獲物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 獲物の意味・解説 

え‐もの【獲物】

読み方:えもの

漁猟でとったもの。

他人から奪い取って手に入れたもの。

「獲物」に似た言葉

獲物

作者北方謙三

収載図書時代小説 五十人集 上
出版社新潮社
刊行年月1995.11

収載図書敗者生きざま時代小説選手権
出版社新潮社
刊行年月1998.9
シリーズ名新潮文庫


獲物

作者中村隆資

収載図書輝き一瞬短くて心に残る30
出版社講談社
刊行年月1999.1
シリーズ名講談社文庫


獲物

作者ピーター・フレミング

収載図書贈る物語Terror
出版社光文社
刊行年月2002.11

収載図書贈る物語Terror―みんな怖い話大好
出版社光文社
刊行年月2006.12
シリーズ名光文社文庫


獲物

作者二階堂玲太

収載図書骨の中の煙掌編小説
出版社松風書房
刊行年月2004.10


獲物

作者柏葉幸子

収載図書牡丹さんの不思議な毎日
出版社あかね書房
刊行年月2006.5
シリーズ名あかね・ブックライブラリー


獲物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/22 05:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「獲物」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「獲物」を含むページの一覧/「獲物」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「獲物」が役に立つかも知れません。


獲物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:42 UTC 版)

サバイバルキッズ」の記事における「獲物」の解説

無人島生息している野生動物生きるために狩りか罠で捕らえ必要がある捕らえると肉が手に入る中には反撃し攻撃してくる者も居る。初期2作では弓矢だけでなく、ナイフや斧で直切り付け攻撃し、倒すことも出来る。『-LOST in BLUE-』からは鹿やイノシシなど大型動物は、罠で動き封じないといけない。 全作登場する池・川・海等水辺全般採れる基本的に無限に採れる初期2作では「大き」「小さな魚」の2種類けだったが、『-LOST in BLUE-』からはフナ・アユ・ヤマメなど様々な種類がいる。第2作ではワライウオ・イカリウオ等という名前の主が存在しレアアイテム食べるとパロメーターが全回復する。 全作登場する一定確率出現するなどの種類がある。罠で捕まえるか、弓矢仕留める鳥肉と羽が手に入るシリーズによっては、等、空を飛んでいる種も存在するは、罠で捕まえると、家畜出来る。 キツネ 初期2作に登場好戦的でかなり凶暴見つかると一方的に攻撃してくる上に動き素早く接近戦は殆ど勝ち目なしというかなり手ごわい強敵。ある条件を満たす低確率毛皮手に入るうになるクマ 初期2作に登場動物中最も強く体力もある。倒すと多くの肉が出る。ある条件を満たす低確率毛皮手に入るうになる。『小さな島の大きな秘密!?』ではヒグマ登場しイベントで戦う。 ウサギ 全作登場する動物。倒すと小さな肉が手に入る。『-LOST in BLUE-』からは、仕留めると肉と毛皮手に入る比較的に他の動物よりも毛皮手に入れやすいので、毛皮が欲しい時に重宝するイノシシ 全作登場する動物体力攻撃力も高い。『-LOST in BLUE-』では夜行性のため夜しか現れない。『-LOST in BLUE-2』では罠にかかっていないイノシシに矢を当てると、襲い掛かっ来てイノシシとの戦闘に入る。倒すと肉と毛皮と油が手に入る出現率が低いので肉は貴重品オオカミ 初期2作と『-LOST in BLUE2-』以降登場体力攻撃力高め。『-LOST in BLUE2-』からは夜行性で、一定の所に行くとイベント戦い特定のエリア無限に出てきて、出会う襲って来てバトルになる。倒すと肉と油と毛皮手に入る『2』初戦イベントなので何も手に入らないトカゲ 全作登場初期2作ではランダムフィールド現れ攻撃してくる。倒すと肉が手に入る。『-LOST in BLUE-』からは地面サーチ捕まえる。『小さな島の大きな秘密!?』では出現率は低いがオオトカゲ存在する。場所上、罠を仕掛けられないので、矢1発で仕留めないとならないが、鋭さの高い矢でないと倒すことは出来ない

※この「獲物」の解説は、「サバイバルキッズ」の解説の一部です。
「獲物」を含む「サバイバルキッズ」の記事については、「サバイバルキッズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「獲物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

獲物

出典:『Wiktionary』 (2021/08/19 13:17 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. えもの参照

「獲物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



獲物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

獲物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



獲物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの獲物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサバイバルキッズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの獲物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS