自覚症状とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 症状 > 自覚症状の意味・解説 

じかく‐しょうじょう〔‐シヤウジヤウ〕【自覚症状】

読み方:じかくしょうじょう

患者自身感じ病気症状痛み・だるさ・不安など。


自覚症状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 03:30 UTC 版)

自覚症状(じかくしょうじょう)とは、病気にかかっている者に感じられる症状であり、生活状況に大きな変化はもたらされていないというのに、痛み苦しみ倦怠感などを感知するようになり、そこから自身が疾患状況であるということが自覚できるような状態であるときに、その際に感じられる痛みや苦しみなどの症状を指す。




「自覚症状」の続きの解説一覧

自覚症状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 06:27 UTC 版)

心室中隔欠損」の記事における「自覚症状」の解説

軽度の欠損孔の場合は、自覚症状はほぼ皆無であるが感染性心内膜炎リスクがある中等以上の欠損孔の場合は、肺の鬱血により早ければ乳児期から呼吸困難呼吸器感染症起こし時に心不全陥る

※この「自覚症状」の解説は、「心室中隔欠損」の解説の一部です。
「自覚症状」を含む「心室中隔欠損」の記事については、「心室中隔欠損」の概要を参照ください。


自覚症状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 02:46 UTC 版)

頭蓋内圧」の記事における「自覚症状」の解説

頭痛 最も頻度が高い必発ではない。早朝起こearly morning headache が多い。 座位よりも横になる時に起こる。 嘔吐 嘔気を伴うことが多いが、これを伴わず突然生ずこともあり多く噴出projectile である。 視力障害 初期にはあまり自覚されず、一過性反復性視力障害として見られることが多い。頭蓋内圧亢進長く続く視神経萎縮引き起こし失明することがある横になっている時に、目が開けていられなくなる。 光が(TVも)眩しく感じる。 複視 多く外転神経麻痺により起こるが、動眼神経麻痺によることもある。

※この「自覚症状」の解説は、「頭蓋内圧」の解説の一部です。
「自覚症状」を含む「頭蓋内圧」の記事については、「頭蓋内圧」の概要を参照ください。


自覚症状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/10 01:51 UTC 版)

再生不良性貧血」の記事における「自覚症状」の解説

息切れ 動悸 眩暈 出血傾向 軽症中等症例貧血進行が遅い場合は自覚症状に乏しい。検診で偶然発見されることもある。

※この「自覚症状」の解説は、「再生不良性貧血」の解説の一部です。
「自覚症状」を含む「再生不良性貧血」の記事については、「再生不良性貧血」の概要を参照ください。


自覚症状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 04:32 UTC 版)

血の道症」の記事における「自覚症状」の解説

血の道症症状多くは、以下のような神経症症状あるいは不定愁訴的な自覚症状である。 血管運動神経性熱感、のぼせ、顔面紅潮冷え心悸亢進腹部動悸頻脈遅脈運動器障害腰痛背痛胸痛筋痛肩こり知覚神経異常:過敏鈍麻、しびれ、蟻走感全身感覚異常倦怠感脱力感疲労感易疲労、あくび 不定愁訴いずれも器質的病変なし):頭痛頭重眩暈立ちくらみ耳鳴閃光視、眼精疲労

※この「自覚症状」の解説は、「血の道症」の解説の一部です。
「自覚症状」を含む「血の道症」の記事については、「血の道症」の概要を参照ください。


自覚症状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/30 00:22 UTC 版)

加齢黄斑変性」の記事における「自覚症状」の解説

初期症状としては変視症を訴える人が多く、それを切っ掛け眼科受診をし、この疾患気づく方が多い。その後病状悪化ともに歪み強くなり、眼底出血などにより視力低下中心暗点がみられ、失明に至る場合もある。

※この「自覚症状」の解説は、「加齢黄斑変性」の解説の一部です。
「自覚症状」を含む「加齢黄斑変性」の記事については、「加齢黄斑変性」の概要を参照ください。


自覚症状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 20:52 UTC 版)

糖尿病網膜症」の記事における「自覚症状」の解説

初期の頃無症状経過することが多い。徐々に眼底出血黄斑浮腫生じ視力低下、変視症を認めるようになる硝子体出血広範囲な眼底出血を伴うと飛蚊症急激な視力低下を示す新生血管緑内障陥る眼痛不可逆的失明眼球癆眼球萎縮を示すことがある

※この「自覚症状」の解説は、「糖尿病網膜症」の解説の一部です。
「自覚症状」を含む「糖尿病網膜症」の記事については、「糖尿病網膜症」の概要を参照ください。


自覚症状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 20:27 UTC 版)

多発性嚢胞腎」の記事における「自覚症状」の解説

肉眼的血尿31%)、側腹部背部痛(30%)、易疲労感(9%)、腹部腫瘤(8%)、発熱(7%)、浮腫(6%)、頭痛(5%)、嘔気(5%)、腹部膨満(4%)、近親者多発性嚢胞腎患者がいる等の要因11%)。

※この「自覚症状」の解説は、「多発性嚢胞腎」の解説の一部です。
「自覚症状」を含む「多発性嚢胞腎」の記事については、「多発性嚢胞腎」の概要を参照ください。


自覚症状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 04:00 UTC 版)

前立腺癌」の記事における「自覚症状」の解説

初期症状 前立腺癌かかって初期無症状のため、気づくことはほとんどない排尿障害 前立腺癌代表的な自覚症状は排尿障害であるが、前立腺癌尿道から離れた辺縁域にできやすいため、早期に排尿関連の症状を呈することはまれである従って、尿道まで及んで排尿障害自覚できた時は癌が進行していると考えてよい前立腺癌排尿障害様々な形現れ具体的に夜中に何度もトイレに通う夜間頻尿、尿線が細くなって放物線を描いて飛ばない尿線細小排尿し終わるまで時間がかかる排尿遅延途中で止まりいきまないと続けられない尿線途絶といった症状がある。 その他 排尿障害外で残尿感尿失禁血尿精液に血が混じる血精液症、強い尿意があるのに全く尿を出せない尿閉などがあり、尿閉の場合は尿道から膀胱カテーテルという柔らかいチューブ挿入する処置をする場合もある。ほか、直腸浸潤による下血認めことがある骨転移 前立腺癌骨盤腰椎転移骨転移)すると、背中や腰の痛み足の麻痺膀胱直腸障害などが出てくるが、この場合は癌が既にかなり広範囲に広がっている態で脊髄圧迫による運動障害や、鈍痛から刺すような痛みまで様々な痛みを伴う事になるリンパ節転移 前立腺癌リンパ節転移した場合リンパ液流れ滞り、足や陰嚢下腹部浮腫みが生じるが、ここまで進行した場合腎臓から膀胱へ尿を送る尿管も癌に侵され尿の流れ障害され賢症を起こし腎臓働き低下する場合もある。 勘違いされやすい自覚症状、注意点 前述したように前立腺癌初期の場合は自覚症状が乏しいため、自ら気づく事はほとんどない。また自覚症状が出て前立腺肥大勘違いされやすい(実際は前立腺肥大前立腺癌併発している場合が多い)。他にも排尿障害は主に高齢者に多いため、治療の機会を逃がしてしまい症状出た時には全体の7割から8割が進行癌転移癌の状態になっている例も多い。

※この「自覚症状」の解説は、「前立腺癌」の解説の一部です。
「自覚症状」を含む「前立腺癌」の記事については、「前立腺癌」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「自覚症状」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

自覚症状

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 11:15 UTC 版)

名詞

じかくしょうじょう

  1. 痛み吐き気などのような患者自身知覚する症状

語源

翻訳

関連語


「自覚症状」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



自覚症状と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自覚症状」の関連用語

自覚症状のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自覚症状のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自覚症状 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの心室中隔欠損 (改訂履歴)、頭蓋内圧 (改訂履歴)、再生不良性貧血 (改訂履歴)、血の道症 (改訂履歴)、加齢黄斑変性 (改訂履歴)、糖尿病網膜症 (改訂履歴)、多発性嚢胞腎 (改訂履歴)、前立腺癌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの自覚症状 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS