開発者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 開発者の意味・解説 

デベロッパ

別名:デベロッパー,開発者,開発元
【英】developer, developers

デベロッパとは、「開発develop)する者」を意味する一般的な英語であり、IT用語としては、主にソフトウェアの製作を手がける事業者を指す語として用いられる

傾向としては、デベロッパの語は事業者開発に携わる組織全体を指す語として用いられる個人指してプログラマ」や「エンジニア」と同じ意味合いでデベロッパと呼ぶ場合もあるが、デベロッパは必ずしもプログラミング手がける個人意味するとは限らない

なお、不動産関連の分野では、宅地造成手がける事業者をデベロッパという。


開発

(開発者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 15:54 UTC 版)

開発(かいはつ、かいほつ)[1]


  1. ^ 2-7は『精選版 日本国語大辞典』より


「開発」の続きの解説一覧

開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 05:56 UTC 版)

AWAKE (コンピュータ将棋ソフト)」の記事における「開発者」の解説

開発者は巨瀬亮一(こせ りょういち)。巨瀬は、奨励会在籍経験がある石田和雄九段門下2002年9月15歳6級入会最高位1級で、2008年退会したコンピュータ将棋開発することについては、「コンピュータ使っていかにプロ棋士強くなってプロ将棋レベル上がっていく事に貢献できるということに、コンピュータ将棋やっている者としてはモチベーションがある」と語っている。

※この「開発者」の解説は、「AWAKE (コンピュータ将棋ソフト)」の解説の一部です。
「開発者」を含む「AWAKE (コンピュータ将棋ソフト)」の記事については、「AWAKE (コンピュータ将棋ソフト)」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 17:52 UTC 版)

アコースティック・リヴァイブ」の記事における「開発者」の解説

開発者兼代表取締役石黒謙が務める。低周波発生装置RR-7に代表されるようにその手法一見オカルト疑われるようなものが多いが、科学的立証効果大きさ故に日本国内専門誌での評価極めて高く音元出版オーディオアクセサリー誌が主催するオーディオ銘機賞のアクセサリー・ケーブル部門では1999年から15年連続MJ無線と実験誌が主催するテクノロジー・オブ・ザ・イヤーでは2008年から9年連続オーディオアクセサリーオーディオケーブル部門最優秀賞受賞している。

※この「開発者」の解説は、「アコースティック・リヴァイブ」の解説の一部です。
「開発者」を含む「アコースティック・リヴァイブ」の記事については、「アコースティック・リヴァイブ」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 00:23 UTC 版)

學天則」の記事における「開発者」の解説

開発者の西村真琴は、1883年明治16年)に長野県生まれた北海道帝国大学教授経て1927年昭和2年大阪毎日新聞入社ロボット工学専門家ではなく阿寒湖のマリモ保護尽力した生物学者である。大阪毎日新聞論説員で大阪在住のときに、學天則開発した奴隷のような人造人間ばかりを作るのは淋しすぎるとして、さまざまな表情美しい動きをする芸術人造人間として學天則制作したという。

※この「開発者」の解説は、「學天則」の解説の一部です。
「開発者」を含む「學天則」の記事については、「學天則」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 09:18 UTC 版)

タクシーメーター」の記事における「開発者」の解説

古澤三郎 (ふるさわ たみさぶろう) ・茨城県出身大阪府大阪市港区移り住み会社設立後にタクシーメーター開発する。(特許取得放棄) ・妻の千代(ちよ)との間に、4人の子供に恵まれる。(1女、三男

※この「開発者」の解説は、「タクシーメーター」の解説の一部です。
「開発者」を含む「タクシーメーター」の記事については、「タクシーメーター」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 07:13 UTC 版)

Valgrind」の記事における「開発者」の解説

Valgrindの元々の開発者は、Julian Sewardであり、彼は2006年Valgrindに関する功績でGoogle-O'Reilly Open Source Award受賞した他にも多数の開発者も重要な貢献行っており、Cerion Armour-Brown、Jeremy Fitzhardinge、Tom HughesNicholas Nethercote、Paul MackerrasDirk MuellerJosef Weidendorfer、Robert Walshなどが挙げられる

※この「開発者」の解説は、「Valgrind」の解説の一部です。
「開発者」を含む「Valgrind」の記事については、「Valgrind」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 16:16 UTC 版)

ブリヂストン・マリポーサ」の記事における「開発者」の解説

漫画並木橋通りアオバ自転車店で、マリポーサの開発者が登場しており、企画浦野篤、設計合田昌央、デザイン川畑真澄3人紹介されている。 自動車とは違い自転車で開発者の名前が表に出るのは比較珍しい事である(モールトン開発したアレックス・モールトンや、A-bike開発したサー・クライブ・シンクレアのような例はある)

※この「開発者」の解説は、「ブリヂストン・マリポーサ」の解説の一部です。
「開発者」を含む「ブリヂストン・マリポーサ」の記事については、「ブリヂストン・マリポーサ」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 00:59 UTC 版)

コミュニティメモリ」の記事における「開発者」の解説

コミュニティメモリサンフランシスコのプロジェクト・ワンにあるリソース・ワン・コンピュータセンター内のコミュニティメモリプロジェクトで活動していたエフレム・リプキン、マーク・シュパコフスキー、リー・フェルゼンスタインによって作られた。このコンピュータ精通した友達パートナー結成されグループコミュニティ情報ソースとして機能するシンプルなシステムの製作を模索していた。フェルゼンスタインはハードウェア英語版)、リプキンソフトウェア、シュパコスキーはユーザインターフェースデータ管理担当したコミュニティメモリ第一期1973年-1975年)は情報交換コンピュータ活用することに対する人々の反応を見るための実験で、当時コンピュータ直接触れ人物ほんの僅かだった。コミュニティメモリバークレーコミュニティ強化するのに役立ツールとして構想されており、カタログには「通信強力で自由な階層チャネルは、それがコンピュータモデムペンインク電話対面を問わず、我々のコミュニティ再生活性化のための最前線である」と書かれていた。 コミュニティメモリ製作者創設者は、言論の自由賛美反戦運動といった1960年代北カリフォルニアにおける反体制文化価値観共有していて、またエコ低コストかつ分散化されたユーザーフレンドリー技術推進していた。 コミュニティメモリはアンドリュー・クレメントの主導バンクーバーでも1974年7月から設置された。1970年代後半に、世界的な情報ネットワーク創設目指してコミュニティメモリ生まれ変わることになる。その主な推進者はエフレム・リプキンとケン・コルスタッドだった。 スティーヴン・リーヴィ(英語版)は自著パソコン革命ヒーローたち英語版)」でどのようにしてコミュニティメモリ創設者組織化を始めたか書いている。また創設者一部パーソナルコンピュータ開発重要な影響与えたことで知られるホームブリュー・コンピュータ・クラブという団体参加している。

※この「開発者」の解説は、「コミュニティメモリ」の解説の一部です。
「開発者」を含む「コミュニティメモリ」の記事については、「コミュニティメモリ」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 09:40 UTC 版)

ゴキゲン中飛車」の記事における「開発者」の解説

ゴキゲン中飛車は、近藤正和が開発者として知られる升田式石田流5筋位取り中飛車を元に開発し近藤奨励会時代から指している戦法で、1996年10月プロデビューした近藤は、中飛車駆使して10連勝といきなり勝ちまくる。これは松本佳介と並ぶ当時デビュー連勝記録であり、のちに藤井聡太2017年達成するまで破られなかった。その後近藤ゴキゲン中飛車指し続ける。2001年度には升田幸三賞受賞しその後も本家の受賞以降ゴキゲン中飛車関連の升田賞が10年度の星野良生11年度の佐藤康光14年度の菅井竜也と3例続く。また2004年度には勝率0.822で将棋大賞勝率第一位賞を獲得し棋士間で流行したこうした中飛車ルーツとして知られる棋譜は、第1期名人戦決定となった木村義雄花田長太郎戦が知られている。▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲5六歩の出だしから、後手角道オープン中飛車局面となった。この将棋中飛車側の花田敗れて木村初の実力制名人となるが、途中中飛車側も互角以上に戦えていた。 後手番の「5筋位取り中飛車」は元来富沢幹雄指していた。そして棋譜データベース上の記録で▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛の初出1989年5月30日早指し選手権戦予選日浦市郎富沢戦である。この日から富沢はこの局面を3局続けて指していることがしられる1990年代初頭には木下浩一有森浩三が、アマチュアで70年代から柿沼昭治指していた。もちろん5五の位を取るものもゴキゲン中飛車の展開の一例としてあり、中飛車後手の場合△3五歩~△5四飛~△2四飛▲2五歩△3四飛、中飛車側が先手の場合、左銀を繰り出して5六又は6六の地点で持っていく。角道止める振り飛車は6六の地点角道止める場合が多いが、この戦法角道止める場合は5五の地点止めることになることが多い。

※この「開発者」の解説は、「ゴキゲン中飛車」の解説の一部です。
「開発者」を含む「ゴキゲン中飛車」の記事については、「ゴキゲン中飛車」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 01:39 UTC 版)

Apple IIGS」の記事における「開発者」の解説

id Software共同設立者であるジョン・カーマックは、ジョン・ロメロトム・ホールとともにApple IIGS用の商用ソフト書くことからキャリアスタートさせる1981年Apple IIゲームCastle Wolfenstein」をベースにした「Wolfenstein 3D」は、1998年Apple IIGS用にリリースされ一挙に注目浴びた。 ウィル・ハービーのデザインしたZany Golf」と「The Immortal」は、Apple IIGSゲームとして生まれSega Genesisなど他のプラットフォーム移植されビデオゲーム主流となった。 パンゲア・ソフトウェアは、Apple IIGSゲーム開発会社としてスタートしたノーティードッグはクラシックマシンであるApple IIから始まったが、後にIIGS向けに開発した

※この「開発者」の解説は、「Apple IIGS」の解説の一部です。
「開発者」を含む「Apple IIGS」の記事については、「Apple IIGS」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 03:25 UTC 版)

スクラム (ソフトウェア開発)」の記事における「開発者」の解説

開発者(英: Developer)は各スプリントにおいて、利⽤可能インクリメントあらゆる側⾯作成することを確約する役割を担う。開発者が必要とする特定のスキルは、幅広く作業領域によって異なる

※この「開発者」の解説は、「スクラム (ソフトウェア開発)」の解説の一部です。
「開発者」を含む「スクラム (ソフトウェア開発)」の記事については、「スクラム (ソフトウェア開発)」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 16:14 UTC 版)

ハードグローブ粉砕性指数」の記事における「開発者」の解説

HGIはラルフM.ハードグローブによって1930年代開発された。 HGIは、 ASTM D 409DIN 51742、 ISO 5074で標準化されている。

※この「開発者」の解説は、「ハードグローブ粉砕性指数」の解説の一部です。
「開発者」を含む「ハードグローブ粉砕性指数」の記事については、「ハードグローブ粉砕性指数」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/04 17:33 UTC 版)

M-150 貫通力強化型爆弾 (PAM)」の記事における「開発者」の解説

1990年代詳細時期不明)に、アメリカ陸軍委託受けたアメリカ合衆国の有力軍企業アライアント・テックシステムズ社が、ローレンス・リバモア国立研究所協力得て開発した

※この「開発者」の解説は、「M-150 貫通力強化型爆弾 (PAM)」の解説の一部です。
「開発者」を含む「M-150 貫通力強化型爆弾 (PAM)」の記事については、「M-150 貫通力強化型爆弾 (PAM)」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/08 07:55 UTC 版)

FUJIC」の記事における「開発者」の解説

岡崎文次おかざき ぶんじ、1914年-1998年男性)は愛知県名古屋市生まれ第八高等学校今の名古屋大学教養学部)を経て東京帝国大学今の東京大学理学部物理学科1939年卒業富士写真フイルム今の富士フイルム、以下同社)に入社1959年日本電気転職しソフトウェア開発行い1972年退職専修大学経営学部教授1985年まで務める。 趣味日本式ローマ字運動で「日本の子供漢字覚え事に労力をかけて、創造力育たない」事が、理由一つだという。

※この「開発者」の解説は、「FUJIC」の解説の一部です。
「開発者」を含む「FUJIC」の記事については、「FUJIC」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/12 18:09 UTC 版)

MC14500B」の記事における「開発者」の解説

MC14500B (ICU) は、1970年代中頃にヴァーン・グレゴリー(Vern Gregory)によって考案された。彼がアリゾナ州フェニックスモトローラ半導体製品部門マーケティング/アプリケーショングループの技術者として働いていたときのことである。ブライアン・デランド(Brian Dellande)が、回路サブルーチン設計最初に行った説明書共同執筆行った。レイ・ディ・シルヴェストロ(Ray DiSilvestro)は、ベンチ・テクニシャン(助手的な技術者であった。テリー・マラーキー(Terry Malarkey)は、マネージメント支援した[要出典]。 テキサス州オースティンCMOSロジック部門MC14500B作られた場所)において、フィル・スミスPhil Smith)は、半導体設計者であった。マイク・ハドレイ(Mike Hadley)は、応用製品支援行った[要出典]。

※この「開発者」の解説は、「MC14500B」の解説の一部です。
「開発者」を含む「MC14500B」の記事については、「MC14500B」の概要を参照ください。


開発者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 00:21 UTC 版)

メトロイドシリーズ」の記事における「開発者」の解説

2021年現在では、坂本賀勇主なシリーズ製作者挙げられることが多い。実際にも、坂本は『メトロイド2以外の作品には何かしらの役職関与しており、『スーパーメトロイド以降のメトロイドシリーズ』ではディレクターもしくはプロデューサー務めている。初代『メトロイド』では開発途中からゲームデザインとして参加していた。 一方でメトロイドプライムシリーズ』では、坂本スタッフクレジットでは記載されているものの、主な開発指揮任天堂におけるデベロッパー部署担当者である田邊賢輔担当しており、坂本田邊に対してシリーズ設定深く関わるような要素以外は、自由に行っていい」という旨指示を与えて彼にほぼ全ての指揮任せている。

※この「開発者」の解説は、「メトロイドシリーズ」の解説の一部です。
「開発者」を含む「メトロイドシリーズ」の記事については、「メトロイドシリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「開発者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「開発者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

開発者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



開発者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリデベロッパの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの開発 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAWAKE (コンピュータ将棋ソフト) (改訂履歴)、アコースティック・リヴァイブ (改訂履歴)、學天則 (改訂履歴)、タクシーメーター (改訂履歴)、Valgrind (改訂履歴)、ブリヂストン・マリポーサ (改訂履歴)、コミュニティメモリ (改訂履歴)、ゴキゲン中飛車 (改訂履歴)、Apple IIGS (改訂履歴)、スクラム (ソフトウェア開発) (改訂履歴)、ハードグローブ粉砕性指数 (改訂履歴)、M-150 貫通力強化型爆弾 (PAM) (改訂履歴)、FUJIC (改訂履歴)、MC14500B (改訂履歴)、メトロイドシリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS