絶滅危惧種とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 絶滅した植物 > 絶滅危惧種の意味・解説 

ぜつめつきぐ‐しゅ【絶滅危惧種】

現在生存している個体数が減少しており、絶滅恐れ極めて高い野生生物種。日本ではツシマヤマネコシマフクロウなど。絶滅危険種。

[補説] 「絶滅危惧種」は、日本1991年レッドリスト使用されていたカテゴリー項目の一。絶滅危機に瀕している種で、絶滅危険性危急種よりも高く、絶滅種より低い。略号はE(Endangered)。1997年以降では「絶滅危惧Ⅰ類」として分類されている。


絶滅危惧種 (ぜつめつきぐしゅ)

 1)現在知られているすべての個体群で、個体数が著しく減少している種。2)現在知られている全ての生息地で、生息条件著しく悪化している種。3)再生産能力上回るほど捕獲採取されている種。4)ほとんどの分布域で交雑可能な別種・別亜種侵入しており、種としての純粋性が失われつつある種。5)過去3050年)に生息記録があるが、その後すべき調査が行われていないため、絶滅したかどうか判断しにくい種。などをいう。
 →絶滅種危急種希少種

絶滅危惧種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 09:09 UTC 版)

絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ、英語:Threatened Species、Endangered Species)とは絶滅の危機にある生物種(生物)のことである[1]


注釈

  1. ^ こちらの資料ではCritically endangeredを「深刻な危機」、Endangeredを「危機」と訳している[5]

出典

  1. ^ a b c 絶滅危惧種”. コトバンク. The Asahi Shimbun Company / VOYAGE GROUP, Inc.. 2017年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月9日閲覧。
  2. ^ a b WWF-Japan
  3. ^ 環境省レッドリストカテゴリーと判定基準 (2013.2)(2017年3月10日閲覧)
  4. ^ 環境省レッドリスト2020の公表について (2020.3.27)
  5. ^ IUCNレッドリストカテゴリ―と基準 3.1版 (pdf)”. 一般財団法人 自然環境研究センター. p. 4 (2000年). 2017年3月10日閲覧。
  6. ^ WWFジャパン の見解、レッドリストについてを参照。
  7. ^ 上嶋 2001, pp. 1–16.
  8. ^ 現代用語の基礎知識.
  9. ^ 小野 1994, p. 第6章.


「絶滅危惧種」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「絶滅危惧種」の関連用語

絶滅危惧種のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



絶滅危惧種のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
環境省環境省
Copyright © 2021 Kankyosho All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの絶滅危惧種 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS