赤銅とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > > 赤銅の意味・解説 

しゃく‐どう【赤銅】

に金3〜4パーセント、銀約1パーセント加え銅合金硫酸銅酢酸銅などの水溶液中で煮沸すると、紫がかった黒色美しい色彩を示すので、日本では古くから紫金(むらさきがね)・烏金(うきん)などとよばれ重用された。


しゃく‐どう【赤銅】

〔名〕

① 金を三〜六パーセント含む銅合金。これに銀を一パーセント程度加えたものにもいう。日本では古くから工芸品銅像などに用いられた。硫酸銅酢酸銅溶液などで処理をすると青黒い色彩を出す。紫金烏金(うきん)。

法隆寺伽藍縁起并流記資財帳天平一九年(747二月一一日「塔分赤銅壱具 長一尺五寸

太平記14C後)二六「此の辺の塔の九輪は太略赤銅(シャクドウ)にてあると覚る」〔山海経西山経〕

② 「しゃくどういろ赤銅色)」の略。

良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「脂を落した赤銅の肉は、新らしき水気を含んで」


赤銅

読み方:シャクドウ(shakudou)

合金


赤銅

読み方:シャクドウ(shakudou)

と金合成よるもの

別名


赤銅(しゃくどう)

適度な軟らかさと圧延性・接着性・鍍金施し易さ・色揚げによる発色美しさなど表現性に極めて優れているところから、古来装具金工作品の素材として最も多く用いられているのが赤銅と呼ばれると金合金である。主体堅白味(かたしろみ→錫と鉛の合金)を加え、一~五パーセントの金を加え組成とするが、その割合は定まっていない。また含有微量金属の量によって金属色や色揚げ後の色合い変化もたらすが、一般に金の含有量の多いものほど深い黒味つややか光沢発するとされている。

赤銅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 16:28 UTC 版)

赤銅(しゃくどう)




「赤銅」の続きの解説一覧

赤銅

出典:『Wiktionary』 (2017/10/29 03:57 UTC 版)

名詞

  (しゃくどうせきどう)

  1. 別称
  2. 合金紫金とも呼ばれる



赤銅と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「赤銅」の関連用語

赤銅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



赤銅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤銅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの赤銅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS