棘とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > の意味・解説 

とげ【刺/×棘】

読み方:とげ

体表にある、堅くて先のとがった突起物植物では、表皮変化したもの(バラ)や葉・茎托葉・根が変化した葉針サボテン)・茎針サイカチ)・托葉針(カラタチ)・根針(シュロ)などがある。動物では、ハリネズミゴンズイアカエイウニなどにみられる

木・竹・骨などの、細くとがった小片。「―を抜く」

言葉含まれた、相手感情傷つけ皮肉や悪意。「―のある言


おどろ【×棘/荊棘】

読み方:おどろ

[名・形動

髪などの乱れているさま。

「髪は―と乱れて」〈鴎外舞姫

草木・いばらなどの乱れ茂っていること。また、その場所やそのさま。やぶ。

奥山の―が下もふみ分けて道ある世ぞと人に知らせむ」〈新古今・雑中〉


きょく【×棘】

読み方:きょく

[音]キョク(漢) [訓]いばら とげ

とげのある木の総称。いばら。「枳棘(ききょく)・荊棘(けいきょく)」

とげ。「鰭棘(ききょく)」

難読荊棘(いばら)


いばら【茨/×荊/×棘】

読み方:いばら

バラ・カラタチなど、とげのある低木総称荊棘(けいきょく)。

人里近くに多いバラ科バラ属低木総称。ノイバラ・ヤマイバラ・ヤブイバラなど。《 花=夏 実=秋》「―さくや根岸里の貸本屋子規

植物のとげ。

身に受ける苦難のたとえ。「―の人生

唐破風(からはふ)などで、下部曲線がとげ状の突起となっている所。


読み方:オドロ(odoro)

髪などの乱れたさま、又は草木乱れ繁ること。

別名 荊棘


作者須和

収載図書悲しきヒーロー
出版社角川書店
刊行年月1997.2
シリーズ名角川文庫


作者楡井亜木子

収載図書バックステージ・パス
出版社角川書店
刊行年月1997.6


作者片山礼子

収載図書記憶のめまい
出版社文芸社
刊行年月2001.3


作者水野

収載図書ブルーナちゃん
出版社小学館
刊行年月2005.7



読み方:ウバラ(ubara)

イバラ古名


読み方:トゲ(toge)

作者 北原武夫

初出 昭和39年

ジャンル 小説


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 14:13 UTC 版)

(とげ、)は、生物または人工物の表面における、固く頂点の鋭い円錐形の突起のこと。生物体または人工物を保護する役割で存在することが多い。また、比喩的に心に傷を与えるような言動に対して「棘のある」という言い方もする。前者の棘も後者の棘も、必要以上に多いと思われるときは「とげとげ」という擬態語で修飾される。




「棘」の続きの解説一覧

棘(とげ、英: spine)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:02 UTC 版)

魚類用語」の記事における「棘(とげ、英: spine)」の解説

体表突き出た骨質隆起で、先端尖ったもの。

※この「棘(とげ、英: spine)」の解説は、「魚類用語」の解説の一部です。
「棘(とげ、英: spine)」を含む「魚類用語」の記事については、「魚類用語」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/15 22:06 UTC 版)

棘 (曲)」の記事における「棘」の解説

TBS/MBS系全国ネットプレバト!!2019年8~9月エンディングテーマ

※この「棘」の解説は、「棘 (曲)」の解説の一部です。
「棘」を含む「棘 (曲)」の記事については、「棘 (曲)」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 05:33 UTC 版)

ウニ」の記事における「棘」の解説

棘は炭酸カルシウムの骨を表皮覆った構造しており防御移動機能がある。主に反口側の棘が防御用いられ口側の棘は移動用いられる視覚器官役割果たしている。棘は管足の並ぶ歩帯の間(間歩帯)に主に配置する普通の単純な棘の他に先端ピンセット状などになった叉棘があり、体表掃除や敵に対する防御などに使われる。 棘はその根元から大きく動かすことができる。殻の棘のつく部分丸く盛り上がっており、棘の基部もまた半円形突き出している。この両者筋肉結びつけられており、この筋肉によって棘は振り回すような運動可能である筋肉内側にキャッチアパレータスと呼ばれる結合組織があり、これを硬くすることによって棘を固定することができる。種によっては棘の中央と殻をつなぐ結合組織も持つ。

※この「棘」の解説は、「ウニ」の解説の一部です。
「棘」を含む「ウニ」の記事については、「ウニ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「棘」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 04:01 UTC 版)

発音(?)


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「棘」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



棘と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「棘」の関連用語

1
100% |||||

2
96% |||||

3
96% |||||

4
96% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||


9
90% |||||

10
90% |||||

棘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



棘のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの棘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの魚類用語 (改訂履歴)、棘 (曲) (改訂履歴)、ウニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS