他の動物とは? わかりやすく解説

他の動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 00:04 UTC 版)

剣状突起」の記事における「他の動物」の解説

鳥類の場合剣状突起長い構造しており多くの場合竜骨突起の方に沿う

※この「他の動物」の解説は、「剣状突起」の解説の一部です。
「他の動物」を含む「剣状突起」の記事については、「剣状突起」の概要を参照ください。


他の動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 08:13 UTC 版)

副腎皮質性思春期徴候」の記事における「他の動物」の解説

副腎皮質性思春期徴候はごく少数霊長類にしか見られず、チンパンジーゴリラだけが、ヒトと同様副腎発育パターンを示すという。

※この「他の動物」の解説は、「副腎皮質性思春期徴候」の解説の一部です。
「他の動物」を含む「副腎皮質性思春期徴候」の記事については、「副腎皮質性思春期徴候」の概要を参照ください。


他の動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 01:43 UTC 版)

リンパ球減少症」の記事における「他の動物」の解説

猫白血病ウイルス猫免疫不全ウイルス等のレトロウイルス感染症によるリンパ球減少症は、T細胞免疫調整英語版)で治療する

※この「他の動物」の解説は、「リンパ球減少症」の解説の一部です。
「他の動物」を含む「リンパ球減少症」の記事については、「リンパ球減少症」の概要を参照ください。


他の動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 02:15 UTC 版)

免疫グロブリン軽鎖」の記事における「他の動物」の解説

四肢動物における免疫グロブリン軽鎖遺伝子は、κ、λ、σという3つの異なグループ分類される。κ、λ、σアイソタイプ多様性四肢動物放散進化先んじて生じたものである。σアイソタイプ両生類系統進化後、爬虫類系統出現前に失われた下等脊椎動物では他のタイプ軽鎖存在し軟骨魚類真骨類にはι鎖が存在するラクダ科哺乳類なかでも独特であり、2つ重鎖を含むが軽鎖持たない機能的抗体有するサメ獲得免疫系一部として、IgNARimmunoglobulin new antigen receptor))呼ばれる機能的な重鎖ホモ二量体抗体分子を持っている。ラクダ科重鎖抗体進化の過程で軽鎖パートナー失ったものと考えられているのに対しIgNARはもともと結合する軽鎖を持っていなかったと考えられている。

※この「他の動物」の解説は、「免疫グロブリン軽鎖」の解説の一部です。
「他の動物」を含む「免疫グロブリン軽鎖」の記事については、「免疫グロブリン軽鎖」の概要を参照ください。


他の動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 09:15 UTC 版)

胸椎」の記事における「他の動物」の解説

脊椎動物のうち魚類両生類爬虫類において胸椎定義されていない哺乳類では、肋骨関節する椎骨胸椎定義され腰椎区別されている。四足歩行哺乳類神経発達しており、そこに付着する背側体幹筋発達している。 他の動物では、胸椎の数が大きく異なることがある例えば、ほとんどの有袋類には13個あるが、コアラには11しかない12個から15個が哺乳類では一般的であり、ウマバクサイゾウでは18個から20個であり、極端な例ではナマケモノには25個あり、クジラ目には9個ある。 鳥類において、頸椎から胸椎への移行点は、第一肋骨ではなく第一浮遊肋骨が位置する点として定義される鳥類胸椎には大きく分けて自由胸椎癒合胸椎があり、ニワトリでは第一第二胸椎のみが自由胸椎で、第三第五胸椎互いに癒合するニワトリハト癒合胸椎棒状であるが、アヒルガチョウ靭帯や腱が骨化て強度向上に寄与している。また、癒合胸椎腹側には腹稜が存在し隔膜や斜隔膜付着し鳥類独自の構造を示す最後胸椎複合仙骨形成参加する

※この「他の動物」の解説は、「胸椎」の解説の一部です。
「他の動物」を含む「胸椎」の記事については、「胸椎」の概要を参照ください。


他の動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 21:53 UTC 版)

膣痙攣」の記事における「他の動物」の解説

獣医学分野ミナミオットセイなど性行為時に陰茎抜けるのを防ぐための亀頭球を持つ動物では陰茎抜けなくなる疾患存在するが、人間には亀頭球存在しないので起こりえない。これはオスの側で起き現象で膣による物ではない。

※この「他の動物」の解説は、「膣痙攣」の解説の一部です。
「他の動物」を含む「膣痙攣」の記事については、「膣痙攣」の概要を参照ください。


他の動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 06:05 UTC 版)

腰椎」の記事における「他の動物」の解説

アフリカ類人猿には3,4個の腰椎があり(ボノボ脊柱長く追加椎骨がある)、ヒトには普通5個ある。この違い絶滅したNacholapithecus(尾がなく6個の腰椎を持つ中新世ヒト類)の腰椎初期のアウストラロピテクス初期のヒト属のものと類似しているため、チンパンジーヒト最後の共通祖先長い腰椎領域を持つ長い脊柱持ち腰椎数の減少それぞれの類人猿系統群独立に進化した推測されている。チンパンジーゴリラ腰椎の数が限られており、腰椎曲げる(脊柱前弯ロードシス)ことができない。これはオナガザル科やNacholapithecus、プロコンスルとは対照的であり、最後の共通祖先以前考えられていたようにショートバック("short-backed")ではないことを示唆している

※この「他の動物」の解説は、「腰椎」の解説の一部です。
「他の動物」を含む「腰椎」の記事については、「腰椎」の概要を参照ください。


他の動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 03:01 UTC 版)

叉骨」の記事における「他の動物」の解説

獣脚類恐竜いくつかのグループドロマエオサウルス類オヴィラプトル類ティラノサウルス類トロオドン類コエロフィシス類、アロサウルス類など)でも叉骨発見されている。 進化研究史において、叉骨鳥類の起源ひもとく際に大きな役割担った鳥類恐竜類類似はかなり初期の段階認識され、「ダーウィンブルドッグ」として有名なトマス・ハクスリー1861年始祖鳥骨格化石発見された後、1860年代後半から1870年代前半にかけて鳥類恐竜類縁関係主張している。しかしゲアハート・ハイルマン (Gerhard Heilmann) は1926年発表した鳥類の起源』(The Origin of Birds) 内において、恐竜類鳥類先祖ではあり得ない、という指摘行った進化不可逆性として一度退化によって失われた器官は再び獲得されることはない(ルイ・ドロが提唱したドロの法則」)が、恐竜類鎖骨を持っていないので明確な叉骨をもっている鳥類先祖ではあり得ない、というものである。よって、ハイルマン恐竜鳥類類似点単なる収斂進化よるものであり、鳥類祖先恐竜のさらに先祖槽歯類であるとした。この結論は非常に説得力があったのでその後半世紀近く科学界浸透していた。 現在、鳥類祖先恐竜類であるという説は広く受け入れられているが、その流布大きな貢献をしたのが1970年代ジョン・オストロム研究と、恐竜類における叉骨鎖骨)の発見である。実際には恐竜鎖骨はすでに1924年オヴィラプトル化石中に発見されていたのだが、発見者ヘンリー・オズボーンはそれを鎖骨ではなく鎖骨として記載していた。それが叉骨であると認識されたことによりドロの法則回避され鳥類恐竜祖先説の大きな障害取り除かれた。 ディプロドクス類における間鎖骨発生観察から、Tschopp and Mateus (2013)では叉骨鎖骨癒合由来するではなく変形した鎖骨由来するではないかという説が示されている。

※この「他の動物」の解説は、「叉骨」の解説の一部です。
「他の動物」を含む「叉骨」の記事については、「叉骨」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「他の動物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「他の動物」の関連用語

他の動物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



他の動物のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの剣状突起 (改訂履歴)、副腎皮質性思春期徴候 (改訂履歴)、リンパ球減少症 (改訂履歴)、免疫グロブリン軽鎖 (改訂履歴)、胸椎 (改訂履歴)、膣痙攣 (改訂履歴)、腰椎 (改訂履歴)、叉骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS