迷惑電話とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 電話 > 迷惑電話の意味・解説 

めいわく‐でんわ【迷惑電話】

受け手にとって迷惑な電話広告勧誘嫌がらせなどを目的にかけてくる電話


迷惑電話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/02 03:31 UTC 版)

迷惑電話(めいわくでんわ)とは、相手に不快感を与える結果となる電話による犯罪行為のこと。




  1. ^ 厚生労働省「不審電話に関する注意」
  2. ^ 555-1212(市内の電話番号案内、市外は「411」)などの特殊番号以外、555は現実世界では使用されない。特に555-0100から555-0199まで(フリーダイヤルの800-555-0199を除く)はフィクション作品専用とされている。
  3. ^ 判例として東京地方裁判所 昭和54年(1979年)8月10日がある(日本弁護士連合会消費者問題対策委員会(編)『宗教トラブルの予防・救済の手引―宗教的活動にかかわる人権侵害についての判断基準』(教育史料出版会 1999年10月)p58 ISBN 978-4876523702)。


「迷惑電話」の続きの解説一覧



迷惑電話と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「迷惑電話」の関連用語

迷惑電話のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



迷惑電話のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの迷惑電話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS