連座とは?

れん ざ [1][0] 【連座・連坐

( 名 ) スル
他人犯罪により連帯して処罰されること。封建時代広く行われたが、今日では否認されている。
同じ席につらなりすわること。

連座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/02 06:57 UTC 版)

連座(れんざ、連坐とも)とは刑罰の一種で、罪を犯した本人だけでなく、その家族などに刑罰を及ぼすことである。なお、江戸時代までは家族などの親族に対する連座は縁座(えんざ、縁坐)と呼称され、主従関係やその他特殊な関係にある者[1]に適用される一般の連座とは区別して扱われていた。


  1. ^ 事件を起こした者に家を貸していた家主や、事故を起こした荷車に荷物を載せていた荷主などがこれに該当する。
  2. ^ 滝川政次郎『日本法制史』第3版155頁。
  3. ^ a b ジュディス・ピーコック『10代のメンタルヘルス6 自殺』(大月書店) 47頁
  4. ^ 碓井真史『あなたが死んだら私は悲しい』(いのちのことば社) 178頁
  5. ^ 桜井信夫『ほんとうにあったこわい話2 おまえが魔女だ』(あすなろ書房) 68頁
  6. ^ 平野龍一『刑法総論Ⅰ』、1979年、52頁
  7. ^ 川端博『刑法総論講義』、1995年、130頁
  8. ^ 平成10年11月17日最高裁大法廷判決
  9. ^ 北朝鮮の強制収容所で警備兵として勤務していた安明哲は、著書『北朝鮮 絶望収容所』(ベストセラーズ)および『図説 北朝鮮強制収容所』(双葉社)の中で、政治犯の家族が強制収容所に多数収容されていると記述している。
  10. ^ Convention (IV) relative to the Protection of Civilian Persons in Time of War. Geneva, 12 August 1949. - 赤十字国際委員会(英語)
  11. ^ 戦時における文民の保護に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(第四条約) 昭和二十八年十月二十一日 条約第二十六号 - 防衛省自衛隊
  12. ^ 鈴木伸元『加害者家族』(幻冬舎
  13. ^ “加害者”家族の現実 失われる日常、自殺、退職、執拗な脅迫…広く親戚にまで影響 ビジネスジャーナル2014年10月9日閲覧。
  14. ^ 碓井真史『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』(主婦の友社) 118頁 
  15. ^ バス乗っ取り事件の犯罪心理:両親が謝罪文 新潟青陵大学大学院教授・碓井真史のサイト


「連座」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「連座」の関連用語

連座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



連座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの連座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS