太陽光発電とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > 太陽光発電の意味・解説 

たいようこう‐はつでん〔タイヤウクワウ‐〕【太陽光発電】


たいようこう‐はつでん タイヤウクヮウ‥ 【太陽光発電】


太陽光発電(たいようこうはつでん)


太陽光発電

太陽光発電でクリーンなエネルギーを

人工衛星エネルギー源として使われている太陽光発電のシステムを、21世紀クリーンエネルギー源として実用化しようという研究本格的始まりました。これは宇宙空間砂漠太陽電池設置して、ここで発電した電力高出力レーザー変換し、レーザーネットワークを通じて各地伝送しようという構想(LE‐NET構想)です。研究は、文部科学省中心に宇宙航空研究開発機構(JAXA)、民間研究機関企業大学などの共同プロジェクトとして行われています。


宇宙太陽光発電では飛行船を中継して地上に伝送

太陽光発電は、気象変化少な砂漠宇宙空間が適しています。とくに昼夜大気影響を受けない宇宙空間最適安定した電力供給期待できます宇宙太陽光発電構想では、高度36,000kmの軌道上に大型太陽電池衛星設置し、ここで発電した電力を、いったん高度20kmの低空に浮かぶ飛行船レーザー中継し、さらに地上アンテナへはマイクロ波光ファイバー送信するという方法考えられています。
太陽電池組み立て要する打上げ費用や、レーザー送信技術研究など、課題はたくさんありますが、当面10年後をめどにレーザー基礎技術固め方針で、2025年には試験送電を行う目標を掲げています。第一段階として、マイクロ波を使って小規模電力宇宙から地上に送る技術実証する衛星を、2007年2008年打ち上げることを目標研究を進めています。


太陽光発電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 01:31 UTC 版)

太陽光発電(たいようこう はつでん、: Photovoltaics[注 1],Solar photovoltaics[4]、略してPVとも)は、太陽光太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式である。ソーラー発電、大規模な太陽光発電所はメガソーラーとも呼ばれる[5][6]再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つである。


注釈

  1. ^ "photovoltaic"という語は本来は太陽光発電パネルの動作原理である「光起電力光電効果)の」「光起電力に関する」という意味の形容詞であるが、語尾を"-ics"とした"photovoltaics"という語は太陽光発電を指す名詞として使用されている[1][2][3]
  2. ^ 自動車製造業の事例では9年[84]
  3. ^ 2014年末の段階での資源エネルギー庁の試算では2,369万kW[156]

出典

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ What is Solar Photovoltaics (PV)? | CanSIA
  5. ^ 記録的大雨 三浦半島で崖崩れ相次ぐ「危険と思っていた」” (日本語). カナロコ by 神奈川新聞. 2021年7月4日閲覧。 “同市田浦のメガソーラーの工事現場でも同日午前9時ごろ、崖崩れが起きた。”
  6. ^ 日本中を太陽光パネルが埋め尽くす未来の現実味 | ブルームバーグ” (日本語). 東洋経済オンライン (2021年7月3日). 2021年7月4日閲覧。
  7. ^ 仏、太陽光発電に3兆円 原発依存率引き下げへ産経新聞ニュース(2017年12月12日)2018年4月20日閲覧
  8. ^ a b 桑野 (2011), pp. 38, 89.
  9. ^ a b Solar Photovoltaics competing in the energy sector - On the road to competitiveness, EPIA, Sep 2011 (PDF) , Figure 12
  10. ^ a b c IEA, Energy Technology Perspectives 2010, Chapter3, Table 3.2 - 3.5 Archived 2011年8月26日, at the Wayback Machine.
  11. ^ a b 世界の太陽光発電システム、周辺機器市場の調査を実施、富士経済、2010年12月
  12. ^ a b c Solar Trade War Heats Up As China Accuses U.S. Of Violating Rules, Forbes, 2012 May 24
  13. ^ a b The solar shakeout, and what to expect in 2012, PV Magazine, 2012 Jan 11.
  14. ^ “世界の発電、太陽光が「新たな王様」に 再生エネ拡大で=IEA”. Reuters. (2020年10月13日). https://jp.reuters.com/article/iea-energy-renewables-idJPKBN26Y0PT 
  15. ^ Solaranlagen liefern Spitzenlaststrom, Statement Prof. Bruno Burger, Fraunhofer ISE, Freiburg, Juni 2011 Archived 2011年8月31日, at the Wayback Machine.(ドイツにおける太陽光と風力発電の発電実績の例(独語))
  16. ^ 出力変動と緩和策(産総研 太陽光発電工学研究センター)
  17. ^ a b 実環境における発電量(産総研 太陽光発電工学研究センター)
  18. ^ 住宅用太陽光発電システム Q&A、三洋電機[リンク切れ](メーカー解説例、2011年6月27日閲覧)
  19. ^ 荒尾博、失敗しない家づくり教室第28回太陽光発電と日影規制、日経住宅サーチコラム、2011/3/2(解説記事例)
  20. ^ 早急な法整備を!急増するメガソーラー施設日本野鳥の会(2018年4月20日閲覧)
  21. ^ 【関西の議論】「太陽光パネルで熱中症」〝室温52度〟わが家は地獄に変わった!?再生可能エネルギーは迷惑施設なのか産経WEST(2016年1月19日)2018年4月20日閲覧
  22. ^ 消防庁消防研究センター「太陽光発電システム火災と消防活動における安全対策」消防庁、2014年3月
  23. ^ 独立行政法人産業技術総合研究所太陽光発電研究センターシステムチーム「太陽光発電火災発生時の消防活動に関する技術情報」独立行政法人産業技術総合研究所、2014年2月
  24. ^ 太陽光発電設備の廃棄処分等に関する実態調査、総務省、平成29年9月
  25. ^ 廃棄物処理法第3条
  26. ^ 熊本地震により被災した太陽光発電設備の保管等について、環境省通知、平成28年5月16日
  27. ^ 一谷匡陸、森山正和、竹林英樹「太陽電池パネルのヒートアイランド抑制効果に関する研究」『神戸大学都市安全研究センター研究報告』第9巻、神戸大学都市安全研究センター、2005年3月、 321-326頁、 ISSN 13429167NAID 110004629452
  28. ^ 大橋唯太「各種ヒートアイランド対策の導入が都市気温に及ぼす影響 : 東京23区オフィスビル街を対象にした数値実験」『岡山理科大学紀要. A, 自然科学』第40巻、岡山理科大学、2004年、 71 - 80頁。
  29. ^ 太陽光発電火災発生時の消防活動に関する技術情報”. 国立研究開発法人 産業技術総合研究所. 独立行政法人 産業技術研究所. 2021年10月2日閲覧。
  30. ^ 公共施設における導入事例(JPEA)
  31. ^ フレキシブルなアモルファスシリコン太陽電池の例(富士電機システムズ株式会社F-Wave)
  32. ^ 独自の軽量ガラスを活用してメガソーラー、屋根に負担をかけずにパネルを設置、ITMedia スマートジャパン、2012年10月02日
  33. ^ 東京センチュリーと京セラ、千葉・市原に国内最大規模の水上メガソーラー日刊工業新聞』2018年3月21日(2018年4月19日閲覧)
  34. ^ 丸紅のUAE太陽光 天然ガスより安く、発電コスト2円台日本経済新聞ニュースサイト(2017年6月19日)2018年4月20日閲覧
  35. ^ a b c d 太陽光発電協会編 (2011) [要ページ番号]
  36. ^ a b Solar Cells and their Applications Second Edition, Lewis Fraas, Larry Partain, Wiley, 2010, ISBN 978-0-470-44633-1 , Figure 10.2
  37. ^ 住宅用大容量蓄電池をパナソニックが製品化、容量1.6kWhと3.2kWh。アットマークアイティ・モノイスト2011年10月。
  38. ^ ドコモが太陽光蓄電システム 家庭向け10万円以下。2012年にも発売。日経新聞、2011年10月27日。
  39. ^ 信越電気防災 ソーラーUPS
  40. ^ Solar Photovoltaics competing in the energy sector - On the road to competitiveness, EPIA, Sep 2011, Figure 7
  41. ^ ロビンス (2005), pp. 131-132.
  42. ^ Solar Revolution / The Economic Transformation of the Global Energy Industry, Travis Bradford, The MIT press, ISBN 978-0-262-02604-8
  43. ^ An Economic Analysis of Photovoltaics Versus Traditional Energy Sources: Where Are We Now and Where Might We Be in the Near Future?, Michael Woodhouse, Ted James, Robert Margolis, David Feldman, Tony Merkel, Alan Goodrich, NREL/CP-6A20-50714, July 2011
  44. ^ 経済産業省、スマートグリッド・スマートコミュニティ(関連情報の集積ページ例)
  45. ^ SmartGrids Technology Platform(欧州のスマートグリッド開発推進機構)
  46. ^ A Vision for the Modern Grid(NETL) Archived 2008年12月30日, at the Wayback Machine.
  47. ^ U.S. Energy Independence and Security Act of 2007
  48. ^ Solar Photovoltaics competing in the energy sector - On the road to competitiveness, EPIA, Sep 2011, Figure 3,4
  49. ^ IEA, Deploying Renewables 2011 Archived 2012年5月18日, at the Wayback Machine.
  50. ^ New Study: Solar Grid Parity Is Here Today, Greentech Media, Dec 7 2011
  51. ^ Current price index of solar PV modules, SolarServer.com
  52. ^ First Solar analyst day post-mortem, Part I: 52 cents manufactured cost per watt seen by 2014, PV-tech.org, 30 June 2009
  53. ^ GTM Research, Cost and LCOE by Generation Technology, 2009 - 2020, P.5
  54. ^ IEA PVPS, Indicative module prices in national currencies per watt in reporting countries
  55. ^ 家電Watch、藤本健のソーラーリポート再生エネ法成立でソーラー市場が一気に拡大 〜2020年までに発電コストは商用電力以下に、2011年8月
  56. ^ なっとく!再生可能エネルギー|資源エネルギー庁
  57. ^ 太陽光発電の未稼働案件|固定価格買い取り制度|なっとく!再生可能エネルギー
  58. ^ W.Hoffman(EPIA),R.Kubis(EUROBAT),The role of Energy Storage in the future development of photovoltaic power, Intersolar, 12 June 2008[リンク切れ]
  59. ^ 事業用太陽光が最も割高に 2030年の電源別統合コスト”. 2021年8月5日閲覧。
  60. ^ 再生可能エネルギー 事業計画認定情報”. 資源エネルギー庁. 2021年8月14日閲覧。
  61. ^ 減らない「低圧太陽光の分割案件」を問題視、エネ庁が審査基準を厳格化” (日本語). スマートジャパン. 2021年8月14日閲覧。
  62. ^ a b 太陽光の“分割案件”を問題視、経産省が10kW未満も分割審査へ” (日本語). スマートジャパン. 2021年8月14日閲覧。
  63. ^ 再生エネ導入「最優先に」、政府、原案踏襲で計画決定――太陽光、コスト高が普及阻む、日本、米中の2倍超。 日本経済新聞. (2021年10月23日). http://dx.doi.org/10.11606/d.8.2018.tde-13032018-104036. 
  64. ^ http://www.morningstarcorp.com/
  65. ^ 海での取組み、日本郵船
  66. ^ 航海中に太陽光で充電 最新鋭の自動車運搬船公開、MSN産経ニュース2012年6月25日 Archived 2012年7月4日, at the Wayback Machine.
  67. ^ http://www.pvsystem.net/mongolia/mngpvabs2.html Archived 2007年3月25日, at the Wayback Machine.
  68. ^ SolarElectricalVehicles Archived 2011年1月26日, at the Wayback Machine.ハイブリッド車に太陽電池を装備
  69. ^ 新型プリウスオプション装備に京セラの太陽電池パネル、日経トレンディネット2009年05月20日
  70. ^ 灯台にも太陽光発電とLED…長崎、読売新聞2012年2月10日[リンク切れ]
  71. ^ 常神岬灯台
  72. ^ 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成二十三年八月三十日法律第百八号)最終改正:平成二七年九月一一日法律第六六号。なお改正案が平成28年2月9日に閣議決定され国会に提出されている(平成29年4月1日施行予定)。
  73. ^ a b c d 出力変動と緩和策産業技術総合研究所
  74. ^ ロビンス (2005), p. 261.
  75. ^ ロビンス (2005), p. 300 など。
  76. ^ 日本放送協会. “米EVメーカー テスラ 北海道に余剰電力ためる大型蓄電所建設へ”. NHKニュース. 2021年8月20日閲覧。
  77. ^ 日本における一日の電力需要の変化の例:電力の需要量の変化とその対応 Archived 2009年9月17日, at the Wayback Machine.
  78. ^ H.Wengerら, 1996年 Archived 2005年12月23日, at the Wayback Machine.
  79. ^ ロビンス (2005), p. 231 など。
  80. ^ 小長井ら (2010), p. 120.
  81. ^ 太陽光発電協会編 (2011) [要ページ番号]
  82. ^ a b 太陽光発電の耐用年数およびソーラーパネルの寿命について
  83. ^ 「国税庁 法令等 質疑応答事例 風力・太陽光発電システムの耐用年数について」 国税庁
  84. ^ 耐用年数と補修JPEA
  85. ^ a b D. C. Jordan, S. R. Kurtz, Photovoltaic Degradation Rates — an Analytical Review, Progress in Photovoltaics: Research and Applications, 2011.
  86. ^ 各種太陽電池の長期曝露試験による出力劣化特性評価
  87. ^ 太陽光発電メーカー・比較と一覧(保証内容比較)
  88. ^ W.H.Holley Jr., S.C.Agro, J.P.Galica, R.S.Yorgensen,UV stability and module testing of nonbrowning experimental PVencapsulants, Conference Record of the Twenty Fifth IEEE, May 1996, pp.1259 - 1262 Archived 2010年3月6日, at the Wayback Machine.
  89. ^ http://www.jdsu.com/product-literature/sccrrg_ds_co_ae.pdf Archived 2008年12月4日, at the Wayback Machine.(JDSU)
  90. ^ D.L.King et al, Photovoltaic Module Performance and Durability Following Long-Term Field Exposure, Sandia National Laboratories Archived 2008年5月17日, at the Wayback Machine.
  91. ^ M.A.Quintana, D.L.King, T.J.McMahon, C.R.Osterwald, COMMONLY OBSERVED DEGRADATION IN FIELD-AGED PHOTOVOLTAIC MODULES, NREL[リンク切れ]
  92. ^ A.Realini et al, STUDY OF A 20-YEAR OLD PV PLANT (MTBF PROJECT)[リンク切れ]
  93. ^ Niels Wolter, Joe Burdick, Photovoltaic (PV) Roofing Products - Are They Reliable?, 2003 Archived 2008年11月19日, at the Wayback Machine.
  94. ^ http://www.uni-solar.com/interior.asp?id=100 Archived 2006年3月20日, at the Wayback Machine.
  95. ^ 太陽電池技術開発動向 Archived 2005年3月6日, at the Wayback Machine.,NEDO
  96. ^ 太陽光発電新時代の現状と将来の展望 Archived 2005年3月12日, at the Wayback Machine.,NEDO
  97. ^ Ewan D. Dunlop, David Halton, Progress in Photovoltaics: Research and Applications 14 (2005) 53.
  98. ^ 宇宙用単結晶シリコン太陽電池
  99. ^ 衛星の開発と設計について Archived 2009年2月16日, at the Wayback Machine.(大阪府立大学 小木曽研究室資料)
  100. ^ 技術資料JEM-TR228、小出力太陽光発電システムの保守・点検ガイド、平成15年12月、日本電機工業会
  101. ^ Eco-balance of a Solar Electricity Transmission from North Africa to Europe TECHNICAL UNIVERSITY OF BRAUNSCHWEIG Faculty for Physics and Geological Sciences 2005年8月17日
  102. ^ Solar Radiation on Earth - www.electricaldeck.com
  103. ^ a b 山田・小宮山 (2002) [要ページ番号]
  104. ^ NEDOフィールドテスト事業”. 熱技術開発. 2015年11月28日閲覧。 “ゴビ砂漠全部に太陽電池を敷きつめますと、地球上で人間が使っているエネルギーの全てをまかなうことができます。
  105. ^ a b PV FAQs:Will we have enough materials for energy-significant PV production?,国立再生可能エネルギー研究所 (NREL), DOE/GO-102004-1834, January 2004
  106. ^ New Energy Finance Predicts 43% Solar Silicon Price Drop, greentechmedia, 18 August 2008
  107. ^ 日本で導入できる量産業技術総合研究所
  108. ^ 2030年頃までの技術発展を想定したときの国内導入可能量 (MW) Archived 2008年1月22日, at the Wayback Machine.(NEDO 新エネルギー関連データ集 平成17年度版 Archived 2008年9月13日, at the Wayback Machine.)[リンク切れ]
  109. ^ 実環境における発電量産業技術総合研究所
  110. ^ a b c d 温室効果ガス排出量の削減産業技術総合研究所
  111. ^ a b 太陽光発電のエネルギー収支産業技術総合研究所
  112. ^ a b c d NEDO成果報告書 みずほ情報総研、NEDO、太陽光発電システムのライフサイクル評価に関する調査研究、No. 20090000000073
  113. ^ 太陽光発電の発電量産業技術総合研究所
  114. ^ IV.2010 年の温室効果ガス削減ポテンシャル
  115. ^ Alsema, E.A.; Wild - Scholten, M.J. de; Fthenakis, V.M.Environmental impacts of PV electricity generation - a critical comparison of energy supply options ECN, September 2006; 7p.Presented at the 21st European Photovoltaic Solar Energy Conference and Exhibition, Dresden, Germany, 4-8 September 2006.
  116. ^ [Q&A] 太陽光発電のEPT/EPRについて産業技術総合研究所
  117. ^ a b What is the energy payback for PV?, PV FAQs(国立再生可能エネルギー研究所(NREL)
  118. ^ Learning About PV: The Myths of Solar Electricity米国エネルギー省
  119. ^ a b c d PV NEWS (Greentech Media) Archived 2015年9月24日, at the Wayback Machine.、2011年5月号
  120. ^ Photon International誌2011年3月号
  121. ^ a b EPIA, Global Market Outlook for Photovoltaics Until 2015 公式サイト Archived 2011年11月3日, at the Wayback Machine.からダウンロード可)
  122. ^ 2010年の太陽電池設置量は18.2GWで市場規模は6.5兆円―Solarbuzz調査、日経Tech-On!2011年3月
  123. ^ 日本メーカーが消えた、2015年太陽電池セル世界トップ10”. 2018年4月15日閲覧。
  124. ^ a b c d 太陽光発電情報、2011年5月分、資源総合システム Archived 2012年3月5日, at the Wayback Machine.
  125. ^ 太陽光発電情報、2009年4月分、資源総合システム
  126. ^ VLSI Research アーカイブされたコピー”. 2009年4月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月11日閲覧。
  127. ^ Global Renewable Energy Trends, Policies, and Scenarios, Eric Martinot, June 3, 2008 Archived 2009年9月20日, at the Wayback Machine.
  128. ^ IEA, Deploying Renewables -- Principles for Effective Policies, 2008年9月, ISBN 978-92-64-04220-9
  129. ^ Solar Generation V Archived 2008年10月29日, at the Wayback Machine.(EPIA)
  130. ^ ドイツの太陽光発電システムはこの5年で半額以下に、業界団体が発表、日経Tech-On!、2011年8月
  131. ^ ドイツ、太陽光発電の買い取り価格引き下げ 議会が合意朝日新聞デジタル2012年6月28日
  132. ^ http://www.jaea.go.jp/03/senryaku/topics/t12-3.pdf 原子力海外ニューストピックス2012年第3号]日本原子力研究開発機構
  133. ^ BMU - Bundestag beschliest Anpassung der Fordersatze fur Solarstrom im EEG
  134. ^ 「再生可能エネルギーロードマップ」-欧州委員会の提案(抄録) NEDO海外レポート NO.1000、2007年5月23日
  135. ^ EU、2020年までに再生可能エネルギー20%使用で合意、AFP BBNews,2008年12月09日 23:26
  136. ^ EU agrees 2020 clean energy deadline,Guardian, Tuesday 9 December 2008 17.02 GMT
  137. ^ Finantial Times, Trade war fears over US solar duties, 2012 May 18
  138. ^ US commerce department brings heavy tariffs against Chinese solar panels, Guardian, 2012 May 17.
  139. ^ JPEAによる国内の生産量・出荷量の統計
  140. ^ a b IEA-PVPS, Trends in Photovoltaic Applications
  141. ^ 桑野 (2011) [要ページ番号]
  142. ^ 一木修監修 (2010) [要ページ番号]
  143. ^ 日本における太陽電池出荷量の推移(JPEA) Archived 2012年5月25日, at the Wayback Machine.
  144. ^ a b 平成22年度第4四半期及び年度値 太陽電池セル・モジュール出荷統計について、太陽光発電協会(JPEA) Archived 2011年10月9日, at the Wayback Machine.
  145. ^ 集合住宅における太陽光発電システムの設置の現状と課題、資源エネルギー庁、H21年3月
  146. ^ 環境価値と経済メリットを両立させる積水ハウスのECO賃貸住宅、ダイヤモンドオンライン
  147. ^ a b c 2010(平成22)年度光産業国内生産額、全出荷額調査結果について、光産業技術振興協会、2011年4月
  148. ^ Yahoo!ニュース 「太陽光関連事業者」の倒産が過去最多ペース 東京商工リサーチ 10/31(月) 13:00配信
  149. ^ 再生エネ、どう育てる  日本経済新聞”. t21.nikkei.co.jp. 2021年12月5日閲覧。
  150. ^ 「東北地域における再生可能エネルギー導入の経済効果」 石川良文 中村良平 松本明 ”. 2021年12月5日閲覧。
  151. ^ なっとく!再生可能エネルギー、資源エネルギー庁(買取制度の解説サイト)
  152. ^ 市民共同発電所 出資者 募集!、彦根市、愛荘町、NPO燦電会 Archived 2011年9月14日, at the Wayback Machine.(市民共同発電所、彦根市の例)
  153. ^ 住民出資、共同で太陽光発電所 東近江モデル、拡大構想、asahi.com(市民共同発電所、滋賀県の例)
  154. ^ 住民出資発電/自然エネ推進のモデルを、神戸新聞 Archived 2012年5月26日, at the Wayback Machine.(市民共同発電所、兵庫県の検討例)
  155. ^ a b c 資料3 太陽光発電の導入状況等について (PDF)”. 総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会 新エネルギー小委員会(第9回). 資源エネルギー庁. pp. 2, 4 (2015年2月3日). 2015年11月28日閲覧。 “p.2 「太陽光発電の導入状況(認定量と運転開始量の推移) 」:月別運転開始量は、FIT制度開始後、平成25年度頃から高い水準が継続しており...。p.4 「2 マクロバランスに基づく接続制約の検証について」:昨年、系統WGで試算した7電力会社...の太陽光発電の接続可能量の合計は2,369万kWであり、その設備利用率を平均13%とすれば...
  156. ^ 2015年春、退職教員インタビュー 小長井誠「太陽光発電が日本の基幹エネルギーになる日を夢見て」”. 教育. 東京工業大学. 2015年11月28日閲覧。 “2015年末までに太陽光発電システムの導入量は3,000万キロワットに達する見込みです。
  157. ^ 太陽光の“未稼働案件”は30GW以上に、FIT認定量は既に30年目標超え” (日本語). スマートジャパン. 2021年8月14日閲覧。
  158. ^ https://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/denryoku_gas/saisei_kano/pdf/014_02_00.pdf
  159. ^ 石田雅也 (2015年9月29日). “夏の電力供給に太陽光と風力が貢献、東京電力の管内で377万kWに (1/2)”. スマートジャパン (アイティメディア). http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1509/29/news026.html 2015年11月28日閲覧. "東京電力の管内では8月7日...に最高気温が37.0度に達した。...家庭や企業の冷房需要が増加して、昼間の13時台に今夏の最大電力を記録した...夏の電力需要と太陽光発電の出力は比例する場合が多く、晴天による冷房需要の増加があっても同時に太陽光発電の発電量が増える。...電力をピーク時に太陽光で供給できるようになった。" 
  160. ^ a b 平林大輔 (2015年8月8日). “太陽光、ピーク時肩代わり 夏の電力需給 猛暑、晴れて本領”. 朝日新聞 東京朝刊: p. 3. "...夏のピーク時の電力供給を補う存在になりつつあるのが太陽光発電だ。太陽光は天気に左右される不安定な電源とされるが、猛暑の日はまず晴れており電力の供給面では頼りになる。...国内の太陽光の導入量は...15年3月末には約2700万キロワット...実際の出力はその6割程度に下がると計算しても..." 
  161. ^ 平林大輔 (2015年9月3日). “太陽光発電、1割担う 今夏ピーク時の電力供給 原発十数基分”. 朝日新聞 東京朝刊: p. 1. "沖縄を除く電力各社への取材で...電力需要の...ピークは9社とも8月上旬で、太陽光の最大出力は午前11時台から午後1時台...最大出力は合計で約1500万キロワット。原発だと十数基分以上に相当する。" 
  162. ^ 石田雅也 (2015年10月15日). “夏の電力需給に構造変化、太陽光発電が増えて「脱・電力会社」が加速 (2/2)”. スマートジャパン (アイティメディア). http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1510/14/news024_2.html 2015年11月28日閲覧. "沖縄を除く9つの地域で最大需要を記録した時間帯の太陽光発電を合計すると1093万kWに達した。原子力発電所の10基稼働分に相当する規模だ。" 
  163. ^ 2. 供給面の検証((4)太陽光)”. 総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 電力需給検証小委員会 第12回会合 資料4「2015年度夏季需給検証について」. 経済産業省. p. 7 (2015年10月9日). 2015年11月28日閲覧。 “太陽光の供給力の主な増加要因としては、(1)設備導入量の増加、(2)出力比率の増加が考えられる。
  164. ^ パナソニック 沿革”. パナソニック. 2020年6月1日閲覧。
  165. ^ 三菱電機が自社の太陽光パネル生産から撤退、京セラと提携しソリューション提案に注力”. スマートジャパン (2019年11月19日). 2020年6月1日閲覧。
  166. ^ 太陽光発電協会 (JPEA) によるメーカー一覧
  167. ^ 日中企業の相互進出の諸相、帖佐廉史 (PDF)
  168. ^ 「無人で狙いやすかった」 太陽光発電所の送電線窃盗、9千万円被害 産経ニュースWEST(2017年5月16日)2017年9月29日
  169. ^ 太陽光発電で発火、10年で127件 住宅に延焼も7件”. 朝日新聞 (2019年1月28日). 2019年1月28日閲覧。
  170. ^ “全国で公害化する太陽光発電 出現した黒い山、田んぼは埋まった”. 毎日新聞. (2021年6月27日). https://mainichi.jp/articles/20210626/k00/00m/020/304000c 2021年7月6日閲覧。 
  171. ^ “【独自】川が汚れてから住民気づく…太陽光発電巡りトラブル続発、条例で規制も”. 読売新聞. (2021年2月21日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20210221-OYT1T50059/ 2021年7月6日閲覧。 
  172. ^ “太陽光発電の問題点”. NHK for School. https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005320584_00000 2021年7月6日閲覧。 
  173. ^ “函南町 「メガソーラー」めぐり反対住民らが県に要望”. NHKニュース. (2021年7月1日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20210701/3030012120.html 2021年7月6日閲覧。 
  174. ^ a b “太陽光発電の建設に「待った」 規制条例が全国で急増”. 朝日新聞デジタル. (2021年6月4日). https://www.asahi.com/articles/ASP627QVXP50PLFA00H.html 2021年7月6日閲覧。 





太陽光発電と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「太陽光発電」の関連用語

太陽光発電のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



太陽光発電のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの太陽光発電 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS