重ねとは?

かさね【重ね/襲】

【一】[名]

重ねること。また、重ねたもの。

衣服重ねて着ること。また、その衣服重ね着

(襲)平安時代、袍(ほう)の下に重ねて着た衣服下襲(したがさね)。

(襲)襲(かさね)の色目。「紅梅—」

【二】接尾助数詞。数を表す和語に付いて、重なっているもの、重ねてあるものを数えるのに用いる。「重箱ひと—」「ひと—の座布団


かさね【重・襲】

1動詞「かさねる(重)」の連用形名詞化

① 物などを重ねること。また、重ねたもの。

能因本(10C終)二一九「かさねならずは、二つのかけごの硯のいとつきづきしう」

源氏100114頃)真木柱檜皮(ひはだ)色の紙のかさね」

② 特に、衣服を数重ねて着ること。また、その衣服かさねぎ

宇津保(970‐999頃)俊蔭「かさねの裳・唐衣(からぎぬ)・汗衫(かざみ)ども着て」

③ (襲) 袍(ほう)の下に重ねて着る服。したがさね

衣服の上着と下着そなわっていること。〔十巻本和名抄(934頃)〕

(5) (襲) 衣服重ねて着るときの、衣と衣との配色、または、衣の表と裏との配色季節によって色目(いろめ)にきまりがあり、紅梅襲(こうばいがさね)、卯の花襲山吹襲どのようにいう。→襲の色目

(6) 刀身の厚み。

浮世草子色里三所世帯(1688)中「切先(きっさき)より一寸五分程手まへにむくろぢ程なるふくれ有。かさねあつく平つくりにして無疷(むきず)物」

(7)かさねもち重餠)①」の略。

東京年中行事(1911)〈若月紫蘭六月暦「お供への重(カサ)ねが五つ六つ積んで有る

2接尾〕 重なっているもの、重ねてあるものを数えるのに用いる。

大和(947‐957頃)一二六「袙(あこめ)一かさね」

随筆松屋筆記(1818‐45頃)九二「紙一帖ひとかさねといふ」


重ね


重ね

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

重ね(かさね)

刀身厚さのこと。一般表示されている重ねとは棟部の厚さをいう。末備前物一部大和物等に棟の厚さ薄く鎬筋端に高い造り込みの刀もあり、重ねだけで刀身の健全さ計ることはできない


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「重ね」の関連用語

重ねのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



重ねのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2021 GRAS Group, Inc.RSS