バスケットボールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > ボール > バスケットボールの意味・解説 

basketball

別表記:バスケットボール

「basketball」の意味・「basketball」とは

「basketball」は、一般的には2つチーム競い合いボール相手方ゴールバスケット)に投げ入れることで得点競うスポーツ一つである。このゲームは、5人のプレイヤーから成るチームが、コート上でドリブルパス用いてボール運び相手方バスケットシュート決めることを目指すまた、「basketball」は、このスポーツ使用される球体のことを指すこともある。

「basketball」の発音・読み方

「basketball」の発音は、IPA表記では /ˈbæskɪtbɔːl/ となる。これをカタカナ置き換えると「バスキットボール」となる。日本人発音する際のカタカナ英語では「バスケットボール」となる。

「basketball」の定義を英語で解説

「Basketball」 is a sport played by two teams of five players on a rectangular court. The objective is to shoot a ball through a hoop 18 inches (46 cm) in diameter and 10 feet (3.048 m) high mounted to a backboard at each end. It can also refer to the ball used in this sport.

「basketball」の類語

「basketball」の類語としては、「hoops」や「b-ball」がある。これらはいずれも、バスケットボールを指す俗語略語である。「hoops」は、バスケットボールのゴールである「フープ」から派生した言葉で、「b-ball」は「basketball」の頭文字最後の音を取ったのである

「basketball」に関連する用語・表現

「basketball」に関連する用語表現には、「dribble」(ドリブル)、「pass」(パス)、「shoot」(シュート)、「rebound」(リバウンド)、などがある。これらはバスケットボールのプレイ一部を指す専門用語である。

「basketball」の例文

1. He plays basketball every weekend.(彼は毎週末バスケットボールをプレイする)
2. The basketball match was very exciting.(そのバスケットボールの試合は非常に興奮した
3. She is a member of the school's basketball team.(彼女は学校のバスケットボールチームのメンバーである)
4. I bought a new basketball.(私は新しいバスケットボールを買った
5. He is good at dribbling the basketball.(彼はバスケットボールのドリブル上手い
6. Pass the basketball to me.(バスケットボールを私にパスして
7. She shot the basketball and scored.(彼女はバスケットボールをシュートし得点した
8. He got the rebound and quickly passed the basketball.(彼はリバウンド取ってすぐにバスケットボールをパスした
9. The basketball hoop is ten feet high.(バスケットボールのフープ10フィートの高さである)
10. The basketball game ended in a tie.(バスケットボールの試合引き分け終わった

バスケットボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/16 14:53 UTC 版)

バスケットボールbasketball 音声[ヘルプ/ファイル])は、1891年アメリカ合衆国の国際YMCAの体育教師のジェームズ・ネイスミスによって考案されたスポーツ。


注釈

  1. ^ 『社会人のための英語百科』(大谷泰照、堀内勝昭監修)84ページに、アフリカ系アメリカ人の若者について「そこら辺のプレイグラウンドの連中でも、全日本の選手をはるかにしのぐレベル」と記述されており、日本とアメリカを比べるとバスケのレベルに極めて大きな差があるという主張が為されている。
  2. ^ FCバルセロナのバスケットボールチームなど、例外もある。
  3. ^ ストライプは規定に沿ったものであれば認められる
  4. ^ 3ポイントか2ポイントかは、シュートを行った位置で決定される。3ポイントエリアからジャンプし、シュート後に2ポイントエリアに着地しても3ポイントシュートとなる。
  5. ^ ジャンプボールシチュエーションでは、オルタネイティング・ポゼション・ルールによるスローインでゲームを再開するので、ジャンプボールは試合開始の1回しか行わない。
  6. ^ NBAやBリーグなどではピリオドではなく、クォーターで表される。(例)第1ピリオド=第1クォーター
  7. ^ NBAの場合の試合時間は12分4クォーター、計48分間で行われる。NCAAは前後半各20分ずつ。
  8. ^ 電光掲示板の場合、試合時間は、残り1分までは10:00、9:59、と秒単位で表示され、残り1分以後では59.9、59.8、と10分の1秒単位で表示される。得点板の場合9、8と1分ごとに残り時間を表示し、残り1分以後では1/2と1/4と30秒単位、15秒単位で表示するものが多い。
  9. ^ 試合ではこのルールを活かし、残り時間を有効に活用する。とりわけ接戦における第4ピリオドの終盤では、オフェンスファウルやディフェンスファウル、タイムアウトによる試合時間の停止の利用が、勝負に重要な影響をもたらすことがある。これにより試合のクライマックスが形作られる
  10. ^ 残り時間0.0秒後の得点は、審判が判定する。残り時間0.0秒以前にシュートしたプレイヤーの手からボールが離れていると判定されれば、得点となる。ただし、残り時間0.3秒以上の時スローインをした場合は、ボールキャッチ後のシュートは認められるが、0.3秒未満の場合は、直接ダンクシュートまたは直接タップシュートした場合のみ得点が認められる。
  11. ^ ファイティングは、チームベンチ・パーソネル(ベンチメンバー)に対して宣せられる。 著しくスポーツマンシップに欠ける行為に関しては、大会主催者や所属連盟の判断により、以降の試合への出場停止が命じられる場合もある。
  12. ^ 2000 - 2001シーズンまではNBAではゾーンディフェンスそのものが禁止され、違反した場合にはイリーガルディフェンスというヴァイオレーションをとられていた。現在のNBAでは、オフェンスプレイヤーにマークマンとしてついていないディフェンダーに対して、ゴール下のペイントゾーンに3秒以上留まっていてはいけない、というヴァイオレーションが適用されている。

出典

  1. ^ 歴史を変えた東京五輪女子バスケットボール 『誇り高き銀メダル』への道”. FNNプライムオンライン (2021年8月17日). 2021年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月15日閲覧。
  2. ^ a b c d Official Basketball Rules”. FIBA.com (2017年1月25日). 201170-01-26閲覧。
  3. ^ 『現代体育・スポーツ体系 (26)バレーボール、バスケットボール、ハンドボール』 p.126 1984年
  4. ^ a b 『現代スポーツコーチ実践講座(5)バスケットボール』 p.2 1982年
  5. ^ a b c d e JOC - 競技紹介:バスケットボール”. 2014年10月3日閲覧。
  6. ^ 特集:バスケットボールのひみつ”. 2021年9月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e 『現代体育・スポーツ体系(26)バレーボール、バスケットボール、ハンドボール』 p.127 1984年
  8. ^ a b 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.33 2011年 大修館書店
  9. ^ 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.34-35 2011年 大修館書店
  10. ^ a b c 『現代スポーツコーチ実践講座 (5)バスケットボール』 p.3 1982年
  11. ^ 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.37 2011年 大修館書店
  12. ^ 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.39 2011年 大修館書店
  13. ^ 『現代スポーツコーチ実践講座(5)バスケットボール』 p.3-4 1982年
  14. ^ a b c d e f g 『現代体育・スポーツ体系 (26)バレーボール、バスケットボール、ハンドボール』 p.128 1984年
  15. ^ a b 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.9 2011年 大修館書店
  16. ^ a b c 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.10 2011年 大修館書店
  17. ^ a b 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.44 2011年 大修館書店
  18. ^ 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.11 2011年 大修館書店
  19. ^ 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.45 2011年 大修館書店
  20. ^ 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.70 2011年 大修館書店
  21. ^ 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.71 2011年 大修館書店
  22. ^ a b c d 『現代スポーツコーチ実践講座(5)バスケットボール』 p.4 1982年
  23. ^ 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.82 2011年 大修館書店
  24. ^ 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.83 2011年 大修館書店
  25. ^ 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.83-84 2011年 大修館書店
  26. ^ a b c 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.85 2011年 大修館書店
  27. ^ 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.85-86 2011年 大修館書店
  28. ^ 『現代体育・スポーツ体系 (26)バレーボール、バスケットボール、ハンドボール』1984年 (p.128)では定説に対する異説として紹介している
  29. ^ 水谷豊 『バスケットボール物語』 p.14-18 2011年 大修館書店
  30. ^ JBA、FIBAより資格停止処分受ける 丸尾会長代行「早期の制裁解除が使命」”. Yahoo.com (2014年11月27日). 2015年5月31日閲覧。
  31. ^ 国際バスケ連盟が日本の処分解除、改革の成果を評価 - スポーツ : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2022年1月12日閲覧。
  32. ^ a b c d ひとめでわかるミニバスケットボール のルール (PDF) (日本ミニバスケットボール連盟)
  33. ^ NBA Introduces New Game Ball - NBA.com
  34. ^ a b Official Rules of the National Basketball Association”. NBA.com (2008年9月8日). 2012年3月29日閲覧。
  35. ^ バスケットボールルールの変遷Ⅰ NPO法人 日本バスケットボール振興会
  36. ^ バスケットボールルールの変遷Ⅱ NPO法人 日本バスケットボール振興会
  37. ^ JBAオフィシャルグッズ
  38. ^ bjリーグ・競技ルール
  39. ^ Official Rules of the NBA(英語)最新版
  40. ^ 佐々木クリス. “[コラム]佐々木クリスが語る『リーグNo.1のバックコートコンビは!?』”. NBA Japan. http://www.nba.co.jp/nba/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0-%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%8C%E8%AA%9E%E3%82%8B%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0no1%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%81%AF/trwzablnrky51e0qbk72ndl34 2015年1月26日閲覧。 
  41. ^ DID YOU KNOW about NBA? ゲーム編(NBA公式サイトによるポジションの解説)
  42. ^ 「センターは3ポイントを打つべきじゃない」とレジェンドのシャックが言及
  43. ^ 公益財団法人 日本バスケットボール協会 登録者数推移
  44. ^ マンガの力(1) スラムダンク奨学金(上)”. 朝日新聞 (2007年11月8日). 2007年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月25日閲覧。
  45. ^ スラムダンク作者を特別表彰=バスケット協会、時事通信、2010年9月12日。[リンク切れ]
  46. ^ 「スラムダンク」の井上雄彦さん、日本協会が特別表彰へ”. 朝日新聞デジタル (2010年6月10日). 2010年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  47. ^ 井上雄彦『スラムダンク』第31巻 後書きより。



バスケットボール(NBA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/26 09:12 UTC 版)

ワコビア」の記事における「バスケットボール(NBA)」の解説

シャーロット・ボブキャッツ フィラデルフィア・セブンティシクサーズ サンアントニオ・スパーズ ヒューストン・ロケッツ また、フィラデルフィア開催される自転車レーススポンサー務めていたが、この大会スポンサー銀行合併買収が相次ぎ何度もその名前を変えてきた。ワコビア2005年からスポンサー降り、代わってコマース・バンコープ主催する2006年以降は「フィラデルフィア国際選手権」となり、特定企業社名が入らなくなる予定

※この「バスケットボール(NBA)」の解説は、「ワコビア」の解説の一部です。
「バスケットボール(NBA)」を含む「ワコビア」の記事については、「ワコビア」の概要を参照ください。


バスケットボール(NBA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 16:15 UTC 版)

ウィングスパン」の記事における「バスケットボール(NBA)」の解説

マヌート・ボル NBA史上最長ウィングスパン有したと言われ身長231cmでウィングスパンは8フィート6インチ (2.59 m)、スタンディングリーチは10フィート5インチ (3.18 m)に達したアレン・アイバーソン NBAフィラデルフィア・セブンティシクサーズなどに所属していたプロバスケットボール選手身長183センチメートル実際は180センチメートルもないのでは、と頻繁に噂される)に対してウィングスパン190センチメートル以上。 姚明 NBAヒューストン・ロケッツ所属していた元プロバスケットボール選手2011年5月現在、現役最長プレイヤー身長229センチメートルに対してウィングスパン229センチメートル身長226センチメートルウィングスパン226センチメートルとの説もある)。 ハシーム・サビート NBAオクラホマシティ・サンダーなどに所属していたプロバスケットボール選手身長221センチメートルに対してウィングスパン234センチメートル229センチメートルとも)。 テイショーン・プリンス NBAデトロイト・ピストンズなどに所属していたプロバスケットボール選手身長206センチメートルに対してウィングスパン230センチメートル以上(220センチメートル程度との情報もあるが、いずれにせよ非常に長い)。 ベン・ウォーレス NBAデトロイト・ピストンズなどに所属していたプロバスケットボール選手身長206センチメートル実際201センチメートル程度公言している)に対してウィングスパン213センチメートル以上。7フッター213センチメートル)のセンタープレイヤー匹敵する長さである。 ラマー・オドム NBAダラス・マーベリックスなどに所属していたプロバスケットボール選手身長208センチメートルに対してウィングスパン213センチメートル以上。7フッター213センチメートル)のセンタープレイヤー匹敵する長さである。 パウ・ガソル NBAロサンゼルス・レイカーズなどに所属していたプロバスケットボール選手213センチメートル長身選手であり、ウィングスパン身長よりもかなり長いケビン・デュラント NBAブルックリン・ネッツ所属するプロバスケットボール選手身長206センチメートル実際208 - 211センチメートルあるのではないか指摘されている)に対してウィングスパン226センチメートルあるとされるテキサス大学時代は、身長206センチメートルに対してウィングスパン224センチメートルであった)。 ドワイト・ハワード NBAロサンゼルス・レイカーズ所属するプロバスケットボール選手身長211センチメートル実際はもっと小さいとされるに対してウィングスパン229センチメートルレイジョン・ロンド NBAロサンゼルス・レイカーズ所属するプロバスケットボール選手身長185センチメートルに対してウィングスパン206センチメートル手のひら大きいことでも有名で、レブロン・ジェームズ身長203センチメートル)よりも大きい。 ロドリグ・ボーボワ TBLアナドル・エフェスSK所属するプロバスケットボール選手身長183センチメートルに対してウィングスパン208センチメートルジョージ・ヒル NBAミルウォーキー・バックス所属するプロバスケットボール選手身長188センチメートルに対してウィングスパン206センチメートルニックネームは、ウィングスパンからアルバトロスカワイ・レナード NBAロサンゼルス・クリッパーズ所属するプロバスケットボール選手身長201cmで、ウイング・スパン221cm、スタンディングリーチは269cm。 ヤニス・アデトクンボ NBAミルウォーキー・バックス所属するプロバスケットボール選手身長211センチメートルに対してウィングスパン234センチメートルギリシャ出身

※この「バスケットボール(NBA)」の解説は、「ウィングスパン」の解説の一部です。
「バスケットボール(NBA)」を含む「ウィングスパン」の記事については、「ウィングスパン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「バスケットボール」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

バスケットボール

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:06 UTC 版)

名詞

バスケットボール

  1. スポーツ球技一つ。一チーム5人ずつのチーム競技する球体ボールバスケット入れることで、得点競う競技
  2. バスケットボールで使用するボール

語源

関連語

翻訳


「バスケットボール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



バスケットボールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バスケットボール」の関連用語

バスケットボールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バスケットボールのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2023 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバスケットボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのワコビア (改訂履歴)、ウィングスパン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバスケットボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS