赤銅とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > > 赤銅の意味・解説 

しゃく‐どう【赤銅】


赤銅

読み方:シャクドウ(shakudou)

合金


赤銅

読み方:シャクドウ(shakudou)

と金合成よるもの

別名


赤銅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 16:28 UTC 版)

赤銅(しゃくどう)




「赤銅」の続きの解説一覧

赤銅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 20:57 UTC 版)

陰陽大戦記の式神一覧」の記事における「赤銅」の解説

属性は金。由来金属のの別名。二十四節気十一小暑以心伝心司るモチーフカブトムシ武器鉄球。 赤銅のイソロク 声:矢部雅史 モデルカブトムシ 武具陰陽鉄球・朝洞塊(あさぼらけ流派:天 契約闘神士西郷テル カブトムシ似た機械人的な外見持ち酒豪豪快な式神見た目によらず鋭い勘の持ち主。超密度鉄球軽々と振り回す合掌爆殺がっしょうばくさつ)念を込めて合掌すると、周り爆発する灼熱気弾しゃくねつきだん) 金剛力弾球(こんごうりきダンク)念を込めた鉄球投げる。 邪色空爆圧殺ジャイロくうばくプレス強襲対流圏落(きょうしゅうたいりゅうけんおとし) 鉄槌五十六強襲はんまいそろくきょうしゅう) 天地開闢突貫爪(てんちかいびゃくとっかんそう) 始元直下炸裂弾(しげんちょっかさくれつだん赤銅のミソヒト 声:松本大 モデルヘラクレスオオカブト 武具陰陽鉄球・花形見(はながたみ流派:地 契約闘神士ダンジョウ ヘラクレスオオカブト似た機械人的な外見持ちこわもて式神。特に相手心を読むのが得意。プライドが高いが品がない鉄球による破壊活動何よりの楽しみでため込んストレス発散している。金月見一杯礫(つきみていっぱいつぶて)水面映した月に鉄球ぶち当て、破壊した月の残像流星相手叩きつける青丹三連吹込あおたんさんれんぶっこみ鉄球振り回して、一(牡丹)、ニ(紅葉)、三()と、敵に振り下ろす突貫一本迅雷とっかんいっぽんじんらい) 強力圧縮鋏潰(ごうりきあっしゅくはさみつぶし) 赤銅のイツム 声:銀河万丈 モデルアトラスオオカブト 武具陰陽鉄球・射干玉(ぬぼたま) 流派:地 契約闘神士ミカヅチ アトラスオオカブト似た機械人的な外見持ち念力を持つ式神念話能力意思を通じ合わせるだけでなく、瞬間的に相手を操ることもできる触れた物を異界飛ば鉄球も実は念力操っており、振り回さなくても遠隔操作が可能。最古祈念呪(さいこきねんしゅ

※この「赤銅」の解説は、「陰陽大戦記の式神一覧」の解説の一部です。
「赤銅」を含む「陰陽大戦記の式神一覧」の記事については、「陰陽大戦記の式神一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「赤銅」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

赤銅

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 02:31 UTC 版)

名詞

  (しゃくどうせきどう)

  1. の別称。
  2. 合金紫金とも呼ばれる

「赤銅」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



赤銅と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

赤銅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



赤銅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2022 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤銅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの陰陽大戦記の式神一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの赤銅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS