感じとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 感覚 > 感じの意味・解説 

かんじ【感じ】

感覚器官に受ける刺激によって生じる反応感覚。「指先の感じがなくなる」「舌をさすような感じがある」

物事見聞したり、人に接したりしたときに受ける気持ち印象感想。「感じのいい人」「春らしい感じの日ざし」

刺激対す反応。「感じが鈍い」

その物事特有の雰囲気。「母親役らしい感じが出る」「ピッチングの感じをつかむ」


感じ

読み方:かんじ

ザ行上一段活用動詞「感じる」の連用形、あるいは連用形名詞したもの


感じ

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

感じ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 13:56 UTC 版)

動詞

カン-じ)

  1. 感ずる感じる」の連用形

名詞

カン-じ)

  1. じること。感じた物事感覚
  2. 感触印象
    1. 接続助詞的にも用いられる。
  3. 雰囲気
  4. 知覚会得
  5. うつり染みること。感染
  6. 効験現れること。

発音

か↗んじ



感じと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「感じ」の関連用語

感じのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



感じのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの感じ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS