セーリングとは?

セーリング [0] [1] 【sailing】

帆走帆走法。
航海航法

セーリング

歴史と沿革

ヨットオランダがその発祥といわれ、その後英国渡り普及しました。当初ヨット輸送連絡などの実用的用途に使われていましたが、レジャーとして利用したのは英国王チャールズ2世最初だといわれています。1660年から1683年にかけて英国26隻のヨット建造されたという記録があり、世界最古ヨットクラブ1720年設立されたコークウオータークラブだといわれます。

現在、スポーツとしてのセーリングは国際セーリング連盟ISAF)によって統括されています。ISAFには日本JSAF)を含む126ヶ国・地域加盟し、セーリング競技管轄するための意思決定を行っています。ISAF承認している艇種は現在87クラスあります

ISAF前身国際ヨット・レーシング・ユニオン(IYRU)で、レースを行う統一した競技規則計測システムが必要なことから1907年10月設立されました。1996年8月IYRUISAF改称され、国際オリンピック委員会IOC)にセーリング競技世界的統括団体として正式に承認されています。

ISAF国際的なセーリング・スポーツのプロモーションオリンピックでのセーリング競技運営国際セーリング競技規則レギュレーション管理ジャッジアンパイアなどのトレーニング管理世界中でのセーリング・スポーツの普及など、すべてのセーリング・スポーツに関する事柄責任を負っています。


競技方法

主たる推進装置として帆(セール)を使用する船をセールボートと呼び、セールボートを使用するスポーツレジャーをセーリングと称します。1996年オリンピックまではセールボート競技ヨット競技と呼んでいました。今でもヨットという言葉一般的に使用されていますが、オリンピックでは2000年大会以降、セーリングという名称を使うよう変更されています。

セールボートはディンギークルーザー大別されます。ディンギーオリンピック採用されるような小型セールボートで、短距離走ります。そのため夜間航海設備を有しておらず、日没までには帰港するのが基本です。一方クルーザー夜間航海のほか、船内調理就寝ができるキャビン設備を持っており長距離航海が可能です。

また、ディンギーを使った競技はインショア(内海)で行われます。また、転覆しても自力で船を起こし帆走が可能ですが、レース救助体制が整う環境下で行われます。一方クルーザー競技スタートからフィニッシュまで自己の帆走能力だけを頼り帆走し、インショアだけではなくオフショア外洋)を走ることや、夜間航海をすることもありますディンギークルーザーともに海上仮想スタートライン本部船とブイを結ぶ見通し線)を設置し、それをスタートしてコース帆走します。コースレースごとの帆走指示書によって定められています。


ルール

セールボート競技ルールであるレーシングルール・オブ・セーリングRacing Rules of Sailing)は4年に1回、オリンピック翌年改定されます。現在は2009-2012年バージョン使用されています。

セールボート競技基本は安全を最重要視すること。そのため国際法である「海上衝突予防法」(海上における衝突予防のための国際規則)の船舶遵守すべき航法に沿ったルール踏まえたうえで、セールボート競技独自のルール詳細規定されています。

レーシングルール・オブ・セーリングは日本セーリング連盟入手できますまた、ルール補遺や一改正などは同連盟ホームページ上に逐次掲載されます。


道具などの説明

 ● セーリング競技形態

ディンギークルーザーなど、それぞれの船の特徴レース目的などによってさまざまな種類あります例えば、オリンピックディンギーで行われますが、2012年ロンドン大会下記の8艇種10種目での実施決定しています。

ロンドンオリンピック実施種目

男子(6種目)
470級(2人乗り
49er級(2人乗り
スター級2人乗りキールボート)
女子(4種目)
レーザーラジアル級
1人乗り
提供:パフォーマンスセイルクラフトジャパン社
470
2人乗り
エリオット6m級
(3人乗りキールボート)
提供:エリオットマリン社

コースレースごとの帆走指示書によって定められます。例えば、オリンピックなどでは図のようなトラぺゾイドコースが採用されています。図の中の本部船(Race Committee Signal Boat)と左側の旗(アウターマーク)の間の仮想線スタートラインとなります。このライン風上マークに向かって超えたらスタートとなります。その後指示に従ってマーク回航し、フィニッシュライン(本部船とアウターマークを結ぶ仮想線)を横切ることによってフィニッシュとなり、着順を競います。



セーリング

競技として行われているセーリングは、主催者が設定したスタートラインからフィニッシュラインまでの間を、いかに速く走るかを競い合う
コース中には台形三角形レイアウトされたブイ設置されており、定められた走行コース通過なければならない
レース10レース行われ、各レース順位によってポイント加算され、最終順位決定される。1人で行うシングルと、3人1組で行うクルーボートがある。

セーリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 08:46 UTC 版)

セーリング: sailing)あるいは帆走(はんそう)とは、の表面を流れる風によって生ずる揚力を利用して、水上などを進むことや滑走すること。


  1. ^ ウイングサーファー、カイトサーフィンなども
  2. ^ CEとCLRが最初に解説されている入門書はほぼ無い。
  3. ^ 空気力学(aerodynamics)やベルヌーイの定理等が関係する。


「セーリング」の続きの解説一覧

セーリング

出典:『Wiktionary』 (2019/02/08 14:56 UTC 版)

語源

英語 sailing

発音

せ↗ーりんぐ
せ↘ーりんぐ

名詞

セーリング

  1. 帆走航海
  2. 帆走法。航法
  3. スポーツヨット規定コース走る技術速さ競う競技



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セーリング」の関連用語

セーリングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セーリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2020 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
財団法人日本障害者スポーツ協会財団法人日本障害者スポーツ協会
Copy Rights : 2020 JSAD All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセーリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのセーリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS