踊りとは? わかりやすく解説

おどり〔をどり〕【踊り/躍り】

読み方:おどり

跳ね上がること、飛び跳ねることが原義

(踊り)音楽などに合わせて踊ること。また、その動作舞踏舞踊ダンス

(踊り)

日本の芸能で、舞(まい)と区別して跳躍運動主体したもの多く集団性熱狂性・庶民性をもつ。

㋑特に、盆踊り。《 秋》「四五人に月落ちかかる―かな/蕪村

踊り歌」の略。

踊り字」の略。

躍り食い」の略。また、その料理。「エビの―」

顋門(ひよめき)」に同じ。〈日葡

動悸(どうき)がすること。

「胸の―は未だ止まず」〈浄・扇八景

江戸時代高利貸し業者返済期日月末とせずに25日限りとし、これに遅れた場合以後4、5日でさらに1か月分の利子取ったこと。踊り歩(ぶ)。

[下接語] 足踊り雨乞い踊り阿波(あわ)踊り・伊勢(いせ)踊り・大踊り掛け踊り傘踊り歌舞伎踊り・看看(かんかん)踊り・組踊り小歌踊り小躍り・簓(ささら)踊り・素踊り・雀(すずめ)踊り・すててこ踊り総踊り太鼓踊り大漁踊り・辻(つじ)踊り・手踊り・灯籠(とうろう)踊り・練り踊り念仏踊り・馬鹿(ばか)踊り・裸踊り豊年踊り盆踊り・奴(やっこ)踊り


踊り

読み方:おどり

ラ行五段活用動詞「踊る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

踊り「躍り・跳り・をどり」(おどり)

舞い」と「踊り」の区別は、日本の民間舞踊芸術基本的な区別

運動としては、「舞い」は平面旋回運動であり、「踊り」は上下運動跳躍運動基本とする。「舞い」は手、「踊り」は足の動き重視する

②「舞い」は個人芸能神懸かり巫女が舞うといった姿が原型にある。一方「踊り」は集団芸能であり、多数参加者が同じ芸態揃えて踊るものであるという点が違う。

③踊りは、その激し上下運動(「だだ」とよばれる)で悪霊はらったり、未成仏霊の鎮魂
を行うといった呪術性を持つ。

このような「踊り」が芸能として独立成熟するのは中世後期
当時風流踊りの中で薩摩踊り」などの名称が現れるが、これは「踊り」が独立芸能として認識され始めたことを示しこうした芸能流行伝搬といった現象見られるようになる江戸時代には、踊りは民謡とともに全国移動し各地盆踊りに取入れられ定着していった。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 00:52 UTC 版)

踊り(おどり)は、広義の日本舞踊のうちリズムに合わせた跳躍運動を主としたもの[1]


注釈

  1. ^ 折口信夫によれば、「踊り」に対し旋回運動から芸能化したものが「舞」である。池田(1968)p.16
  2. ^ そのため、上方では歌舞伎役者の舞踊でも「舞」といい、江戸では能役者の舞踊でも「踊り」と称することが多い。池田(1968)p.11

参照

  1. ^ 池田(1968)p.20
  2. ^ a b c 『図説日本庶民生活史 第3巻 南北朝‐室町』河出書房新社、1961年、188頁。 
  3. ^ 『図説日本庶民生活史 第3巻 南北朝‐室町』河出書房新社、1961年、179頁。 
  4. ^ 『図説日本庶民生活史 第3巻 南北朝‐室町』河出書房新社、1961年、162頁。 
  5. ^ 池田(1968)p.8
  6. ^ 池田(1968)p.7
  7. ^ 池田(1968)pp.9-11
  8. ^ a b c d 池田(1968)pp.12-13


「踊り」の続きの解説一覧

踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 03:07 UTC 版)

桂春団治 (3代目)」の記事における「踊り」の解説

山村流一時藤間流)舞の名手でもあり、福団治時代は舞台でしばしば粋な寄席踊りを披露していた。同じ山村流演者であった3代目笑福亭福松に、京都富貴等の楽屋舞台終わった後に直接稽古をつけてもらっている。春団治襲名準備していたころに、6代目から『襲名するならそろそろ噺に力を入れなはれ』と言われ襲名後は高座ではほとんどやらなくなった。しかし、この舞踊素養が春団治の落語活きているのは、自他共に認めるところであった小佐田定雄『噺の肴 らくご副読本』、桂米朝『藝・これ一生』他)。

※この「踊り」の解説は、「桂春団治 (3代目)」の解説の一部です。
「踊り」を含む「桂春団治 (3代目)」の記事については、「桂春団治 (3代目)」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 15:10 UTC 版)

こきりこ節」の記事における「踊り」の解説

ささら踊り 手にびんざさら持ち大きく勇壮に踊るもっとも良く知られた男踊り衣装は頭に山鳥の羽をつけた綾藺笠あやいがさ)を被り直垂ひたたれ)姿である。 しで(紙垂)竹踊り 手にはこきりこ竹に紙垂付けたしで竹を持ち踊る神前への奉納女踊り衣装は頭に石帯結んだかつら紐をし麻小袖姿である。 手踊り 手に何も持たずに踊る。衣装は麻小袖である。また総踊りの時などは男女問わず踊られる。

※この「踊り」の解説は、「こきりこ節」の解説の一部です。
「踊り」を含む「こきりこ節」の記事については、「こきりこ節」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/18 21:57 UTC 版)

たにし踊り」の記事における「踊り」の解説

踊りの振り付けについては、東京薬科大学のものが絵で記録されているほか、岐阜一個人振り付け文章で記録した資料もある。

※この「踊り」の解説は、「たにし踊り」の解説の一部です。
「踊り」を含む「たにし踊り」の記事については、「たにし踊り」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/05 10:15 UTC 版)

セビジャーナス」の記事における「踊り」の解説

セビジャーナスは、祝祭日縁日などの祝賀行事の際、しばしば町の全家族によって老若男女を問わず2人組で踊るダンスである。その振り付けには変動がなく実用的で、祭りの踊りとして踊られる。このためフラメンコ習い始め初心者は、覚えるのも容易で実践の機会も多いセビジャーナスから学び始めるのが一般的である。 セビジャーナスリズム通常8分の6拍子であるが、4分の3拍子カウントするともできるそれぞれのセビジャーナスは、4もしくは7曲から成りそれぞれのパート3つのコプラ分けることができる。それぞれのコプラは、6つ動きから成り立っている。フェスティバルショーでは、アンダルシア訪れた観光客フラメンコ間違えることがよくある

※この「踊り」の解説は、「セビジャーナス」の解説の一部です。
「踊り」を含む「セビジャーナス」の記事については、「セビジャーナス」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/06 05:21 UTC 版)

段仕込み」の記事における「踊り」の解説

第二日目工程。何も加えない様子を見ること。 添において投入される掛麹掛米少量でなければならないのは、あくまでも酵母急激な環境の変化与えないことが段仕込み全体目的からであるそれらの量が多ければ多いほど、酵母にとっての環境変化大きなものとなる。 またたとえ少量でも、掛麹掛米入ってきたことは、酵母にとっては衝撃なので、添のあとは一日その先添加進まず酵母放置して新し環境適応させる。この工程を踊りという。踊りのあいだに、表面から少しずつ泡が出てくる。この泡についての詳細は「泡の状貌参照

※この「踊り」の解説は、「段仕込み」の解説の一部です。
「踊り」を含む「段仕込み」の記事については、「段仕込み」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 05:25 UTC 版)

牛深ハイヤ節」の記事における「踊り」の解説

ハイヤの踊りは、元々が船乗り達の酒盛り踊りであったため、中腰重心低く、また網投げ漕ぎなどの動き特徴となっている[要出典]。 牛深では、ハイヤ総踊りを伴う「牛深ハイヤ祭り」が毎年行われている。

※この「踊り」の解説は、「牛深ハイヤ節」の解説の一部です。
「踊り」を含む「牛深ハイヤ節」の記事については、「牛深ハイヤ節」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 15:46 UTC 版)

安来節」の記事における「踊り」の解説

安来節には付き物として、ともに踊る伝統的などじょうすくい」があり、代表的な御座敷芸とされているどじょうすくいひょっとこ顔で有名。おどりには銭太鼓用いる。また、腹踊りが演じられることもあり現在では稀になった。 踊りには大きく分けて男踊り」と「女踊り」がある。両方とも踊りの際には笊を持ち、さらに男踊りでは手ぬぐい豆絞り)を頭に被り一文銭の鼻あてをつける(現代では一文銭代わりに五円玉を使うことも多い。鼻あてがない場合割り箸短く折ったものを鼻の穴差し込み代用とする)のが一般的男踊りの場合は厳密に決まったはないため、演者アドリブで踊ることも許されている。 男踊りどじょう掬いは、実はこの周辺名産である安来鋼作るたたら吹き製法際に原料として使われる砂鉄採取所作を踊りに取込んだものとされる一説には「どじょう」は「土壌」であると云うしかしながら、実は本当に踊りながら(振り付けドジョウ逃げ動作含めてドジョウがすくえてしまうということ発見されている(探偵!ナイトスクープ朝日放送テレビABCテレビ))依頼より)。

※この「踊り」の解説は、「安来節」の解説の一部です。
「踊り」を含む「安来節」の記事については、「安来節」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 14:16 UTC 版)

貝殻節」の記事における「踊り」の解説

踊りの振り付けいくつか作られて、鳥取県中心に鳥取民謡」として盆踊りなどで広く踊られている。 浜村温泉室内宴会折りなどに芸者またはプロが踊る場合には、両手小さなを持ってカチカチ鳴らして貝殻を持っているかのように踊ることも行われている。

※この「踊り」の解説は、「貝殻節」の解説の一部です。
「踊り」を含む「貝殻節」の記事については、「貝殻節」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 01:37 UTC 版)

エイサー」の記事における「踊り」の解説

太鼓エイサー主体太鼓と踊りである。地謡演奏に合わせて太鼓を叩いていく際に、特に締太鼓とバーランクーは身体をひねる、しゃがむ、跳ぶ回転するといったアクション見せる。数十の太鼓踊りの統一感、一斉の躍動といった勇壮さが、エイサー大きな魅力一つとなっている。手踊り後方にあるのが一般的である。一方手踊りエイサー琉球舞踊基礎とした優美でたおやかな動き特徴とする。三線伴奏する場合は歌に合わせて踊りの輪が回転の向き変え全体的にややテンポが速い太鼓伴奏の場合は、ゆるいテンポ速いテンポの曲を交互に歌い、踊る。

※この「踊り」の解説は、「エイサー」の解説の一部です。
「踊り」を含む「エイサー」の記事については、「エイサー」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 15:54 UTC 版)

飯田りんごん」の記事における「踊り」の解説

「りんごん」は曲も振り付け市民創り上げた踊り[要出典]であり、基本的な「りんごん」の踊りは3つの舞い構成される地域の特色表した手作りの踊りである。 獅子頭 - この地方に数多く伝わ獅子舞の頭をかかげるように舞う。 あばれ天竜 - 天竜川の波をイメージした舞い夜空の花火 - 打ち上げ花火表現していた舞い。 以上を「りんごん、りんごん、ホイ、おいな~」の掛け声に合わせて繰り返し踊る。

※この「踊り」の解説は、「飯田りんごん」の解説の一部です。
「踊り」を含む「飯田りんごん」の記事については、「飯田りんごん」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/07 16:22 UTC 版)

じゃんがら念仏踊り」の記事における「踊り」の解説

提灯持ち先頭一列になり、鉦と太鼓繰り返し叩きながら新盆の家の庭先などに現れる。(流し道中囃子盆棚一礼後、太鼓を叩く者が三人一列並び、その周りを鉦を叩く者(鉦きり)と提灯持ち楕円に取囲み、輪をなして踊る。

※この「踊り」の解説は、「じゃんがら念仏踊り」の解説の一部です。
「踊り」を含む「じゃんがら念仏踊り」の記事については、「じゃんがら念仏踊り」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 20:21 UTC 版)

あした順子・ひろし」の記事における「踊り」の解説

日本舞踊名取である順子が、切れの良い所作を見せるのに対し、ひろしは順子軽快な動きついていけず、戸惑うしぐさを見せる。

※この「踊り」の解説は、「あした順子・ひろし」の解説の一部です。
「踊り」を含む「あした順子・ひろし」の記事については、「あした順子・ひろし」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:18 UTC 版)

長崎くんち」の記事における「踊り」の解説

町ごとにさまざまな種類の踊りを行う。本踊り(=本朝踊り、日本舞踊のこと)、阿蘭陀万才など。

※この「踊り」の解説は、「長崎くんち」の解説の一部です。
「踊り」を含む「長崎くんち」の記事については、「長崎くんち」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 05:58 UTC 版)

「うちわ」の記事における「踊り」の解説

踊りにおいて使われる例は大変多い。全員がもつ場合は同じ図柄をもつことで集団表し、踊りの際は拍子などとり、休息時には涼を求めるもの特定の者がもつ場合は、警護など役がつき踊り全体差配など行う。大型のものでは、その扇部に組や講中役名などを大書きして掲げ持ち所在表示することが多く、翳的な用法となる。

※この「踊り」の解説は、「うちわ」の解説の一部です。
「踊り」を含む「うちわ」の記事については、「うちわ」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 05:37 UTC 版)

安土桃山時代」の記事における「踊り」の解説

幸若舞 阿国歌舞伎歌舞伎踊り):出雲阿国よる。歌舞伎発祥

※この「踊り」の解説は、「安土桃山時代」の解説の一部です。
「踊り」を含む「安土桃山時代」の記事については、「安土桃山時代」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 00:46 UTC 版)

秋田音頭」の記事における「踊り」の解説

秋田市土崎港毎年7月20日21日行われる曳山祭りみなと祭り」(土崎神明社祭の曳山行事)では、しばしば曳山運行止めて踊り(演芸)の披露が行われるが、その中でも、どの町内曳山でも踊られる スタンダードナンバー秋田音頭である。 もともと、柔術の型を踊りに取入れた振り付けであったと言われる。 また能代市毎年9月行われるおなごりフェスティバルの中でダンス教室による「秋田おなごり音頭」が披露されるが、これは秋田音頭現代風アレンジしてダンス振り付けしたものである。

※この「踊り」の解説は、「秋田音頭」の解説の一部です。
「踊り」を含む「秋田音頭」の記事については、「秋田音頭」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/20 10:20 UTC 版)

せり込み蝶六」の記事における「踊り」の解説

両手扇子を持って激し音頭リズムに合わせて極楽蝶舞うように踊る扇子踊りがもっともよく踊られるが、提灯や傘、花笠などを使用する踊りや、手踊りなどがある。 扇子踊り(勢振り踊り・けはん結び・川崎づくし・波踊り) 提灯踊り 花笠踊り 蛇の目踊り 菅笠踊手踊り(勢振り山中踊り) また現在では踊らなくなったものとして、たすき踊り・刀踊り・姿見踊りなどがある。

※この「踊り」の解説は、「せり込み蝶六」の解説の一部です。
「踊り」を含む「せり込み蝶六」の記事については、「せり込み蝶六」の概要を参照ください。


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/19 19:00 UTC 版)

西三ツ木ばやし」の記事における「踊り」の解説

西三ツ木ばやしとともに伝わる踊りは以下のとおり天狐(てんこ) 獅子(しし) 外道(げどう) (たこ) 岡目(おかめ) 火男ひょっとこ大笑いおおわらい神主かんぬし足踊りあしおどり火男大笑い総称し馬鹿面(ばかめん)と呼んでいる。

※この「踊り」の解説は、「西三ツ木ばやし」の解説の一部です。
「踊り」を含む「西三ツ木ばやし」の記事については、「西三ツ木ばやし」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「踊り」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

踊り

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 11:34 UTC 版)

和語の漢字表記

(おどり)

  1. おどりを参照

「踊り」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「踊り」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



踊りのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2022 bonodori.net
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの踊り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの桂春団治 (3代目) (改訂履歴)、こきりこ節 (改訂履歴)、たにし踊り (改訂履歴)、セビジャーナス (改訂履歴)、段仕込み (改訂履歴)、牛深ハイヤ節 (改訂履歴)、安来節 (改訂履歴)、貝殻節 (改訂履歴)、エイサー (改訂履歴)、飯田りんごん (改訂履歴)、じゃんがら念仏踊り (改訂履歴)、あした順子・ひろし (改訂履歴)、長崎くんち (改訂履歴)、うちわ (改訂履歴)、安土桃山時代 (改訂履歴)、秋田音頭 (改訂履歴)、せり込み蝶六 (改訂履歴)、西三ツ木ばやし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの踊り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS