ピッチングとは? わかりやすく解説

ピッチング【pitching】

読み方:ぴっちんぐ

[名](スル)

船や飛行機上下揺れること。縦揺れ。「乱気流機体が—する」⇔ローリング

野球で、投手投球また、その技術

「ピッチング」に似た言葉

ピッチング

英語 pitching

車体左右軸まわりの揺れで、縦揺れともいう。うねり路、段差走行発生する前後懸架ばねによる左右軸まわりのねじり剛性と、ばね上ピッチ慣性モーメントとで構成される振動系の固有振動である。うねり路からの周波数がピッチングの固有振動数にほぼ一致すると、大きな振幅のピッチングとなる。また、段差乗り越えたあとに生ず振動にもピッチングが含まれる。ピッチングを抑制するためには、ショックアブソーバー減衰力大きくすることが有効であるが、突き上げなど、ほかの乗り心地への悪影響考慮しなければならない

参照 ばね上固有振動数ばね上共振ばね上ピッチ慣性モーメント
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ピッチング

【英】pitting

ころがり軸受軌道面転動面の表面小さな穴があくこと。腐食初期疲れなどが原因である。②歯車歯面穴があくこと。主に繰り返し接触荷重による材料疲れをいうが,それ以外原因よるものもいう。
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

ピッチング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/18 05:55 UTC 版)

ピッチング (pitching) とは、乗り物など前後左右上下が決まった物体が、左右を軸として(いわゆる「上下に」)回転すること。ピッチ (pitch) とも。なお、前後を軸にした回転がローリング (rolling) またはロール (roll)、上下を軸にした回転がヨーイング (yawing) またはヨー (yaw) である。




「ピッチング」の続きの解説一覧

ピッチング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/12 03:55 UTC 版)

プロ野球 ファミスタクライマックス」の記事における「ピッチング」の解説

投手ごと「球速」「スタミナ「変化」球威」「決め球」というステータスがあり、球速速ければ速いほど打者速く球が到達スタミナはその投手がいかに長く投げられるか。変化変化量大きさ球威は球の重さである。 スタミナ投げれば投げるほど減少し、0に近づく球速変化量が下がる。 球威大きければ大きいほど打たれても飛距離出づらくなる。 変化球基本リターンズ変わらず十字キー又はスライドパットで好きなコース投げ込むスライダー方向シュート方向下方向変化するスライダー・シュート方向へは変化の値が大きければ大きいほど変化するうになる下方向は値が大きければ大きいほどキレが増す。 決め球はその名の通りその投手決め球の事。速球から変化球さらには魔球登場する決め球スタミナ消費量通常の球より高いが、配球加える事で非常に相手有効な投球出来るだろう。

※この「ピッチング」の解説は、「プロ野球 ファミスタクライマックス」の解説の一部です。
「ピッチング」を含む「プロ野球 ファミスタクライマックス」の記事については、「プロ野球 ファミスタクライマックス」の概要を参照ください。


ピッチング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 11:18 UTC 版)

エリェーナ・キーペル」の記事における「ピッチング」の解説

アーティスト無名監督たちを喜ばせるために、2016年からエリェーナ・キーペル・パブリッシング・アンド・プロダクションはピッチング・イベントを開催している。ピッチング(英語版ロシア語版)は、アメリカからロシア渡ってきたイベント形式で、アーティスト様々な監督脚本家出会う場でもある。この会合目的は、アーティスト自分書いた楽曲ミュージック・ビデオ撮影する際に、可能な限り幅広いアイデア提供することである。ピッチングの会合では、楽曲提供されクリエイターはその楽曲自分なりに工夫して提案する会合結果をもとに、最も好感持てるオリジナル版アイデアを選ぶ。そして、このアイデア出した者には、その楽曲実際ミュージック・ビデオ撮影する機会与えられ自分創造的な経歴一つ数えることができる。

※この「ピッチング」の解説は、「エリェーナ・キーペル」の解説の一部です。
「ピッチング」を含む「エリェーナ・キーペル」の記事については、「エリェーナ・キーペル」の概要を参照ください。


ピッチング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:34 UTC 版)

トム・グラビン」の記事における「ピッチング」の解説

全盛期速球フォーシーム、ツーシーム)のスピード最速93mph(約150km/h)、常時140-145km/h程度だったが、制球力が非常に良く世界最高の技巧派左腕投手」と評された程で、しばしばブレーブス時代チームメイトだったマダックス並び称される変化球スライダーカーブサークルチェンジなど、特にサークルチェンジ評価が高い。ゴールドグラブ賞受賞経験は無いが、守備牽制評価高かった最多勝5回はウォーレン・スパーン(8回)、グローバー・アレクサンダー(6回)、ボブ・フェラー(6回)、ウォルター・ジョンソン(6回)に次ぐ5位タイクレメンスマダックス、R・ジョンソンといった同時代の他の300勝投手比較すると、WHIP防御率といった投球内容を示す数字では、それほど傑出した数字残してきたわけではない。しかし、クオリティ・スタート(6回3自責点以内)の数は682登板436試合、63.9%と高い数字残しており、勝利繋げるピッチングができる投手であったことを示している。

※この「ピッチング」の解説は、「トム・グラビン」の解説の一部です。
「ピッチング」を含む「トム・グラビン」の記事については、「トム・グラビン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ピッチング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ピッチング」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピッチング」の関連用語

1
100% |||||

ピッチングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピッチングのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピッチング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプロ野球 ファミスタクライマックス (改訂履歴)、エリェーナ・キーペル (改訂履歴)、トム・グラビン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS