生成物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学反応 > 生成物 > 生成物の意味・解説 

生成物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/19 21:16 UTC 版)

生成物(せいせいぶつ、: products)とは、化学反応によって生成される化学種のことである[1]。化学反応において、反応物は高エネルギー遷移状態を経て、生成物に変換される。この過程で、反応物が消費される。反応は、自発的英語版に起こる場合と、遷移状態のエネルギーを低減する触媒や、反応に必要な化学環境を提供する溶媒によって媒介される場合がある。化学反応式で表す場合、可逆反応であっても生成物は慣例的に右辺に描かれる[2]。生成物のエネルギーなどの特性は、その反応が発エルゴン型吸エルゴン型かなど、化学反応のいくつかの性質を決定するのに有効である。さらに、生成物の性質は、特に生成物が反応物とは異なる物質の状態である場合、化学反応後の抽出や精製を容易にすることができる。


  1. ^ McNaught, A. D.; Wilkinson, A. (2006). [product] Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book". Blackwell Scientific Publications, Oxford. doi:10.1351/goldbook. ISBN 978-0-9678550-9-7 
  2. ^ McNaught, A. D.; Wilkinson, A. (2006). [chemical reaction equation] Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book"). Blackwell Scientific Publications, Oxford. doi:10.1351/goldbook. ISBN 978-0-9678550-9-7 
  3. ^ a b Henry, Celia M.. “DRUG DEVELOPMENT”. Chemical and Engineering News. http://pubs.acs.org/cen/coverstory/8021/8021drugs.html 2014年9月13日閲覧。 
  4. ^ McNaught, A. D.; Wilkinson, A. (2006). [diamond] Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book"). Blackwell Scientific Publications, Oxford. doi:10.1351/goldbook. ISBN 978-0-9678550-9-7 
  5. ^ McNaught, A. D.; Wilkinson, A. (2006). [metastability] Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book"). Blackwell Scientific Publications, Oxford. doi:10.1351/goldbook. ISBN 978-0-9678550-9-7 
  6. ^ McNaught, A. D.; Wilkinson, A. (2006). [metastability Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book")]. Blackwell Scientific Publications, Oxford. doi:10.1351/goldbook. ISBN 978-0-9678550-9-7. https://doi.org/10.1351/goldbook.H02734 
  7. ^ a b Yeh, Brian J; Lim, Wendell A (2007). “Synthetic biology: lessons from the history of synthetic organic chemistry”. Nature Chemical Biology 3 (9): 521–525. doi:10.1038/nchembio0907-521. PMID 17710092. 
  8. ^ Cornish-Bowden, A (2 September 2013). “The origins of enzyme kinetics.”. FEBS Letters 587 (17): 2725–30. doi:10.1016/j.febslet.2013.06.009. PMID 23791665. 
  9. ^ Yoshikuni, Y; Ferrin, TE; Keasling, JD (20 April 2006). “Designed divergent evolution of enzyme function.”. Nature 440 (7087): 1078–82. Bibcode2006Natur.440.1078Y. doi:10.1038/nature04607. PMID 16495946. 
  10. ^ “The prevalence and significance of the product inhibition of enzymes”. Advances in Enzymology and Related Areas of Molecular Biology. Advances in Enzymology - and Related Areas of Molecular Biology. 25. (1963). 167–274. doi:10.1002/9780470122709.ch4. ISBN 978-0-470-12270-9. PMID 14149677 
  11. ^ “Regulation of pyruvate dehydrogenase by insulin action”. Prog. Clin. Biol. Res. 31: 707–19. (1979). PMID 231784. 
  12. ^ “Integrated bioprocesses”. Curr. Opin. Microbiol. 8 (3): 294–300. (2005). doi:10.1016/j.mib.2005.01.002. PMID 15939352. 


「生成物」の続きの解説一覧

「生成物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



生成物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生成物」の関連用語

生成物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生成物のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生成物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS