壱岐とは? わかりやすく解説

壱岐

読み方:イキiki

旧国名の一


壱岐


壱岐

読み方:イキiki

対馬海峡島群

所在 長崎県壱岐郡郷ノ浦町勝本町芦辺町石田町の4町

別名 壱州(イシュウ)

位置・形状 壱岐水道隔てて九州本土北方。ほとんどが低平な玄武岩台地

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

壱岐

読み方
壱岐いき
壱岐いさき
壱岐いちき
壱岐いちぎ
壱岐いちぬき
壱岐いつき

壱岐島

(壱岐 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 05:22 UTC 版)

壱岐島(いきのしま)は、長崎県離島で、九州対馬の間に位置する。南北17 km・東西14 km程度の大きさの壱岐島は、周辺の小さな島々と区別して壱岐本島と呼ぶ場合もある。また『古事記』では「伊伎島(いきのしま)」と書かれ[1]、別名を天比登都柱(あめひとつばしら)と言う[2]


注釈

  1. ^ 国土交通省『数字で見る航空』の2009年版によれば、日本の空港で黒字の空港は8空港のみであり、壱岐空港も赤字であった。
  2. ^ 日本では源泉の温度が42 ℃以上の場合に「高温泉」と分類される。
  3. ^ 玄武岩を形成する熔岩は、一般に比較的粘性が弱い。このため、その熔岩が固まってできた山の勾配は、緩い場合が多い。
  4. ^ 波多氏松浦党一派の出自である。

出典

  1. ^ 伊東ひとみ『地名の謎を解く』(新潮社、2017年)10ページ
  2. ^ 次生伊伎嶋。亦名謂天比登都柱(『古事記』)。
  3. ^ a b 松見、p.2
  4. ^ 山村順次 『47都道府県・温泉百科』( 丸善出版、 2015年12月30日発行) ISBN 978-4-621-08996-5(長崎県の項目)
  5. ^ a b 『日本地名大百科 ランドジャポニカ』 (小学館、1996年)p.77。ISBN 4-09-523101-7
  6. ^ 8 島しょ”. 長崎県統計年鑑 平成22年. 長崎県. 2013年7月14日閲覧。
  7. ^ 壱岐市の統計 市勢要覧統計資料編 平成22年版”. 壱岐市. p. 1 (2011年5月). 2013年7月14日閲覧。
  8. ^ 申叔舟、田中健夫訳注『海東諸国紀 朝鮮人の見た中世の日本と琉球』( 岩波文庫、1991年)ISBN 4-00-334581-9
  9. ^ a b c 岡崎敬『魏志倭人伝の考古学』(第一書房、 2003年)
  10. ^ 藤岡謙二郎『五訂 人文地理学 <改訂版>』 (大明堂、1982年)107頁
  11. ^ 全日本空輸(ANA)とコードシェア


「壱岐島」の続きの解説一覧

壱岐 (いき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/29 13:35 UTC 版)

女子妄想症候群」の記事における「壱岐 (いき)」の解説

烔至の友達以前ユナ好きだった。ヤラレ役。

※この「壱岐 (いき)」の解説は、「女子妄想症候群」の解説の一部です。
「壱岐 (いき)」を含む「女子妄想症候群」の記事については、「女子妄想症候群」の概要を参照ください。


壱岐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/11 02:15 UTC 版)

壱岐対馬国定公園」の記事における「壱岐」の解説

岳ノ辻を主峰とする火山島。島の多く玄武岩による台地であり、険し海蝕による断崖特徴的である。周辺には海中公園が多い。

※この「壱岐」の解説は、「壱岐対馬国定公園」の解説の一部です。
「壱岐」を含む「壱岐対馬国定公園」の記事については、「壱岐対馬国定公園」の概要を参照ください。


壱岐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 01:36 UTC 版)

イルカ追い込み漁」の記事における「壱岐」の解説

長崎県壱岐島では、1978年捕獲の様子を撮影した映像公開されたことをきっかけに捕鯨批判的な国々中心に非難浴び歌手オリビア・ニュートン=ジョン2度目ソロ公演のための4月訪日延期した。その半年後にソロ公演開催され後にオリビアは壱岐の漁民生きる為の手段であった事を知り日本公演際にイルカ人間共存できる研究の為に千葉県海洋生物研究所に2ドル寄付した。。そのような中1980年外国人活動家が、漁で捕らえられ処理待ち小型鯨類250乃至300頭を網を切断して逃が事件起こした倫理哲学研究者ピーター・シンガー証人をすることがあったが、網を破った威力業務妨害罪有罪判決受けたまた、国際的な批判は、この追い込み漁漁民の生活を守るためだということ伝わると、鎮静化ていった。(詳細壱岐イルカ事件を参照。)

※この「壱岐」の解説は、「イルカ追い込み漁」の解説の一部です。
「壱岐」を含む「イルカ追い込み漁」の記事については、「イルカ追い込み漁」の概要を参照ください。


壱岐(いき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 06:51 UTC 版)

海防艦」の記事における「壱岐(いき)」の解説

ロシア戦艦インペラートル・ニコライ1世二等戦艦1905年明治38年12月12日二等戦艦類別廃止にともない一等海防艦変更。主に横須賀海兵団練習船として使用1915年大正4年5月1日除籍大正天皇皇太子親閲下(御召榛名)、金剛型巡洋戦艦金剛比叡)の砲撃標的として撃沈処分

※この「壱岐(いき)」の解説は、「海防艦」の解説の一部です。
「壱岐(いき)」を含む「海防艦」の記事については、「海防艦」の概要を参照ください。


壱岐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 14:15 UTC 版)

三韓征伐」の記事における「壱岐」の解説

聖母宮 - 壱岐市勝本町勝本浦三韓征伐の折、壱岐で風待ちをした時に行宮建てたのが起源とされる勝本 - 三韓征伐への出港時に良い風が吹いたので当地を風本と名付け凱旋際に勝利を祝して勝本改めたとされる湯ノ本温泉 - 壱岐市勝本町湯本浦三韓征伐帰路神功皇后応神天皇出産した際に産湯つかわせとされる。 爾自神社 - 壱岐市郷ノ浦町有安触三韓征伐の折、勝本浦で風待ちをしていたが追い風吹かず神功皇后が爾自神社祈願をすると石割れ東風吹き始め出航可能になったと言う東風石(こちいし)が有る八幡神社 - 壱岐市勝本町本宮西触神功皇后三韓征伐際に出産遅らせる為に利用したとされる、鎮懐石奉納されている。 錦浜 - 壱岐市石田町筒城東触神功皇后三韓征伐際に逆風遭い壱岐に引き返した時に衣服濡れていた為ここで乾かしたとされる赤瀬鼻 - 壱岐市芦辺町箱崎諸津触三韓征伐帰路神功皇后がここで応神天皇出産しその血で岩が赤く染まったとされる

※この「壱岐」の解説は、「三韓征伐」の解説の一部です。
「壱岐」を含む「三韓征伐」の記事については、「三韓征伐」の概要を参照ください。


壱岐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 09:37 UTC 版)

九州電力送配電」の記事における「壱岐」の解説

壱岐は、戦前から戦後にかけて日本の電気事業深く関わった財界人松永安左エ門出身地である。松永福岡市九州電灯鉄道経営携わっていた頃、壱岐田河村村長長嶋主税請われ、壱岐で電灯事業を始めることになった松永らの出資で、1914年大正3年)、壱岐電灯株式会社設立された。これが壱岐における電気事業発祥である。壱岐電灯は、1943年昭和18年)、国策により九州配電統合された。 壱岐電灯発電所設置した地には、現在、芦辺発電所があり、壱岐島東側内海湾に浮か青島には、新壱岐発電所がある。新壱岐発電所では、芦辺発電所郷ノ浦変電所とを遠隔制御する。 九州電力2011年平成23年3月公表した計画では、海底ケーブル38 kmを含む壱岐本土連系線66 kV・2回線整備し2017年度平成29年度)からは本土から壱岐に送電できるようにする予定であった。しかしながら需給動向変化厳し経営状況理由に、着工至っていない。 2013年平成25年3月、国の補助金利用して芦辺発電所の隣(芦辺変電所)に大容量リチウムイオン二次電池出力4,000 kW容量1,600 kWh)を設置し太陽光発電風力発電出力変動に伴う系統周波数変動二次電池の充放電により抑制する試み開始した

※この「壱岐」の解説は、「九州電力送配電」の解説の一部です。
「壱岐」を含む「九州電力送配電」の記事については、「九州電力送配電」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「壱岐」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

壱岐

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 00:22 UTC 版)

固有名詞

  (いき)

  1. 壱岐島長崎県属する。
  2. 壱岐島におかれた令制国
  3. 長崎県壱岐市

「壱岐」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

壱岐のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



壱岐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの壱岐島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの女子妄想症候群 (改訂履歴)、壱岐対馬国定公園 (改訂履歴)、イルカ追い込み漁 (改訂履歴)、海防艦 (改訂履歴)、三韓征伐 (改訂履歴)、九州電力送配電 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの壱岐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS