環境保護とは? わかりやすく解説

環境保護

作者石井廃止

収載図書ショートショートの広場 12
出版社講談社
刊行年月2001.5
シリーズ名講談社文庫


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 20:10 UTC 版)

環境保護(environmental protection )とは、個人や組織、政府による自然環境の保護の実践である。[1] その目的は、天然資源と既存の自然環境を保全して、可能であれば被害を修復し、流れを反転させることである。[2]




「環境保護」の続きの解説一覧

環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 00:03 UTC 版)

Logosease」の記事における「環境保護」の解説

サンゴ保全プロジェクト」を行っているチーム美らサンゴ主な活動1つである「珊瑚植え付け」には多くのボランティアダイバーが参加しており、その活動Logosease使用されているまた、2018年山形カシオ環境省より国際サンゴ礁年2018オフィシャルサポーター任命された。

※この「環境保護」の解説は、「Logosease」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「Logosease」の記事については、「Logosease」の概要を参照ください。


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 13:46 UTC 版)

エアランゲン」の記事における「環境保護」の解説

環境保護や自然保護は、1970年代初めにドイツ環境運動始まって以来エアランゲンで高い価値観位置づけられている一連の国内外からの栄誉が、その努力の成功証明している。1988年に「欧州環境年1987/88のパートナー」の称号授与され1990年91年には「環境自然保護連邦首都」の称号与えられた2007年には、環境年に際してnatürlich ERLANGEN」というモットー発表した太陽光発電拡充がその重点である。2003年から2011年までにエアランゲン設置され太陽光発電機は 16,700 kW20以上になり、エアランゲン電力需要2.0 % 以上をまかなうことができる。エアランゲンは、いわゆる「ゾーラーブンデスリーガ」に参加している。2012年シーズン大都市間の比較エアランゲン第3位であり、欧州ゾーラリーガでは第2位であったエアランゲンは、2007年に、それぞれの学校太陽光発電装置備えた最初の大都市となった学校の太陽光発電装置データは、「Klimaschutzschulenatlas」(直訳: 天候保全学校地図)としてインターネット表示されており、学校授業利用されている。2011年に、実現した太陽光施設登録することができる太陽都市計画インターネット公開された

※この「環境保護」の解説は、「エアランゲン」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「エアランゲン」の記事については、「エアランゲン」の概要を参照ください。


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 00:14 UTC 版)

ホノコハウ港」の記事における「環境保護」の解説

ホノコハウ港から海へ出る際に右側はカロ・ホノコハウ国立公園内の一番南側にあるヘイアウハワイ人聖域になっており、もし現在こうした計画なされた許可されなかっただろうという人たちもいる。また、この港を拡張するための環境調査最近行われている。

※この「環境保護」の解説は、「ホノコハウ港」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「ホノコハウ港」の記事については、「ホノコハウ港」の概要を参照ください。


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 01:53 UTC 版)

カカボラジ山」の記事における「環境保護」の解説

カカボラジ山1996年1月30日自然保護区1998年11月10日国立公園指定されたカカボラジ国立公園は、ミャンマーで最も生物多様性に富む地域である。並はずれて豊かな動物相と植物相恵まれ熱帯低地から高山まで、まだ調査同定がおよんでいない種が存在する研究がほとんど手つかずであることから、植物学地質学動物学地理学研究者にとって格好の実地研究の対象となっている。 この国立公園全体として山岳からなっており、常緑広葉樹多雨林広がる標高2400mから2700mの亜熱帯性温帯圏から半落葉広葉樹林、さらに常緑針葉樹降雪に至る多様な植生によって特徴づけられる。最も標高の高い3400m以上の森林帯高山性で、植生のみならず歴史起源点からもほかの森林とは異なる。さらに上がって4600mを超えると、万年雪氷河覆われた寒冷で不毛な吹きさらしの地形になる。5300m付近に大きな氷帽存在する1997年から翌年にかけて林野局がニューヨーク野生動物保護協会支援を受けて研究行ったその結果1999年10月25日から29日にかけてミャンマーのプタオで開催された、国際総合山岳開発センター (ICIMOD) のワークショップ「東ヒマラヤカカボラジ山生態系保存に関する地域会議」で発表された2001年にはサンフランシスコカリフォルニア科学アカデミーナショナルジオグラフィック協会ハーバード大学中国科学院ミャンマー林野省からなる国際的学際的な科学者チーム研究行ったチームリーダーであったカリフォルニア科学アカデミー爬虫両棲類学者、ジョゼフ・スロウィンスキは2001年9月11日現地アマガサヘビにかまれて亡くなった2002年から2003年にはカリフォルニア科学アカデミー人類学者P・クリスチャン・クリーガーと写真家ドン・リンカカボラジ地域踏査し初め人類学的な調査成功した二人徒歩で登山家のニャマ・ギャルツェン(後述)を含む200人ほどのカンパ・チベット人が住むミャンマー最北端、タハウンダムに到達したミャンマー当局エコツーリズムを通じてこの地方を一般大衆開放しつつある。政府開発のための情報収集しているため、多くの科学的調査はすでにこの地方から受け入れられている。 カカボラジ山訪れたことのある西洋人は、わずかしかいない。アルン・ドゥン渓谷徒歩で通った最初の西洋人は、おそらくクランブルック卿とリチャード・コールバックである。

※この「環境保護」の解説は、「カカボラジ山」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「カカボラジ山」の記事については、「カカボラジ山」の概要を参照ください。


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/04 21:16 UTC 版)

アニラオ」の記事における「環境保護」の解説

ダイビング産業の発達とともに水中環境保全動きあらわれ1992年には、マビニエリアで4つサンクチュアリカテドラル(Catherdal)、ツインロックス(Twin rocks)、アーサーズロック:(Arthur's rock)、ホワイトサンド(White sand)。ホワイトサンドは1993年にはサンクチュアリから外された)が指定された当時サンクチュアリは、禁漁・禁ダイビングであったが、後にダイビング解禁された。 2003年には、環境保全収入源として、ダイバー一人当たり一日50ペソのダイブパスシステムが導入された。2013年から1日200ペソ支払い義務づけられている。ダイブパスの導入にあたっては、WWFリサーチ行ない当時マビニ市長とティンロイ市長ビサヤ地方アポ島の現地視察招待するなどの主要な役割果たした同年マビニとティンロイの海岸から15キロ以内での商業漁業禁止されダイビング中心とした観光資源を守る動きはつづけられているその一方で、ダイブパスの収入見合っただけの、ブイ整備などができていないとの現地ダイバーからの不満も聞かれる

※この「環境保護」の解説は、「アニラオ」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「アニラオ」の記事については、「アニラオ」の概要を参照ください。


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 14:13 UTC 版)

イアン・カーマ」の記事における「環境保護」の解説

動物好きであり、野生動物保護にも熱心に取り組んでいるとされるボツワナ国防軍は、野生動物保護施設運営している。国内野生動物減少理由に、2014年1月1日から「狩猟規制区や公共地区での野生生物商業ハンティング無期限停止」を行う予定である

※この「環境保護」の解説は、「イアン・カーマ」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「イアン・カーマ」の記事については、「イアン・カーマ」の概要を参照ください。


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 07:55 UTC 版)

アン・マコシンスキー」の記事における「環境保護」の解説

マコシンスキーは、2017年北西航路への2週間小旅行での経験から、地球持続可能な未来のために子どもたちが「再生可能エネルギー」を学べる再生可能なエネルギー利用するおもちゃ発明した彼女は、「子どもたち自分の解決策を自ら発明創造)でき、他人がつくることを待つ必要はない感じてほしい」、また「周りリソースを使って、もっとクリエイティブになってほしい」と語っている。

※この「環境保護」の解説は、「アン・マコシンスキー」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「アン・マコシンスキー」の記事については、「アン・マコシンスキー」の概要を参照ください。


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 00:54 UTC 版)

外来種」の記事における「環境保護」の解説

外来種問題無理解であるがゆえに、自然を回復させるための自然保護活動ビオトープ活動逆に地域の自然を破壊してしまう場合見られる開発によって激減したホタル呼び戻そうという活動が日各地行われているが、その中で地域ホタル遺伝的多様性考慮していない無差別なホタル放虫なされる事態多発している。長野県辰野町松尾峡の場合、町役場観光用移入した他県ゲンジボタル養殖し外来ゲンジボタル在来ゲンジボタル個体数減少引き起こしている。 二酸化炭素吸収する能力高く地球温暖化防止につながる環境にやさしい植物として、ケナフアフリカ西部原産)が1990年代注目集め多くの団体自然植生刈り取ってまでしてケナフ植栽した。

※この「環境保護」の解説は、「外来種」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「外来種」の記事については、「外来種」の概要を参照ください。


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 08:04 UTC 版)

エドワード・オズボーン・ウィルソン」の記事における「環境保護」の解説

ウィルソン20世紀大量絶滅近代社会との関係を研究した。そして次のように環境保護主義強く賛同している。 今、伐採したとき、特にそれが古いであれば、ただ大きな木取り除いただけにとどまらず、その林冠の下で羽ばたきまわる鳥たち殺すことになるのだ。あなたは、あなたの平方マイル土地中にすむ非常に多くの種を恐るべき危険にさらすことになる。それらは数万種に及ぶこともあるのだ...それらの多く科学的にまだ知られておらず、彼らがどのような役割生態系の中で担っているのかについてもよく知られていない。ほとんどの菌類微生物昆虫のように。(Willson,2000) 絶滅危機規模に対する彼の理解は、彼を森林保護のための様々な戦略支持するよう導いたその中には熱帯雨林保護可能にする新たな市場構築目指すForests Now Declarationのような運動含まれている。

※この「環境保護」の解説は、「エドワード・オズボーン・ウィルソン」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「エドワード・オズボーン・ウィルソン」の記事については、「エドワード・オズボーン・ウィルソン」の概要を参照ください。


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/10 05:32 UTC 版)

コスタ・ブラバ」の記事における「環境保護」の解説

1998年コスタ・ブラバ海沿いの町々は観光と共に環境保護を進める事を取り決めたトッサ憲章 (Carta de Tossa) を締結した。これはこの地域の自然生息域と微気候広範な価値認識した 。レスタルティット沖のマデス諸島スペイン初の海洋自然保護区であり、様々な魚や水生植物相の生息地となっている。また、近くのレンポルダの湿地にある野鳥保護区開発による破壊の潜在的脅威から土地救った

※この「環境保護」の解説は、「コスタ・ブラバ」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「コスタ・ブラバ」の記事については、「コスタ・ブラバ」の概要を参照ください。


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/21 17:13 UTC 版)

ファウングプイ」の記事における「環境保護」の解説

1992年にはファウングプイファウングプイ国立公園英語版)として自然保護地域指定されている。ミゾラム州国立公園ファウングプイ国立公園含めて2つしかないミゾラム州政府英語版)は自然保護観点からこの山へ訪問11月から4月までに限っている。

※この「環境保護」の解説は、「ファウングプイ」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「ファウングプイ」の記事については、「ファウングプイ」の概要を参照ください。


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 00:02 UTC 版)

ペトリュス川」の記事における「環境保護」の解説

下水道整備されペトリュス川には雨水だけが流れ込むうになると、川の流速高める必要はなくなり今度ペトリュス川生態系保護するために、河床コンクリートをとり去り天然物河床にする、自然復元計画持ち上がった計画には、アルゼット川からペトリュス川への遡上助け魚道整備含まれペトリュス川だけでなく、その支流とアルゼット川まで含めた包括的な生物生息空間改善視野入れている。この計画は、2019年7月市議会承認され2020年着工した計画では工程を2段階に分け第1段階河口からブルボン閘門までを2023年園芸博覧会LUGA 2023)までに完了し第2段階はブルボン閘門からアンヴェール通りRue d'Anvers)までを2024年中に完了する予定であるペトリュス川流域は、20世紀後半から急速に都市化進み降った雨水地下等を経由せず,直接雨水管からペトリュス川流れ込む割合増えていった。そうすると廃水下水道区別して排除したとはいえ大雨際には、都市交通原因で発生する塵や汚れを含む表面流出が、ペトリュス川へと集中してしまう。そのためルクセンブルク市は、ペトリュス川畔の地下複数集水池を設け大雨際に雨水を一旦池に溜めて上澄みペトリュス川に流す、ファーストフラッシュ英語版機構整備することにした1号池は2012年運用を始めており、2026年までに9つの池を整備それぞれの池はおよそ100立米水を溜めることができる。

※この「環境保護」の解説は、「ペトリュス川」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「ペトリュス川」の記事については、「ペトリュス川」の概要を参照ください。


環境保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 14:06 UTC 版)

西ノ湖」の記事における「環境保護」の解説

西ノ湖ラムサール条約湿地奥日光湿原」(2005年11月8日登録)の一部として登録されている。水域だけでなく、湖周囲の湖畔なども含めて、この一帯では様々な環境保全図られている。

※この「環境保護」の解説は、「西ノ湖」の解説の一部です。
「環境保護」を含む「西ノ湖」の記事については、「西ノ湖」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「環境保護」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「環境保護」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

環境保護のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



環境保護のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの環境保護 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのLogosease (改訂履歴)、エアランゲン (改訂履歴)、ホノコハウ港 (改訂履歴)、カカボラジ山 (改訂履歴)、アニラオ (改訂履歴)、イアン・カーマ (改訂履歴)、アン・マコシンスキー (改訂履歴)、外来種 (改訂履歴)、エドワード・オズボーン・ウィルソン (改訂履歴)、コスタ・ブラバ (改訂履歴)、ファウングプイ (改訂履歴)、ペトリュス川 (改訂履歴)、西ノ湖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS