投票とは? わかりやすく解説

とう‐ひょう〔‐ヘウ〕【投票】

読み方:とうひょう

[名](スル)

選挙採決のとき、各人意思表示のため、氏名賛否などを規定の用紙記し一定の所に提出すること。「支持政党に—する」「不在者—」

競馬競輪などで、馬券車券買い求めること。「勝馬—券」

「投票」に似た言葉

投票

作者風見梢太郎

収載図書海岸隧道
出版社日本民主主義文学同盟
刊行年月1999.7
シリーズ名民主文学自選叢書


投票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 07:36 UTC 版)

投票(とうひょう)とは、ある集団で特定の地位に就くべき者を決定したり(選挙)、団体としての意思を決定するために各成員(選挙民、会議学級会の参加者など)が個々の意思表示を行う行為。意思の分布を調べるためにも行われる。なお、明治初期には選挙の投票は「入札」と称されたこともある[1]


  1. ^ a b c 美濃部達吉著 『選挙法詳説』 有斐閣、1946年、1頁
  2. ^ a b c d e 美濃部達吉著 『選挙法詳説』 有斐閣、1946年、100頁
  3. ^ 美濃部達吉著 『議会制度論』 日本評論社、1948年、400-401頁
  4. ^ a b 美濃部達吉著 『選挙法詳説』 有斐閣、1946年、99頁
  5. ^ 美濃部達吉著 『選挙法詳説』 有斐閣、1946年、103頁
  6. ^ 美濃部達吉著 『選挙法詳説』 有斐閣、1946年、104頁
  7. ^ a b 美濃部達吉著 『選挙法詳説』 有斐閣、1946年、138頁
  8. ^ a b 美濃部達吉著 『選挙法詳説』 有斐閣、1946年、139頁
  9. ^ 美濃部達吉著 『選挙法詳説』 有斐閣、1946年、145頁
  10. ^ 美濃部達吉著 『選挙法詳説』 有斐閣、1946年、146頁
  11. ^ 美濃部達吉著 『選挙法詳説』 有斐閣、1946年、146頁


「投票」の続きの解説一覧

投票 (the ballot)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 03:22 UTC 版)

The Ballot or the Bullet」の記事における「投票 (the ballot)」の解説

マルコム・X1964年選挙の年であり、「白人ウソつき政治屋全員が、あなたや私のコミュニティのすぐ後ろにいるだろう……守るつもりのない偽の約束と共に。」という年であると注意した彼はジョンソン大統領民主党は、公民権法案への支持正当性主張し民主党は、下院上院両方コントロールしているが、彼らは法案を通す行動実際にはとらないと言った代わりに彼は民主党は、同党内の偽装した民主党他ならない」ディキシークラッツを非難すると言った彼はアフリカ系アメリカ人犠牲のもと、民主党は「政治的信用詐欺ゲーム弄んでいると責めたマルコムは、アフリカ系アメリカ人は「政治的に敏感に」なってきており、統合中立を通じて、来る選挙では、無党派層投票者 (swing vote) となり得る認識しており、彼らの関心注意深い立候補者は: これは何を意味するか?白人等分に割れたとき、そして黒人が彼ら自身の投票のブロックを持つならば、彼ら次第で誰がホワイトハウス椅子座り誰が犬小屋にいくのかを判定する決定権が残るということ意味する。 —  マルコムは、投票はどのように効果的な武器なり得るかを述べ、もし、慎重に投票の行使なされるなら 投票 (a ballot) は弾丸 (a bullet) に似ている。あなたはターゲットを見る前に投票しないだろうし、そしてそのターゲットあなたに届かないところにいて、投票券ポケットのなかに入れておく。 — 

※この「投票 (the ballot)」の解説は、「The Ballot or the Bullet」の解説の一部です。
「投票 (the ballot)」を含む「The Ballot or the Bullet」の記事については、「The Ballot or the Bullet」の概要を参照ください。


投票 (Voting)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 17:06 UTC 版)

カルダノ (ブロックチェーン)」の記事における「投票 (Voting)」の解説

プロトコル変更加えられる際、その意見通貨保有者に問うシステム保有者保有量によって投票する権利を得る暗号通貨における分裂問題民主主義的解決する仕組みである。Project Catalyst誕生により開始した

※この「投票 (Voting)」の解説は、「カルダノ (ブロックチェーン)」の解説の一部です。
「投票 (Voting)」を含む「カルダノ (ブロックチェーン)」の記事については、「カルダノ (ブロックチェーン)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「投票」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

投票

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 02:22 UTC 版)

名詞

とうひょう

  1. 選挙採決などで、自分選んだ候補者名や賛否を、意思表示する用紙書いて一定の場所に出すこと。

発音(?)

と↗ーひょー

翻訳

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
投票-する

翻訳


「投票」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



投票と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

投票のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



投票のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの投票 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのThe Ballot or the Bullet (改訂履歴)、カルダノ (ブロックチェーン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの投票 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS