踊りとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 踊りの意味・解説 

おどりをどり [0] 【踊り・躍り】

動詞「おどる(踊・躍)」の連用形から〕
音楽合わせて、おどること。ダンス舞踊舞踏。 《踊》 「 -を踊る」
日本芸能では、跳躍動作を主とし、まわりの楽器や歌に促されて動くのではなく踊り手自身リズムを作って踊る芸能をいう。中世末期風流ふりゆう踊り以降念仏踊り田植え踊り盆踊り・やや子踊りなど、近世民間盛んに行われた。 《踊》 → まい俳句では、特に盆踊りをいう。[季] 秋〕
「おどり歩」の略。 《踊》
おどり字」の略。
踊り食い」の略。
胸がどきどきすること。動悸。 「むねの-はまだやまず/浄瑠璃・扇八景
「踊り」に似た言葉
ダンス    舞踏  舞踊  


踊り

読み方:おどり

ラ行五段活用動詞「踊る」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

踊り「躍り・跳り・をどり」(おどり)

舞い」と「踊り」の区別は、日本民間舞踊芸術基本的区別

運動としては、「舞い」は平面旋回運動であり、「踊り」は上下運動跳躍運動基本とする。「舞い」は手、「踊り」は足の動き重視する。

②「舞い」は個人芸能神懸かり巫女が舞うといった姿が原型にある。一方「踊り」は集団芸能であり、多数参加者が同じ芸態を揃えて踊るものであるという点が違う。

③踊りは、その激し上下運動(「だだ」とよばれる)で悪霊はらったり、未成仏霊の鎮魂
を行うといった呪術性を持つ。

このような「踊り」が芸能として独立成熟するのは中世後期
当時風流踊りの中で「薩摩踊り」などの名称が現れるが、これは「踊り」が独立芸能として認識され始めたことを示しこうした芸能流行伝搬といった現象見られるようになる。江戸時代には、踊りは民謡とともに全国移動し、各地盆踊り取り入れられて定着ていった


踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/08 14:11 UTC 版)

踊り(おどり)は、日本舞踊のうちリズムに合わせた跳躍運動を主としたもの[1]明治以前は[注釈 1]とは厳然と区別されていたが、ダンスの和訳として舞踊という言葉ができ区別が意識されなくなった。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 折口信夫によれば、「踊り」に対し旋回運動から芸能化したものが「舞」である。池田(1968)p.16
  2. ^ そのため、上方では歌舞伎役者の舞踊でも「舞」といい、江戸では能役者の舞踊でも「踊り」と称することが多い。池田(1968)p.11

参照

  1. ^ 池田(1968)p.20
  2. ^ 池田(1968)p.8
  3. ^ 池田(1968)p.7
  4. ^ 池田(1968)pp.9-11
  5. ^ a b c d 池田(1968)pp.12-13


「踊り」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「踊り」の関連用語

踊りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



踊りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2018 bonodori.net
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの踊り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS