炎上_(ネット用語)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 炎上_(ネット用語)の意味・解説 

炎上 (ネット用語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 03:04 UTC 版)

炎上(えんじょう、: Flaming)とは、インターネット上において、不祥事の発覚や失言・詭弁などと判断されたことをきっかけに、非難・批判が殺到して、収拾が付かなくなっている事態や状況を指す。山口真一は著書の中で確立した定義は存在しないとしつつ、人物ないし企業が発した言動や行為に対して、インターネット上で批判的な発言が多数寄せられることと定義づけている[1]。損害は心理的、経済的なものが発生しうる[2]




  1. ^ 田中 & 山口 2016, p. 5.
  2. ^ 田中 & 山口 2016, pp. 12-13.
  3. ^ 「ネット公共圏と炎上をめぐる問題」『ised 情報社会の倫理と設計 倫理篇』238頁
  4. ^ バズる(バズル)とは”. コトバンク. 2017年10月26日閲覧。
  5. ^ 『ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性』34-36頁
  6. ^ 『ブログ炎上 〜Web2.0時代のリスクとチャンス』84頁
  7. ^ 「ネット公共圏と炎上をめぐる問題」『ised 情報社会の倫理と設計 倫理篇』245頁
  8. ^ 小倉秀夫 (2005年4月16日). “コメントスクラムについて”. 小倉秀夫の「IT法のTop Front」. Wired Vision. 2008年12月27日閲覧。
  9. ^ 「ネット公共圏と炎上をめぐる問題」『ised 情報社会の倫理と設計 倫理篇』245-246頁
  10. ^ a b c 五十嵐祐 吉田俊和、橋本剛、小川一美(編)「メディアコミュニケーションの普及は、私たちに何をもたらしたか?」『対人関係の社会心理学』ナカニシヤ出版 2012 ISBN 9784779506932 pp.193-197.
  11. ^ a b 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』47頁
  12. ^ 『ブログ炎上 〜Web2.0時代のリスクとチャンス』25-26頁
  13. ^ a b 平井智尚 (2012). “なぜウェブで炎上が発生するのか ―日本のウェブ文化を手がかりとして”. 情報処理学会誌 (29): 62. 
  14. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』28頁
  15. ^ 『ブログ炎上 〜Web2.0時代のリスクとチャンス』136頁
  16. ^ 『ソーシャルメディア炎上事件簿』18頁・60頁など
  17. ^ 「ポストised、変化したことは何か1」『ised 情報社会の倫理と設計 倫理篇』472頁
  18. ^ 「ポストised、変化したことは何か1」『ised 情報社会の倫理と設計 倫理篇』474頁
  19. ^ SNS炎上、供養します 住職も批判経験「仏教の大義」 - 朝日新聞
  20. ^ (2) インターネットリテラシーの重要性”. www.soumu.go.jp/. www.soumu.go.jp/. 2020年10月20日閲覧。
  21. ^ [1]
  22. ^ 『効果がすぐ出るSEO事典』岡崎良徳 2016年1月28日
  23. ^ [2]
  24. ^ ネット炎上、参加者わずか2.8% それなのに拡散するのはなぜ?
  25. ^ 「ブログ炎上」『学びとコンピュータハンドブック』68-72頁
  26. ^ 蜷川真夫 『ネットの炎上力』 文藝春秋、2010年、128頁 ISBN 978-4166607396
  27. ^ 『ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」』165頁
  28. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』102-105頁
  29. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』107-108頁
  30. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』17頁・20-22頁
  31. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』67-68頁
  32. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』46-47頁
  33. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』65-66頁
  34. ^ AERA』2013年8月26日号「SNS新リスクの護身術」
  35. ^ 『ブログ炎上 〜Web2.0時代のリスクとチャンス』21-22頁
  36. ^ 『「容疑者の父親」とデマ拡散した11人特定、立件へ”. TBSニュース (2018年3月30日). 2018年3月30日閲覧。
  37. ^ 『ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」』153頁
  38. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』98-101頁
  39. ^ 『ソーシャルメディア炎上事件簿』148-149頁
  40. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』110-116頁、『ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」』134頁を参照
  41. ^ 『ブログ炎上 〜Web2.0時代のリスクとチャンス』81頁
  42. ^ 「ブログ炎上」『学びとコンピュータハンドブック』71頁
  43. ^ 『ブログ炎上 〜Web2.0時代のリスクとチャンス』45頁
  44. ^ 『ブログ炎上 〜Web2.0時代のリスクとチャンス』19-20頁
  45. ^ a b 『GQ』でボツになった「五輪エンブレム」佐野研二郎さんのネット炎上関連の原稿と経緯について”. Yahoo!ニュース (2015年9月10日). 2015年9月10日閲覧。
  46. ^ a b 五輪エンブレム問題 声あげない業界、陰謀論に憤り 中川淳一郎氏”. withnews (2015年9月2日). 2015年9月2日閲覧。
  47. ^ 「ブログ炎上」『学びとコンピュータハンドブック』69-71頁
  48. ^ 『ソーシャルメディア炎上事件簿』第2章
  49. ^ いわゆるバイトテロ
  50. ^ 『ブログ炎上 〜Web2.0時代のリスクとチャンス』18-20頁
  51. ^ 『ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」』145-150頁
  52. ^ 「祭られた人々」(晋遊舎) 20頁
  53. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』20頁
  54. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』19-20頁・61頁・79頁・113頁
  55. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』などで使用されている
  56. ^ 『ブログ炎上 〜Web2.0時代のリスクとチャンス』66-68頁
  57. ^ 『ブログ炎上 〜Web2.0時代のリスクとチャンス』70-71頁
  58. ^ 『ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性』40-41頁
  59. ^ 『ブログ炎上 〜Web2.0時代のリスクとチャンス』63頁
  60. ^ 『ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性』41頁
  61. ^ 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』94-96頁
  62. ^ 『ソーシャルメディア炎上事件簿』166-167頁
  63. ^ 藤代裕之 (2011年9月1日). “まんべくん騒動にみる「炎上マーケティング」の教訓”. 日本経済新聞. 2012年2月9日閲覧。
  64. ^ チャイム(社会面コラム)、『産経新聞』朝刊2018年10月8日(2018年10月24日閲覧)。
  65. ^ 北田暁大「ディスクルス(倫理)の構造転換」『ised 情報社会の倫理と設計 倫理篇』159頁
  66. ^ 濱野智史「まえがき」『ised 情報社会の倫理と設計 倫理篇』4頁
  67. ^ 『ブログ炎上 〜Web2.0時代のリスクとチャンス』146-148頁
  68. ^ 『ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」』64-70頁


「炎上 (ネット用語)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「炎上_(ネット用語)」の関連用語

炎上_(ネット用語)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



炎上_(ネット用語)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの炎上 (ネット用語) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS