主体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 主体の意味・解説 

しゅ‐たい【主体】

自覚意志基づいて行動したり作用を他に及ぼしたりするもの。「動作の主体」⇔客体

物事構成するうえで中心となっているもの。「食事療法を主体に種々の治療を行う」「市民主体の祭典

語源の(ギリシャ)hypokeimenōnは、根底にあるもの、基体の意》哲学で、他に作用などを及ぼす当のもの。認識論では主観同義個人的実践的歴史的社会的身体的自我働き強調される場合、この主体という言葉用いられる。→主観


しゅ‐たい【主体】

〔名〕

帝王のからだ。〔漢書東方朔伝〕

中心となるもの。最も重要な性質また、や団体や機械などの主要な部分

集議和書(1676頃)一四「人君の、国を治め四海をたもち給ふ事、知を以て主体とす」

*鼠と(1921)〈寺田寅彦〉三「時々大きな奴の尻尾だけを持って来た。主体を分離した尾部は独立生命を有つもののやうに振動すのである

③ 他に対して働きかける当のもの。認識に関して主観同義であり、実践的には意識身体を持った行為者をさす。⇔客体

学生読書(1938)〈河合栄治郎編〉如何に読書すべきか〈木村健康〉「フィヒテは『独逸国民告ぐ』の中で所謂詰込み主義教育の弊が学生を主体としてではなく専ら客体として取扱ふ点にあると指摘したが」


主体

作者伊藤広

収載図書君達の偶然
出版社文芸社
刊行年月2001.2


主体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/25 06:15 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 哲学において主体しゅたい)とは、もう一方の実在、存在(客体と呼ぶ)と相互作用したり、関係をもつ存在、実存のこと。主体と客体を参照。
  • 社会科学において主体とは、社会を構成する基本単位のこと。例えば国際関係論の古典的なリアリズムの立場では、国民国家のみを国際社会の主体として考える。
  • 主体チュチェ; 주체; Juche)は、金日成が提唱した思想。主体思想を参照。
  • 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)で使われている紀年法主体暦を参照。主体元年は西暦1912年にあたる。

関連項目



主体

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 03:04 UTC 版)

名詞

しゅたい

  1. 自分意思もとづいて他に行動を及ぼす、その
  2. 組織機会などの中心になる部分

関連語

翻訳





主体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「主体」の関連用語

主体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



主体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの主体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの主体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS