蛸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 魚介 > > の意味・解説 

たこ [1]章魚・鮹

頭足綱八腕目軟体動物総称。丸い頭状の胴に吸盤のある八本の腕が付き、その付け根に口がある。頭状部分実際胴体で、内臓えら)がはいっており、本当の頭にあたる部分は腕の付け根口の上部位置し、脳や目がある。体色周囲環境によって変化する。イカと同様、外敵に襲われたりすると口状漏斗から墨を吐き出す。すべて海産日本南欧一部では食用にするが、西欧では悪魔といって食用にしない。マダコ・ミズダコ・イイダコなどが含まれる
蛸突(たこつ)きに同じ。
頭の様子から 坊主さげすんでいう語。 水船で-ののたくる御難病/柳多留 68


読み方:タコtako

地形または杙打に用いる道具


たこ 【蛸・章魚】

頭足類タコ目八腕類)の軟体動物総称。蛸は何となく形が不気味だから、海の怪物のように見られ西洋でも船を海中引きずり込む怪物とする話があるが、日本にも大蛸の主の話があり、老女蛸の足を日に一本ずつ食べ、八日目最後の一本を食べようとしたところ、その足が老女海中へ引き込んだ、という話などがある。また蛸は自らの触腕を食べ、その触腕再生するとの俗信から、キリスト教世界では守銭奴象徴とする。だが日本には蛸薬師のように良い話もある。妊婦が食べるのを禁じる地方もあるが、これは骨なしの子生まれるとの俗信からである。西洋では好色シンボルとみ、食べると催淫作用がある、との俗信もある。→ 蛸薬師

作者内海隆一郎

収載図書島の少年
出版社河出書房新社
刊行年月1997.9


読み方:タコtako

目、八腕亜目属す動物総称


読み方:たこ

  1. 耳。「耳に紙魚」より、或は叱責せられること。
  2. 教誨師僧侶或は股引のことを云ふ。
  3. ①耳のこと。「耳に紙魚」より。或いは叱責せられること。②侵入するために用いる縄梯子のこと。③教誨師僧侶或いは股引のこと。

読み方:たこ

  1. 僧侶教誨師-〔囚徒隠語〕。〔第二類 人物風俗
  2. 坊主のことをいふ。僧侶の頭は蛸のやうに円くつるつるに剃つて居るから。〔僧侶語〕
  3. 坊主のことをいふ。僧侶の頭は蛸のやうに円くつるつるに剃つて居るから。
  4. 僧侶
  5. 坊主のことをいう。僧侶の頭は蛸のように円くつるつるに剃っているから。〔僧侶

分類 ルンペン大阪僧侶僧侶語、囚徒


読み方:たこ

  1. 同(※「ねぐさ」参照)。〔第五類 官吏官舎之部・山形県

分類 山形県


読み方:たこ

  1. 盗賊他人邸宅ヲ侵スニ際シ其使用スル縄梯子。〔第六類 器具食物
  2. 侵入するために用いる縄梯子のことを云ふ。

読み方:だこ

  1. 乞食ノコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・京都府
  2. 乞食ノコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・三重県
  3. 本類「山窩」(※「さんか」)ニ同意。〔第二類 人物風俗
  4. 非人乞食或は「さんか」に同じ。

分類 三重県京都府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:タコtako

軟体動物頭足綱属す海産動物

季節

分類 動物


読み方
たこ

タコ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 06:18 UTC 版)

タコ章魚学名:octopoda)は、頭足綱 - 鞘形亜綱英語版- 八腕形上目のタコ目に分類される軟体動物の総称。


注釈

  1. ^ ここで言う「半夏」は仏教用語の「半夏(はんげ)」。90日にわたる夏安居(げあんご)の中間。45日目のことを言う。

出典

  1. ^ a b c d e vol8.タコ - 南三陸味わい開発室”. 海の自然史研究所. 2019年10月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g ナショナルジオグラフィック 2016年11月号
  3. ^ Schweid 2014, p. 44.
  4. ^ Katherine 2014, p. 134.
  5. ^ Julian K. Finn, Tom Tregenza, and Mark D. Norman (2009). “Defensive tool use in a coconut-carrying octopus”. Current Biology 19 (23): 1069-70.  doi:10.1016/j.cub.2009.10.052
  6. ^ Finn, Julian K.; Tregenza, Tom; Norman, Mark D. (2009), "Defensive tool use in a coconut-carrying octopus", Curr. Biol. 19 (23): R1069–R1070 http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(09)01914-9
  7. ^ Gelineau, Kristen (2009年12月15日). “Aussie scientists find coconut-carrying octopus”. The Associated Press. http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5jfq6qUad8oMqjmm0UKjxvMrFGaaAD9CJIGO80 2009年12月15日閲覧。 
  8. ^ Harmon, Katherine (2009年12月14日). “A tool-wielding octopus? This invertebrate builds armor from coconut halves”. Scientific American. http://www.scientificamerican.com/blog/post.cfm?id=a-tool-wielding-octopus-this-invert-2009-12-14 
  9. ^ Schweid 2014, p. 18.
  10. ^ Katherine 2014, p. 79.
  11. ^ もしもタコ墨パスタを作るなら「1人前7,200円超」 アメーバニュース、2014年2月4日
  12. ^ Budelmann BU (1998). “Autophagy in octopus”. South African Journal of Marine Science 20 (1): 101-108. doi:10.2989/025776198784126502. 
  13. ^ Jane J. Lee (2014年5月16日). “タコの腕はなぜ絡まってしまわないのか”. ナショナルジオグラフィック. https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9241/ 2014年5月17日閲覧。 
  14. ^ Schweid 2014, p. 19.
  15. ^ 奥谷 2013, p. 21.
  16. ^ ナショナルジオグラフィック日本語公式サイト 動画‐動物‐魚類‐衝撃映像 サメVSタコ
  17. ^ Katherine 2014, p. 72.
  18. ^ Schweid 2014, p. 179.
  19. ^ Katherine 2014, p. 225.
  20. ^ Octopoda in WoRMS”. 2014年1月12日閲覧。
  21. ^ 奥谷 2013, p. 179.
  22. ^ a b かがくナビ科学技術振興機構ブログ)
  23. ^ 大阪湾の生き物カタログ マダコ”. 大阪府立環境農林水産総合研究所. 2014年1月12日閲覧。
  24. ^ 秘密のケンミンSHOW』の2015年2月5日放送分より。[出典無効]
  25. ^ 蛸(たこ)のゆで方”. 伯方塩業. 2017年1月6日閲覧。
  26. ^ 魚種別にみる水産資源の現状と問題/タコ WWFジャパン
  27. ^ モーリタニア産、および、アフリカ産の割合については、TBS情報7days ニュースキャスター』 2009年12月26日放送回に基づく。[出典無効]
  28. ^ 北海道の漁業図鑑 たこ漁業 (たこ箱)”. 2014年1月12日閲覧。
  29. ^ (やなぎだこ空釣り縄))”. 2014年1月12日閲覧。
  30. ^ Schweid 2014, p. 103.
  31. ^ Katherine 2014, p. 257.
  32. ^ Katherine 2014, p. 85.
  33. ^ First Octopus Farms Get Growing”. 2015年6月16日閲覧。
  34. ^ マダコの完全養殖の技術構築に成功
  35. ^ 日本水産 マダコの完全養殖成功 事業化目指す
  36. ^ 日本水産、世界で類を見ない「マダコの完全養殖」に成功
  37. ^ 北條令子「海と山の妖怪話」『香川の民俗』通巻44号、香川民俗学会、1985年、 4頁。
  38. ^ Dixon, Roland Burrage (1916). The Mythology of All Races. 9. Marshall Jones. p. 15 
  39. ^ “ram”. 新英和大辞典 (4 ed.). 研究社. (1960). p. 1472. 
  40. ^ “punner”. 新英和大辞典 (4 ed.). 研究社. (1960). p. 1442. 
  41. ^ 初めまして!工藤由愛 - Juice=Juiceオフィシャルブログ(サイバーエージェント) 2019年7月12日


「タコ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2016/07/28 10:07 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



蛸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蛸」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||



6
蛸壺 国語辞典
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
92% |||||


蛸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蛸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS