なりすましとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > なりすましの意味・解説 

なり‐すまし【成(り)済まし】

氏名生年月日住所本籍職歴などの個人情報を不正に手に入れその人振りをして資格取ったり、金品をだまし取ったりすること。「金融機関では—を警戒している」→過誤払い

他人ユーザーIDパスワード盗みその人になりすましてネットワーク上で活動すること。機密データを盗んだり、身分を偽って犯罪行為に及んだりすることが多く、この行為自体法律不正アクセス禁止法)で罰せられる。スプーフィング


成済まし、成り済まし

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

なりすまし

システム上またはネットワーク上で第三者のふりをして、そのユーザーID活動する行為のこと。

なりすまし

別名:スプーフィング
【英】spoofing

なりすましとは、他人の名をかたり、自分以外の人物ふりをすること、および、他人のふりをして人を欺くことである。ITの分野では、ネットワーク上で他のユーザー情報使用して他のユーザーとして活動する、という意味で用いられることが多い。

なりすましによって行われる行為代表的なものには、個人情報盗用他人かたった電子メール送信掲示板への書き込み犯罪行為の際の身分偽装などがある。なりすまし行為不正アクセス禁止法によって処罰対象となる。

身分を装ったり著名人の名を騙ったりして相手をだまし、金銭を得ようとする詐欺の手口は「なりすまし詐欺」と呼ばれることも多い。電話を使って行われるオレオレ詐欺」「振り込め詐欺」もなりすまし詐欺一種である。

なりすましの手法のうち、IPアドレス偽装して不正侵入を行うものは特にIPスプーフィング呼ばれるまた、電子メールにおいて、送信情報偽装してメール本文閲覧させる手法が、メールスプーフィングなりすましメール)などと呼ばれている。

電子掲示板ブログコメントコメント書き込む際にハンドルニックネーム)を著名人特定の第三者の名前にしたり、Twitterをはじめとするソーシャルメディアにおいて著名人アカウントあるかのようによそ行ったりすることも、なりすまし行為該当する


参照リンク
不正アクセス行為の禁止等に関する法律(IPA)
日本ベリサイン -なりすましについて
セキュリティのほかの用語一覧
個人情報:  キーロガー  個人情報保護法  個人情報保護条例  なりすまし  OPS  辞書攻撃  磁気ストリップ

なりすまし―「解説」操られていた犯人の罪

作者乃南アサ

収載図書犯意―その罪の読み取り
出版社新潮社
刊行年月2008.8


なりすまし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 17:57 UTC 版)

なりすまし(成り済まし)とは、他人のふりをして活動することである。この事例としては多岐にわたる。


  1. ^ 認証済みアカウントに関するFAQ - Twitterヘルプセンター


「なりすまし」の続きの解説一覧

「なりすまし」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「なりすまし」の関連用語

なりすましのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



なりすましのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JMCJMC
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシー情報セキュリティ用語集
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリなりすましの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのなりすまし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS