モハメド・アリとは? わかりやすく解説

モハメド・アリ

下の映画モハメド・アリ関連してます。


モハメド・アリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/19 09:30 UTC 版)

モハメド・アリMuhammad Ali [muˈhɑməd ɑːˈliː]1942年1月17日 - 2016年6月3日)は、アメリカ合衆国の元プロボクサーケンタッキー州ルイビル出身。本名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア(Cassius Marcellus Clay Jr.)[1]アフリカ系アメリカ人だが、イングランドアイルランドの血も引く[2]。元WBAWBC統一世界ヘビー級チャンピオン。


  1. ^ a b モハメド・アリ死去から2年 宿敵フォアマンが語る「史上最強の男」 - Yahoo!ニュース 2018年6月1日
  2. ^ “Ali has Irish ancestry”. BBC News. (2002年2月9日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/boxing/1810535.stm 2009年8月5日閲覧。 
  3. ^ a b ムハマド・アリ氏死去 メイウェザー氏、レブロン、タイソン氏ら悼む
  4. ^ 伝説の猪木VSアリ戦に決着はない 40年の節目に「世界格闘技の日」
  5. ^ 引退後も闘い続けたアリ氏、最強の男を苦しめたパーキンソン病”. AFPBB News (2016年6月5日). 2016年6月7日閲覧。
  6. ^ アリさん死因、敗血症ショック - asahi.com
  7. ^ モハメド・アリ氏死去 死因は敗血症と遺族明かす 2016年06月6日 - bbc.com
  8. ^ アリ氏の娘婿ケビンがUFC大会で悲しみのドロー 日刊スポーツ 2016年6月6日
  9. ^ アリの孫ウォルシュが1回KO勝ちでデビュー5連勝「しっかりと終わらせる、これが私の使命」”. 日刊スポーツ (2022年5月1日). 2022年5月1日閲覧。
  10. ^ ムハマド・アリとは、いったい何者であったのか”. 日刊スポーツ (2016年12月23日). 2022年8月19日閲覧。
  11. ^ ICON Mike Tyson explains legend of Sugar Ray Robinson – the man Muhammad Ali described as the ‘pound-for-pound greatest of all time’ talkSPORT 2021年12月28日
  12. ^ 5 Stories You Didn’t Know About Muhammad Ali”. The.Huffington.Post.com (2016年6月4日). 2016年6月7日閲覧。
  13. ^ カシアス・クレイ、そしてモハメド・アリの伝説”. 産経新聞 (2016年6月6日). 2016年6月7日閲覧。
  14. ^ 『ボクシングヘビー級最強伝説 ◎世界を制覇した男たち』ベースボール・マガジン社、2009年、39ページ。
  15. ^ 『スポーツ20世紀8 カリスマの系譜 スーパースター最強列伝』ベースボール・マガジン社、2001年、32ページ。
  16. ^ トマス・ハウザー「モハメド・アリ(下)」岩波現代文庫377頁
  17. ^ モハメド・アリ、曾祖父の故郷アイルランドで名誉市民に AFPBB News 2009年9月2日閲覧
  18. ^ 元世界ヘビー級チャンピオン モハメド・アリ氏 死去 NHKニュース 2016年6月4日閲覧
  19. ^ モハメド・アリは、ベトナム戦争反対に全てを賭けた”. The Huffington Post. 2016年6月12日閲覧。
  20. ^ Micklos, John Jr. (2010). Muhammad Ali: "I Am the Greatest". Berkeley Heights, NJ: Enslow Publishers. p. 54. ISBN 978-0-7660-3381-8. https://books.google.com/books?id=wjeaQAmQ0FMC&pg=PA54 
  21. ^ a b Ep. 6: "How Much You Gonna Pay Me?" - Rahman Ali”. Ali: A Life. 2021年2月17日閲覧。
  22. ^ Hauser, Thomas (2012). Muhammad Ali: His Life and Times. Open Road Integrated Media. p. 252. ISBN 978-1-4532-4119-6 
  23. ^ “Muhammad Ali's Daughter, May May Ali, Writes Children's Book About His Boxing Career”. Jet (Johnson Publishing Company) 104 (24): 38–39. (December 8, 2003). ISSN 0021-5996. https://books.google.com/books?id=L7QDAAAAMBAJ&pg=PA38. 
  24. ^ Ali's camp now a bed and breakfast”. ESPN. 2012年1月29日閲覧。
  25. ^ “ALI DAUGHTER TOSSES BOOK IN RING”. New York Daily News. (2001年3月18日). http://www.nydailynews.com/archives/gossip/ali-daughter-tosses-book-ring-article-1.906525 
  26. ^ “Former three-time heavyweight boxing champion Muhammad Ali agreed Tuesday ...”. UPI. (1986年1月28日). http://www.upi.com/Archives/1986/01/28/Former-three-time-heavyweight-boxing-champion-Muhammad-Ali-agreed-Tuesday/9145507272400/ 
  27. ^ Muhammed Ali Biography (sic)”. Lifetime (2006年5月23日). 2015年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月1日閲覧。
  28. ^ a b “Muhammad Ali's ex-wife reveals details about their secret wedding”. USA Today. (2016年6月6日). http://ftw.usatoday.com/2014/10/muhammad-alis-ex-wife-reveals-details-about-their-secret-wedding 
  29. ^ Muhammad Ali's Ex-Wives Forgave His Infidelity” (英語). PEOPLE.com. 2020年10月28日閲覧。
  30. ^ Allen, Nick (June 5, 2016), "Could Muhammad Ali's $80m fortune become subject of bitter legal battle?", The Daily Telegraph.
  31. ^ “Muhammad Ali confesses illness put a stop to his 'girl chasing,' but his son is just starting.”. Jet (Johnson Publishing Company) 91 (10): 32–33. (January 27, 1997). ISSN 0021-5996. https://books.google.com/books?id=LjsDAAAAMBAJ&pg=PA32 2017年3月14日閲覧。. 
  32. ^ Miller, Davis (1993年9月12日). “Still Larger Than Life – To Millions, Muhammad Ali Will Always Be The Champ”. The Seattle Times. http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=19930912&slug=1720560 2009年8月5日閲覧。 
  33. ^ Laufenberg, Norbert B. (2005). Entertainment Celebrities. Trafford Publishing. p. 9. ISBN 978-1-4120-5335-8. https://books.google.com/books?id=mzTW9Nitee4C 2010年12月5日閲覧。 
  34. ^ Bollinger, Rhett. “Angels draft boxing legend Ali's son”. Major League Baseball. http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20090611&content_id=5270622&vkey=news_mlb&fext=.jsp&c_id=mlb 2016年6月5日閲覧。 
  35. ^ Bucktin, Christopher (2014年9月13日). “Muhammad Ali's secret daughter begs to see boxing legend one more time 'before he dies'”. Daily Mirror. https://www.mirror.co.uk/news/world-news/muhammad-alis-secret-daughter-begs-4256662 2016年6月6日閲覧。 
  36. ^ Ofori-Mensah (2016年6月5日). “6 Facts About Kiiursti Mensah Ali, Muhammed Ali's Ghanaian Daughter You Need To Know (sic)”. omgvoice.com. 2016年6月6日閲覧。
  37. ^ Foster, Peter; Allen, Nick (2016年6月4日). “Muhammad Ali's tangled love life leaves troubled legacy”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/06/04/muhammad-alis-tangled-love-life-leaves-troubled-legacy/ 2016年6月6日閲覧。 
  38. ^ “Ali's alleged lovechild talks to tabloids”. The Daily Express. (2010年2月11日). http://www.express.co.uk/celebrity-news/157579/Ali-s-alleged-lovechild-talks-to-tabloids 2016年10月15日閲覧。 
  39. ^ “An 18-year-old woman has filed suit seeking $3 million ...”. United Press International. (1981年4月24日). https://www.upi.com/Archives/1981/04/24/An-18-year-old-woman-has-filed-suit-seeking-3-million/3454356936400/ 2018年5月27日閲覧。 
  40. ^ TEMICA WILLIAMS a/k/a Rebecca Jean Holloway, Plaintiff-Appellant, v. MUHAMMAD ALI, Defendant-Appellee. All Court Data. http://www.allcourtdata.com/law/case/williams-v-ali/cw3BaicI?page=1 2016年10月15日閲覧。 
  41. ^ Eig, Jonathan (October 3, 2017) (英語). Ali: A Life: Shortlisted for the William Hill Sports Book of the Year 2017. Simon & Schuster UK. ISBN 978-1-4711-5596-3. https://books.google.com/books?id=JzjeDQAAQBAJ&q=veronica+everyone+in+the+camp+girl+veronica+temica+ali&pg=PR55 
  42. ^ Eig, Jonathan (2017). Ali: A Life. London: Simon & Schuster. p. 416. ISBN 978-1471155932. OCLC 968294310 
  43. ^ “'Ali: A Life': A biography that's not The Greatest - The Ring” (英語). The Ring. (2017年9月29日). https://www.ringtv.com/518783-ali-life-biography-thats-not-greatest/ 2020年9月6日閲覧。 
  44. ^ “Brother: Muhammad Ali's health failing”. United Press International. オリジナルの2014年8月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140813104029/http://www.upi.com/Sports_News/2013/02/04/Brother-Muhammad-Alis-health-failing/UPI-72601359961200/ 2014年9月4日閲覧。 
  45. ^ Brewer, Dale (2018年9月16日). “When Ali was King”. The Herald-Palladium. https://www.heraldpalladium.com/news/when-ali-was-king/article_b2f9f7b8-6988-57e1-a73f-78c2fdf67312.html 2018年9月16日閲覧。 
  46. ^ Shafer, Sheldon S. (2007年1月25日). “Ali coming home, buys house in Jefferson County”. The Courier-Journal. オリジナルの2009年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090325161651/http://www.greaterlouisville.com/content/community/FYI/pdf/files/ali%20will%20return%20home,%20buys%20louisville%20house.pdf 2007年1月25日閲覧。 
  47. ^ Patricia Sheridan (December 3, 2007) "Patricia Sheridan's Breakfast With ... Lonnie Ali" Archived January 18, 2012, at the Wayback Machine., Pittsburgh Post-Gazette. Retrieved July 28, 2009.
  48. ^ Laila Ali”. Womenboxing.com. 2012年1月29日閲覧。
  49. ^ Boxing- Muhammad Ali”. Womenboxing.com (2001年6月8日). 2012年1月29日閲覧。
  50. ^ “Laila Ali, With Her Father Watching, Stays Undefeated”. New York Times. (2005年6月12日). https://www.nytimes.com/2005/06/12/sports/othersports/laila-ali-with-her-father-watching-stays-undefeated.html 2018年5月26日閲覧。 
  51. ^ Cepeda, Elias (2016年6月4日). “Kevin Casey will fight at UFC 199 despite passing of father-in-law Muhammad Ali”. Fox Sports. http://www.foxsports.com/ufc/story/kevin-casey-will-fight-at-ufc-199-despite-passing-of-legendary-father-in-law-muhammad-ali-060416 2016年6月6日閲覧。 
  52. ^ Mohammed, Sagal (2018年9月2日). “My dad, the greatest: Hana Ali recalls the crushing heartache that would haunt her father his whole life” (英語). YOU Magazine. 2020年10月11日閲覧。
  53. ^ Muhammad Ali: They Look Like They're Happy Together” (英語). HuffPost (2016年6月17日). 2020年9月21日閲覧。
  54. ^ デイビッド・レムニック 『モハメド・アリ―その闘いのすべて』 佐々木純子訳、阪急コミュニケーションズ、2001年9月
  55. ^ 元世界ヘビー級チャンピオン モハメド・アリ氏 死去 NHKニュース(2016年6月4日)
  56. ^ “Frazier TKO Victim After 14, Ali 勝s Thriller in Manila”. Milwaukee Sentinel. (1975年10月1日). https://news.google.com/newspapers?nid=1368&dat=19751001&id=Y8UVAAAAIBAJ&sjid=0REEAAAAIBAJ&pg=6766,101331&hl=en 2016年3月13日閲覧。 
  57. ^ Steen, Rob (2006年10月29日). “Obituary: Trevor Berbick”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/news/2006/oct/30/guardianobituaries.sport 2011年9月25日閲覧。 
  58. ^ "Clay Liston I",
    WBA, WBC, The Ring & Lineal ヘビー級タイトル;
    Stripped of WBA title on June 19, 1964.



モハメド・アリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 01:46 UTC 版)

PLUTO」の記事における「モハメド・アリ」の解説

ゲジヒトペルシャサマルカンド出会った花売りロボットゲジヒトにサハドの名前と留学先教えた。体が半壊しているが、サハドに憧れ将来学者なりたい思っているその後ゴジにより操られアムステルダムにいたゲジヒト前に姿を現し、彼を銃で撃ち殺害するゲジヒト射殺した際、自らも半壊ロボットだった上、高反動クラスター弾衝撃によって機能停止した。

※この「モハメド・アリ」の解説は、「PLUTO」の解説の一部です。
「モハメド・アリ」を含む「PLUTO」の記事については、「PLUTO」の概要を参照ください。


モハメド・アリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:08 UTC 版)

ドン・キング」の記事における「モハメド・アリ」の解説

1982年キングはモハメド・アリからラリー・ホームズ対戦した時のファイトマネーのうち110ドル未払いだとして告訴されると、アリ旧友であるエレミヤ・シャバスに助け求めた現金5万ドル入ったスーツケース訴訟取り下げ約束させる書類渡し入院中アリ訪ねて5万ドル渡し書類サインもらって来るよう頼んだ病気患い金が必要だったアリ5万ドル受け取り訴訟取り下げだけでなくアリプロモートキング与えと書かれた文書にもサインをしてしまう。この事を聞いたアリ弁護士は、なんの相談もなくアリがたった5万ドルのために訴訟取り下げてしまったことに涙した

※この「モハメド・アリ」の解説は、「ドン・キング」の解説の一部です。
「モハメド・アリ」を含む「ドン・キング」の記事については、「ドン・キング」の概要を参照ください。


モハメド・アリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 00:48 UTC 版)

カシアス・マーセラス・クレイ (政治家)」の記事における「モハメド・アリ」の解説

ケンタッキー州に住むアフリカ系アメリカ人奴隷の子孫であるハーマン・ヒートン・クレイは、クレイ死の9年後に生まれた息子に、同郷奴隷解放主義者であるクレイあやかって、全く同じカシアス・マーセラス・クレイという名前をつけた。このカシアス・クレイは、自分の息子にも同じ名前をつけた。このカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニアは、後に世界ヘビー級チャンピオンプロボクサーとなり、イスラム教改宗した後にモハメド・アリと改名したアリイスラム教改宗した後、それまで自分の前は奴隷の名前」であり、「自分で選んだわけではないし、望んでもいない」と述べたアリ自伝の中で、「(自分の名前の由来となったクレイ奴隷解放したかもしれないが、彼は白人至上主義しがみついていた」と書いた。そして、アリは、改名至った理由次のように述べた。「なぜ私は、(私につけられた)白人奴隷主人の名前はに見えるようにして、黒人祖先見えないまま、知らないまま、名誉を与えられないままにしなければならないのだ?」

※この「モハメド・アリ」の解説は、「カシアス・マーセラス・クレイ (政治家)」の解説の一部です。
「モハメド・アリ」を含む「カシアス・マーセラス・クレイ (政治家)」の記事については、「カシアス・マーセラス・クレイ (政治家)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「モハメド・アリ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「モハメド・アリ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

モハメド・アリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モハメド・アリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモハメド・アリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのPLUTO (改訂履歴)、ドン・キング (改訂履歴)、カシアス・マーセラス・クレイ (政治家) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS