天然資源とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 資産 > 資源 > 天然資源の意味・解説 

てんねん‐しげん【天然資源】

読み方:てんねんしげん

天然存在して人間の生活や生産活動利用しうる物資エネルギー総称土地埋蔵鉱物森林水産生物など


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/13 17:56 UTC 版)

天然資源(てんねんしげん、natural resource )とは、人類のあらゆる行いの外に存在する資源である。人類の行いには、商業的及び工業的使用、美的価値、科学的関心、文化的価値といった、全ての価値ある特性が含まれている。地球の天然資源には、太陽光大気(全ての鉱物を含む)、及び全ての植生と、動物の命が含まれる[1][2][3][4]ファトゥ・イヴァ島の雨林などの特定の地域は、その生態系に在る生物多様性地質多様性によって特徴付けられることが多い。 天然資源は、異なるやり方でさらに分類されることもある。天然資源は、環境の中で見つけられる材料と構成要素(何かに使われるもの)である。人が作った全ての製品は、(その基礎の段階では)天然資源から成り立っている。天然資源は、淡水、空気、および魚などあらゆる生き物のように、独立して存在することもあれば、また、金属鉱石希土類元素、及び大半のエネルギーのような、資源を得るために加工処理せねばならない形で存在する場合もある。


  1. ^ natural resources - definition of natural resources in English”. Oxford Dictionaries (2014年4月20日). 2016年12月12日閲覧。
  2. ^ Definition of natural resource - Student Dictionary”. Wordcentral.com (2012年9月20日). 2016年12月12日閲覧。
  3. ^ What is Natural Resources? definition and meaning”. Investorwords.com. 2016年12月12日閲覧。
  4. ^ Natural resource dictionary definition | natural resource defined”. Yourdictionary.com. 2016年12月12日閲覧。


「天然資源」の続きの解説一覧

天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 17:02 UTC 版)

マレーシア」の記事における「天然資源」の解説

マレーシア鉱業スズ鉱の採掘中核となっている。イギリス領マラヤ時代欧州資本参入した2002年時点採掘量は4215トンであり、世界シェア8位(1.7%)を占める。主な鉱山は、ケダ州ネグリ・センビラン州点在するスズ以外の鉱物資源としては、金鉱サラワク州パハン州)、鉄鉱ボーキサイト鉱(ジョホール州)などが有力である。有機鉱物資源では、石炭原油天然ガス産し石炭以外は世界シェア1%超えるいずれもブルネイ・ダルサラーム国に近いサラワク州北部浅海から産出する日本輸入する天然ガスの約20%マレーシア産である。

※この「天然資源」の解説は、「マレーシア」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「マレーシア」の記事については、「マレーシア」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 02:05 UTC 版)

インドの経済」の記事における「天然資源」の解説

インド可耕地面積国土の56.78%に相当する1,269,219平方キロメートルあるが、急速な人口成長並びに都市化の進展により減少している。 インド水面面積314,400平方キロメートルあり、年平均降水量は1,100ミリメートルある。1974年には約380平方キロメートルあった灌漑設備利水92%を構成し2025年までには1050平方キロメートルになると予測されている。川、運河、池や湖から成り立っているインド内陸部水資源及びインド洋沿岸にある海洋資源は、漁業従事する600万人雇用支えている。インド世界で6番目の魚介類生産国であり、第2位内陸部魚介類生産国である[要出典]。 インドの主要天然資源として、石炭世界4位)、鉄鉱石(世界4位)、ボーキサイト(世界6位)、マンガン雲母チタンクロム鉄鉱天然ガスダイヤモンド石油石灰岩トリウムケーララ州海岸線採掘されるトリウム世界1位の採掘量を誇る)が挙げられるインドの経済成長とともにエネルギー需要増大し絶え間ないエネルギー供給不足引き起こしている。特に経済成長には欠かさせない石油資源乏しく石油埋蔵量56バレルほどで、BRICSの中で最も石油資源乏しい国である。ムンバイ海底油田や、マハーラーシュトラ州グジャラート州原油生産されており、一日平均80バレル産出し毎年3000バレル近い産出量を誇るが、最大でも国内需要4分の1しか賄えない。インド政府中心に国内油田開発取り組んでいるが、これ以上増産見込め長期的に漸減傾向にある。 最近東部アーンドラ・プラデーシュ州のゴダヴァリ河口沖で大量天然ガスが見つかり、西部大都市への供給期待されている。インドエネルギー石炭外国からの石油輸入依存している状態ではあるが、将来性があるクリーンエネルギー--太陽光風力バイオ燃料が豊富である。

※この「天然資源」の解説は、「インドの経済」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「インドの経済」の記事については、「インドの経済」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/09 09:09 UTC 版)

トゥグロ=チュミカン地区」の記事における「天然資源」の解説

トゥグロ=チュミカン地区鉱物資源ハバロフスク地方最大であるが詳細知られていない確認され採掘物はおよびマンガン鉱石燐灰石チタンフォスフォフィライト非鉄金属モリブデン、錫、水銀)、金および宝石鉱泉水総面積64%以上が森林覆われており、主な樹種カラマツモミスプルース

※この「天然資源」の解説は、「トゥグロ=チュミカン地区」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「トゥグロ=チュミカン地区」の記事については、「トゥグロ=チュミカン地区」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/10 15:41 UTC 版)

マレーシアの地理」の記事における「天然資源」の解説

マレーシア石油産出国であるとともに輸出国でもある。また天然ガス産出量も多く、これらはマレー半島北部トレンガヌ州東マレーシア産出されている。このほか、スズ銅鉱石鉄鉱石金鉱石ボーキサイトも採ることが出来る。スズに関しては、マレーシア1980年代まで世界最大スズ輸出国であり、セランゴール州ペラ州キンタバレーパハン州ジョホール州などで産出されていた。 木材では特に東マレーシアからの木材輸出盛んにおこなわれており、2007年には234リンギット(約6600億円)の木材輸出した

※この「天然資源」の解説は、「マレーシアの地理」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「マレーシアの地理」の記事については、「マレーシアの地理」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/15 06:13 UTC 版)

スキンダ」の記事における「天然資源」の解説

スキンダにはクロム鉄鉱クロマイト)が豊富にあり、インドの総鉱床の約97%占めている 。 特にスキンダ渓谷には世界最大露天掘りクロマイト鉱山がある。この地域では約12鉱山適切な環境管理なしに操業しており、鉱山によって大規模な環境汚染引き起こされている。飲料水60%には国際基準の2倍を超えるレベル六価クロム含まれており、インドの健康団体周囲死者の84.75%が鉱山公害よるものだと推定している。これは公害規制存在しないことによるクロマイト関連公害よるものである。汚染浄化する試み事実上ない。この都市は、世界で最も汚染され都市リストにも含まれている。

※この「天然資源」の解説は、「スキンダ」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「スキンダ」の記事については、「スキンダ」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 23:54 UTC 版)

資源」の記事における「天然資源」の解説

自然を構成し利用可能資源を天然資源という。天然資源は地球誕生以来存在し膨大な量になるが決し無尽蔵ではなく、更に、容易に採掘利用可能なものは限られている。産業革命以降人類あらゆる資源搾り取って活用することで産業成り立たせてきたが、その資源近い将来枯渇するといわれている。今後海底資源未開発地資源捜索など、多大な困難が伴い経済的に非効率開発が必要となることも予測されるこのため、「捨てればごみ、分ければ資源」といったキャッチフレーズが示すように、資源再生利用積極的に進めようとする動きがある。 また、各種資源人間の生活や産業などにとって必要不可欠であるものの、それらは地球上均等に存在するではなく、ある地域偏在しており、石油希少金属などの限られた資源めぐって戦争紛争起こった例も多い。 以下、天然資源の種類とそれを取り巻問題など紹介する

※この「天然資源」の解説は、「資源」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「資源」の記事については、「資源」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 06:59 UTC 版)

セリア (ブルネイ)」の記事における「天然資源」の解説

セリアブルネイ石油産業中心で、ブルネイ初め発見され内陸油田のある町でもある。町はセリア平原 (Seria Field) の頂上にあり、油田1929年発見され以来第二次世界大戦中オーストラリア軍日本軍との攻防による短い休止期間除いて現在まで操業続けている。無数のうなずきロバnodding donkey石油汲み上げ装置)が町中に見られ非公式ながら町のシンボルとして扱われている。 報告書によると、1953年主要な油井が突然噴出する事故があった。地中割れ目伝って液体石油自然に上昇噴出したのが原因であることが後に判明した。この事故は、同じく不可避自然災害であるジャワ島泥火山泥流比較する論文の中で2006年から語られるようになった。 パナガに本社置くブルネイシェル石油株会社 (BSP) は、石油天然ガス産業に関する様々な施設セリア置いている。セリア精製工場はサンゲイ・ベラの工場と共にブルネイ唯一のセリア原油ターミナルSeria Crude Oil Terminal、略称:SCOT)、新ガス圧縮プラント (New Gas Compression Plant, NGCP)、新工業地域 (New Industrial Area, NIA) を形成する。ただし、サンゲイ・ベラの屋外水処理施設は、環境問題対応するため現在は操業停止している。

※この「天然資源」の解説は、「セリア (ブルネイ)」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「セリア (ブルネイ)」の記事については、「セリア (ブルネイ)」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 10:16 UTC 版)

雲南省」の記事における「天然資源」の解説

東部石灰岩台地で、カルスト地形の深い峡谷を川が流れ景勝地である。西部山地サルウィン川メコン川流れる。鉱物資源恵まれ、錫・亜鉛、鉛、カドミウムインジウムタリウム埋蔵中国最大で、ほかにも鉄、石炭、亜鉛、金、水銀、銀、アンチモン豊富にある。雲南省降水量中国平均の4倍で、水力発電が盛んである。

※この「天然資源」の解説は、「雲南省」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「雲南省」の記事については、「雲南省」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/15 05:41 UTC 版)

イリジ県」の記事における「天然資源」の解説

この地方天然ガスが豊富である。そのなかで最も有望な地所のひとつであるアイン・ツィラ鉱区には、アイルランドのペトロセルティック・インターナショナル社が約57%を、イタリアエネル社が18%を、アルジェリア国営企業ソナトラックが残り出資している。伝えられるところによれば、ペトロセルティック出資分の56.7%は8億米ドルから10億米ドル相当するという。

※この「天然資源」の解説は、「イリジ県」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「イリジ県」の記事については、「イリジ県」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 05:29 UTC 版)

サンフアン郡 (ユタ州)」の記事における「天然資源」の解説

アメリカ合衆国唯一の現役ウラン加工プラントブランディングの町で運転されている。デザート・クリークとイズメイ・フォーメイションでは多く石油ガス鉱脈がある。

※この「天然資源」の解説は、「サンフアン郡 (ユタ州)」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「サンフアン郡 (ユタ州)」の記事については、「サンフアン郡 (ユタ州)」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 06:41 UTC 版)

インドの地理」の記事における「天然資源」の解説

インドは天然資源に恵まれている。国土56%が耕作可能であるほか、地下資源石炭世界第4位の埋蔵量)、鉄鉱石マンガン雲母ボーキサイトチタン鉱石クロム天然ガスダイアモンド石油石灰石などがある。ケーララ州海岸沿いにはトリウム鉱脈があるが、採算ベース見合う世界トリウム資源24%を埋蔵する石油マハーラーシュトラ州グジャラート州沖合生産されており、ラージャスターン州アッサム州油田確認されているが、国内需要40%を満たすのみである。アーンドラプラデーシュ州沖合では天然ガス田相次いで発見されている。アーンドラプラデーシュ州にはウラン鉱が、カルナータカ州には金鉱がある。

※この「天然資源」の解説は、「インドの地理」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「インドの地理」の記事については、「インドの地理」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 22:44 UTC 版)

ニュージャージー州」の記事における「天然資源」の解説

州内のほぼ半分である。北部は主にオーク自生している。ジャージー・オークは造船大々的使われてきた。南部が多い。 鉱物資源少ない。しかし、鉱物製錬精製の量は他州よりも多い。現在もフランクリン・ファーネスとその周辺では鉱物精錬が行われており、昔から亜鉛生産中心だった。 太陽光発電設置量では国内第2位であり、国内でも再生可能エネルギーの利用率が高い州である。州内1万超える太陽光発電施設がある。

※この「天然資源」の解説は、「ニュージャージー州」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「ニュージャージー州」の記事については、「ニュージャージー州」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 15:50 UTC 版)

ブルネイの地理」の記事における「天然資源」の解説

ブルネイの天然資源には、石油・天然ガス木材挙げられる2003年の統計では、原油15%、天然ガス85%を日本輸出している。ブルネイにとって日本最大貿易相手国である。

※この「天然資源」の解説は、「ブルネイの地理」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「ブルネイの地理」の記事については、「ブルネイの地理」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/27 21:05 UTC 版)

オウスリー郡 (ケンタッキー州)」の記事における「天然資源」の解説

過去には薄い層の深い炭鉱地元住民の職と収入源だったが、現在は無くなっている。いくらか露天掘り炭鉱残っている。ブーンビルの北3マイル (5 km)、ケンタッキー州道11号線から見える所にある。 郡北部にはガス井油井が多い。操業されているものは少ない。 木材は郡経済にとって重要である。レローズの町のケンタッキー州道30号線沿いに製材所がある。木材加工用積み上げられ貯木場いくつかある。

※この「天然資源」の解説は、「オウスリー郡 (ケンタッキー州)」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「オウスリー郡 (ケンタッキー州)」の記事については、「オウスリー郡 (ケンタッキー州)」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/14 14:28 UTC 版)

シムアイル」の記事における「天然資源」の解説

島には以下のような天然資源が埋没しており、採掘所などの適切な施設建てることで入手できる丸太鉄鉱石石炭、金、銀、原油 施設建設される自律的に稼動し、施設にいる労働者の数やその領域内の埋没資源の量など、さまざまな要因によって決まる速度資源産出する資源を採りつくした施設自動的に閉鎖される。天然資源は島の特定の場所に偏在しているため、採掘所などは採掘効率良い場所に立てなければならない。 ほとんどの天然資源の採掘には労働者を必要とするため、ゲームスタートから初期には労働者確保課題となる。 関連施設 - 森林伐採所、鉄鉱石採掘所、炭坑、金採掘所、銀採掘所、原油採掘施設

※この「天然資源」の解説は、「シムアイル」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「シムアイル」の記事については、「シムアイル」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 05:54 UTC 版)

ダリエン地峡」の記事における「天然資源」の解説

ダリエン地峡内には2つ大きな国立公園存在するパナマダリエン国立公園コロンビアロス・カティオス国立公園である。ダリエン地峡森林以前はケドレラやマホガニー覆われていたが、こうした樹木伐採された。 ダリエン国立公園はおよそ5,790km2の広がり持ち1980年制定された。これは中米では最大国立公園である。

※この「天然資源」の解説は、「ダリエン地峡」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「ダリエン地峡」の記事については、「ダリエン地峡」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 10:19 UTC 版)

香港の地理」の記事における「天然資源」の解説

香港の天然資源は、主に以下の三つ分類することができる。 陸地金属を含む鉱物及び金属含まない工業鉱物 採石された岩や建築石材 海底堆積した面積小さいにもかかわらず香港では、比較多く鉱物発見されている。鉱床幾つか営利的開発されている。金属を含む鉱物は、主に、スズ・タングステン・モリブデン、・鉛・亜鉛スズ・金の砂鉱四つ分類される。この鉱物多様性は、大部分中生代火山活動原因であり、ミネラル濃度は、断層関連して熱水活動により高められた。金属含まない鉱物では、カオリナイト長石石英緑柱石グラファイトなどが営利的利用されている。 長年花崗岩火山岩は、道路舗装護岸外装アスファルトのために地元採石されており、現在は主にコンクリート主な目的となっている。現在、三つ採石場香港稼働している。主に花崗岩は、地(英語版)、石澳安達臣道英語版)に位置している。すべての採石場は、再建必要性があり、予想ではあと2年から8年寿命である。 市街地開発増加に伴い香港の砂や埋め立て盛り土のために、海底の砂さらいが行われている。 他の天然資源として、森林野生生物などがある。

※この「天然資源」の解説は、「香港の地理」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「香港の地理」の記事については、「香港の地理」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:53 UTC 版)

日本の経済」の記事における「天然資源」の解説

日本国土面積小さいため地下資源賦存量総量見れば少ない。しかし、狭い面積多種多様な地下資源産出し資源博物館とも呼ばれている。かつては金・銀石炭硫黄大量に産出しており、戦国時代には戦国大名らが金銀増産励んだため、世界金銀流通量かなりの割合日本産占めたこともあった。 現在は、石炭については埋蔵量は多いものの、良質石炭少ないこともあり、大規模な採炭釧路コールマイン行われているのみである。金・銀菱刈鉱山などで非常に良質な鉱石産出するが、採掘コストがかさむため採掘量は多くない日本海沿岸では石油・天然ガス産出する。しかし、産出量は少なく国内需要満たすことはできない東京周辺地下には莫大な天然ガス埋蔵されている(南関東ガス田)ものの、市街地化進んでいる地域であることから環境規制厳しく房総半島わずかに採掘されているのみである。ここではヨウ素豊富に採掘され生産量世界第二位である。日本の領海排他的経済水域 (EEZ) に、金・銀石油メタンハイドレート等が大量に埋蔵されていることが確認されているが、コスト技術的な問題採掘できていないものや、調査中のものがほとんどである(詳細は「日本の海底資源」を参照)。ただし、セメント原料石灰石ガラス建築材料原料となる珪石露天掘りができるため採掘コスト安く盛んに採掘されている。 木材資源は、森林面積が広く降水量も多いため比較的豊富である。かつては木材生産が盛んであり、高度経済成長期までに天然林多く伐採されその後植えられ人工林森林面積の大半占める。林産物自由化が進むにつれて工業化進展海外産木材とのコスト競争結果比較劣位となり、日本の林業壊滅的な衰退被った放棄され人工林荒廃し保水力の低下など国土保全上の問題懸念されている。近年国産材需要回復しつつあり、衰退した林業再建急がれている。 水産資源の面では、基本的に恵まれている。近海豊かな漁場となっており世界有数漁獲高だが、長年乱獲海洋環境変化により漁獲量減少傾向にある。日本近海では韓国中国・台湾ロシアなどの漁船操業しており、日本漁船との競合起こっている。 水資源は、温暖湿潤気候のため降雨が多い上に、山林保水力が高いため、良質な軟水豊富に入手可能である。飲料水もとより工業用水としての質も高い。

※この「天然資源」の解説は、「日本の経済」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「日本の経済」の記事については、「日本の経済」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:13 UTC 版)

アトラス山脈」の記事における「天然資源」の解説

アトラス山脈は天然資源が豊富である。鉄鉱石、鉛、、銀、水銀岩塩リン酸塩大理石無煙炭天然ガスなどの資源産出する

※この「天然資源」の解説は、「アトラス山脈」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「アトラス山脈」の記事については、「アトラス山脈」の概要を参照ください。


天然資源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 10:03 UTC 版)

キューバ」の記事における「天然資源」の解説

キューバ国土は、鉱物資源恵まれている。特に重要視されている鉱物ニッケルクロムマンガンである。そのほかにも、硫黄コバルト黄鉄鉱石膏石綿石油石灰岩などが採掘されている。 とりわけ海底油田北西部地域未発見の原油ガス埋蔵されているとされ、これまで中国を含む諸外国による探査掘削作業がたびたび行われてきた。なお、地下資源はすべて政府所有物とされている。キューバにおけるラテライト鉄鉱石埋藏量20トン、その中に包含されるニッケルは1.7億トンであり、世界最大規模である。

※この「天然資源」の解説は、「キューバ」の解説の一部です。
「天然資源」を含む「キューバ」の記事については、「キューバ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「天然資源」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「天然資源」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



天然資源と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天然資源」の関連用語

天然資源のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天然資源のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天然資源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマレーシア (改訂履歴)、インドの経済 (改訂履歴)、トゥグロ=チュミカン地区 (改訂履歴)、マレーシアの地理 (改訂履歴)、スキンダ (改訂履歴)、資源 (改訂履歴)、セリア (ブルネイ) (改訂履歴)、雲南省 (改訂履歴)、イリジ県 (改訂履歴)、サンフアン郡 (ユタ州) (改訂履歴)、インドの地理 (改訂履歴)、ニュージャージー州 (改訂履歴)、ブルネイの地理 (改訂履歴)、オウスリー郡 (ケンタッキー州) (改訂履歴)、シムアイル (改訂履歴)、ダリエン地峡 (改訂履歴)、香港の地理 (改訂履歴)、日本の経済 (改訂履歴)、アトラス山脈 (改訂履歴)、キューバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS