ヘビー級とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ヘビー級の意味・解説 

ヘビー‐きゅう〔‐キフ〕【ヘビー級】


ヘビー級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 02:29 UTC 版)

ヘビー級: heavy weight)は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つ。ヘビーは「重い」の意。


  1. ^ 2018年度ジュニアユースアカデミー 参加メンバー決定のお知らせ”. 日本バスケットボール協会 (2019年8月3日). 2018年10月18日閲覧。
  2. ^ 今日56年ぶりヘビー級日本王座戦 - ボクシングニュース 日刊スポーツ
  3. ^ 日本にS・ミドル級超ランキング設置”. ボクシングニュース「Box-on!」 (2009年9月24日). 2010年3月31日閲覧。
  4. ^ ヘビーなど4重量級を追加 ボクシング日本ランキング”. 朝日新聞 (2009年9月24日). 2009年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年3月31日閲覧。
  5. ^ 来たれ、ヘビー級ボクサー 初のプロテスト開催”. 朝日新聞 (2009年12月14日). 2009年12月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年4月22日閲覧。
  6. ^ “復活ヘビー級に3人、重量級プロテスト”. 日刊スポーツ. (2009年12月9日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20091209-573982.html 
  7. ^ “京太郎ら参戦 初のヘビー級新人トーナメント開催へ”. スポーツニッポン. (2012年4月22日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2012/04/22/kiji/K20120422003100000.html 
  8. ^ “ヘビー級新人日本一決定戦を12月開催/BOX”. サンケイスポーツ. (2012年7月24日). http://www.sanspo.com/sports/news/20120724/box12072405030000-n1.html 
  9. ^ “[ボクシング]元力士・大和藤中が雪辱KO勝ち…全日本新人王決勝戦”. スポーツ報知. (2012年12月17日). http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/sports/article/news/20121217-OHO1T00118.htm 
  10. ^ “国内ヘビー級戦を来春実施 JBCに王者認定要請へ”. 産経新聞. (2012年7月28日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/120728/mrt12072819160000-n1.htm 
  11. ^ “藤本がKOでピーター下す 日本ヘビー級決定戦”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年7月25日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/07/blog-post_6164.html 
  12. ^ Fujimoto defeats Nasio to win vacant OPBF heavyweight belt Fightnews.com 2017年1月15日
  13. ^ 藤本京太郎がヘビー級3冠目獲得、WBO王者に挑戦状 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月8日
  14. ^ NAC 467.7956 Weight classes of unarmed combatants; weight loss after weigh-in. NSAC公式サイト 2010年3月15日閲覧
  15. ^ 6. Age, Weight Divisions and Weigh-inWorld Muaythai Council 2020年4月3日


「ヘビー級」の続きの解説一覧

ヘビー級(-265lbs:-120.2kg)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 01:49 UTC 版)

パンクラス王者一覧」の記事における「ヘビー級(-265lbs:-120.2kg)」の解説

2007年12月までは-100kg。 代氏名在位期間防衛回数備考高橋義生 2001年12月1日 - 2005年3月返上1 2 アルボーシャス・タイガー 2006年8月27日 - 2007年5月23日返上0 3 アスエリオ・シウバ 2007年5月30日 - 2007年12月返上) 0 空位 2007年12月 - 現在

※この「ヘビー級(-265lbs:-120.2kg)」の解説は、「パンクラス王者一覧」の解説の一部です。
「ヘビー級(-265lbs:-120.2kg)」を含む「パンクラス王者一覧」の記事については、「パンクラス王者一覧」の概要を参照ください。


ヘビー級(-120.2kg)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/21 20:16 UTC 版)

修斗南米大陸王者一覧」の記事における「ヘビー級(-120.2kg)」の解説

氏名在位期間防衛回数備考初 グトー・イノセンチ 2010年9月7日 - 不明 0 2 グローバー・テイシェイラ 2011年8月5日 - 不明返上) 0 テイシェイラライトヘビー級転向UFC契約により王座返上。 3 フランシマール・バホーゾ 2012年11月23日 - 不明返上0 4 カルロス・エドゥアルド 2013年7月12日 0 5 ハファエル・ヴィアナ 2014年12月21日 1 6 エドゥアルド・シウバ 2016年4月4日 0

※この「ヘビー級(-120.2kg)」の解説は、「修斗南米大陸王者一覧」の解説の一部です。
「ヘビー級(-120.2kg)」を含む「修斗南米大陸王者一覧」の記事については、「修斗南米大陸王者一覧」の概要を参照ください。


ヘビー級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/06 06:54 UTC 版)

世界ボクシング評議会ムエタイ欧州王者一覧」の記事における「ヘビー級」の解説

氏名獲得喪失日在日数防衛回数 カルロス・デグラカ(カルロス・モンテイロ・グラカ) 2016年11月19日 ? ? ? イギリス・イングランド・ウェスト・サセックスの「コプトーン・ホテル・エフィンガム」で行われたMuay Thai Mayhem」において、リンドン・ノウルズ( イギリス)を3R TKO肘打ち)を下し王座獲得

※この「ヘビー級」の解説は、「世界ボクシング評議会ムエタイ欧州王者一覧」の解説の一部です。
「ヘビー級」を含む「世界ボクシング評議会ムエタイ欧州王者一覧」の記事については、「世界ボクシング評議会ムエタイ欧州王者一覧」の概要を参照ください。


ヘビー級(-120.2kg)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 01:26 UTC 版)

プロ修斗選手一覧」の記事における「ヘビー級(-120.2kg)」の解説

2014年12月までは-100kg。 エンセン井上 ソア・パラレイ ミカ・イルメン ミンダウガス・クリカウスキス ユノラフ・エイネモ

※この「ヘビー級(-120.2kg)」の解説は、「プロ修斗選手一覧」の解説の一部です。
「ヘビー級(-120.2kg)」を含む「プロ修斗選手一覧」の記事については、「プロ修斗選手一覧」の概要を参照ください。


ヘビー級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 21:03 UTC 版)

世界ボクシング評議会ムエタイ・インターナショナル王者一覧」の記事における「ヘビー級」の解説

氏名獲得喪失日在日数防衛回数 張慶軍(ジャン・チンジュン) 2005年9月9日 ? ? ? 香港のエリザベス・スタジアムで行われたXplosion Hong Kong 2005」において、マレック・ボグスウィッツ( イギリス/ イングランド)を1RKOで下し王座獲得 暫定 リカルド・ファン・デン・ボス 2007年1月13日 2010年1月2日 ? 2 タイ・パタヤの「Thepprasit Boxing Stadium」において、マレックス・ガジエフ( ロシア)を5R判定2-1下し暫定王座獲得2008年1月4日、タイ・パタヤの「フェアテックス・スタジアム」において、トマシュ・ヴォジニアク( ポーランド)を5R判定3-0(48-46/48-46/47-46)で下し初防衛成功2009年1月2日、タイ・パタヤの「マイク・ショッピングモール」において、アッバース・アストラキ( イラン)を3R下し2度目王座防衛成功。 ファイサル・ザカリア 2010年1月2日 ? ? ? 2010年1月2日、タイ・パタヤにおいて、リカルド・ファン・デン・ボス( オランダ)を5R判定下し王座獲得

※この「ヘビー級」の解説は、「世界ボクシング評議会ムエタイ・インターナショナル王者一覧」の解説の一部です。
「ヘビー級」を含む「世界ボクシング評議会ムエタイ・インターナショナル王者一覧」の記事については、「世界ボクシング評議会ムエタイ・インターナショナル王者一覧」の概要を参照ください。


ヘビー級(212lbs/96.4kg)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 07:35 UTC 版)

国際競技空手協会男子世界王者一覧」の記事における「ヘビー級(212lbs/96.4kg)」の解説

氏名獲得喪失日在日数防衛回数 デニス・アレクシオ 1988年6月3日アメリカ合衆国ネバダ州ステートラインでジェフ・バック( アメリカ合衆国/ISKA同級7位、WKA北米ヘビー級王者)と対戦(2分12R制)。5R 1:32 KO(左ボディブロー)で下し王座防衛成功バック4Rボディへの右バックスピンキックダウン1あり。 Sundae Abiqudun

※この「ヘビー級(212lbs/96.4kg)」の解説は、「国際競技空手協会男子世界王者一覧」の解説の一部です。
「ヘビー級(212lbs/96.4kg)」を含む「国際競技空手協会男子世界王者一覧」の記事については、「国際競技空手協会男子世界王者一覧」の概要を参照ください。


ヘビー級(220lbs/100kg)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 07:35 UTC 版)

国際競技空手協会男子世界王者一覧」の記事における「ヘビー級(220lbs/100kg)」の解説

氏名獲得喪失日在日数防衛回数 ママドゥ・ケイタ 2020年2月8日 2020年2月8日、ベルギー・アントワープで行われた「The Battle of San Marco」において、ルイス・モライス( ポルトガル)と対戦5R判定3-0下し空位王座獲得

※この「ヘビー級(220lbs/100kg)」の解説は、「国際競技空手協会男子世界王者一覧」の解説の一部です。
「ヘビー級(220lbs/100kg)」を含む「国際競技空手協会男子世界王者一覧」の記事については、「国際競技空手協会男子世界王者一覧」の概要を参照ください。


ヘビー級(-120kg)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 10:56 UTC 版)

ONE Championship王者一覧」の記事における「ヘビー級(-120kg)」の解説

2016年1月までは-125kg。 代氏名在位期間防衛回数備考ブランドン・ヴェラ 2015年12月11日 - 2021年5月15日 2 ○ 関根"シュレック"秀樹(ONE 50)○ マウロ・セリーリ(ONE Championship: Conquest of Champions) 2 アルジャン・ブラー 2021年5月15日 - 現在 0 暫 アナトリー・マリキン 2022年2月11日 - 現在 0

※この「ヘビー級(-120kg)」の解説は、「ONE Championship王者一覧」の解説の一部です。
「ヘビー級(-120kg)」を含む「ONE Championship王者一覧」の記事については、「ONE Championship王者一覧」の概要を参照ください。


ヘビー級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 07:45 UTC 版)

石田順裕」の記事における「ヘビー級」の解説

2013年12月16日付でヘビー級に転向した。まだヘビー級での実績がないため、JBC石田日本ヘビー級ランカー入り保留にした。 2014年1月11日後楽園ホールにて大和藤中相手に「ヘビー級査定公開スパーリング」を行いミドル級2度世界王座挑戦経験したWBA世界スーパーウェルター級暫定王者老獪なボクシング披露した石田3分3ラウンドスパーリング終了後に「まだ動き悪くスタミナにも問題があった」と振り返ったが、一部報道で「初回石田大和強烈な左フック浴びて一瞬ヒヤリとした」などとされたことに対しては、クリーンヒットしていない主張。しかし、同月28日開かれたランキング委員会石田日本ヘビー級ランカー入り見送られたため、同年4月30日後楽園ホール日本ヘビー級王者藤本京太郎とヘビー級ノンタイトル8回戦行い3Rには右ストレート藤本ぐらつかせる場面もあったが、0-3(2者が75-77、76-77)の判定負け喫した。この試合内容認められJBC5月29日石田日本ヘビー級2位ランクインした。 2014年9月14日UBOクルーザー級王者・ダビド・ラデフ(フランス)と大阪ボディメーカーコロシアム第2競技場でヘビー級8回戦行い3-0(78-74、78-74、78-73)の判定勝ち収め復帰戦勝利飾った試合後、改め日本ヘビー級王者藤本京太郎との再戦要請した2014年12月27日大阪市住吉区センター日本ヘビー級2位竹原虎辰対戦し竹原の4回終了時棄権によりノンタイトル8回戦制した2015年4月30日後楽園ホール日本ヘビー級王者藤本京太郎1年ぶりに再戦し、1-2(94-96、95-96、96-95)の判定負け喫し王座獲得失敗した2015年6月19日大阪市東成区グリーンツダボクシングクラブ現役引退発表した2015年8月2日大阪府立体育会館引退興行行いクレイジー・キムとのスパーリング披露し、「6歳からボクシングを始め30年以上になります長い間応援ありがとうございました。」と挨拶し、「今日泣く思っていましたが、泣く以上に第2の人生楽しみです。」と語り笑顔でリング去った

※この「ヘビー級」の解説は、「石田順裕」の解説の一部です。
「ヘビー級」を含む「石田順裕」の記事については、「石田順裕」の概要を参照ください。


ヘビー級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 18:39 UTC 版)

オレクサンドル・ウシク」の記事における「ヘビー級」の解説

2019年5月25日メリーランド州オクソンヒルのMGMナショナル・ハーバー内ザ・シアターにてカルロス・タカムとヘビー級転級後の最初の試合を行う予定でいたが、ウシク6日練習中右上腕の筋肉傷めた為、試合延期となった2019年6月4日WBCウシク休養王者認定した2019年6月23日WBO世界タイトルマッチ委員会でヘビー級に転向したウシクをヘビー級の指名挑戦者選定した2019年10月12日シカゴのウィントラスト・アリーナでWBO世界ヘビー級6位のタイロン・スポーンとヘビー級転級後の最初の試合を行う予定であったが、VADA(ボランティア・アンチ・ドーピング協会)が実施した抜き打ち検査でスボーンから違反薬物発見された為、対戦相手がチェズ・ウィザスプーンに変更された。試合は7回終了TKO勝ちを収めた2020年5月23日デレック・チゾラ対戦決まっていたが新型コロナウイルス感染拡大の影響試合延期になった2020年10月31日WBOインターコンチネンタルヘビー級王者デレック・チゾラ対戦し12判定勝ち収め王座獲得した

※この「ヘビー級」の解説は、「オレクサンドル・ウシク」の解説の一部です。
「ヘビー級」を含む「オレクサンドル・ウシク」の記事については、「オレクサンドル・ウシク」の概要を参照ください。


ヘビー級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 00:36 UTC 版)

イベンダー・ホリフィールド」の記事における「ヘビー級」の解説

1988年7月16日、ヘビー級に階級上げて試合を行う。 1989年3月10日、元WBA世界ヘビー級王者マイケル・ドークス10ラウンドTKO破りWBC米大陸ヘビー級王座獲得3度防衛1990年1月ホリフィールドがヘビー級に転向してから長らく期待されていたマイク・タイソンとの対戦6月18日行われること遂に決定するが、タイソン2月11日まさかの番狂わせジェームス・ダグラス負けてしまう。タイソンプロモータードン・キング再戦要求するが、ダグラスタイソンとの再戦拒否してホリフィールド対戦することを選択した1990年10月25日ジェームス・ダグラス対戦タイソン戦よりも15ポンド(6.8kg)重い246ポンド(111.6kg)の弛んだ体で現れたダグラスに対しホリフィールド208ポンド(94.3kg)で体重差が約17kgあったが、3ラウンドKOダグラス破りWBAWBCIBF統一世界ヘビー級王座獲得2階制覇。この試合ホリフィールドは8,025,000ドルダグラス24,075,000ドルファイトマネー稼いだ1991年4月19日ジョージ・フォアマン判定破り初防衛成功。この試合ペイ・パー・ビュー140売り上げホリフィールド2000ドルフォアマン1250ファイトマネー保証されたマイク・タイソン1991年11月8日対戦することで契約完了するが、タイソン肋骨負傷して延期になった直後にレイプ事件刑務所へ長期間収監され中止になる1992年11月13日リディック・ボウ判定負けし、プロで初敗北喫し王座から陥落した1993年11月6日リディック・ボウ判定勝ちし、WBAIBF世界ヘビー級タイトル獲得。この試合で7回にパラシュートで男がリング落下してくる有名な事件起きている1994年4月22日マイケル・モーラー判定負けし、WBAIBF王座から陥落した

※この「ヘビー級」の解説は、「イベンダー・ホリフィールド」の解説の一部です。
「ヘビー級」を含む「イベンダー・ホリフィールド」の記事については、「イベンダー・ホリフィールド」の概要を参照ください。


ヘビー級(-120.2kg)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 09:06 UTC 版)

修斗世界王者一覧」の記事における「ヘビー級(-120.2kg)」の解説

2014年12月までは-100kg。 代氏名在位期間防衛回数備考エンセン井上 1997年10月12日 - 1999年9月5日返上) 0

※この「ヘビー級(-120.2kg)」の解説は、「修斗世界王者一覧」の解説の一部です。
「ヘビー級(-120.2kg)」を含む「修斗世界王者一覧」の記事については、「修斗世界王者一覧」の概要を参照ください。


ヘビー級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 07:45 UTC 版)

世界ボクシング評議会ムエタイ世界王者一覧」の記事における「ヘビー級」の解説

氏名獲得喪失日在日数防衛回数1 シェイン・デル・ロザリオ(通称)ロッキー・ロザリオ 2007年9月8日 2008年1月12日 126 0 アメリカ・カリフォルニア州ガーデナの「ノルマンディー・カジノ」において、ロザリオ2Rにリカルド・ファン・デン・ボス ( オランダ/WBCムエタイ同級インターナショナル王者) から3度ダウン奪いKO王座獲得。. 2 ギンティ・ブレーダ 2008年1月12日 ? ? 0 アメリカ・ネバダ州ラスベガスの「ヒルトン・カジノ・ホテル」において、ブレーダがシェイン・デル・ロザリオ( アメリカ合衆国)を1RKOで下し王座獲得。その16日後の1月28日に、ブレーダアムステルダムでトレーニング中に心肺停止状態陥り死去した享年22。 3 シェイン・デル・ロザリオ(通称)ロッキー・ロザリオ 2008年7月26日 ? ? 0 アメリカ・ネバダ州ラスベガスの「ラスベガス・ヒルトンホテル」において、ラウル・ロメロ( メキシコ) を2R 1:20 KO下し王座獲得。 4 クリスティアン・ボッシュ(本名)クリスティアン・ガブリエル・ゴンサレス・ボッシュ 2011年4月2日 2012年6月9日 434 0 メキシコ・メキシコシティにおいて、ボッシュがラウル・ロメロ( メキシコ) を1RKO(右ストレート)で下し王座獲得。 5 ファビアーノ・サイクロン本名)エジウソン・ファビアーノ・ゴンサルベス・アオキ 2012年6月9日 ? ? 0 タイ・ノンタブリー県パーククレット郡の「インパクト・ムアントーンターニー」において、ファビアーノがクリスティアン・ボッシュ( アルゼンチン)を1RKO(右飛膝蹴り)で下し王座獲得.その後数年間休養扱い(in recess)になる。 6 ザビット・サメドフ 2016年8月23日 現行 1628 0 ロシア・グロズヌイの「スポーツ・ホール・コリジョン」において、サメドフがカタリン・モロサヌ( ルーマニア)を1RKO(右飛膝蹴り)で下し王座獲得

※この「ヘビー級」の解説は、「世界ボクシング評議会ムエタイ世界王者一覧」の解説の一部です。
「ヘビー級」を含む「世界ボクシング評議会ムエタイ世界王者一覧」の記事については、「世界ボクシング評議会ムエタイ世界王者一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヘビー級」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ヘビー級」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヘビー級のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヘビー級のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘビー級 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパンクラス王者一覧 (改訂履歴)、修斗南米大陸王者一覧 (改訂履歴)、世界ボクシング評議会ムエタイ欧州王者一覧 (改訂履歴)、プロ修斗選手一覧 (改訂履歴)、世界ボクシング評議会ムエタイ・インターナショナル王者一覧 (改訂履歴)、国際競技空手協会男子世界王者一覧 (改訂履歴)、ONE Championship王者一覧 (改訂履歴)、石田順裕 (改訂履歴)、オレクサンドル・ウシク (改訂履歴)、イベンダー・ホリフィールド (改訂履歴)、修斗世界王者一覧 (改訂履歴)、世界ボクシング評議会ムエタイ世界王者一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS