズニートゥーン・スタジオ」の記事については、「ディズニートゥーン・スタジオ」の概要を参照ください。


黎明期(1946年 - 1960年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 18:11 UTC 版)

競技クイズ」の記事における「黎明期(1946年 - 1960年)」の解説

日本におけるクイズ番組の起源は第二次世界大戦後連合国占領政策関係している。第二次世界大戦まで、日本のラジオ放送上意下達型の番組内容であった終戦後GHQ占領政策として、日本の民主化促進するため、国営放送だった当時ラジオ放送変更され放送番組一つクイズ番組採用された。これは、クイズなどの遊戯によりすべての人平等に扱うことから戦前の家庭のような家父長制弱め民主主義人々浸透させる事を目的としていた。CIEラジオ課の助言に従いアメリカクイズ番組information please」などに倣ってNHK独自に考案したラジオ番組話の泉」の放送1946年始まり、翌1947年11月には「二十の扉」が登場し聴取率70%に達するほど人気を呼んだ当時クイズ番組」という呼び名ではなく、黎明期の番組は「当てもの」と総称されていた。 1953年2月5日日本初のテレビオリジナルのクイズ番組私の仕事はなんでしょう』が放送開始する。また『QUIZ JAPAN vol.3によれば1953年2月3日ラジオクイズ番組三つの歌』のテレビ版放送されており、これが日本初のテレビクイズ番組ではないかとしている。1954年出版の『クイズ名鑑』には、この時解答者としてクイズ番組出場するよりも、作問した問題投稿するの方多かった記されている。

※この「黎明期(1946年 - 1960年)」の解説は、「競技クイズ」の解説の一部です。
「黎明期(1946年 - 1960年)」を含む「競技クイズ」の記事については、「競技クイズ」の概要を参照ください。


黎明期(1998年頃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 02:28 UTC 版)

CardWirth」の記事における「黎明期(1998年頃)」の解説

CardWirth公開され間もないこの頃は当然ユーザー数少なく、それに比例してシナリオリソースもほとんど存在しなかった。裏を返せば、この当時からCardWirthの持つ魅力気付き盛り上げていくことに尽力してきたユーザー多く存在した時期と言える。「ないものは作るしかない」、この発想からかこの頃ユーザー一人プレイヤーであると同時に自身優秀なクリエイターでもあった。 「Adventurer's GUILD」への投稿数がまだそれほど多くなかったこの頃は、groupAskによって投稿シナリオ一つ一つに対しコメント付けられていた。また、極めて短期間ではあるがシナリオへの人気投票システム稼動したこともあった。しかし人気投票についてはフリーソフトゲーム評価優劣をつけるということに対し疑念を抱くシナリオ作者多く騒動元となったその後投票対象となるシナリオ登録制へと改められるなどの改良行われたが、最終的には評価することの意義そのもの問われることになり、このシステム廃止された。この議論以降、「Adventurer's GUILD」でのシナリオ取り扱いは「シナリオの登録」のみとなり、評価に関する一切無くなる。

※この「黎明期(1998年頃)」の解説は、「CardWirth」の解説の一部です。
「黎明期(1998年頃)」を含む「CardWirth」の記事については、「CardWirth」の概要を参照ください。


黎明期(無名時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 16:16 UTC 版)

桜谷軽便鉄道」の記事における「黎明期(無名時代)」の解説

1990年代前半 - 6kgレール観賞用として購入以降自宅囲むように後の軌道線となる路線徐々に敷設1995年8月 - 28号資材台車製造 1996年7月 - 10号鉱車、16号台車製造 11月 - 1号バッテリー機関車製造 1997年5月 - 2号バッテリー機関車製造 7月 - 20号鉱車製造 12月 - 3号バッテリー動車製造

※この「黎明期(無名時代)」の解説は、「桜谷軽便鉄道」の解説の一部です。
「黎明期(無名時代)」を含む「桜谷軽便鉄道」の記事については、「桜谷軽便鉄道」の概要を参照ください。


黎明期(第1回 - 第4回)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 04:48 UTC 版)

abc (クイズ大会)」の記事における「黎明期(第1回 - 第4回)」の解説

早稲田大学クイズ研究会OB市川尚志の提唱により、「新世代による基本問題ガチンコ実力ナンバーワン決定戦」をコンセプトとして開始するクイズプレイヤー徳久倫康によると、第1回大会から第4回大会の間は、短文早押しクイズ基礎的な戦い方参加者広く知られていなかったとみている。演出面では、第1回大会第2回大会当時オープン大会大差はなかったが、第3回からは音響照明演出大きく変わりそれまでホワイトボードペン書かれていた得点表示松本鎮成によってプログラム化された。このとき変更され音響は、ファミリー劇場放送され第15回大会以前まで使用され業者入れて継続している

※この「黎明期(第1回 - 第4回)」の解説は、「abc (クイズ大会)」の解説の一部です。
「黎明期(第1回 - 第4回)」を含む「abc (クイズ大会)」の記事については、「abc (クイズ大会)」の概要を参照ください。


黎明期(1854年 - 1892年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 17:49 UTC 版)

ルイ・ヴィトン」の記事における「黎明期(1854年 - 1892年)」の解説

ルイ・ヴィトン評価されるようになったのは、創始者であるルイ亡くなった後のことである。ヴィトン社はまず「グリ・トリアノン・キャンバス」(Gris Trianon) というトランク工場として創始された。このトランク灰色キャンバス地覆われており、とても軽量なものであった1854年ルイエミリー (Emilie Clemence Pariaux) と結婚同年世界初となる旅行用鞄の専門店をパリ・カピュシーヌ通りに創業3年後1857年には息子ジョルジュ (Georges Vuitton) が生まれた1859年アニエール=シュル=セーヌ最初のアトリエ構える。 1860年ヴィトン社は需要押されて規模拡大した1867年パリ万国博覧会銅メダル獲得これにより世界的な評判を得、1869年にはエジプト総督イスマーイール・パシャが、1877年にはロシアニコライ皇太子後のニコライ2世)がそれぞれ1セットトランク発注したまた、当時世界的にを持っていたスペイン国王アルフォンソ12世からもトランク注文を受けるなど、主にスラブラテン系王侯貴族重用された。 トランクの上から布地貼るというルイ技法賢明であったが、容易にコピー商品出回ることとなり、1872年ルイ別の布地を使うようになった。この布地は「Striped Canvas」として知られているベージュと赤の2色で色づけされた布地である。しかし、これもすぐにコピー商品出回ることとなった。 だが、コピー商品押されることなく彼のビジネス成功収めたまた、私生活の方衰えことはなく、1880年には息子ジョルジュがジョゼフィーヌ・パトレル (Josephine Patrelle) と結婚入籍当日に、彼は息子スクリーブ通りの店を任せた1883年ジョルジュにも息子ガストン生まれルイ祖父となったこの年板垣退助後藤象二郎と共に国会開設視察のために洋行しパリ本店にてヴィトントランク購入。(日本人購入したヴィトン現存品として最古1885年ヴィトン社はロンドン進出1888年ジョルジュ模倣品防止のため、ベージュ茶褐色のチェス盤ルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」と呼ばれるデザイン考案1889年パリ万国博覧会で、ルイ・ヴィトン社に金賞もたらした。しかし、商標登録されていたにもかかわらず、またコピー商品出回ることとなった。現在は白と灰色の「ダミエ アズール・ライン」、黒を基調とした「ダミエ グラフィット・ライン」もある。 1890年、5羽の錠前開発1892年ヴィトン社はハンドバッグ販売開始トランクハンドバッグなどが掲載された最初のカタログリリースされた。その年2月27日ルイ自宅息を引き取りジョルジュ会社全権握ることとなった

※この「黎明期(1854年 - 1892年)」の解説は、「ルイ・ヴィトン」の解説の一部です。
「黎明期(1854年 - 1892年)」を含む「ルイ・ヴィトン」の記事については、「ルイ・ヴィトン」の概要を参照ください。


黎明期(1974年 - 1977年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 08:42 UTC 版)

トーキング・ヘッズ」の記事における「黎明期(1974年 - 1977年)」の解説

1974年ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン在学していたデヴィッド・バーンが、「ファビュラス・モーテルズ」(パフォーマンスアート寸劇ロック融合試みていた学生バンドであり、クリス・フランツティナ・ウェイマス参加していた)に出入りするようになったその後バーンフランツと「ジ・アーティスティック (The Artistic)」を結成し次いでウェイマス加入すると、バンド名は「トーキング・ヘッズ」と改められた。 フランツウェイマス卒業後バーンは「ファビュラス・モーテルズ」のオーディション受けた不合格通知を受けると、バーン単身ニューヨーク移り友人の家に居候しながら無為の日々を過ごす。やがて、フランツウェイマスニューヨーク移って来ると、トーキング・ヘッズ本格的にバンド活動開始したバンドとして初めてのライブは、1975年6月行なわれCBGBサマーフェスティバルで、2度めのライブ直後にヴィレッジ・ヴォイス誌の表紙抜擢されている。その後数年間ラモーンズブロンディとともにCBGB常連となったバンド結成から長い間スリー・ピース・バンドとして活動していたが、1977年にジェリー・ハリスンが加入して4人編成となると、まもなくしてバンドサイア・レコーズ契約同年にトニー・ボンジオヴィ(英語版)(ジョン・ボン・ジョヴィ又従兄弟)のプロデュースによりアルバムサイコ・キラー'77』でレコード・デビューした。『サイコ・キラー'77』は商業的成功こそしなかったが、音楽業界内で高い評価得て、その当時萌芽期だったニュー・ウェイヴニューヨーク・パンクバンドのひとつとして受け入れられた。

※この「黎明期(1974年 - 1977年)」の解説は、「トーキング・ヘッズ」の解説の一部です。
「黎明期(1974年 - 1977年)」を含む「トーキング・ヘッズ」の記事については、「トーキング・ヘッズ」の概要を参照ください。


黎明期(1970年 - 1972年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 08:25 UTC 版)

エレクトリック・ライト・オーケストラ」の記事における「黎明期(1970年 - 1972年)」の解説

1970年ロックバンド「ザ・ムーブ」が「エレクトリック・ライト・オーケストラ」(通称 ELO)という名を併用して活動するうになるメンバーロイ・ウッドジェフ・リンベヴ・ベヴァン3人になった1971年アルバムエレクトリック・ライト・オーケストラ』で再デビューバンドELO名義一本化し、「ザ・ムーブ」の名は1972年頃に消滅した次作制作途中でロイ脱退する1972年には、チャック・ベリーの曲をカバーしたロール・オーバー・ベートーヴェン」が注目された。セカンド・アルバムELO2』(1972年)はポッププログレッシブ・ロック両方要素を含んでいた。

※この「黎明期(1970年 - 1972年)」の解説は、「エレクトリック・ライト・オーケストラ」の解説の一部です。
「黎明期(1970年 - 1972年)」を含む「エレクトリック・ライト・オーケストラ」の記事については、「エレクトリック・ライト・オーケストラ」の概要を参照ください。


黎明期(1881年 - 1919年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 14:24 UTC 版)

ニコラ・ヴァプツァロフ海軍兵学校」の記事における「黎明期(1881年 - 1919年)」の解説

海事学校は、ブルガリア公国海軍のために機械工機関助手訓練する任務担った1883年以降は公式文書ではこの学校を「機械学校」、「技術学校」、「機械学級」と呼んでいたが、その役目変わらず艦隊海軍技術専門家育成し続けた1885年には、学校卒業生はセルビア・ブルガリア戦争英語版)で戦いそのうち2人は彼らの功績称える賞を授与されました。Georgi Zhivkov 教育大臣教育改革影響を受けて19世紀後半ブルガリア教育機関発展担い、この過程海事教育多くの側面影響与えましたその結果1892年学校再編成され水夫、普通船員、砲兵機関助手機械工仲間訓練した海軍兵学校」に改名されました。またその同じ年に、後の海軍形成するのに大きな影響のあったアルマ・マータとして最初の卒業証書授与されました。 1893年に、参謀将校訓練のための海軍科学初の臨時コースルセ市で開催されました。1881年海事学校海軍士官学校始まりあるだけでなく、現代のほとんどの大学工学部学部原型にもなりました特筆すべきことは、1893年臨時士官コースは、現代航海学部ならびに海軍戦術部、航海部隊艦隊港湾部隊などの部局原型になったということです。事実 この「臨時コース」の組織づくりは、この国でナビゲーション専門家訓練する教育構造の、歴史的発展始まり表していましたコースでは、海軍資格を取得するためにやってきたソフィアのミリタリースクールの卒業生ならびに何らかの理由で海外海軍学校入学することができなかったブルガリア人卒業生訓練しました臨時士官コースの参加者たちはそれらに合格し、試験を受けると、海軍士官資格授与されました。 20世紀変わり目になると副将海事学校新たな一歩を踏み出すことになります1900年にはTodor Solarov中尉トップとなり、機関Varna市に移され艦隊工科学校」へと改名されました。Todor Solarov中尉は、卒業生のより徹底的な訓練必要性求めその結果1904年国会取り決めによってこの国で最初の技術中等学校となり、訓練の期間は6年延長されました。1906年学校最初の入学証明書発行しました1910年には、帝国艦隊工科学校のために特別に設計され初めての校舎が、ヴァルナ建設されました。 ルセ市に残った部隊は「Miner and Stoker School機関助手訓練を受けた坑夫学校)」と改名され実技訓練を含む4年間の訓練期間と、最初の2年間の訓練では学生たちは強制的に軍事サービスをすることとし認められました。この学校1909年一時閉鎖されましたが、1912年艦隊技術専門家必要性が高まったため、海兵隊特別学校という名称のもとで再開されました。これは、ヴァルナ新たに結成された「訓練部隊」と呼ばれる構造従属したものです。(後に海事訓練部隊」に改名)。この学校1912年設立されました。1913年に彼らは34名の士官候補生初のクラス受け入れました。もともと、海事特別学校3つのユニット鉱業電気工学機関助手操縦者から構成されいました。そこに第一次世界大戦中潜水科と無線電信科が結成され円滑に機能しました。学校で訓練期間4年間でした。これらは、現在の大学院研究部およびNikola Vaptsarov海軍士官学校内のProfessional Sergeant(軍曹) College原型見なすことができます1912年までに、訓練部隊特別学校だけでなく、帝国艦隊工学部含めました。国家統一戦争1912年 - 1918年)では、訓練部隊卒業生地雷敷設および地雷撤去作戦オスマン帝国巡洋艦ハミディエに対する攻撃バルチクカヴァルナおよびカリアクラでのバルチク協定アサルト作戦参加しました。彼らは新し海軍装備水上飛行機最初のブルガリア初の潜水艦操縦方法取得していることを誇りにしていました。そしてまたこれはフランス語、それからドイツ語研究導入された期間であり、その結果帝国艦隊工学科卒業生何人か海軍士官になるために選ばれリボルノイタリア- 1914)や、後にMarineschuleMürwik (ドイツ - 1916 - 1918)の海軍大学での訓練送られました。 工学部にも変化ありました1917年には、海軍アルマメーター卒業生選抜グループのための短期訓練コースの後、初の士官クラス卒業しました1918年には、1922年まで残っていた現在のシーガーデンの現在の水族館建物引き受けました国家統一戦争後海事教育システム別の再編成受けました訓練部隊は現在「海事訓練部隊」と呼ばれ、ニコラ・バプサロフ海軍士官学校の最も近代的な学部学科および大学起源とするすべての教育機関を担うことになりました

※この「黎明期(1881年 - 1919年)」の解説は、「ニコラ・ヴァプツァロフ海軍兵学校」の解説の一部です。
「黎明期(1881年 - 1919年)」を含む「ニコラ・ヴァプツァロフ海軍兵学校」の記事については、「ニコラ・ヴァプツァロフ海軍兵学校」の概要を参照ください。


黎明期 (1904年 - 1934年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 21:41 UTC 版)

SLベンフィカ」の記事における「黎明期 (1904年 - 1934年)」の解説

1904年2月28日リスボンポルトガル語リジュボア)の南西部にあるベレン地区フランコ薬局大学卒業生らによる集会が行なわれ、スポルト・リジュボアという名称のサッカークラブ設立話し合われた。この集会には24人が参加し共同設立者のひとりとなる18歳のコスメ・ダミオンも参加していた。集会中にはジョゼ・ロサ・ロドリゲスの初代会長就任決定し、その補佐にダニエル・ブリト、会計Manuel Gourlade(後に初代監督となる)の就任決定した。この集会ではさらに、赤色白色をクラブカラーとすること、エンブレム用いること、「E Pluribus Unum」(ラテン語Out of many, oneという意味)というモットーを掲げることも決定した創設初期スポーツ面で成功収めたが、マネジメント面で稚拙さを露呈し1907年にはトップチーム何人か選手が、金銭面待遇良いスポルティングCP移籍した19世紀末サッカーはまだ裕福な人々によって行なわれていたスポーツだったため、設立当初メンバーには良家の子息が多く医者画家建築家教員など名を連ねていた。 1906年7月26日にはベンフィカ地区にグルポ・スポルト・ベンフィカが設立されており、1908年9月13日、スポルト・リジュボアはグルポ・スポルト・ベンフィカを吸収合併してスポルト・リジュボア・イ・ベンフィカ(SLベンフィカとなった。スポルト・リジュボアからはクラブカラー(赤色白色)・モットーSLベンフィカ引き継がれ、グルポ・スポルト・ベンフィカからはグラウンド(カンポ・ダ・フェイテイラ)・主要な経営陣クラブハウスSLベンフィカ引き継がれた。グルポ・スポルト・ベンフィカでもっとも重要な競技チーム自転車競技チームであり、スポルト・リジュボアのエンブレム自転車ホイール付け加えられSLベンフィカエンブレムとなったベンフィカ市南西部のベレン地区から市北部のベンフィカ地区移転したが、グラウンド賃貸契約問題として残った1913年にはカンポ・デ・セテ・リオスに移転したが、セテ・リオスの賃貸料高額だったため、わずか4年後にはカンポ・デ・ベンフィカへの移転余儀なくされ、1925年にはエスタディオ・ダス・アモレイラスを建設した全国リーグ開始前ポルトガルではカンペオナート・デ・ポルトガル(現在のタッサ・デ・ポルトガルが国最高峰サッカー大会とされており、ベンフィカは1929-30シーズン同大初優勝飾ったサッカーチーム並行して、ローラーホッケーチーム、ラグビーチームバスケットボールチーム、ハンドボールチーム、ビリヤードチーム、バレーボールチームも設立された。

※この「黎明期 (1904年 - 1934年)」の解説は、「SLベンフィカ」の解説の一部です。
「黎明期 (1904年 - 1934年)」を含む「SLベンフィカ」の記事については、「SLベンフィカ」の概要を参照ください。


黎明期(1982年〜1986年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 16:10 UTC 版)

エレクトロニック・ボディ・ミュージック」の記事における「黎明期(1982年1986年)」の解説

このジャンル名提唱したのがFront 242であるが故にジャンル名として定着し音楽業界的に流通したといえるのは1988年以降ではあるものの、彼らのデビュー時期(1982年頃)まで遡って定義する事もあるまた、EBMルーツとして初期インダストリアルポスト・パンク、ジャーマン・ニューウェーヴ等の影響存在しており、これらのジャンル勃興していた80年代前半までを黎明期として含め場合見受けられる80年代後半に入ると、ミニストリー (Ministry)やNitzer Ebb、そしてFront 242によりEBM代表するような作品群発表され従来電子音楽(シンセ・ポップ等)とは異なる、新たなジャンル基盤形作られた。

※この「黎明期(1982年〜1986年)」の解説は、「エレクトロニック・ボディ・ミュージック」の解説の一部です。
「黎明期(1982年〜1986年)」を含む「エレクトロニック・ボディ・ミュージック」の記事については、「エレクトロニック・ボディ・ミュージック」の概要を参照ください。


黎明期 (1908年 - 1930年代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 04:31 UTC 版)

RSCアンデルレヒト」の記事における「黎明期 (1908年 - 1930年代)」の解説

1908年5月27日アンデルレヒト地区Rue d'Aumale/Aumalestraatを本拠地とし、コンコルディア・カフェにてSCアンデルレヒト (Sporting Club Anderlecht) として創設された。Institut Saint-Georgesとの間で行なわれ初試合には11-8勝利した公式大会初参加したのは1909-10シーズンである。地域3部リーグからスタートし、1912-13シーズンには全国2部リーグ昇格決めた2部1シーズン戦った後、ベルギーリーグは第一次世界大戦のために中断され、1919-20シーズン再開された。クラブ人気増したため、1917年Astrid ParkStade Emile Verséに移転した。1920-21シーズン終了後クラブ史上初トップリーグ昇格果たしたその後14シーズンの間には4回の降格1923年1926年1928年1931年)と4回の昇格1924年1927年1929年1935年)を経験し、ローカル・ライバルのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズDCブリュッセルからは「リフトクラブ」(エレベータークラブ)と揶揄された。

※この「黎明期 (1908年 - 1930年代)」の解説は、「RSCアンデルレヒト」の解説の一部です。
「黎明期 (1908年 - 1930年代)」を含む「RSCアンデルレヒト」の記事については、「RSCアンデルレヒト」の概要を参照ください。


黎明期(2006年 - 2009年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 06:11 UTC 版)

大川藍」の記事における「黎明期(2006年 - 2009年)」の解説

小学校3、4年の頃よりモーニング娘。憧れていたが、オーディション応募までには至らなかった2006年3月、母が新聞広告見つけた株式会社創叡が制作するテレビCMオーディションを受けて合格。創叡傘下SOEI タレントスクール」「STS DANCE STUDIO 一般ダンス科(現・STS沖縄アクターズスクール 一般ダンス科)」に入所その後SOEI プロダクション」に所属2007年9月より「STS DANCE STUDIO タレント科」に編入STS所属ユニットクランベリーズ」に加入10月20日に「STS スタジオLIVE」で「クランベリーズメンバーとして初出演2008年2月1日、創叡主催東京プロダクション移籍オーディション」に参加。8社以上の芸能事務所からオファーを受け、同年6月レプロエンタテインメント所属契約を結ぶ7月12日、「STS スタジオLIVE (さよならライブ)」にて STS DANCE STUDIO卒業同事務所に完全移籍2009年 1月5日事務所育成するパフォーマンスチーム「U-SPEC」に加入3月アイドリング!!!3期生オーディションに合格。それに伴い中学卒業翌日上京し事務所の寮住まいを始める(能年玲奈同部屋)。

※この「黎明期(2006年 - 2009年)」の解説は、「大川藍」の解説の一部です。
「黎明期(2006年 - 2009年)」を含む「大川藍」の記事については、「大川藍」の概要を参照ください。


黎明期(1972年〈昭和47年〉 - 1974年〈昭和49年〉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 06:24 UTC 版)

太陽にほえろ!」の記事における「黎明期(1972年昭和47年〉 - 1974年昭和49年〉)」の解説

七曲署捜査一係初代新人刑事早見マカロニ)が着任するところからこのドラマ始まった第1話新人刑事配属されるというパターンは、当時斬新なものであり、後発作品多大な影響与えた。一係は係長藤堂ボス)以下、山村山さん)・石塚ゴリさん)・島(殿下)・野崎長さん)というメンバーで、第38話より少年課から内田(シンコ)も加入する第1話犯人役には、当時若手実力派俳優として頭角現してきた水谷豊後に萩原とは『傷だらけの天使』で共演)が出演山東昭子新聞記者役としてセミレギュラーだった。その後浜美枝沖雅也藤竜也近藤正臣宍戸錠などゲスト多数出演。特に沢田研二ゲスト出演した第20話「そして愛は終った」は、ショーケンジュリーGSスター共演話題となり、当時スタッフ証言によれば撮影所ファン殺到した伝えられる番組開始当初は、NHK時代劇(『天下御免』『赤ひげ』)やNET移ったプロレス中継影響を受け、視聴率変動大きかったものの、徐々に安定した人気を獲得するようになっていく。萩原退場するまでの1年間平均視聴率第1クール17.6パーセント第2クール16.0パーセント第3クール18.1パーセント第4クール18.7パーセントであったビデオリサーチ関東地区調べ)。 当初は前衛的かつ反体制的ストーリー多かったものの、萩原が「リアルな犯罪を描くというのなら、性犯罪取り上げないのはおかしい」と番組の方向性疑問投げかけたのに対して制作サイド金曜8時という放送時間や、それでなくても内容過激」という批判多かったことから萩原提案拒絶結局萩原その他の事情長期にわたるスケジュール確保が難しいことや、役柄イメージの固定化への懸念)もあり降板申し出ることとなった萩原希求していた、よりリアルな犯罪ドラマは、後日傷だらけの天使』にて表現された)。萩原降板申し出から当時プロデューサー岡田は、文学座研究生松田優作目をつけてテスト出演させ、松田次期新人刑事採用した早見犬死にという衝撃的な展開が話題をまいた後、2代目新人刑事柴田純ジーパン)が着任してドラマ新たなスタート切った松田野性的な風貌長身フルに生かしたアクションで、第61話「別れ白いハンカチで」から常時20パーセント超え視聴率ビデオリサーチ関東地区調べ)を記録する大人気番組成長柴田だけでなく個性的な先輩刑事達の活躍回も話題集め、第87話「島刑事、その恋人の死」で28.4パーセント記録。第94話「裏切り」ではついに30パーセント突破(30.7%)した。

※この「黎明期(1972年〈昭和47年〉 - 1974年〈昭和49年〉)」の解説は、「太陽にほえろ!」の解説の一部です。
「黎明期(1972年〈昭和47年〉 - 1974年〈昭和49年〉)」を含む「太陽にほえろ!」の記事については、「太陽にほえろ!」の概要を参照ください。


黎明期 (18世紀末-19世紀)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 02:56 UTC 版)

作戦術」の記事における「黎明期 (18世紀末19世紀)」の解説

作戦術概念は、18世紀後半フランス革命期における戦争形態の変化と、19世紀初頭技術開発結果として萌芽したとされる。まずフランス革命期に国民軍登場したことで戦争規模拡大して指揮官個人裁量によって部隊率いることが事実上不可能となったため、組織的意思決定幕僚組織指揮命令系統など新たな指揮形態が必要となった。またこの後産業革命によって戦争のための資機材大量生産が可能となったほか、鉄道自動車といった新たな輸送形態電信導入された。 これらの変化によって、戦略レベル戦術レベルとの隔たり広がったことで、両者の間をつなぐ作戦レベル必要性が急速に生じてきた。これらを背景として19世紀を通じて作戦術概念が形成されていったが、あくまで戦争形態の変化への対応と新技術の活用という性格強くいかにして軍事作戦実施されるべきであり、また軍事ドクトリン形成されるべきかといった議論は、歴史的にみて比較少なかった

※この「黎明期 (18世紀末-19世紀)」の解説は、「作戦術」の解説の一部です。
「黎明期 (18世紀末-19世紀)」を含む「作戦術」の記事については、「作戦術」の概要を参照ください。


黎明期(江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 22:03 UTC 版)

四条派」の記事における「黎明期(江戸時代)」の解説

概要」にある程度書いたように、四条派円山派流れをくんではいるが、呉春円山応挙対立したわけではなく蕪村から学んだ文人画南画)を基礎とし、応挙写生画風を取り入れ独自の形で発展させ、四条派作り上げる。つまり、円山派発展形のひとつ四条派と言うことになる。 呉春器用な人物で、独自の画風簡単に作り上げた。そして、それに学ぼう多くの弟子集まる。代表的なのは、実弟松村景文備中国水江から出てきた岡本豊彦備前国から出てきた柴田義董長門国赤間関から出てきた小田海僊らである。 呉春弟子たちは、互いに切磋琢磨しあい、特に豊彦景文頭角あらわし、「花鳥景文山水豊彦と言われるまでになる。 また、景文豊彦多くの弟子持ち景文弟子には西山芳園長谷川玉峰横山清暉などがおり、豊彦弟子には塩川文麟岡本亮彦柴田是真田中日華などがいる。どちらも一門抱えるほどであったが、四条派継いだのは豊彦の方であった。 豊彦は、有栖川宮家親交があり、宮中にも出入りし修学院離宮にも作品残っているまた、弟子養子岡本亮彦は、安政2年1855年)の京都御所再建時に障壁画任されるほどだった。 豊彦弟子の中でも、特に才覚あらわしたのが塩川文麟である。彼は呉春褒められるほど、幼少の頃から才気だったところがあった。また、文麟豊彦肖像画描いている。文麟四条派継いだのは自然な流れだったのかもしれない

※この「黎明期(江戸時代)」の解説は、「四条派」の解説の一部です。
「黎明期(江戸時代)」を含む「四条派」の記事については、「四条派」の概要を参照ください。


黎明期 (1921-1997)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 04:19 UTC 版)

FCポリテフニカ・ティミショアラ」の記事における「黎明期 (1921-1997)」の解説

1921年ティミショアラ工科大学によって、ソシエタテア・スポルティヴァ・ポリテフニカ (Societatea Sportiva Politehnica) として設立第二次世界大戦勃発までに、同じティミショアラ本拠構えるリペンシアやチネズルといった強豪肩を並べるまでになった敗戦後1948年にはディヴィジアA初め昇格CSUティミショアラ (CSU Timişoara) として最初のシーズン迎えた1950シーズンは (1950年以降)、シュティインツァ・ティミショアラ (Ştiinţa Timişoara) として参戦した。翌1951シーズンリーグ戦12チーム最下位終わり降格したものの、僅か1年ディヴィジアA復帰、1958-59年まで居続けた。1959-60シーズン2度目ディヴィジアA復帰実現し、僅か1年戻ってくることになった。1963-64シーズンは、14チーム13位に終わり3度目降格、翌1964-65シーズンには、3度目ディヴィジアA復帰果たすなどエレベータークラブとしての歴史歩む。 シュティインツァ時代には、1957-58シーズンのクパ・ロムニエイでプログレスル・ブカレスト (Progresul Bucureşti) を1-0下し初のタイトル獲得している[要出典]。 1966-67シーズンからはポリテフニカ・ティミショアラ (Politehnica Timişoara) に改称。 1977-78シーズンにおいてリーグ戦3位終えたため、UEFAカップ1978-79への出場ヨーロッパ舞台にはじめて立つことになった1回戦ハンガリーMTK=ヴェレシュ・メテオルに勝利したものの (第1戦2-0第21-2) 、2回戦同じくハンガリーブダペスト・ホンヴェード敗退した (第1戦2-0第20-4) 。 2つ目のタイトルは1979-80シーズンのクパ・ロムニエイである。決勝戦ステアウア・ブカレスト延長戦での逆転ゴール決まり2-1勝利した。翌1980-81シーズンにはUEFAカップウィナーズカップ出場1回戦スコットランドセルティックFC勝利したものの (第1戦1-0第20-2) 、2回戦イングランドウェストハム・ユナイテッドFC敗退した (第1戦1-0第20-4)。クパ・ロムニエイではウニヴェルシタテア・クラヨーヴァ0-6敗れ準優勝終わった。翌1981-82シーズンのUEFAカップウィナーズカップ予備予選から出場したが、東ドイツのロコモティーヴェ・ライプツィヒに敗退した (第1戦2-0第20-5)。 ポリテフニカ・ティミショアラは、ディヴィジアA1983年までの10年間在籍したその後ディヴィジアAとディヴィジアBを行き来するエレベータークラブ成り下がり具体的に1984年1987年1989年3度昇格1986年1988年2度降格経験した1989年ルーマニア革命の後UEFAカップ1990-91出場1回戦スペインアトレティコ・マドリード勝利したものの (第1戦2-0第20-1) 、2回戦ポルトガルスポルティングCP敗退した (第1戦2-0第20-7)。UEFAカップ1992-93において、1回戦レアル・マドリード対戦地元ティミショアラ行われた第1戦では1-1の引き分け持ち込み健闘したものの、第2戦では0-4惨敗喫した1993-94シーズン18チーム17位に終わりディヴィジアBに降格するものの、僅か1年ディヴィジアA復帰する。しかし、1996-97シーズン18チーム17位に終わりディヴィジアBに降格その後ディヴィジアA戻ることはなく2001シーズンにはディヴィジアBセリアII16チーム最下位終わったため、ディヴィジアCに降格した

※この「黎明期 (1921-1997)」の解説は、「FCポリテフニカ・ティミショアラ」の解説の一部です。
「黎明期 (1921-1997)」を含む「FCポリテフニカ・ティミショアラ」の記事については、「FCポリテフニカ・ティミショアラ」の概要を参照ください。


黎明期(100/150cc)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 22:04 UTC 版)

軽自動車」の記事における「黎明期(100/150cc)」の解説

1949年7月運輸省令第36号車両規則第3条第2項』が改定され、「自動車分けて軽自動車小型自動車普通自動車及び特殊自動車四種とし、その分類は別表定める」という文言をもって軽自動車の名称が史上初めて登場した長さ2.80m、幅1.00m、高さ2.00m。 4サイクル車は150cc以下、2サイクル車は100cc以下。 輪数の区別はなく、排気量車体寸法合致していれば全ての車種適用された。実際にこの規格製造され四輪車存在せず、翌1950年早くも最初の規格改定迎えることとなる。

※この「黎明期(100/150cc)」の解説は、「軽自動車」の解説の一部です。
「黎明期(100/150cc)」を含む「軽自動車」の記事については、「軽自動車」の概要を参照ください。


黎明期 (1940・50年代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 06:17 UTC 版)

ヘリボーン」の記事における「黎明期 (194050年代)」の解説

ナチス・ドイツヘリコプター実用化熱心な国の一つであったハインリヒ・フォッケらのFw 61当局強い印象与え航空省はその拡大版開発要請した同機より二まわりほど大型のFa 223少数ながらも量産され一部ミッテンヴァルト山岳戦学校において山砲弾薬空輸などの実験供された。ただし実験終了した1944年秋の時点で、既にドイツ空軍航空優勢奪われており、同機生産数少なかったこともあって、実際の空輸作戦が行われることはなかった。一方連合国ヘリコプター開発進めており、1944年春からはイギリス軍ビルマの戦いシコルスキー R-4用いた負傷兵後送開始しアメリカ軍もこれに続いた大戦後ヘリコプター技術戦術開発進められており、1947年12月アメリカ海兵隊は、シコルスキーR-5装備する実験飛行隊として第1海兵ヘリコプター飛行隊HMX-1)を編成したシコルスキーR-5輸送力貧弱なものであったが、1948年5月の上演習「オペレーション・パッカードIIにおいては航空母艦母艦としたヘリボーン実施して、その有用性立証した。これらは朝鮮戦争勃発すると早速実戦投入されることになり、1950年8月2日釜山到着したアメリカ海兵隊の第6海兵観測飛行隊(VMO-6)は、固定翼機とともにシコルスキーR-5運用しており、直ち作戦行動開始して観測連絡負傷者後送活躍した。また1951年9月2日釜山到着した161海兵ヘリ輸送飛行隊(HMR-161)は、より強力なシコルスキー S-5515装備しており、まず9月13日ウインドミルI作戦試験的に1個大隊補給物資空輸したのち、翌週サミット作戦で、史上初本格的ヘリボーン作戦実施された。これは1個中隊と所要物資を、制高点である重要な尾根頂上に空輸するというものであった一方アメリカ陸軍大戦後航空機のほぼ全て空軍引き渡しており、そして空軍戦略爆撃重視していたためにヘリコプター運用・開発への関心薄かったこともあって、ヘリコプター活用という点では海兵隊後塵を拝することになった1950年代以降陸軍空軍任せにせず、自らの枠組み内でヘリコプター開発・運用進めていくようになり、1954年にはジェームズ・ギャビン将軍が「騎兵は馬を意味するものではない」と題する書籍出版し空中騎兵というコンセプト提示した。 またイギリス軍も、1951年より、イギリス領マラヤでの対ゲリラ作戦において、コマンド部隊物資輸送空中偵察連絡などに活用した

※この「黎明期 (1940・50年代)」の解説は、「ヘリボーン」の解説の一部です。
「黎明期 (1940・50年代)」を含む「ヘリボーン」の記事については、「ヘリボーン」の概要を参照ください。


黎明期(1972年~1979年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 12:40 UTC 版)

アクションゲーム」の記事における「黎明期(1972年1979年)」の解説

アクションゲーム原型は、1972年北米発売されアーケードゲームポン』(アタリ)にさかのぼる。卓球当時技術コンピュータ上に再現したシンプルなゲームだが、ピンポン打ち返す際に角度速度変える戦略性人々心をひきつけ大ヒットつながったその結果人気あやかっコピーゲーム濫造されることとなり、1973年日本発売された『ポントロン』(セガ)と『エレポン』(タイトー)もその1つである。 1976年北米発売の『ブロッケード』(グレムリン・インダストリー)は初期のアクションゲーム1つである。ポン類似したパドルボール」のゲーム氾濫していた中、動き続け自機操作して生き残りを競うこのゲームのヒットアクションゲーム進化先鞭付け以降着実に多様性増していくこととなる。1979年日本発売された『ボムビー』(ナムコ)は、ブロックくずしピンボール組み合わせカラー表示という当時は珍し機能搭載し、そのノウハウは翌1980年発売『パックマン』活かされている。

※この「黎明期(1972年~1979年)」の解説は、「アクションゲーム」の解説の一部です。
「黎明期(1972年~1979年)」を含む「アクションゲーム」の記事については、「アクションゲーム」の概要を参照ください。


黎明期 (1930年代以前)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 07:26 UTC 版)

シンセサイザー」の記事における「黎明期 (1930年代以前)」の解説

詳細は「電子音楽#電子音楽の黎明期」を参照 テルミン オンドマルトノ シンセサイザーを含む電子楽器歴史は、およそ19世紀末まで遡る事ができる。それ以前に電磁気学効果応用した電気楽器いくつか登場していたが、 1759年 クラヴィサン・エレクトリィク ... 1876年イライシャ・グレイMusical Telegraph 自由な音響合成特徴とするシンセサイザー祖先としては、19世紀末以降の下記挙げるきだろう。 1897-1906年 テルハーモニウム (倍音加算合成/電子オルガン/有線音楽配信祖先) 1916-1924年 オプトフォニック・ピアノ (サンプリング音源/VJの祖先) 1920年代には、エレクトロニクス発達により、真空管式の電子楽器登場した。 1917-20年頃 ロシア (ソ連) のレオン・テルミン開発したテルミン 1928年 フランスモーリス・マルトノ発表した鍵盤楽器オンド・マルトノ 1929年 ドイツのフリードリヒ・トラウトヴァインが開発したトラウトニウム 以上の3つは、しばしば一般向け解説書で「シンセサイザー先祖」として言及され中でもテルミンは、アナログ・シンセサイザールーツにあたる最初期電子楽器 とされる事が多い。 またトラウトニウムは、発明者弟子オスカー・ザラ精力的な改良行い、リボンコントローラ楽器として本質守りながら、後にモーグ・シンセサイザーと同様機能や形に進化した一方日本では1935年ヤマハ山下精一が「マグナオルガン」を発表している。これはドイツ留学経験のある山下テルミン等の電子楽器ヒントを得て開発した各種楽器音を再現可能な鍵盤楽器伝えられているが、詳細不明である

※この「黎明期 (1930年代以前)」の解説は、「シンセサイザー」の解説の一部です。
「黎明期 (1930年代以前)」を含む「シンセサイザー」の記事については、「シンセサイザー」の概要を参照ください。


黎明期(ハイランダーズ~ヤンキース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 01:24 UTC 版)

ニューヨーク・ヤンキース」の記事における「黎明期(ハイランダーズヤンキース)」の解説

ニューヨークにおける最初の本拠地は、マンハッタン島最高地点程近い165通りブロードウェイ角に置かれた。これにちなんで、チームニューヨーク・ハイランダーズ改称し球場名もヒルトップ・パーク(現在この球場跡地にはコロンビア・プレスビタリアン病院建っており、ヤンキース選手怪我をした際に訪れケースが多い。2006年松井秀喜選手ヤンキー・スタジアムでの試合中左手首骨折した際もこの病院運ばれた)と呼称された。 ハイランダーズは、クラーク・グリフィス後のワシントン・セネタースオーナー)が投手監督で、打線安打製造機と言われたウイリー・キーラー投手パイレーツから引き抜いたジャック・チェスブロがいて、移転当初1903年リーグ4位に、そして1904年にはリーグ2位にとなり、チェスプロはこの年年間41勝をあげた。この年最後までボストン・アメリカンズデッドヒート繰り広げ最終戦まで持ち込まれたが接戦の末、最後にチェスプロ投手痛恨ワイルドピッチボストンリーグ優勝果たしたハイランダーズにとっての最大のチャンスであったが、この年終盤ジャイアンツオーナーは、もしハイランダーズみたいなマイナー級” のチームワールドシリーズ進出してきたら、試合拒否する、と明言していた。結果ボストン・アメリカンズ相手になったが、しかし、それでもジャイアンツ試合拒否しその年ワールドシリーズ開催中止された(ワールドシリーズが行われなかったのはこの年ストライキによる影響1994年の2回のみ)。しかし、この時メディアによる辛辣な批判浴びたジャイアンツオーナーワールドシリーズ制度枠組み作り精力的に動く事になる。なお、この試合以後100年間に渡ってボストン・レッドソックスリーグ優勝決め試合ヤンキースに勝つ事はなかった。 その後1906年1910年2位に2回なったものの、1903年から1919年までの17年間で勝率が5割以上は5回だけで、最下位が2回であった球団運営上の問題として、2人オーナー資質問題があり、ハル・チェイス一塁手らによる八百長の噂などがチーム状態を悪くていった。チェスプロやキーラーらの退団後、めぼしい選手集まらず、また1903年から1914年までの12年間に監督が9人も入れ替わる定見無さで、チーム弱体化していた。 1911年ジャイアンツホーム球場ポロ・グラウンズ火事再建している際、ハイランダーズヒルトップ・パーク貸し出し事により両者の間で和解ムード生まれ始める。また、ハイランダーズはその縁もありホーム球場1913年に同じポロ・グラウンズ移転した。 また1900年代初頭から次第ボストンの “アメリカンズに対してヤンキース” という愛称広まりつつあった。新聞ハーストのニューヨーク・イブニング・ジャーナルでも1904年4月14日見出しに “ヤンキースボストンを破る” とするなど、使用頻度高まっており次第定着していった。結局1913年チームホーム球場ポロ・グラウンズ移転し、“ハイランダーズ (Highlanders)” としての正当性なくなった事から、“ニューヨーク・ヤンキース”と正式に名称変更行った1910年代半ばに、オーナーであるファレルデブリーは、不仲となっており、加えてフェデラル・リーグ創設選手の年俸高騰し資金不足になったため、1915年1月に、ファレルデブリージェイコブ・ルパートとティリンガースト・ローメデュー・ヒューストン(英語版)にヤンキース売却したルパートルパート醸造所財産の相続人で、タマリーホールともかねてから関係があり、8年連邦議員務めて豊富な資金力があった。ルパート後に45ドルで、際立った才能を持つ選手無く、さして評価されていないおまけに自前球場すらない孤児球団買ったよ」と述懐している。しかし、カネ意欲を持つオーナー巡り合った事で、ここからヤンキース孤児からスーパーヒーロー生まれ自前球場持ちルパート予想だにしていなかった快進撃を始め事になる

※この「黎明期(ハイランダーズ~ヤンキース)」の解説は、「ニューヨーク・ヤンキース」の解説の一部です。
「黎明期(ハイランダーズ~ヤンキース)」を含む「ニューヨーク・ヤンキース」の記事については、「ニューヨーク・ヤンキース」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「黎明期」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「黎明期」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



黎明期と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黎明期」の関連用語

黎明期のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黎明期のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黎明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキャメル (バンド) (改訂履歴)、カーラ・ボノフ (改訂履歴)、ピンク・フロイド (改訂履歴)、非代替性トークン (改訂履歴)、佐藤麗奈 (改訂履歴)、スティクス (バンド) (改訂履歴)、ディエズ・イラエ (改訂履歴)、astah* (改訂履歴)、トラブル (バンド) (改訂履歴)、トゥイステッド・シスター (改訂履歴)、ストローブス (改訂履歴)、キングスX (改訂履歴)、ディズニートゥーン・スタジオ (改訂履歴)、競技クイズ (改訂履歴)、CardWirth (改訂履歴)、桜谷軽便鉄道 (改訂履歴)、abc (クイズ大会) (改訂履歴)、ルイ・ヴィトン (改訂履歴)、トーキング・ヘッズ (改訂履歴)、エレクトリック・ライト・オーケストラ (改訂履歴)、ニコラ・ヴァプツァロフ海軍兵学校 (改訂履歴)、SLベンフィカ (改訂履歴)、エレクトロニック・ボディ・ミュージック (改訂履歴)、RSCアンデルレヒト (改訂履歴)、大川藍 (改訂履歴)、太陽にほえろ! (改訂履歴)、作戦術 (改訂履歴)、四条派 (改訂履歴)、FCポリテフニカ・ティミショアラ (改訂履歴)、軽自動車 (改訂履歴)、ヘリボーン (改訂履歴)、アクションゲーム (改訂履歴)、シンセサイザー (改訂履歴)、ニューヨーク・ヤンキース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS