キックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > キック > キックの意味・解説 

キック【kick】

読み方:きっく

[名](スル)蹴(け)ること。特に、球技などでボールを蹴ること。「フリー―」「ドロップ―」

「キック」に似た言葉

キック

人力エンジンスタートさせる方法エンジンから出ているキックスターターレバーを蹴り込むのでキックという。 どのようなエンジンでも止まっている状態から動き始めるにはきっかけとなる動力がいる。つまり、何らかの外部動力使ってエンジン回転させ、吸気圧縮爆発排気という一連の作業行なう必要があるのだ。このキッカケ得たことによってエンジン初め回転し始める。これはセル始動にせよ、キック始動にせよ絶対条件だ。 またエンジン排気量大きくなるにつれてこのきっかけに必要な力も大きくなるという性質を持っている。つまり排気量大きくなるほどキック始動には大きな力が必要になるのだ。そのためキックスターター備えたエンジンにはデコンプ呼ばれるシリンダー内の圧を抜いて、より始動簡単にする機能備えたモデルもある。いずれにせよキックはコツをつかむまでが大変で慣れないうちに真夏の太陽の下でやろうものなら、たちまち汗だくになってしまう。ただ、バッテリー上がってエンジンかけられるので、いざというとき非常にありがたい。 現在、キック始動のみという車両SR400や一部のオフロード車ぐらい。ほとんどのモデルにおいてセルスターター採用されており、キックスターター付いていてもセルスターター併用という車両が多い。
キック


関連用語オフ車 デコンプ

キック

読み方: きっく
【英】: kick

ガス、油またはその他の地層流体坑井内に浸入してくることをいう。
なんらかの原因により、掘削泥水泥水柱圧力が、掘削している地層地層流体圧力よりも低くなる起こる。キックの原因は、(1) 泥水比重不十分な場合(2) 揚管時に適切な補泥を怠った場合(3) 揚管時にスワッピング作用より大きな圧力低下起きた場合(4) 逸泥により泥水頭が低下した場合(5) 突然不測の高圧層に遭遇した場合などがある。
泥水比重低下もたらす地層流体浸入量が少な場合には、浸入流体種類により、泥水はウォーター・カット(water cut)、ガス・カット(gas cut)またはオイル・カット(oil cut)されたという。また、ガス・カットされた泥水ガス・カット・マッドgas cut mud)という。キックが起きたら迅速にキックをコントロールするか、または坑井抑圧しないと、ブローアウト起こる。

キック[kick]


蹴り技

(キック から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/28 14:48 UTC 版)

蹴り技(けりわざ)は、格闘技武道武術において様々な方向へを繰り出すことにより攻撃防禦を行う技術の総称である。キック足技蹴撃技とも呼ばれる。


  1. ^ (日本語) 【中国武術】基本の蹴り技④側踢腿(そくてきたい)(#052), https://www.youtube.com/watch?v=CKPLXukXfCo 2021年5月17日閲覧。 
  2. ^ (日本語) [LlEE Edu.01]옆차기/側踢/side kick Tip, https://www.youtube.com/watch?v=Wm60kB_ungo 2021年5月17日閲覧。 
  3. ^ 大山倍達 『わがカラテ革命』講談社、1978年、83-87頁。 
  4. ^ 中村カタブツ 『極真外伝 〜極真空手もう一つの闘い〜』ぴいぷる社、1999年、172-186頁。ISBN 4893741373 
  5. ^ 基佐江里、松永倫直「貴公子 二宮城光」『ゴング格闘技1月号増刊 新・極真カラテ強豪100人』、日本スポーツ出版社、1997年1月29日、 88 - 89頁。


「蹴り技」の続きの解説一覧

キック(ソニック&シャドウ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 04:08 UTC 版)

ソニック ヒーローズ」の記事における「キック(ソニック&シャドウ)」の解説

スライディングし近くの敵に攻撃。やや加速する

※この「キック(ソニック&シャドウ)」の解説は、「ソニック ヒーローズ」の解説の一部です。
「キック(ソニック&シャドウ)」を含む「ソニック ヒーローズ」の記事については、「ソニック ヒーローズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「キック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



キックと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キック」の関連用語

キックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キックのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリKikの記事を利用しております。
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2023 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2023 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2023, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2023 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蹴り技 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのソニック ヒーローズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS