酸性雨とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > > 酸性雨の意味・解説 

さんせい‐う【酸性雨】


酸性雨(湿性大気汚染)

大気中に排出され硫黄酸化物窒素酸化物等の汚染物質硫黄硝酸ミストとなり,雨水にとりこまれ強い酸性を示すようになったをいい,通常pHが5.6以下のいいます。なお,酸性雨という言葉は,あるいは乾性降下物含めた広い意味で使われる場合多くあります

酸性雨

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

酸性雨(さんせいう)

 石炭石油などの化石燃料燃焼などに伴って発生する硫黄酸化物窒素酸化物は、大気中へ放出され雲粒に取りこまれ、複雑な化学反応繰り返し最終的に硫酸イオン硝酸イオンなどに変化する。このイオン含んだ強い酸性を酸性雨という。

 雨水は、もともと大気中の炭酸ガス溶け込んでおり、pHは5.6であることから、一般にpHが5.6以下の雨水が酸性雨とされる


酸性雨

作者神林長平

収載図書時間
出版社早川書房
刊行年月1987.9
シリーズ名ハヤカワ文庫JA


酸性雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/05 04:16 UTC 版)

酸性雨(さんせいう、:Acid rain)とは、環境問題の一つとして問題視される現象で、大気汚染により降る酸性のことを指す[1]。酸性の酸性雪(さんせいゆき)、酸性の酸性霧(さんせいぎり、さんせいむ)と呼ばれる。


  1. ^ 木村 2007, p. 20.
  2. ^ a b 石川 2008, p. 154.
  3. ^ a b 気象庁|酸性雨に関する基礎的な知識”. 2019年3月25日閲覧。
  4. ^ 生田和正、「酸性雨が魚類に及ぼす影響」 『環境技術』 1998年 27巻 11号 p. 807-811, doi:10.5956/jriet.27.807, 環境技術学会
  5. ^ a b 小島 知子 (2014年12月26日). “NHK そなえる 防災|コラム|大気汚染と酸性雨はどう関係するの?” (日本語). www.nhk.or.jp. 日本放送協会. 2020年6月23日閲覧。
  6. ^ 全国酸性雨データベース|地球環境研究センター”. 2019年8月4日閲覧。
  7. ^ 石弘之著『地球環境報告』岩波書店《岩波新書(新赤版33)》 1988年 p.213-214
  8. ^ 谷合稔著『たくさんの生命を育む地球のさまざまな謎を解き明かす! 「地球科学」入門」』ソフトバンククリエイティブ 2012年 151ページ
  9. ^ 谷合稔著『たくさんの生命を育む地球のさまざまな謎を解き明かす! 「地球科学」入門」』ソフトバンククリエイティブ 2012年 152ページ
  10. ^ 2001-2003年の北海道北部暑寒別川における酸性雪の影響 北海道立水産孵化場研究報告 第60号
  11. ^ 石弘之著『地球環境報告』岩波書店《岩波新書(新赤版33)》 1988年 p.222



酸性雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/07 07:38 UTC 版)

サケ類」の記事における「酸性雨」の解説

魚種による差はあるが、サケ科魚類浮上稚魚期のpH低下に弱い河川生活性の高い魚種ほど耐酸性が高い傾向報告されていて、魚種間では太平洋サケ属(ヒメマスホンマスニジマス)は耐酸性低く大西洋サケ属(イワナカワマスブラウントラウト)は耐酸性が高い。従って、酸性雨や酸性雪融雪による河川水pH低下は、天然河川生息数の減少だけでなく絶滅につながる深刻な問題となる可能性がある同時に養殖用水源にも影響を得る為、養殖業者への影響懸念される実際にヨーロッパカナダでは、サケ科魚類死滅した水域多数報告されている。

※この「酸性雨」の解説は、「サケ類」の解説の一部です。
「酸性雨」を含む「サケ類」の記事については、「サケ類」の概要を参照ください。


酸性雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 19:59 UTC 版)

家畜」の記事における「酸性雨」の解説

アンモニア畜舎ふん尿貯留施設などから多量に大気中に揮散する。アンモニア降雨により地上に戻ると酸性硝酸変化する工場型の大規模畜産は酸性雨の要因となる。

※この「酸性雨」の解説は、「家畜」の解説の一部です。
「酸性雨」を含む「家畜」の記事については、「家畜」の概要を参照ください。


酸性雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 00:15 UTC 版)

化石燃料」の記事における「酸性雨」の解説

「酸性雨」を参照 1940年代北欧では窒素肥料施さずとも作物育ちよくなる現象見られるようになった当初は農家も「天の恵み」だと喜んでたようだが、じきに湖や川から姿を消し千年雨に打たれて平気であった遺跡石塀や、教会ブロンズ像などがボロボロになっていったという。 これらの現象調査されるうち、雨水変質原因見ることとなった当地域では、通常よりも遙かに酸性度の高い、pH 4~5 もの酸性雨が降っていたことが明らかになったのであるスウェーデン土壌科学者 S・オーデン (Svante Odén) 博士その影響広範囲に調べたところ、車や工場から排出され亜硫酸ガス窒素酸化物硫酸硝酸変化し、それが溶け込んで強酸性雪が降ったことを突きとめ1967年発表した。その変化過程極めて複雑かつ多岐にわたるものと想定されており、その詳細な過程今なお明らかになっていない現在では一般に pH 5.6 以下で酸性雨と定義されているが、たとえば日本では東京など南関東自動車交通過密地帯排出される自動車排気ガスからの窒素酸化物硫黄酸化物丹沢山地奥多摩に酸性雨を降らせて樹木立ち枯れ進めていると考えられており、森林破壊土壌汚染一因になっている化石燃料含まれる硫黄酸化物および窒素酸化物残渣である粒子状物質は、気管支喘息最たる原因物質考えられており、工業地帯からの排煙四日市ぜんそくをはじめ各地深刻な公害を引き起こすこととなった。これは水俣病など他の公害と同様排出者が因果関係認めなかったことや経済発展優先する政策の煽りを受けて公害認定まで数年間要することとなり、四日市市では被害者に対し独自に医療費補填実施するなどの対策を行うこととなったが、ようやく国が動きだした頃には自治体対応しきれない程の被害者数になっていた。 その反省を受けて大気汚染防止法施行され工場排煙については脱硫装置設置義務づけられるなどの対策進んだことにより、日本国内工場排煙に限って新たな被害発生しなくなっているが、開発途上国などではそのような規制整備されていない地域多くあり、同じ問題各地繰り返されている。 一方内燃機関自動車(ICEV)の燃料として使われ続けているガソリン軽油などについては、費用がかかるという理由で脱硫完全に行われない状況今なお続いている。かつて京浜工業地帯からの排煙により深刻な喘息公害見舞われ川崎市では、以前は臨海部公害病第一種指定地域昭和63年度に解除)で喘息被害者多かったものの、近頃では北部地域で「小児ぜん息医療費支給制度適用者急増するという現象見られるようになったまた、その分布が主要幹線道路周辺に多いことも判明する。これは、かつては工場からの排気主因であった喘息公害原因が、現在はICEVからの排気ガス替わっていることを示しているかつての四日市喘息の時などと同様、「証明されていない」という理由で国や産業界では具体的な対策取られない状況続いているが、事態のますますの悪化を受けて市では喘息医療費助成制度対象地域市内全域拡大し小児ばかりでなく成人対象にするなどの対策追われることとなった川崎市では地勢的に通過交通が多いなどの要因あるものの、もちろん大気汚染問題は当市に限って起きている問題ではなく全国都市部で深刻な問題になっており、日本だけでも気管支喘息による死亡者が年3千を超え200万人上が苦しめられている。ICEVなどにより引き起こされ新たな外部不経済一般住民健康や税金蝕んでいる。

※この「酸性雨」の解説は、「化石燃料」の解説の一部です。
「酸性雨」を含む「化石燃料」の記事については、「化石燃料」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「酸性雨」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

酸性雨

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:48 UTC 版)

名詞

酸性 さんせいう

  1. 大気汚染などの影響で、異常強さ酸性を示すあめ水素イオン指数pH)が5.6以下の降水

翻訳


「酸性雨」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



酸性雨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「酸性雨」の関連用語

酸性雨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



酸性雨のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ISO用語辞典ISO用語辞典
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酸性雨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサケ類 (改訂履歴)、家畜 (改訂履歴)、化石燃料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの酸性雨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS