Boatとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > ポーカー用語 > Boatの意味・解説 

ボート [1] 【boat】

船。
オールで漕いで進む小舟短艇[季] 夏。 「救命-」

Boat

full houseフルハウス)の別名。. "full boat,"という表現も聞いたことはあるが、ちょっとナンセンスなので別項目としてはリストアップしなかった。

ボート

(Boat から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/05 14:59 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリスドーセット・プール港の7クラス救難艇(イギリスの最大クラス(全長17m)の救難艇

ボート: boot; : boat)あるいは短艇(たんてい、端艇)は、通常、河川湖沼・沿岸で使用される小型船舶で、しばしばより大型の船舶に搭載されて運用される。

ボートの語義

日本では日常会話で一般的に、全長数m程度小型の船を「ボート」と表現することが多いが、英語ではニュアンスが多少異なっている。

  • 海軍用語のボートは、他ので運搬できるくらいの小さな船舶を指す。
  • アメリカ海兵隊においては空母などの大型艦も日常的にボートと呼ばれている。
  • 現代の潜水艦も、その潜水能力と大きさにもかかわらず、ボートと呼ばれる。これは初期の潜水艦が船で運搬され、単独での沖合航海能力を持たなかったからである。
  • イギリス海軍では、手こぎ舟も含めて水上を航行するものは船 (ship) だが、潜水艦はボートである。

大型船舶に搭載されるボートとしては、他に救命ボート、ホエールボートなどがある。多くのボートと異なり、これらは沖合でも運用される。

レイクフレイター、リバーボート、ナロウボート、そしてフェリーに見られるように、小型とは言いがたいボートもある。

用途

ボートは軍事や調査研究・商用目的で使われる。私的で非商用の船舶は、大きさにかかわらずほとんどがボートである。

ソーラーボート

太陽光を電気に変換してモーターを駆動して航行する。主に海洋工学系の大学で研究されており、競技会も開催される。事実上、エネルギーは無尽蔵なので、気象観測などの無人観測艇の動力としても使用が期待される。

画像

関連項目

外部リンク


BOAT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/19 12:31 UTC 版)

BOAT
別名 BOaT
boat
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1996年 - 2001年
レーベル バッド・ニュース
1998年 - 2000年
ワーナーミュージック・ジャパン
2001年
メンバー AxSxE(ボーカルギター
アイン (ボーカル、コーラス、ミミング、ギター)
しおり (ボーカルベース
坂井キヨオシ (キーボード、コーラス)
マユコ (ドラムス、コーラス)

BOAT(ボート、「BOaT」「boat」とも表記)とは、日本のロックバンドである。元SPACE KUNG-FU MANのAxSxEをリーダーとした男女5人で編成される。1996年に結成し、2001年に解散した。

メンバー

AxSxE(アセ、BOAT活動時はA.S.Eの表記)
ボーカルギター担当。
元SPACE KUNG-FU MANのメンバー。解散後、NATSUMENのメンバーとして活動。
アイン
ボーカル、コーラス、ミミング、ギター担当。
※「ミミング」とは造語である。
解散後、NATSUMENのメンバーとして活動。
しおり
ボーカル、ベース担当。
坂井キヨオシ
キーボード、コーラス担当。
解散後、music from the marsのメンバーとして活動。
マユコ
ドラムス、コーラス担当。
解散後、The Facefulのメンバーとして活動。

来歴

1996年慶應義塾大学の音楽サークル仲間だったAxSxE、しおり、坂井キヨオシ、マユコで結成。当初はジミ・ヘンドリックスのコピーバンドだった[1]1997年の年末、AxSxEが坂井の家へ行くため東急東横線に乗っていたところ、同じ車両にいたアインが話しかけてきたことがきっかけとなりアインも加入、メンバーが揃う[2]

1998年にはバッド・ニュースからファーストアルバム『フルーツ☆リー』を発売し、音楽雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』にニューカマーとして紹介された[いつ?]。同年末にはズボンズのライブツアーにオープニングアクトとして参加した[1]

都内のライブハウスを中心に活動していたが、2001年9月28日に、しおり、マユコ、坂井が「卒業」[独自研究?]し、事実上の解散となる。「卒業」[独自研究?]後は、AxSxEとアインが中心となりNATSUMENを結成、活動するも2006年より活動を休止。

ディスコグラフィ

シングル

  1. ウォティパティ(パ'28)(1999年)
  2. BoaT + Seameal (1999年)※限定カラーレコード(EP)・SeaMealとのスプリット盤
  3. BoaT VS 野村義男(2000年)※お互いの曲をカバーし合ったスプリット盤。Do you know my name? / 祭り気分でTAKE A CHANCEをBoat、ネガティブコンディションを野村義男がそれぞれカバー
  4. 狂言メッセージ / DON'T YOU (2000年)[Maxiシングル]

アルバム

  1. フルーツ☆リー (1998年)  
  2. soul, thrash, train (1999年)
  3. LISTENING SUICIDAL (2000年)
  4. RORO (2001年)

脚注

外部リンク



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Boat」の関連用語

1
76% |||||


3
74% |||||

4
74% |||||

5
58% |||||

6
58% |||||

7
58% |||||

8
58% |||||

9
58% |||||


Boatのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Boatのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ポーカープレーヤーズ協会日本ポーカープレーヤーズ協会
日本ポーカープレーヤーズ協会 All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボート (改訂履歴)、BOAT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS