脅迫罪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > > 脅迫罪の意味・解説 

きょうはく‐ざい〔ケフハク‐〕【脅迫罪】

本人または親族生命身体・自由・名誉・財産に害を加えると脅す罪。刑法222条が禁じ、2年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられる。

[補説] 脅し目的金品を得ることである場合恐喝未遂罪に、実際に金品を得た場合恐喝罪にあたる。脅迫罪は被害者脅し認識すれば成立するので、未遂罪はない。


脅迫罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 04:28 UTC 版)

脅迫罪(きょうはくざい)とは、相手を畏怖させることにより成立する犯罪のこと。日本刑法では刑法第222条に定められている犯罪で、未遂罪は存在しない。「刑法 第二編 罪 第三十二章 脅迫の罪」に、強要罪とともに規定されている。金品を略取(強取)する目的で行う場合は恐喝罪強盗罪が成立するため、脅迫罪とはならない。






「脅迫罪」の続きの解説一覧



脅迫罪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「脅迫罪」の関連用語

脅迫罪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



脅迫罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脅迫罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS