フラッグフットボールとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > フラッグフットボールの意味・解説 

フラッグフットボール

歴史と沿革

フラッグフットボールは、アメリカンフットボールをもとに米国考案されたスポーツです。アメリカンフットボール行われるタックル」を、プレーヤーの腰の左右につけた「フラッグ」を取ることに置きかえたことからこの名前がつきました。
アメリカンフットボール米国で最も人気の高いスポーツですが、激し身体接触を伴うため、日本では男性スポーツ、特に大学生社会人スポーツという認識強く多くの人にとって「見る」スポーツではあっても「する」スポーツとなるのが難しいものでした。またプレー激しさのほかにも、広い競技スペースヤード測定正確な時計、ヘルメット・プロテクターなどの装具といった揃えるものの多さからも、気軽に楽しむには難しいといえます。
そこで、さまざまな点を変更簡素化し、ケガの心配を極力なくし、老若男女楽しめるスポーツとして考案されたのがフラッグフットボールです。とりわけ日本では、作戦づくりなどのスポーツ特性クローズアップされ、簡易化された形で小学校中心に教育教材として取り扱われています。


競技方法・ルール

フラッグフットボールは、5人対5人で行います。競技スペースは縦60ヤード(約55m:1ヤード約0.91m)、横30ヤード(約27.5m)のフィールドです。また、選手交代何度でも自由に行うことができます
攻撃側は、ボール相手エンドゾーンまで運び込め得点(6点)が入ります(タッチダウン)。
攻撃側には4回の攻撃与えられます。ランプレーボールを持って走る)やパスプレー(ボールを前や横、後ろ投げる、手渡す)などの攻撃を、事前作戦基づいて選択して、4回以内ハーフライン越えることができれば、さらに4回の攻撃与えられます。攻撃使い切ると、攻守交替となります。
守備側はパスカットする、ボール持っている攻撃選手フラッグを1本でも取る、ボール持っている攻撃選手サイドライン追い出すことで1回の攻撃終了させることができますまた、守備側の選手攻撃側のパス空中キャッチした場合インターセプト)、その瞬間攻守交替します。次の攻撃はそのプレーが終わった地点から、そのまま守備側だったチームが4回の攻撃スタートすることができますこのように同人数で向かい合い陣取りしながら相手エンドゾーン目指すスポーツです。

フラッグフットボールをさまざまなレベルの人が楽しめるように、いくつかのルール考案されています。

入門ルール

フラッグフットボールの概要及びイメージをつかむために最適な、簡略化されたルールです。

応用ルール

入門ルールハーフラインなどを加え、より公式ルールに近づけたルールです。

入門ルール応用ルールについて詳しくこちらをご覧ください

【公式競技規則

カテゴリー世代年齢など)によって異なり競技用のアメリカンフットボールをフラッグフットボールに置き換えルールです。詳しくこちらをご覧ください

小学校用・レクリエーションゲーム】

フラッグフットボールは日本では教育教材として取り扱われており、小学校教育現場レクリエーション現場では、得点型のゲーム実施されはじめています。

詳しくこちらをご覧ください


用具など

フラッグフットボール、フラッグなど。

フラッグ専用ベルト付きフラッグや、タオルハンカチ代用したもの使用します。



フラッグフットボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/12 02:20 UTC 版)

フラッグフットボールは、スポーツの種目。アメリカンフットボールで行われる「タックル」に代わり、プレイヤーの左右につけた「フラッグ」を取ることに置き換え、敵味方の選手同士の身体的接触は原則として禁止(反則)とした、より安全で幅広い層が参加出来ることを目指したフットボールである[1]




  1. ^ フラッグフットボールとは? | 日本フラッグフットボール協会 2017年7月14日閲覧
  2. ^ フラッグフット普及加速 タックルの代わりに旗奪うアメフット 朝日新聞2002年8月27日夕刊3ページ
  3. ^ フラッグフットボール作戦審査全国V読売新聞2015年3月13日朝刊27ページ
  4. ^ 新球技、苦手な子も楽しく小学校の体育で「フラッグフット」毎日新聞2016年5月9日朝刊18ページ
  5. ^ 小学校学習指導要領 (PDF) 平成29年3月告示、平成32年度より施行のもの p.134 2017年9月15日閲覧
  6. ^ 作戦タイム(ハドル)の時間は各大会規則で定める
  7. ^ ただしこの点については必ずしもルールで定まっているわけではなくアメリカンフットボールのようなプレーごとの計時を、試合の終盤のみ行ったり試合開始から終了まで行う場合もある。
  8. ^ 但し、アメリカンフットボールの世界観に基づいたルールで行う大会などでは、攻撃回数を3回としたり、ハーフラインを設定し「ハーフラインを越える」と攻撃権を更新できるとしたりしているケースもある。
  9. ^ 但し、アメリカンフットボールの世界観に基づいたルールで行う大会などでは、「スナップ(攻撃開始)時に7ヤード以上離れていた守備選手」のみがパスラッシュ(ブリッツ)出来ると規定しているケースもある。
  10. ^ 但し、アメリカンフットボールの世界観に基づいたルールで行う大会などでは、1人の選手だけ横、後ろに移動しながらプレーを始める事ができるモーションを認めている大会もある。
  11. ^ 3回の攻撃の場合は15ヤード及び6.6ヤード
  12. ^ 公式規則(小学生編)では攻撃側が相手プレーヤーと接触をせずに、相手選手の動きを遮り味方選手の走るスペースを創出するブロックを認めている。
  13. ^ 但し、ブリッツを認めている大会では、ブリッツをかけるディフェンスの選手はスナップ前に一秒間静止しなければならない。


「フラッグフットボール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フラッグフットボール」の関連用語

フラッグフットボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フラッグフットボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2019 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフラッグフットボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS