回転とは? わかりやすく解説

かい‐てん〔クワイ‐〕【回転/×廻転】

読み方:かいてん

[名](スル)

物が、ある軸を中心としてまわること。「―式のテーブル」「翼が―する」

からだを転がしたり、宙がえりしたりすること。「―レシーブ」「マット上で三―する」

機能を十分生した働きをすること。存分に活動すること。「頭の―が鈍い」「人員を―させて事務をさばく」

物事が、動きくり返すこと。「資金の―が早い

サービス業などで、客が新しい客と入れ替わること。「客の―が悪い」

回転競技」の略。


横転, 回転

【英】:Rolling

動物体軸回りに回転( 横転) したり、一定方向へ円を描いてぐるぐる回りをしたりする異常

かいてん【回転】

デジタル変動し停止するまでの一連の動作のこと。業界人気取るなら、「デジタル回転して……」と言わずに「特別図柄変動して……」と言おう

〜むら
【回転ムラ
パチンコにおいて、ヘソに玉が入る頻度バラツキのこと。「回りムラとも言う1000円ごとにデータ取ったら1060回転のバラツキがあって平均25回転の台と、1535回転のバラツキがあって同じく平均25回転の台がある場合前者を「回転ムラ激しい」、後者を「回転ムラあまりないと言う

〜りつ
回転率
デジタルの回転具合を指す言葉。大抵、1000円あたりの回転数考える。ボーダーライン比較するには、回転率把握することが重要。

回転

作者丹羽あさみ

収載図書開拓の子
出版社日本民主主義文学同盟
刊行年月2001.6
シリーズ名民主文学自選叢書


回転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 04:32 UTC 版)

回転(廻転、かいてん、: rotation)は、大きさを持たない点または大きさを持つ物体が、あるを中心としてあるいは直線として、あるいは別の物体の周りを回る運動。この点を回転中心、この直線を回転軸という。回転中心や回転軸が回転する物体の内部にある場合を特に自転というときもある。まさに運動している状態を指す場合も、運動の始状態から終状態への変化や移動を指す場合もある。前者の意味を強調したい場合は回転運動ということもある。


  1. ^ 長倉三郎他編『岩波理化学辞典』第5版、岩波書店、1998年2月 ISBN 4000800906


「回転」の続きの解説一覧

回転(ロンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 15:42 UTC 版)

サイケまたしても」の記事における「回転(ロンド)」の解説

物体回転させる能力主な使い方は、攻撃逸らす、円を描くように超高速移動する回転移動スピログラフ)」、金属片掌の中で回転させ、手を払うだけで近距離物体切断する「回転刃(テンソー)」、鉄球手元周回させ、弧を描く軌道放つ公転レボリューション)」といったもので、非常に高い戦闘力発揮できる有効な対策を取るのは難し能力だが、ヨハン能力露見しないよう注意を払っており、劇中内容明らかになったのはかなり後のこととなった主な使い方が示すように直接触れていない物体でも回転させ続けることができるようで、上空にある無人ヘリプロペラを回転させて飛行させたことすらあるため効果範囲はかなり広いと思われる

※この「回転(ロンド)」の解説は、「サイケまたしても」の解説の一部です。
「回転(ロンド)」を含む「サイケまたしても」の記事については、「サイケまたしても」の概要を参照ください。


回転(アモル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 08:42 UTC 版)

まじもじるるも」の記事における「回転(アモル)」の解説

鉄棒回転する際に用いられ魔法

※この「回転(アモル)」の解説は、「まじもじるるも」の解説の一部です。
「回転(アモル)」を含む「まじもじるるも」の記事については、「まじもじるるも」の概要を参照ください。


回転(TURN系)(いずれか一つを使用可、DOUBLEではMIRRORのみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 22:36 UTC 版)

Dance Dance Revolution」の記事における「回転(TURN系)(いずれか一つ使用可、DOUBLEではMIRRORのみ)」の解説

MIRROR矢印正規のパターンから180度反転するSINGLEでは前後画面上上下)・左右入れ替わりDOUBLEでは更にサイド1P側か2P側か)も反転する

※この「回転(TURN系)(いずれか一つを使用可、DOUBLEではMIRRORのみ)」の解説は、「Dance Dance Revolution」の解説の一部です。
「回転(TURN系)(いずれか一つを使用可、DOUBLEではMIRRORのみ)」を含む「Dance Dance Revolution」の記事については、「Dance Dance Revolution」の概要を参照ください。


回転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/02 20:00 UTC 版)

円柱座標変換」の記事における「回転」の解説

回転 rot円柱座標系表示については、次の等式成立する。 ( rot ⁡ X ) ( Φ ( r , θ , ζ ) ) = ( ( rot ⁡ X ) r ( r , θ , z ) ) N r ( r , θ , ζ ) + ( ( rot ⁡ X ) θ ( r , θ , z ) ) N θ ( r , θ , ζ ) + ( ( rot ⁡ X ) θ ( r , θ , z ) ) N ζ ( r , θ , ζ ) {\displaystyle (\operatorname {rot} X)(\Phi (r,\theta ,\zeta ))=\left({{(\operatorname {rot} X)}_{r}}(r,\theta ,z)\right){{\mathbf {N} }_{r}}(r,\theta ,\zeta )+\left({{(\operatorname {rot} X)}_{\theta }}(r,\theta ,z)\right){{\mathbf {N} }_{\theta }}(r,\theta ,\zeta )+\left({{(\operatorname {rot} X)}_{\theta }}(r,\theta ,z)\right){{\mathbf {N} }_{\zeta }}(r,\theta ,\zeta )} ( rot ⁡ X ) r ( r , θ , z ) = 1 r ( ∂ X ζ ∂ r ) ( r , θ , z ) − ( ∂ X θ ∂ ζ ) ( r , θ , z ) {\displaystyle {{(\operatorname {rot} X)}_{r}}(r,\theta ,z)={\frac {1}{r}}\left({\frac {\partial {{X}_{\zeta }}}{\partial r}}\right)(r,\theta ,z)-\left({\frac {\partial {{X}_{\theta }}}{\partial \zeta }}\right)(r,\theta ,z)} ( rot ⁡ X ) θ ( r , θ , z ) = ( ∂ X r ∂ ζ ) ( r , θ , z ) − ( ∂ X ζ ∂ r ) ( r , θ , z ) {\displaystyle {{(\operatorname {rot} X)}_{\theta }}(r,\theta ,z)=\left({\frac {\partial {{X}_{r}}}{\partial \zeta }}\right)(r,\theta ,z)-\left({\frac {\partial {{X}_{\zeta }}}{\partial r}}\right)(r,\theta ,z)} ( rot ⁡ X ) ζ ( r , θ , z ) = 1 r ( ∂ ( r X r ) ∂ r ) ( r , θ , z ) − 1 r ( ∂ X r ∂ θ ) ( r , θ , z ) {\displaystyle {{(\operatorname {rot} X)}_{\zeta }}(r,\theta ,z)={\frac {1}{r}}\left({\frac {\partial (r{{X}_{r}})}{\partial r}}\right)(r,\theta ,z)-{\frac {1}{r}}\left({\frac {\partial {{X}_{r}}}{\partial \theta }}\right)(r,\theta ,z)} である。

※この「回転」の解説は、「円柱座標変換」の解説の一部です。
「回転」を含む「円柱座標変換」の記事については、「円柱座標変換」の概要を参照ください。


回転(rotation)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 14:14 UTC 版)

共変微分」の記事における「回転(rotation)」の解説

一つ共変ベクトル wixj 方向共変微分j w i {\displaystyle \nabla _{j}w_{i}} は2階共変テンソルから構成された ∇ j w i − ∇ i w j = ∂ v ix j − ∂ v jx i {\displaystyle \nabla _{j}w_{i}-\nabla _{i}w_{j}={\frac {\partial v^{i}}{\partial x^{j}}}-{\frac {\partial v^{j}}{\partial x^{i}}}} という2階共変テンソルを、wi の回転(rotationと呼ぶ

※この「回転(rotation)」の解説は、「共変微分」の解説の一部です。
「回転(rotation)」を含む「共変微分」の記事については、「共変微分」の概要を参照ください。


回転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 04:22 UTC 版)

ナブラ」の記事における「回転」の解説

ベクトル場 v ( x , y , z ) = v x x ^ + v y y ^ + v z z ^ {\displaystyle {\boldsymbol {v}}(x,y,z)=v_{x}{\hat {\boldsymbol {x}}}+v_{y}{\hat {\boldsymbol {y}}}+v_{z}{\hat {\boldsymbol {z}}}} の回転(en:curl ,rotation)は curl ⁡ v = ( ∂ v z ∂ y − ∂ v y ∂ z ) x ^ + ( ∂ v x ∂ z − ∂ v z ∂ x ) y ^ + ( ∂ v y ∂ x − ∂ v x ∂ y ) z ^ = ∇ × v {\displaystyle \operatorname {curl} {\boldsymbol {v}}=\left({\frac {\partial v_{z}}{\partial y}}-{\frac {\partial v_{y}}{\partial z}}\right){\hat {\boldsymbol {x}}}+\left({\frac {\partial v_{x}}{\partial z}}-{\frac {\partial v_{z}}{\partial x}}\right){\hat {\boldsymbol {y}}}+\left({\frac {\partial v_{y}}{\partial x}}-{\frac {\partial v_{x}}{\partial y}}\right){\hat {\boldsymbol {z}}}=\nabla \times {\boldsymbol {v}}} で表すことができるベクトル場である。各点における回転の値は、その点中心を持つ小さな風車の軸周りトルク回転力)に比例する。 このベクトル積演算行列式もどきに ∇ × v = | x ^ y ^ z ^ ∂ / ∂ x ∂ / ∂ y ∂ / ∂ z v x v y v z | {\displaystyle \nabla \times {\boldsymbol {v}}={\begin{vmatrix}{\hat {\boldsymbol {x}}}&{\hat {\boldsymbol {y}}}&{\hat {\boldsymbol {z}}}\\\partial /\partial x&\partial /\partial y&\partial /\partial z\\v_{x}&v_{y}&v_{z}\end{vmatrix}}} として視覚化することができる。これもやはり積の規則 ∇ × ( f v ) = ( ∇ f ) × v + f ( ∇ × v ) {\displaystyle \nabla \times (f{\boldsymbol {v}})=(\nabla f)\times {\boldsymbol {v}}+f(\nabla \times {\boldsymbol {v}})} が成立することが強みだが、残念ながらベクトル積簡単にならず ∇ × ( u × v ) = u ( ∇ ⋅ v ) − v ( ∇ ⋅ u ) + ( v ⋅ ∇ ) u − ( u ⋅ ∇ ) v {\displaystyle \nabla \times ({\boldsymbol {u}}\times {\boldsymbol {v}})={\boldsymbol {u}}(\nabla \cdot {\boldsymbol {v}})-{\boldsymbol {v}}(\nabla \cdot {\boldsymbol {u}})+({\boldsymbol {v}}\cdot \nabla ){\boldsymbol {u}}-({\boldsymbol {u}}\cdot \nabla ){\boldsymbol {v}}} となる。

※この「回転」の解説は、「ナブラ」の解説の一部です。
「回転」を含む「ナブラ」の記事については、「ナブラ」の概要を参照ください。


回転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 03:59 UTC 版)

ポンプ」の記事における「回転」の解説

回転する部品圧力与えるもの。 ギヤポンプ : 歯車かみ合わせをつかう。粘度の高い液体輸送使用される内接式のトロコイドポンプエンジンオイルポンプ一般的ねじポンプ : ねじ型の回転子ローター)を持ち汚泥などの高粘度異物含んだものを輸送する気体圧縮用いるものについては「リショルム・コンプレッサを参照 ベーンポンプ : ケーシング偏心して取り付けられ回転子に取付けられ可動ベーン液体輸送する攪拌を嫌う液体適する。分解清掃も容易。自動車パワーステアリングポンプとして一般的。 ドージングポンプ : チューブしごいて液体輸送するポンプ医療用使われることが多い。 ギアポンプ ねじポンプ

※この「回転」の解説は、「ポンプ」の解説の一部です。
「回転」を含む「ポンプ」の記事については、「ポンプ」の概要を参照ください。


回転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 03:09 UTC 版)

乗り物に関する世界一の一覧」の記事における「回転」の解説

世界一回転数の多いローラーコースター → 2例あり ええじゃないか日本 富士急ハイランド) ■右に画像あり レールループとひねりと座席の回転の合計 14回。2006年平成18年開業。 ザ・スマイラー(英語版)(イギリス オルトンタワーズ(英語版))右に画像あり レールループとひねりの合計 14回。2013年開業

※この「回転」の解説は、「乗り物に関する世界一の一覧」の解説の一部です。
「回転」を含む「乗り物に関する世界一の一覧」の記事については、「乗り物に関する世界一の一覧」の概要を参照ください。


回転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 16:53 UTC 版)

ビオ・サバールの法則」の記事における「回転」の解説

ビオ・サバールの法則両辺の回転を取る。 rotH = 1 4 π ∫ V rot ⁡ ( j × r r 3 ) d 3 r ′ {\displaystyle \operatorname {rot} {\boldsymbol {H}}={\frac {1}{4\pi }}\int _{V}\operatorname {rot} \left({\boldsymbol {j}}\times {\frac {\boldsymbol {r}}{r^{3}}}\right)\mathrm {d} ^{3}{\boldsymbol {r}}'} ここで、ベクトル解析恒等式より rot ⁡ ( j × r r 3 ) = ( divr r 3 ) j − ( div ⁡ j ) r r 3 {\displaystyle \operatorname {rot} \left({\boldsymbol {j}}\times {\frac {\boldsymbol {r}}{r^{3}}}\right)=\left(\operatorname {div} {\frac {\boldsymbol {r}}{r^{3}}}\right){\boldsymbol {j}}-(\operatorname {div} {\boldsymbol {j}}){\frac {\boldsymbol {r}}{r^{3}}}} また、 divr r 3 = 4 π δ ( r ) {\displaystyle \operatorname {div} {\frac {\boldsymbol {r}}{r^{3}}}=4\pi \delta (r)} なので、 rotH = 1 4 π ∫ V 4 π δ ( r )j d 3 r ′ = j {\displaystyle {\begin{aligned}\operatorname {rot} {\boldsymbol {H}}&={\frac {1}{4\pi }}\int _{V}4\pi \delta (r)\cdot {\boldsymbol {j}}\mathrm {d} ^{3}{\boldsymbol {r}}'\\&={\boldsymbol {j}}\end{aligned}}} が得られる。これはアンペールの法則そのものである。 ただし、この書き換え静磁場でのみ有効であることに留しなければならない

※この「回転」の解説は、「ビオ・サバールの法則」の解説の一部です。
「回転」を含む「ビオ・サバールの法則」の記事については、「ビオ・サバールの法則」の概要を参照ください。


回転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 07:31 UTC 版)

物体検出」の記事における「回転」の解説

DNN入力画像幾何的な変換を加えた場合得られる特徴マップ不変ではない。平行移動的な幾何学変化にはある程度強いものの、回転やスケール変化などが大きいと結果変化してしまう。そのため、幾何的ロバスト性獲得するために様々な手法が提案されている。回転変換へのロバスト性については、テキスト認識航空画像からの検出といった分野では研究例があり、データセット作成された例もある。一方で一般物体に関する大規模データセットは回転画像含んでいないため、一般物体についての研究限られている

※この「回転」の解説は、「物体検出」の解説の一部です。
「回転」を含む「物体検出」の記事については、「物体検出」の概要を参照ください。


回転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 14:51 UTC 版)

KARAKURI」の記事における「回転」の解説

横陣形のジョイントアクション。ナット中心にジュクル左右二手別れてナットと手を繋いで一列繋がり、その状態でナット支点にして横向き回転する回転しながら移動可能である長時間回転しているとナット目を回してしまい、回転を止めたあとにその場でふらついたり、最悪の場合その場倒れこん大きなスキ出来てしまう。主に横向きついている歯車を回す時に使う。敵や物にぶつかってある程度回転していないと弾かれてしまう。

※この「回転」の解説は、「KARAKURI」の解説の一部です。
「回転」を含む「KARAKURI」の記事については、「KARAKURI」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「回転」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

回転

出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 09:39 UTC 版)

名詞

かいてん廻転」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. 物体回ること。物体を回すこと。
  2. 身体使って転がったり回ったり宙返りしたりすること。
  3. よく機能すること。働きがよいこと。
  4. 仕入れられ商品売れて在庫なくなりまた仕入れるという一連の動きから)よくさばけること。
    • あの店は商品)の回転がよい。
  5. (数学) 剛体を点または軸のまわり一定角だ動かすこと。一般に回転行列行列式の値が1の直交行列)によって表現される座標変換
  6. (数学) 三次元ベクトル解析において、各点周りベクトル場運動の向き変えようとする傾向記述する微分ベクトル場のこと。
  7. スキー、スノーボードアルペン種目1つで、旗門定められたコース通過する時間を競うもの。スラローム

表記

発音(?)

関連語

数学用語

翻訳

数学用語

動詞

活用


「回転」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「回転」に関係したコラム

  • FXのデイトレードとは

    FX(外国為替証拠金取引)のデイトレードとは、1日のうちに何回も取引を繰り返し、その日のうちに取引を終える手法のことです。デイトレードは「日計り取引」ともいわれています。デイトレードの1回の取引は10...

  • FXのスキャルピング手法とは

    FX(外国為替証拠金取引)のスキャルピング(scalping)手法とは、わずかな利益を狙って短時間に売買を繰り返す手法のことです。スキャルピング手法では、1回の取引時間は1分から10分程度であることが...

  • FXのスイングトレードとは

    FX(外国為替証拠金取引)のスイングトレード(swing trading)とは、数日から1週間の期間に売買を繰り返す手法のことです。スイングトレードは、トレールを用いて、利益が出ている間は利益幅を伸ば...

  • 株式の投資判断とされる売上債権回収率とは

    株式の投資判断とされる売上債権回収率とは、売上債権の売上高の割合をパーセンテージで表したものです。売上債権とは、売掛金や受取手形のことで、貸借対照表では現金や商品、有価証券などと同じく流動資産として計...

  • 株式投資のスクリーニングとは

    株式投資のスクリーニングとは、テクニカル指標や財務関連指標などを中心とした条件に合致した銘柄を抽出するシステムのことです。スクリーニングでは、テクニカル指標や財務関連指標の他に、投資金額や売買単位、業...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「回転」の関連用語

回転のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



回転のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの回転 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサイケまたしても (改訂履歴)、まじもじるるも (改訂履歴)、Dance Dance Revolution (改訂履歴)、円柱座標変換 (改訂履歴)、共変微分 (改訂履歴)、ナブラ (改訂履歴)、ポンプ (改訂履歴)、乗り物に関する世界一の一覧 (改訂履歴)、ビオ・サバールの法則 (改訂履歴)、物体検出 (改訂履歴)、KARAKURI (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの回転 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS