自覚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 自覚の意味・解説 

じ かく [0]自覚

スル
自分自身立場・状態・能力などをよく知ること。わきまえること。 自分立場をよく-している 本人の-に待つ
自ら悟ること。 ⇔ 覚他
自己意識じこいしきに同じ。


自覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/02 05:50 UTC 版)

自覚(じかく)とは、自分自身の置かれている状態や自分の価値を知ること。本来は仏教用語である。自覚は単に意識の有る無しを意味するほかに、文字通り自ら覚ることを指す。「覚る」とは気付くことであり、気がつかないことを反対語として不覚という。分裂状態も意識が統一を成し、純粋経験を経験するためには、「見られる意識」と「見ている意識」という主観対象の対立を克服する必要がある。




「自覚」の続きの解説一覧

自覚

出典:『Wiktionary』 (2016/07/27 10:55 UTC 版)

名詞

じかく

  1. 自分の置かれている立場能力などをよく知ること。
  2. 自分感じ取ること。
  3. 仏教自ら悟ること。

発音

  • じ↗かく

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
自覚-する



自覚と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自覚」の関連用語

自覚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自覚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの自覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS