硫黄分とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 硫黄 > 硫黄分の意味・解説 

硫黄分

読み方いおうぶん
【英】: sulfur content

石油類含まれる硫黄には遊離硫黄硫化水素メルカプタン、二硫化アルキル各種環状硫黄化合物などがあり、試料中のこれら硫黄総量を硫黄分(全硫黄)と呼ぶ。
硫黄分の多い製品は、灯油では悪臭原因に、重油では大気汚染原因となる。その他、金属腐食原因となったり、冶金{やきん}用などでは製品品質低下来す。硫黄分の定量には、ランプ法、酸水素炎法、燃焼管法、ボンベ法、放射線法などが用いられ、日本工業規格JIS)の K2541(原油および石油製品硫黄分試験方法)にその規定がある。酸水素炎法は、試料酸水素炎燃焼して生成物過酸化水素水吸収させ、生じた硫酸の量を容量法または比濁法で求める。この方法は、開発者の名をとってウイックボルド法(Wickbold method)と呼ばれるランプ法は、酸水素炎代わりにランプ用いて燃焼するもので、原理的には酸水素炎法と同じ。燃焼管法は、燃焼中に空気空気法)または酸素酸素法)を送って試料燃焼させ、燃焼ガス過酸化水素水吸収させ、生成した硫酸の量を求める。ボンベ法は、酸素圧入したボンベ中で試料燃焼して硫黄硫酸塩とし、これを取り出し硫酸バリウム沈殿として分離して、重量法によって定量する。最後放射線法は、試料X 線当て発生した蛍光 X 線測定するか(励起法)、透過したときのエネルギー測定する(透過法)。



硫黄分と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「硫黄分」の関連用語

硫黄分のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



硫黄分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2019 Weblio RSS