ゴリラとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > ゴリラ > ゴリラの意味・解説 

ゴリラ

英訳・(英)同義/類義語:gorilla

哺乳綱霊長目アフリカ棲むGreat ape類人猿)。
「生物学用語辞典」の他の用語
生物の名前総称など:  コケ植物門  コナミドリムシ  コムギサビキン  ゴリラ  サソリ類  サナダムシ  サルパ類

ゴリラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 14:19 UTC 版)

ゴリラは、霊長目ヒト科ゴリラ属(ゴリラぞく、Gorilla)に分類される構成種の総称。


注釈

  1. ^ 1961年2月、ウガンダ国内のムハブラ山でシルバーバックや雌の個体がクロヒョウに捕食された例や、西洋人狩猟家が目撃例として、雌ゴリラが原住民達に棒で殴打され一方的に撲殺された例を挙げている[16]

出典

  1. ^ a b c Colin P. Groves, "Order Primates,". Mammal Species of the World, (3rd ed.), Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, Pages 111-184.
  2. ^ a b c d e f g h 岩本光雄 「サルの分類名(その4:類人猿)」『霊長類研究』第3巻 2号、日本霊長類学会、1987年、119-126頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 山極寿一 「ゴリラ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ6 アフリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2000年、147-148頁。
  4. ^ a b c d e f 山極寿一 「第4章 ゴリラを分類する―種内の変異が示唆すること」『ゴリラ 第2版』、東京大学出版会、2015年、95-123頁。
  5. ^ “Blood Groups in the Species Survival Plan”. アメリカ国立医学図書館. (2010年9月7日). http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4258062/ 2016年1月14日閲覧。 
  6. ^ PubMed Central, Table 4: Zoo Biol. 2011 Jul-Aug; 30(4): 427–444. Published online 2010 Sep 17. doi: 10.1002/zoo.20348”. National Center for Biotechnology Information, U.S. National Library of Medicine. 2019年5月7日閲覧。
  7. ^ “Five-year effort produces a registry of blood types for captive great apes”. ワシントン・ポスト. (2011年1月3日). http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2011/01/03/AR2011010306095.html 2016年1月14日閲覧。 
  8. ^ a b 内田亮子 「現生および中新世大型ヒト上科の変異と進化」『Anthropological Science』104巻 5号、1996年、日本人類学会、372-375頁。
  9. ^ a b c d e f 落合-大平知美、倉島治、赤見理恵、長谷川寿一、平井百樹、松沢哲郎吉川泰弘日本国内の大型類人猿の飼育の過去と現在」『霊長類研究』第22巻 2号、日本霊長類学会、2006年、123-136頁。
  10. ^ 池田清彦 『38億年生物進化の旅』新潮社、2010年、186頁。ISBN 9784104231065 
  11. ^ ヒトはいつチンパンジーと別れたか (遺伝子電子博物館 - 国立遺伝学研究所
  12. ^ a b 山極寿一 「第2章 マウンテンゴリラ ―古典的イメージからの脱却」『ゴリラ 第2版』、東京大学出版会、2015年、21-55頁。
  13. ^ a b c d 山極寿一 「第3章 ローランドゴリラ ―新しいゴリラ像をさぐる」『ゴリラ 第2版』、東京大学出版会、2015年、57-93頁。
  14. ^ a b c d e f g h i j k 山極寿一 「第5章 変化する社会 ―その要因をさぐる」『ゴリラ 第2版』、東京大学出版会、2015年、125-154頁。
  15. ^ a b c d e 山極寿一 「第6章 二つの類人猿 ―ゴリラとチンパンジー」『ゴリラ 第2版』、東京大学出版会、2015年、155-193頁。
  16. ^ a b 小原秀雄 『殺るか殺られるか猛獣もし戦わば : 地上最強の動物は? 』 KKベストセラーズ、1970年。[要ページ番号]
  17. ^ ゴリラの「コロ」、60歳で死ぬ オハイオ州の動物園”. CNN. 2020年9月12日閲覧。
  18. ^ 木村賛「サルからヒトの二足歩行を考える」『バイオメカニズム学会誌』第38巻第3号、バイオメカニズム学会、2014年、 169-174頁。
  19. ^ 「争い」は進化の結果か ゴリラに学び 人を知る(8)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年4月14日閲覧。
  20. ^ ゴリラが胸をたたくわけ|福音館書店”. 福音館書店. 2020年4月14日閲覧。
  21. ^ 春秋” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年4月14日閲覧。
  22. ^ ゴリラに非音声の「幼児語」を確認” (日本語). natgeo.nikkeibp.co.jp. 2020年4月14日閲覧。
  23. ^ Communicaton:ゴリラたちの"おしゃべり" 類人猿の音声コミュニケーション - JT生命誌研究館”. www.brh.co.jp. 2020年4月14日閲覧。
  24. ^ a b 山極寿一 「第7章 共存 ―野生ゴリラの現状と保護対策」『ゴリラ 第2版』、東京大学出版会、2015年、195-235頁。
  25. ^ 特定動物リスト [動物の愛護と適切な管理]”. 環境省. 2018年7月11日閲覧。


「ゴリラ」の続きの解説一覧

ゴリラ(ギンガリラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 23:51 UTC 版)

パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー」の記事における「ゴリラ(ギンガリラ)」の解説

ブルーレンジャーのギャラクシービースト。

※この「ゴリラ(ギンガリラ)」の解説は、「パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー」の解説の一部です。
「ゴリラ(ギンガリラ)」を含む「パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー」の記事については、「パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー」の概要を参照ください。


ゴリラ(2頭目・新ゴリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 00:58 UTC 版)

魁!!クロマティ高校」の記事における「ゴリラ(2頭目・新ゴリ)」の解説

神山達が富士の樹海遭難した時に現れた本作頭目のゴリラ。頭に花をつけている。遭難した神山達を街まで誘導して救ってくれた(しかしこの時神山達はこのゴリラをクラスメイトのゴリラ(豪ヒロミ)だと勘違いしていて、街に出て初め別のゴリラだと気づいた)。

※この「ゴリラ(2頭目・新ゴリ)」の解説は、「魁!!クロマティ高校」の解説の一部です。
「ゴリラ(2頭目・新ゴリ)」を含む「魁!!クロマティ高校」の記事については、「魁!!クロマティ高校」の概要を参照ください。


ゴリラ(3頭目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 00:58 UTC 版)

魁!!クロマティ高校」の記事における「ゴリラ(3頭目)」の解説

神山達が新ゴリ動物園引き渡そうとした際に誤って動物園から連れてきてしまったゴリラ。他の2頭に比べ頭の毛が多い。藤本オフ会にも登場

※この「ゴリラ(3頭目)」の解説は、「魁!!クロマティ高校」の解説の一部です。
「ゴリラ(3頭目)」を含む「魁!!クロマティ高校」の記事については、「魁!!クロマティ高校」の概要を参照ください。


ゴリラ(4頭目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 00:58 UTC 版)

魁!!クロマティ高校」の記事における「ゴリラ(4頭目)」の解説

佐田初登場回で登場した頭目のゴリラ。佐田クロマティ高校のゴリラ(豪ヒロミ含め3頭)を味方につけた際に誤って一緒に連れてきてしまった。

※この「ゴリラ(4頭目)」の解説は、「魁!!クロマティ高校」の解説の一部です。
「ゴリラ(4頭目)」を含む「魁!!クロマティ高校」の記事については、「魁!!クロマティ高校」の概要を参照ください。


ゴリラ(仮名)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 08:55 UTC 版)

ビットワールド」の記事における「ゴリラ(仮名)」の解説

まわしをしたゴリラの姿をしている。牢屋から脱走したツッコミレモンの前に現れ彼のツッコミをものともせず、力づくでレモン抑えた普段は四天王の青に従っている。殿堂入りした芸人拘束するため、ビットやねんに押しかけたが、自分ツッコミ編み出したツッコミレモンの自分ツッコミで青諸共吹っ飛ばされた。

※この「ゴリラ(仮名)」の解説は、「ビットワールド」の解説の一部です。
「ゴリラ(仮名)」を含む「ビットワールド」の記事については、「ビットワールド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ゴリラ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ゴリラ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 14:01 UTC 版)

名詞

ゴリラ

  1. ヒト科ヒト亜科ゴリラ族ゴリラ属大型の類人猿総称アフリカ大陸中部生息食性は、草食傾向の強い雑食学名: Gorilla大猩猩

発音(?)

ご↘りら

翻訳

参照


「ゴリラ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ゴリラと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゴリラ」の関連用語

ゴリラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゴリラのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
HONDAHONDA
COPYRIGHT (C) 2022 Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
eXtreme!SnowBoardeXtreme!SnowBoard
eXtreme! Copyright(C) hiro. All Rights Reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2022 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゴリラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー (改訂履歴)、魁!!クロマティ高校 (改訂履歴)、ビットワールド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのゴリラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS