悪意とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > > 悪意の意味・解説 

あく‐い【悪意】

他人憎み、害を加えようとする気持ち。わるぎ。「悪意を抱く」「悪意に満ち眼差(まなざ)し」⇔善意

よくない意味。「発言を悪意に取る」⇔善意

法律上効力影響を及ぼす事情知っていること道徳的な意味での善悪とは異なる。⇔善意


あく‐い【悪意】

〔名〕

① 悪い心、気持悪心。⇔善意。〔文明本節用集室町中)〕〔後漢書劉焉伝〕

他人いやがらせ、害を与えようとする気持。いじわるな気持また、そのような見方。わるぎ。⇔善意好意

西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「宜しく躬から悪意を除き他人害することなきを以て先務為す可し

③ 悪い意味。受け手が悪くとった意味。「悪意に解釈する」「悪意にとられては困る」など。⇔善意

道徳的善悪かかわらず法律上効力影響を及ぼすある事実知っていること。⇔善意。〔仏和法律字彙(1886)〕


悪意(あくい)


悪意

読み方:ゾウイ(zoui)

悪計

別名 雑意


悪意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/30 05:37 UTC 版)

日常用語としての悪意(あくい)とは、相手にとって害のあることを理解した上で行動すること、他人や物事に対していだく悪い感情、または見方のことである。また、相手のよくない結果を望む、心の中に生じる意思を意味する。対義語の善意は、相手に良い結果を導こうとして行為を行う気持ちを指す。




  1. ^ 聖書、新共同訳、「ローマの信徒への手紙」第1章の終わり近く、日本聖書協会、1999年


「悪意」の続きの解説一覧

悪意

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 19:15 UTC 版)

名詞

 あくい

  1. 相手にく気持ち。又は相手傷つけようとする気持ち意図
  2. 悪い意味
  3. 法律》 民事法において、ある事実知っていること特に第三者法律事実関して知っている場合用いる善悪価値判断とは無関係である。なお、法令において例外的に語義1の意味用いられることもある。
  4. 科学》 既知事実照らして、「よくない」と知っていること

関連語

類義語
対義語
熟語

翻訳




悪意と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「悪意」の関連用語

悪意のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



悪意のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2021 Houterasu All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの悪意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの悪意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS