集団ヒステリーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 集団ヒステリーの意味・解説 

集団ヒステリー


パニック

(集団ヒステリー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/06 04:31 UTC 版)

パニック (panic) とは、個人または集団において突発的な不安恐怖ストレス)による混乱した心理状態、またそれに伴う錯乱した行動を指す。恐慌とも言う。


注釈

  1. ^ ただし翌朝の新聞各社の報道ではこの出来事について、「避難騒ぎ」「パニック」といった、事実に反した内容が報道された[19]

出典

  1. ^ a b c d サトウタツヤ「うわさとパニック」立命館人間科学研究 第7号 2004.3
  2. ^ 広瀬 2004, pp. 136–140.
  3. ^ 広瀬 2004, p. 139.
  4. ^ a b c 広瀬 2004, p. 128.
  5. ^ 広瀬 2004, pp. 14–16.
  6. ^ a b c 広瀬 2004, pp. 15–16.
  7. ^ a b 山村 2015, p. 127.
  8. ^ 芳賀繁 『失敗のメカニズム—忘れ物から巨大事故まで』角川書店、2003年。ISBN 404371601X 
  9. ^ a b 山村 2015, p. 126.
  10. ^ 広瀬 2004, p. 140-145.
  11. ^ 広瀬 2004, p. 141.
  12. ^ a b c d e 広瀬 2004, p. 142.
  13. ^ a b 広瀬 2004, pp. 143–145.
  14. ^ 広瀬 2004, p. 145.
  15. ^ a b 広瀬 2004, p. 140.
  16. ^ a b 広瀬 2004, p. 147-149.
  17. ^ 広瀬 2004, p. 84.
  18. ^ 広瀬 2004, p. 16-18.
  19. ^ a b c d e 松田 2014, p. 32.
  20. ^ 山村 2015, pp. 120–121.
  21. ^ a b 山村 2015, p. 125.
  22. ^ 山村 2015, pp. 120–126.
  23. ^ 山村 2015, p. 122.
  24. ^ 広瀬 2004, pp. 128–129.
  25. ^ 広瀬 2004, pp. 14–18, 128, 147–149.
  26. ^ 山村 2015, pp. 124–130.
  27. ^ 山村 2015, pp. 118, 127.
  28. ^ a b c d e 松田 2014, p. 31.
  29. ^ 山村 2015, pp. 118, 126–127.
  30. ^ a b c d e Mika Yamamoto (2015年4月18日). “正常性バイアスを知っていますか?「自分は大丈夫」と思い込む、脳の危険なメカニズム”. tenki.jp. 日本気象協会. 2016年4月24日閲覧。
  31. ^ a b 広瀬 2004, pp. 11–14.
  32. ^ a b 山村 2015, pp. 18–19.
  33. ^ 広瀬 2004, pp. 12–14.
  34. ^ 広瀬 2004, pp. 147–148.
  35. ^ 広瀬 2004, pp. 13, 16–17, 129–130.
  36. ^ a b c 山村 2015, pp. 128–129.
  37. ^ 広瀬 2004, pp. 16–17, 129–130.
  38. ^ 山村 2015, p. 130.
  39. ^ 広瀬 2004.
  40. ^ 被曝後に肺がん、死亡の作業員に労災認定 福島第一原発:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年7月8日閲覧。
  41. ^ Pooley, Jefferson D, and Michael J Socolow. “Checking Up on The Invasion from Mars : Hadley Cantril, Paul Lazarsfeld, and the Making of a Misremembered Classic.” International Journal of Communication 7, no. 0 (2013): 29.
  42. ^ Hayes, Joy Elizabeth, and Kathleen Battles. “Exchange and Interconnection in US Network Radio: A Reinterpretation of the 1938 War of the Worlds Broadcast.” Radio Journal: International Studies in Broadcast & Audio Media 9, no. 1 (2011): 51–62.
  43. ^ 佐藤卓己『メディア論の名著30』ちくま新書、2020
  44. ^ 松田 2014, p. 30.
  45. ^ 松田 2014, p. 8.
  46. ^ livedoor news J-CASTテレビウォッチ 2013年06月20日付
  47. ^ a b "集団パニック". 知恵蔵mini. コトバンク. 24 June 2013. 2016年12月9日閲覧
  48. ^ a b c "集団パニック". 知恵蔵mini. コトバンク. 2 July 2014. 2016年12月9日閲覧
  49. ^ "集団ヒステリー". 世界大百科事典 (第2版 ed.). コトバンク. 2015. 2016年12月9日閲覧
  50. ^ a b c J-CATニュース「女子生徒18人搬送は集団パニック? 「霊感が強かった」との報道も」2013年6月20日付
  51. ^ 生徒26人、集団パニックか 柳川高が臨時休校 - 西日本新聞、2014年7月1日
  52. ^ 福岡・柳川高校で女子が集団パニックか - 日刊スポーツ、2014年6月30日



集団ヒステリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 09:33 UTC 版)

マトゥーンの狂気の毒ガス犯」の記事における「集団ヒステリー」の解説

マトゥーン攻撃始まってほぼ2週間後、地元公衆衛生委員長(Commissioner of Public Health)のトマス・V・ライト(Thomas V. Wright)は、多くのガス攻撃事象疑いもなくあった、しかし多くの事例ヒステリーによる可能性がある、と発表した:居住者不安にさせられる噂を聞き、それから場違いな臭いや影に直面したときにはパニックになったライト述べた: .mw-parser-output .templatequote{overflow:hidden;margin:1em 0;padding:0 40px}.mw-parser-output .templatequote .templatequotecite{line-height:1.5em;text-align:left;padding-left:1.6em;margin-top:0}毒ガス狂人存在し多くの攻撃行ったことは間違いない。しかし、報告されている攻撃多くは、ヒステリーほかならないガス・マンへの恐怖は、彼が噴霧している比較無害なガス脅威均衡失している。町全体ヒステリーを起こしている。 9月12日に、地元警察署長C・Eコール(C. E. Cole)は、ライト仮説をさらに一歩進めてガス攻撃はおそらく、まったくなかった報告されたそれら事象はおそらく近く産業施設から風運ばれ化学物質によって引き起こされ、それから公衆パニックによって悪化した、と発表したライトコール診断は、1945年に『Journal of Abnormal and Social Psychology』がドナルド・M・ジョンソン(Donald M. Johnson)による「"The 'phantom anesthetist' of Mattoon: a field study of mass hysteria"」を公表したとき、さらに妥当性与えられたが、これは、マトゥーン事象を集団ヒステリーにおけるケース・スタディとして文書で証明した1959年に、彼の意見は、心理学者ジェームズ・P・チャップリン(James P. Chaplin)によって支持され、そしてその後、集団ヒステリーの現象に関するその後いくつかの研究のための基礎成した。 ボトトート(Botetourt)とマトゥーン事象間に記録された身体的症状大部分窒息粘膜腫れ、そして衰弱/一時的な麻痺を含む)はすべて、ヒステリー症状示唆された。一部専門家は、集団ヒステリーは、『Mattoon Journal-Gazette』の見出しカーニー母娘 初の犠牲者」("Mrs. Kearney and Daughter First Victims,")、によって促進されたし、これはもっと攻撃があるだろうと想定した、と考えている

※この「集団ヒステリー」の解説は、「マトゥーンの狂気の毒ガス犯」の解説の一部です。
「集団ヒステリー」を含む「マトゥーンの狂気の毒ガス犯」の記事については、「マトゥーンの狂気の毒ガス犯」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「集団ヒステリー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「集団ヒステリー」の関連用語

集団ヒステリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



集団ヒステリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパニック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマトゥーンの狂気の毒ガス犯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS