憎悪とは? わかりやすく解説

ぞう‐お〔‐ヲ〕【憎悪】

読み方:ぞうお

[名](スル)ひどくにくむこと。にくみ嫌うこと。「戦争を―する」


憎悪

作者手塚真

収載図書ブラックモーメント
出版社幻冬舎
刊行年月1996.7


憎悪

作者安部公房

収載図書安部公房全集 1 1942.12-1948.5
出版社新潮社
刊行年月1997.7


憎悪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/08 14:51 UTC 版)

憎悪(ぞうお、: hatred あるいは hate)や憎しみ(にくしみ)は同義語であり、憎悪は「ひどくにくむこと[1]」で憎しみは「憎く思う気持ち[2]」と辞書には書いてあるが、(「憎しみ」を「憎く思う気持ち」と書くだけでは、そもそも「憎い」ということはどういうことか全く説明されておらず辞書的定義としてもかなり不十分なので[注 1]十分に定義するために補足すると)、「憎い」とは、(「誰か」や「何か」を)「いやな相手(いやな存在)として、何か悪いことがあればよいと思うほどに嫌っている」や「気に入らない」ということである[3]


注釈

  1. ^ 一般に、辞書の編集部門では、基本的にはできるだけトートロジー的な説明は避けて、もともとそれを良く理解していない人にとって役に立たないような事態は避ける、という方針を共有しているものだが、それが徹底されていないことはしばしば起き、この語に関して(は / も)チェックから漏れて、放置された可能性がある。
  2. ^ 「憎悪」が『広辞苑第六版』で「ひどくにくむこと」と解説されたり、 『新明解国語辞典 第三版』「(地球上からなくしてしまいたいほど)その存在を憎むこと」と解説されているのも、そういうことを示唆している。

出典

  1. ^ 広辞苑第六版「憎悪」
  2. ^ 『広辞苑第六版』「憎しみ」
  3. ^ 『広辞苑第六版』「憎い」
  4. ^ 大辞泉「好悪」
  5. ^ 『広辞苑第六版』「愛憎」
  6. ^ 広辞苑第六版「嫌悪」
  7. ^ 広辞苑第六版「毛嫌い」


「憎悪」の続きの解説一覧

憎悪(Hate)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 00:16 UTC 版)

10の世界の物語」の記事における「憎悪(Hate)」の解説

ソ連有人衛星が、着水地点外れて行方不明になった潜水夫の男がそれを発見したのだが、彼の家族がかつてソ連軍殺されたことがあり、彼はソ連憎んでいた。早く港に衛星届けようとする乗組員の裏をかいて、彼は妨害工作を始めた。

※この「憎悪(Hate)」の解説は、「10の世界の物語」の解説の一部です。
「憎悪(Hate)」を含む「10の世界の物語」の記事については、「10の世界の物語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「憎悪」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

憎悪

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 08:54 UTC 版)

発音(?)

ぞ↘ーお

名詞

(ぞうお)

  1. 憎み嫌うこと。

類義語

対義語

参照

翻訳

動詞

ぞうおする

  1. 憎む

活用

翻訳

にくむ — 「にくむ#翻訳を参照のこと

「憎悪」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「憎悪」の関連用語

憎悪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



憎悪のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの憎悪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの10の世界の物語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの憎悪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS