放火罪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > 火罪 > 放火罪の意味・解説 

ほうか‐ざい〔ハウクワ‐〕【放火罪】


放火罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/05 14:04 UTC 版)

放火罪(ほうかざい、: arson: Brandstiftung)は、故意または悪意をもって建造物や自然保護区等に火を放つこと(放火)により成立する犯罪[1][注釈 1]自然発火山火事のような、他の原因とは区別される。普通は他人の財産または保険金目的で自分の財産に対して故意に生じさせた火災をいう[2]。放火を繰り返す犯罪者を俗に「放火魔(ほうかま、: arsonists)」と呼ぶが、病的に放火を行う放火癖(ほうかへき、: pyromania)とは区別される。


注釈

  1. ^ 重大な罪にもかかわらず放火は多く、多田道太郎は『変身 放火論』(講談社)で昔から人はなぜ火を放つのか?「八百屋お七」『曾根崎心中』『大菩薩峠』『 金閣寺』『ノルウェイの森』など、古今の文学に匿された「放火」の系譜を追い、日本人の魂の修羅に出会う異色評論を書いている。

出典

  1. ^ Kumar, Kris (February 2008). “Deliberately lit vegetation fires in Australia”. Trends and issues in crime and criminal justice (Lynnwood: Australian Institute of Criminology) (350). ISBN 978 1 921185 71 7. ISSN 0817-8542. オリジナルの2008年7月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080722133206/http://www.aic.gov.au/publications/tandi2/tandi350.html 2009年1月9日閲覧。. 
  2. ^ arson. Dictionary.com. The American Heritage Dictionary of the English Language, Fourth Edition. Houghton Mifflin Company, 2004. Accessed: January 27, 2008)
  3. ^ Annual Report of Her Majesty's Chief Inspector of Constabulary for Scotland 2005/2006”. 2008年10月6日閲覧。
  4. ^ 4 Blackstone, Commentaries (21st ed.) p. 220
  5. ^ a b c Boyce & Perkins, Criminal Law, 3rd ed. (1992) at 281.
  6. ^ Boyce & Perkins, Criminal Law, 3rd ed. (1992) at 280&81.
  7. ^ Arson: Legal Aspects - Common Law Arson”. Law Library - American Law and Legal Information. 2008年5月10日閲覧。
  8. ^ See U.S. v. Miller, 246 Fed.Appx. 369 (C.A.6 (Tenn.) 2007); U.S. v. Velasquez-Reyes, 427 F.3d 1227, 1230-1231 and n. 2 (9th Cir.2005).
  9. ^ Campus Crime: Crime Codes and Degree of Severity”. California State University, Monterey Bay. 2008年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月10日閲覧。
  10. ^ See U.S. v. Miller, 246 Fed.Appx. 369 (C.A.6 (Tenn.) 2007)
  11. ^ Garofoli, Joe (2007年9月1日). “Suspect in Burning Man arson decries event's loss of spontaneity”. San Francisco Chronicle: p. A8. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2007/09/01/MN8LRTBBN.DTL 2008年5月11日閲覧。 
  12. ^ Reason for Referral”. Nebraska Commission on Law Enforcement and Criminal Justice. 2008年5月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月11日閲覧。
  13. ^ “Man accused of arson pleads to misdemeanor charges”. The Salina Journal. (2008年1月25日). オリジナルの2008年12月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081222082858/http://www.saljournal.com/rdnews/story/Salinan_pleads_no_contest_to_misdemeanor_charges_1_25_08 2008年5月11日閲覧。 
  14. ^ 3 Charles E. Torcia, Wharton's Criminal Law § 326 (14th ed. 1980)
  15. ^ William Blackstone (1765–1769). “Of Offenses against the Habitations of Individuals [Book the Fourth, Chapter the Sixteenth]”. Commentaries on the Laws of England. Oxford: Clarendon Press (reproduced on The Avalon Project at Yale Law School). オリジナルの2008年5月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080503193949/http://www.yale.edu/lawweb/avalon/blackstone/bk4ch16.htm 2008年6月1日閲覧。 .
  16. ^ Criminal Damage Act 1971”. www.opsi.gov.uk. 2010年3月24日閲覧。


「放火罪」の続きの解説一覧



放火罪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「放火罪」の関連用語

放火罪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



放火罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの放火罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS