ボールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ボール > ボールの意味・解説 

ボール

boardから》ボール紙。「段—」


ボール【John Ball】


ボール【bowl】


ボール【ball】

球形のもの。たま。「ミラー—」「メンチ—」

球技に使う球。「サッカー—」

野球で、投手打者に対する投球ストライク判定されなかったもの。「ワン—、ツーストライク


ボール(NYSE:BLL)

住所: 10 Longs Peak DriveP.O. Box 5000Broomfield, CO 80021United States
電話: 1- (303) 469-3131
FAX: 1- (303) 460-2127
ウェブサイト: http://www.ball.com
業種: 原材料
業界: 容器・包装

» ダウ・ジョーンズ米国企業総合情報データベースはこちら

ボール(ミクスチャー)

ネイル業界ではアクリルリキッドとアクリルパウダー結合させた樹脂のことを一般的にボール(ミクスチャー)を呼びます

ボール

花材をボールのように丸くまとめ、バッグ風に片手で持つデザイン和装に合わせるならこのデザインおすすめ持ち手組紐にして、花材をピンポンマムやシャクヤクにするとあっという間に和の雰囲気に。

ボール


ボール

名前 BallBaurBohlBoleBollBorBortWohl

ボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 13:52 UTC 版)

ボールball)はゲーム(球技遊戯)などに使う形の用具。中は空洞で球形の皮膜や外殻に包まれていることが多いが、中まで詰まったボール(例:ビリヤードの球や、芯にコルクなどを利用する野球ボール)や球形でないボール(例:ラグビーアメリカンフットボール長球形のボール)もある。


  1. ^ a b 鈴木 正. “テニスの起源と発達”. 一橋大学. 2019年5月28日閲覧。
  2. ^ a b アルベルト・アンジェラ『古代ローマ人の24時間』河出書房新社、2010年。
  3. ^ メンテナンス ソフトテニスボールの空気入れ - コクサイ株式会社


「ボール」の続きの解説一覧

ボール(バブルス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 02:40 UTC 版)

ボールになって跳ねて攻撃する。体が点滅しているときは無敵「A」ボタン長押しより高く跳ねることができる。ただし上下のモノにあたるとき敵に触れるダメージ

※この「ボール(バブルス)」の解説は、「星のカービィ 夢の泉デラックス」の解説の一部です。» 「星のカービィ 夢の泉デラックス」の概要を見る


ボール(第2条)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 00:57 UTC 版)

ボール大きさ: 62 - 64 [cm](外周重さ: 400 - 440 [g] 空気圧: 0.6 - 0.9 [気圧]。高さ 2 m地点から落下させたときのバウンド50 - 65 cmでなければならない。 形: 球形 材質: 皮革等。国際大会ではフェルト製のものは認められない

※この「ボール(第2条)」の解説は、「フットサル」の解説の一部です。» 「フットサル」の概要を見る


ボール (Ball)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 03:25 UTC 版)

ラーラお気に入りのオレンジ色のボール。とてもよく弾んでどこでも遊べる

※この「ボール (Ball)」の解説は、「テレタビーズ」の解説の一部です。» 「テレタビーズ」の概要を見る


ボール (Boule)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 15:19 UTC 版)

直径90~110mm(女子88~110mm)、重さ900~1200g(女子800~1200g)。材質真鍮製。

※この「ボール (Boule)」の解説は、「スポールブール」の解説の一部です。» 「スポールブール」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ボール

出典:『Wiktionary』 (2021/07/23 04:31 UTC 版)

名詞:球

  1. 球形のもの。特にスポーツ球技)で用いる。
  2. 野球投手規定通りに投げた球がストライクにならなかったもの

語源

翻訳

名詞:鉢

  1. 近年はしばしば、ボウル表記料理に使う鉢。

語源

翻訳

造語成分

  1. 厚紙ボール紙

語源


「ボール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ボールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ボールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2022 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
スターネイル・ジャパンスターネイル・ジャパン
Copyright (C) 2022 STAR NAIL JAPAN . All Rights Reserved.
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2022 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの星のカービィ 夢の泉デラックス (改訂履歴)、フットサル (改訂履歴)、テレタビーズ (改訂履歴)、スポールブール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS